« 世界に誇れる軍事戦略家二人 | トップページ | 在日朝鮮人は祖国に帰りましょう »

2010年5月 1日 (土曜日)

なぜ朝鮮人は嘘をつくのか

 韓国の大学教授・崔基鎬(チェ・ケイホ)氏が 朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史を激白する。

 日本統治前、多くの朝鮮人の女は乳を出し、まともな教育など存在しなかった。
 ハングルは話していたが、読み書きできる人間は限られた
 すべて、日本がやってあげ、文化度を同じレベルに上げてあげた
 それが戦後は、韓国の一般市民となると「搾取」されたと恨んでいるという。

 とにかく、日本が朝鮮半島から得たものは何もなかった

 日本は朝鮮半島に全て与えるだけだったのだ

 韓国の大学教授が真実を教えてくれるPhoto_3
 日本統治当時、朝鮮半島から中国やソ連などの外国に逃げた人はいなかった。
 皆、日本に来て仕事や勉強をしたかったという

 真実は一つしかない
 朝鮮人は、耳をかっぽじって聞いたほうがいい
 この先生が嘘を付いているなら、この大学に抗議したらいい

崔基鎬(チェ・ケイホ)氏 1923年生まれ。
  明知大学助教授、中央大学、東国大学経営大学院教授を経て、
  現在、加耶大学客員教授

 搾取されたのは日本
 そうした状況にある李朝を隣国において、1868年日本は明治を迎えます。
 当時の世界は強いものが弱いものを食う時代です。
 日本にとって清もロシアも大国です。その力が、清の属国になっていた李氏朝鮮、すなわち朝鮮半島から日本にやってくるという危機感が日本にありました。だからそれを防ぐために日本は、朝鮮としっかりと手を結ぶ必要があったのです。

  そこで1876(明治九)年二月、李朝と「日朝修好条規」を結びます。李朝成立後、484年が過ぎたときのことです。それは李氏朝鮮に、独立国家であってほしいという願いがありました。それが第一条にある「朝鮮国は自主の国」という言葉に表れています。これはきわめて重要な意義を持っています。
  しかしそうした清と朝鮮との主従関係を断ち切ろうとした日本の狙いは、実際その実現はほど遠く、民衆は相も変わらず、塗炭の苦しみを味わいつづけていたのです。
  1897年、李朝は国号を「大韓帝国」とあらため、年号を「光武」とし、王を皇帝と称し、表面的には510余年ぶりに明・清の束縛を脱し、独立国家を形成したのですが、清の保護下にある李朝の専横は変わるところがありませんでした。それは近代化と自主独立の道を拒否しつづけることであり、列強が蠢くなか李朝の存在は、東アジアの情勢に不穏な種を宿していたことになるのです。

 1904(明治37)年、日清戦争に次いで日露戦争を控えた日本は、こうした朝鮮の惨状を見かねて、目賀田種太郎(1853~1926年)を財政顧問として派遣し、日本からの財政支援をもとに、李朝をまともな国として立て直すという態勢がようやく緒につくことになります。
  目賀田財政顧問と総監府は、朝鮮の歳入不足分を補填するために、日本国民の税金から、大韓帝国政府に無利子、無期限の資金「立替え」を実施したほか、直接支出で援助しました。
  例えば1907年度、朝鮮の国家歳入は748万円しかなく、必要な歳出は3000万円以上ありましたから、その差額は全額日本が負担しています。1908年には、これがさらに増えて、合計3100万円という巨額の資金を日本は支出しています。
  総監府時代の四年間に、日本政府が立て替えた朝鮮の歳入不足分は、1428万円にものぼっています。そればかりではなく、司法と警察分野などに日本政府が直接支出した金額は、立替金の数倍、9000万円に達しています。
  現在の朝鮮・韓国の歴史では、このような日本の特恵的支援には一言の言及もありません。そして侵略だけを強調していますが、これがいかに偏狭な歴史観であるかということが分かると思います。それら詳しい数字については本に書きましたが、日韓併合によって、搾取されたのは、韓国・朝鮮国民ではなく、日本国民であった事実を認めるべきでしょう

なぜ朝鮮人は嘘をつくのか(1/3)


朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史(其の壱)


朝鮮人が認めたがらない朝鮮人の歴史(其の参)


なぜ朝鮮人は嘘をつくのか (3/3)

|

« 世界に誇れる軍事戦略家二人 | トップページ | 在日朝鮮人は祖国に帰りましょう »

08 朝鮮半島に関すること」カテゴリの記事

コメント

日本人の気質 と 韓国人の気質 は 天と地ほど違う。

米爆撃機B29 が東京大空襲のミッション後に熱風でレーダー故障した3機が基地帰還への方角を見失った。 悪天候が重なったことで1945年3月の夜、蔵王連峰南端の不忘山(1705メートル)周辺に相次いで墜落し、搭乗していた34人全員が死亡した。
地元の有志は1961年、慰霊の「不忘の碑」を山頂近くに建立。 この公園には亡くなった34人の石碑がある。 日米友好の象徴としてハナミズキも植えられた。 日米の関係者500人が(不忘平和記念公園開園式典)に参加した。 アメリカ人は感謝している。

日本人は爆撃を受けた側であるが、敵国として戦ったアメリカに対してこのように友好な関係を築く国民だ。 決してアメリカを恨んだりはしない。 寛容によって平和が成り立つからだ。

しかし韓国人はどうだろうか。 日本への寛容が一切無い。 事実を捻じ曲げて国際社会に吹聴する。 図々しくも慰安婦像をあちこちに設置し、日本を晒し者にしてウサを晴らす。 戦後に軍の空白した日本領土である竹島を韓国軍を進行させて奪ってしまった。 ・・・なんという卑劣な国民だろうか。 こうした振る舞いは(劣等な朝鮮民族のDNA)が為している行動原理であり、未来永劫変わることはないであろう。 実に野蛮な民族だ。

(崇高さを尊ぶ 建設的な日本)と(怨念に呪縛された 寄生的な韓国)は、真逆の国であり 国民性なのだ。

投稿: 韓国は捏造国家の旗を下ろせ | 2015年11月27日 (金曜日) 午後 03時00分

この事実を世界中に発信すべきだ。

投稿: 浅野 陸奥雄 | 2012年9月12日 (水曜日) 午後 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界に誇れる軍事戦略家二人 | トップページ | 在日朝鮮人は祖国に帰りましょう »