« 「立川」-昭和20年~30年代 | トップページ | 民主党よ「もう騙されないぞ」 »

2010年6月26日 (土曜日)

参院選・山形県選挙区の現状

  第22回参院選は6月24日公示され、山形県選挙区(改選数1)からは、みんなの党新人の川野裕章(50)米沢市城北2丁目、共産新人の太田俊男(56)、自民現職の岸宏一(70)、民主新人の梅津庸成(43)山形市出身の4氏が立候補した。

 吉村美栄子山形県知事は昨年の知事選で、民主党のほか、共産、社民各党の支援を受けて当選している。しかし、山形選挙区に立候補した自民党現職岸宏一氏から個人的な支援がなければ当選はなかったと言われている。
 微妙な立場だ。
 吉村知事は、「いろいろな方に応援してもらった。それを考えると(参院選候補への支援を1人に絞るのは)難しい」と苦悩をにじませているという。

 近く、誰か特定の支持を表明するのか、
 それとも、うやむやのままで行くのか、県民ならずとも関心が深い。
 26日の読売新聞によれば、
 「現時点では、自民・岸氏、民主・梅津氏が拮抗した戦いをしている。岸陣営は県内各地区の責任者に自民県議を抱え挙党態勢を整えた。自民支持の9割近くを固めた。一方、梅津氏は知名度不足がネック。民主の地方組織は基盤が弱く、連合が頼りだ」(読売)
 公明党は自民支持に回るようだし、
 吉村知事陣営が、どちらに傾くかで決まる可能性が高い。
 吉村知事動くか 中盤戦を迎え各党注視
 山形県選挙区が今回の選挙の縮図とも言える。

     山形選挙区  【定数 : 1 / 立候補者 : 4 】 
写真 名前 年齢 党派・会派等 備考
00038904

川野 裕章

51    みんなの党 元米沢市議、会社役員
00072412

太田 俊男

56    共産 政党役員
00011795

岸 宏一

70    自民 参議院議員2期
00072411

梅津 庸成

43    民主 元防衛省官僚、政党役

|

« 「立川」-昭和20年~30年代 | トップページ | 民主党よ「もう騙されないぞ」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「立川」-昭和20年~30年代 | トップページ | 民主党よ「もう騙されないぞ」 »