« 鶴岡市でがん発見新技術開発 | トップページ | 山形県知事は誰を応援するのか »

2010年6月30日 (水曜日)

小沢前幹事長、鶴岡で執行部批判

 山形県選挙区では、民主党候補者が不利と聞こえている。
 その山形県に、29日小沢一郎前幹事長は街頭演説に向かった。

 鶴岡市での街頭演説では、「皆さんと(衆院)選挙で約束したことはやり遂げないと、国民の信頼は勝ち取れない」と主張し、マニフェストの見直しを進める現執行部を批判した。
 また、「公約は守るべきだ」、「必ず私が微力を尽くし、約束通り実現できるようにする」と、9月の代表選を見据えた復活宣言か
 その時点で、果たして国民に受け入れられるか。
 その前に、民主党内部から支持されるのか。
 しかし、復活の可能性は十二分にあることだ。

枝野氏「小沢氏は大衆迎合」公約修正批判に反論2010.6.29読売新聞
 民主党の小沢一郎前幹事長が昨年の衆院選政権公約(マニフェスト)を参院選公約で修正した現執行部を批判していることに対し、枝野幹事長が強く反論、玄葉政調会長(公務員改革相)、野田財務相らも一斉に“逆批判”し、党内の亀裂が浮き彫りになった。
 枝野氏は29日夜、香川県綾川町で記者団に、小沢氏が子ども手当満額支給や高速道路無料化などの修正を問題視していることについて、「法人税収の大幅な落ち込みなどにもかかわらず硬直的な考えをするのは、結果的に国民に迷惑をかける大衆迎合だ」と語った。
 また、昨年末、小沢氏主導でガソリン税の暫定税率廃止を撤回したことを引き合いに、「小沢幹事長時代に(政権公約を)手直ししたことをもうお忘れになっている」と皮肉を込めた。
 玄葉氏は29日の閣議後の記者会見で「(小沢氏を含む)前執行部の下で(マニフェストの)見直し作業は進んだ。今はチームが一丸となって戦うべき時ではないか」と不快感を示した。野田財務相も記者会見で、「参院選公約は鳩山首相、小沢幹事長の下の(党マニフェスト)企画委員会を中心にまとまった。ご自身も当然、企画委員会の話を聞いていたと思う」と、小沢氏の対応に疑問を呈した。
 一方、小沢氏も収まらない。29日、参院選候補の応援のために訪れた山形県鶴岡市での演説では「選挙を通じて約束したことは、やり遂げなければ、皆さんの信頼を勝ち取ることはできない」と訴え、マニフェストを守るべきだとの考えを改めて強調した。
 小沢氏の一連の発言については、菅首相の消費税率に関する主張に党内でも反発があることから、「政権公約を順守した歳出拡大路線に力点を置くことで、復権の手がかりにするつもりだ」(党幹部)との受け止め方も出ている。

|

« 鶴岡市でがん発見新技術開発 | トップページ | 山形県知事は誰を応援するのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶴岡市でがん発見新技術開発 | トップページ | 山形県知事は誰を応援するのか »