« 野中氏「官房機密費」爆弾発言 | トップページ | 原爆投下は人体実験だった。 »

2010年6月 6日 (日曜日)

惑星から「はやぶさ」が帰還する

 昨日は、野口さんが宇宙船ソユーズで163日ぶりに宇宙から帰還した。 
 次は、6月13日(金)の、「はやぶさ」の帰還が楽しみだ。
 数々のトラブル、アクシデントを乗り越え、カウントダウンが始まっている。Hayabusa_hover

 平成15年、2003年5月9日、宇宙科学研究所 (ISAS) が打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ」が、7年の宇宙の旅を終えて地球に帰還する。
 順調に行けば、6月13日オーストラリアのウーメラ砂漠へ落下の予定だという。
 なにより凄いのは地球と月以外の天体からの離陸したこと
 月より、800倍も遠いところだ。
 日本の技術も相当なものと思う。Photo
 

 2005年にはアポロ群の、ピーナッツのような形をした小惑星「イトカワ」に着陸して、表面を詳しく観測しサンプル採集を試みた。ただ、「採取しているかは回収するまでわからない」という。
 10日後が楽しみなことだ。
 「イトカワ」は、地球からの距離が月の約800倍、重力は地球の10万分の1Photo以下。

 この「はやぶさ」には数々の記録がある。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
■マイクロ波放電型イオンエンジンの運用
■宇宙用リチウムイオン二次電池の運用
■イオンエンジンを併用した地球スイングバイ
地球と月以外の天体からの離陸
■地球以外の天体における、着陸した姿のままでの離陸
■世界で初めて、宇宙機の故障したエンジン2基を組み合わせて1基分の推力を確保
■以下は、成功した場合のもの
  ▼月以外の天体からの地球帰還(固体表面への着陸を伴う天体間往復航行)
  ▼月以外の天体の固体表面からのサンプルリターン

|

« 野中氏「官房機密費」爆弾発言 | トップページ | 原爆投下は人体実験だった。 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野中氏「官房機密費」爆弾発言 | トップページ | 原爆投下は人体実験だった。 »