« 原爆投下は人体実験だった。 | トップページ | おもしろ地名「日暮里」 »

2010年6月 8日 (火曜日)

核の脅威にさらされる日本

 憲法9条で、戦後65年間戦争を避けてきたと自讃している左翼が多い。
 それは、アメリカは憲法9条を押しつけた手前、日本を核の傘に入れたから戦争に巻き込まれなかったのであって、何も日本の左翼が自慢することではない。
 しかし、 
 残念だが、第三次世界大戦は日本が戦場になると予測する専門家がいる。
 それは、「振り子の法則」からしても当然と言われている。
 安穏と平和を謳歌したからには揺り戻し、反動、報いが大きいことは自然の摂理だ。
 何も戦争を期待しているのではない
 
 前項でアメリカの残虐行為を非難したが、これで終わると左翼集団に誤ったメッセージを送ることになるので、追加記載する。
 日本周辺の核保有国としては、中国、ロシア、北朝鮮がある。
 アメリカは、核保有国と直接対決は絶対にしない
 核兵器による仕返しが予測されるからだ。
 この場合、常識として核を保有していない国が戦場になる。
 これが日本と言われる理由だ。
 65年前、アメリカは、「核を保有していない国だから安心して核を落とすことができた」が、またしても同じ轍を、近隣国に踏ませることになる。

日本は今も核の脅威にさらされている
  例えば中国と米国が戦争状態に入るとき、その戦場は代理の国が選ばれる。
 そこは、間違いなく日本と言われている。
 想定されるのは中国による台湾侵攻で、その勢いで「琉球」を奪還する計画があると言われる。そのとき、核の使用が高い場所は、沖縄、九州、東京辺りだろうか。
 中国の核の弾頭は、常に「日本」に向けて配備されているという。
 使う可能性があるから向けているのだ。
 同時に可能性が高いのは、北朝鮮による韓国侵攻と言われているが、北朝鮮のミサイルもまた日本に向けて配備してあることは常識だ。
 そして、北朝鮮は同族の韓国には核を使用しないとされ、一番脅し効果が高いのは日本だと言われている。
 いずれにしても、日本が一番脆弱な国なのだ。

どうしたらいいのか
 広島の原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい、過ちは繰返しませぬから」と刻まれている。
 これもおかしな話だ。虐殺された側がどうして過ちなのだ。
 百歩譲って日本が、「二度と過ちを犯さない」ためには、「日本が核を保有する」か、それが無理なら「核攻撃を受けても確実に迎撃できる防御システム」の早期配備。
 これもダメだと言うなら、原爆に相当する威力を持つ兵器を開発すること。
 アメリカでは燃料気化爆弾(MOAB)も開発されている。
 日本は、大金入りの財布を道路や誰もいない場所に放置しているようなものだ。

 民主党も現実主義に基づいた政策を執るというなら、この議論を避けてはならない。
 それから、日本の反戦平和団体は、自国の核に反対しても、一番危険な中国の核保有には黙っている。この反戦組織の支持を受けているのが、民主、社民、共産党だ。

Photo

|

« 原爆投下は人体実験だった。 | トップページ | おもしろ地名「日暮里」 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原爆投下は人体実験だった。 | トップページ | おもしろ地名「日暮里」 »