« 木曜日は、文春と新潮の発売日 | トップページ | 口蹄疫は韓国による細菌テロ? »

2010年6月17日 (木曜日)

口蹄疫対策!遅れた原因

 口蹄疫!安愚楽牧場(あぐら牧場)の隠ぺい工作を「旬刊宮崎」が報じた。
  *旬刊宮崎新聞社
  (宮崎県宮崎市田代町140-1℡0985-29-2222(日本共産党宮崎県委員会)
 大マスコミは報道しない、貴重な内容だ。

 平成22年5月15日、「旬刊宮崎」で、
 「重大犯罪だ! 口蹄疫感染1ヶ月も隠蔽安愚楽牧場~4月初旬100頭以上が感染牛~データ改ざんで証拠隠滅~発覚前県外に5頭出荷」などと報じられた。
 既に県外に出荷された牛もある。
 この牧場には今年1月、民主党宮崎県選出の道休誠一郎議員は韓国人研修生受け入れを強硬にねじ込んだ。
 口蹄疫感染は、その韓国人研修生を受け入れて間もなくだったという。
 事実としたら重大な事件だ。
 これで、民主党が何もしない理由がわかると思う。

 当然、マスコミも取材しない。
 
取材すると、どうしても民主が関係したことが表面化する。結果として報道せざるを得ないからだ。そのくらい腐っている。

051801a

2010_miyazaki

2010年06月17日(木)

■風評被害について「安愚楽牧場
http://www.agura-bokujo.co.jp/g-navi/news/index.html
 「旬刊宮崎」なるミニコミ紙に、事実無根の口蹄疫に関する安愚楽牧場に対する中傷誹謗記事が掲載され、その記事がインターネットを通じ流れ、その影響で様々な投稿が見受けられます。幾ら言論の自由とは言え、意図して作られた事実無根の情報を流すことは道義上許されるものではありません。当社は「旬刊宮崎」に対し謝罪広告掲載を求め、既に訴訟を起こしております。

|

« 木曜日は、文春と新潮の発売日 | トップページ | 口蹄疫は韓国による細菌テロ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木曜日は、文春と新潮の発売日 | トップページ | 口蹄疫は韓国による細菌テロ? »