« 参院選・山形県選挙区の現状 | トップページ | V字回復した支持はV字で下落する »

2010年6月27日 (日曜日)

民主党よ「もう騙されないぞ」

 民主党は表紙を変えて、いい加減なマニフェストを羅列させて、参院選でも国民をだませると思っているのだろうか。

 国会会期末に「民主党の党内事情」で約10日間も国会を空転させたのに、予算委員会も党首討論も行わずに選挙戦に突入させた。
 左翼特有の言論封殺だ。中国などの社会主義国家の言論弾圧・封殺と同じだ。

 サッカーでもロスタイムはある。
 せめて数日延長する度量を示して欲しかった。
 約10ヶ月の民主党政権は、
 ツートップの「政治とカネ」の問題、いい加減なマニフェスト、10兆20兆簡単と大風呂敷を広げた事業仕分けも結局は7千億、普天間基地移転問題、口蹄疫対策、外交・安全保障政策等々、選挙前に議論されたら民主党は困ることばかりだった。

 参院選向けマニフェストもいい加減で、自民に便乗した消費税の増税、子ども手当は満額支給なしと、と大幅に訂正した。
 消費税10%の増税も、更にバラマキ目的だろう。 
 あの「マニフェストは何だったのか」、幻だったのか。
 「政治家はウソを付く人」と子供にまで定着させてしまった。
 「財源は無駄な歳出・予算を削減で10兆20兆円簡単」と、実に簡単に言っていた。
 探査衛星「はやぶさ」の帰還で人気が上がると、削減を決定したのに修正し復活させるという。これも選挙目当て
 これが民主党の事業仕分けの実態だ。

 明日から実施の中途半端な高速道路一部無料化も、全て選挙目当て。
 
全てが民主党のご都合主義なのだ
 会期末に「シベリア抑留者法」を成立させ、シベリアなどに強制抑留された日本人に一人当たり25~150万円を現金支給することも、全て選挙目当て
 子ども手当も、参院選前に6月支給に強行採決したのも、選挙目当て
 民主党の政策は全てが選挙目当て
 法案成立も戦後最低の54.7%だった。

|

« 参院選・山形県選挙区の現状 | トップページ | V字回復した支持はV字で下落する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 参院選・山形県選挙区の現状 | トップページ | V字回復した支持はV字で下落する »