« 徴兵制のある国・ない国 | トップページ | 所在不明「100歳以上」242人 »

2010年8月14日 (土曜日)

オレンジ計画とパチンコ

 パチンコに毒された日本人は何と多いことかPachinko
 パチンコ人口は1,450万人、年22兆9800億円だという。パチンコ店近くを通りがかると、広い駐車場は一杯で繁盛しているのが分かる。
 昨年12月末で1万1672店舗あるパチンコ店のうち、
在日や帰化者の経営が7割とも言われ、この収益が、
北朝鮮の軍備を支えているという。 

 北朝鮮の一年間の軍事予算約6500億円の内、約4500億円は日本で­チンコ屋などを経営する在日朝鮮人からの送金で支えられてい­る。
 つまり、「犯罪国家を支えているのがパチンコユーザーだ」と言われても仕方ない。しかし、中毒に掛かった日本人は止めることが出来ない
 この理由を、
 日本人をダメにするオレンジ計画」で説明出来る。
 Canvas1
 パチンコは1930年(昭和5年)、風俗営業第1号店が名古屋で許可されたのが始まりとされる。
 純粋の日本発祥の遊びだそうだ。
 その後、昭和17年には賭博性が強いとして全面禁止になるが、戦後、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還する資金源として、パチンコ屋の経営を復活させた。
 朝鮮人は、これに飛びつき、利益が大きいことを知ると帰国しなかった。駅前の一等地に戦後からあるパチンコ店の殆どが不法占拠と言われる。
 軍歌が一切禁止されていた当時、パチンコ店だけは「軍艦マーチ」を流すのを認めたのもマッカーサーだ。
 
 これが、マッカーサーの「オレンジ計画」~「人間獣化計画」のはじまりだった。
 パチンコは、「犯罪としての賭博性」は勿論、「パチンコ依存症」「児童の車内放置」「在日韓国・朝鮮人の関係」「不正行為」「派手なデザインが近隣へ与える環境」など、問題が多い遊技なのに、誰も止めることが出来ない。
 街中に普通に「賭場場」が乱立していても、誰も不思議に思わない。それに、競馬などの公営ギャンブルは、「賭博」の代償として高額の国庫納付金を納めているのだ。
 国は、まず「パチンコ税」の導入を検討することだ。
 因みに、2006年から韓国ではパチンコが法律により全面禁止になった。

 アメリカの「日本オレンジ計画」更に「日本人獣化対策」を簡単に紹介する。
 ウィキペディアでは、「日本オレンジ計画War Plan Orangeは戦間期(1920年代から1930年代)において立案された、起こり得る大日本帝国との戦争へ対処するためのアメリカ海軍の戦争計画である」と説明してある。
 「日本オレンジ計画」は日の丸は赤だが、色あせるとオレンジ色になる。つまり日本を色あせさせ、骨抜きにする計画だ。「日本人獣化対策」という怖ろしい計画があった。
  この「日本人獣化対策」は、ユダヤ人でフリーメーソンとされるマッカーサーが占領下で進めたもので、崇高な文化と道徳心を持った日本人を不道徳な獣にする計画だ。
 
 もちろん、その最たるものが「日本国憲法」であることは間違いない。
 この憲法を「不磨の大典」の如く利用している各種団体、共産党や社民党、民主党ら左翼勢力は一体何者なのか
 そこに隠された狙いは何なのか、国民は早く気づいて欲しい
 パチンコユーザーも、北朝鮮を糾弾したいなら、まずパチンコを止めることだ

■この「人間獣化計画」を発案したのはユダヤ人関連のフリーメーソンであるといわれている。
 民族の内部崩壊をさせなければまた同じ事を繰り返すと恐怖し、「人間獣化計画」を適用しようとした。
 ドイツのゲルマン民族と日本の民族にである
 ドイツのゲッベルス宣伝相は、これに気づきこの「人間獣化計画」を受け入れなかったが日本は、受け入れてしまった。

●「日本人に謝りたい」~あるユダヤ長老の懺悔~「人間獣化計画」から引用
愛国心の消滅悪平等主義拝金主義自由の過度の追求3S政16001111s(Sports Sex Screen)・事なかれ主義無気力・無信念・義理人情抹殺・俗吏属僚横行・否定消極主義・自然主義・刹那主義・尖端主義・国粋否定・享楽主義・恋愛至上主義・家族制度破壊・民族的歴史観否定
 以上の19項目をつぶさに検討してみた場合、戦後の日本の病巣といわれるものにあてはまらないものがただの一つでもあるだろうか。否、何一つないのを発見されて驚かれるであろう。ゲッベルス宣伝相は、戦後の日本に対する予言者だったのであろうか。
戦後生まれの人たちにはピントこないかも知れないが、これらは正常な人間の6_00頭で判断すれば人類の文明の破壊につながるものであることは一目瞭然である。人間の純度を落とし、本能性に回帰させようというものである。
ゲッベルス宣伝相が警告を発した第二次大戦前の時点でどれだけの人がこれを真に人類の文明への挑戦として脅威的に受けとったかは分らない。しかし第二次大戦が終わってみると、日本へはこれら一連の風潮が忍者の如く忍び寄って完全ともいえるほどに定着してしまっていたのである。これらを戦後日本へ持ち込んだのは一体何者なのか。また、これらがこれほど完全ともいえる状態で日本に定着したのは何故か。

|

« 徴兵制のある国・ない国 | トップページ | 所在不明「100歳以上」242人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 徴兵制のある国・ない国 | トップページ | 所在不明「100歳以上」242人 »