« 政治は「歴史に裁かれる覚悟」 | トップページ | 城の石垣に見る人材登用 »

2010年6月 2日 (水曜日)

自民同様の短期政権、鳩山辞任

 鳩山総理は、6月2日午前10時辞意を表明した。Hatoyama0804181
 小沢幹事長も辞任だという。
 民主のツートップ辞任。
 自民の総理交代を、あんなに批判していたのに、全く同じだ。
 「ポスト鳩山」も、似たり寄ったりだろう。
 まあ、二人にはご苦労様。

  自民党などの野党には、「鳩山総理+小沢幹事長」コンビの方が、戦い易いだろうが、新たに戦術を練る必要がある。
 
 それでは、もう一度、鳩山首相がどのような政治をして来たか再確認してみよう。
鳩山由紀夫総理の実績(末永く記憶に残ることであろう)
ばらまきのマニフェスト」を並べると選挙に勝てることを示した。
月1500万円の「子供手当」を知らないと答えて、新たな脱税方法を教えた。
カネがあると総理の椅子も買うことが出来ると証明したこと。
オバマ米大統領に「私を信頼して(Trust me)」と伝えた。
米誌に『愚か(loopy)』と指摘され、国会で「愚かな総理」と認めた。
鳩の真似をして日本国民から失笑を買った。
在日特権を強化したこと。http://questionbox.jp.msn.com/qa5843145.html
法務大臣に死刑廃止論者の千葉景子を任命し、死刑は一件も執行しない
沖縄県民を愚弄し、多くの関係者に迷惑かけた
日本国民のためになることは、何一つしていない。(事実だ)
社民を切り捨て、連立与党との約束も裏切った。

|

« 政治は「歴史に裁かれる覚悟」 | トップページ | 城の石垣に見る人材登用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 政治は「歴史に裁かれる覚悟」 | トップページ | 城の石垣に見る人材登用 »