« 自民同様の短期政権、鳩山辞任 | トップページ | 野中氏「官房機密費」爆弾発言 »

2010年6月 4日 (金曜日)

城の石垣に見る人材登用

 最近、皇居の近くに行く機会があった。Koukyo
 城の石垣は、いつ見ても美しく、そしてドッシリと頼もしい。
 上手に積み上げられた石垣は、長年の風雪と大きな地震にも耐えてビクともしない。
  この石積みを、会社などの人材登用、組織づくりに置き換えることがある。

 そんな目で、城の石垣の積み方を観察すると、一定の決まりがあることに気づく。
 まず、どの箇所を見ても、端っこの石はある程度大きさが揃っている
 内側には、大小様々の石が要所要所に隙間なく配置されていることが分かる。
 つまり、無駄な石は全くないことだ。

 きっと、石同士の連携も考慮しているはずだ。
 端っこの石は、組織の役員や幹部ということか。
 両側からシッカリと組織を守っているようにも見える。
 それから、表からは見えない部分にも、水はけなど随分工夫をしていることだろう。組織でも裏方と呼ばれる部門がある。
 これをおろそかにしては、組織は内部から崩壊する。

 本当に強い集団を作るには、石の選び方、積み方同様に、一人ひとりの人材登用に工夫が必要ということであろう。
 単に、高学歴や若い人を集めただけでは強い集団にはならない。
 経験、年齢、男女、特技、個性等々を考慮し組み合わせることで、はじめて強い集団が作られ、これを外から見ると優美に見える

  間もなく、民主党の代表が決まり、組閣が行われる。
  城の石垣のように、どっしりと頼もしい、見栄えのいい内閣は出来るのだろうか。
 そして、国難の矢面に立って、内側の国民を護ってくれるのだろうか。

Isigaki

|

« 自民同様の短期政権、鳩山辞任 | トップページ | 野中氏「官房機密費」爆弾発言 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民同様の短期政権、鳩山辞任 | トップページ | 野中氏「官房機密費」爆弾発言 »