« 拉致事件と「安寿と厨子王」 | トップページ | 「城輪柵」日本最古の将棋駒 »

2010年8月17日 (火曜日)

語る資格が無いのはどっちだ!

annoy歴史を語る資格が無いのは崔だannoy24c3c95b

 8月14日NHKで「日本のこれから、ともに語ろう日韓の未来」が放映されたが、韓国・済州島出身、在日映画監督の崔洋一(61)が、日本人の言論を封殺した。
 あの傲慢不遜な態度は益々敵を増やす。
 出身地の済州島は、朝鮮戦争が勃発する直前の昭和23~25年当時、ソ連の指導下で島民の殆どが共産党員や支持者になった。C_13
 つまり真っ赤な島になった。
 北朝鮮側と一緒だ。
 危機感を持った時の政権、李承晩(リショウバン)と支援する米軍によって島民の約3万人大量虐殺事件が発生した島だ。
 そして虐殺から逃れるために、日本に20万人前後が密入国したと言われる。
 日本に済州島出身の韓国人が多い理由がこれだ。
 一説には、事件前に28万人の島民は、1957年には3万人弱に激減したという。
 「済州島四三事件」と呼ばれているが、近年まで秘密にされていた
 この島出身で有名なのが、小沢一郎、和田アキ子、そしてこの監督だ。
 この人達が、密入国したかは知らないが、年齢からして親達はその可能性が高い。
 なお崔洋一は「徹子の部屋」で、父親は朝鮮戦争当時、後方撹乱左翼活動家だったと語っている。
 番組の様子に戻ると、
 日本人の古屋さん(27)は、「当時の日本人は韓国人が憎くて併合したわけではない。当時、世界は帝国主義列強の時代であり、植民地支配はあたり前だった。日本が韓国を併合したことはやむを得なかった」との極めて自然で丁寧な発言に対して、
 崔洋一
 「当時の日本のイデオロギーは、そういう方向に流れていた。国そのものがそうなっていた。だけど、36年間にわたる植民地支配がそれによって肯定されるという考え方(を持つ人)は、基本的に歴史を語る資格がない
 と、興奮しながら決めつけた。

 その後、ウェブデザイナーの古屋さんは、自らのブログで、
 番組には編集でカットされた別の部分があることを明らかにした。
 それによると、日本側出演者の1人が、日本と韓国は過去に恋人関係にあり、日本が浮気したから韓国が怒っているなどと発言。会場内では受けたものの、崔洋一が「歴史とはそいういうものでない!君はこの場所に一番場違いな人間だ!」と烈火のごとく怒ったという。大人げない男だ

 反日思想の持ち主は、相手の言論を一方的に封殺するという事実を証明した。
 特に問題なのは、このような番組を意図的につくるNHKの報道姿勢だ。
 崔洋一のような人物をメインに据えて
 韓国側の主張に重きをおいて構成している。バランス感覚がない。
 日本側も西田議員のような、それなりのコメンテーターを揃えるべきだ。

古屋だけど質問あるPhoto_2
古屋経衡さんのブログ
アニオタ保守本流こと古谷(本名の「古屋経衡」)
http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20100814
 
http://d.hatena.ne.jp/aniotahosyu/20100814

 それにしても韓国人の整形好きには驚いた。
 中身より外見を気にする国民性であることが良く分かる
 
西田昌司「自国の立場を理解できない者に歴史を語る資格はない!」

|

« 拉致事件と「安寿と厨子王」 | トップページ | 「城輪柵」日本最古の将棋駒 »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拉致事件と「安寿と厨子王」 | トップページ | 「城輪柵」日本最古の将棋駒 »