« 柔ちゃんは色んな金を掴んだ | トップページ | 朝鮮半島の恥ずかしい風習 »

2010年5月24日 (月曜日)

民主は無視した、口蹄疫対策



 5月20日 衆議院本会議において、江藤拓議員が宮崎県における口蹄疫被害について、政府の対策を質問した。
 当然、外遊していた赤松農相の責任を追及した。
 本会議場はヤジと声援で騒然となり、与えられた質問時間を大幅にオーバー。
 時間オーバーを理由に質問を切り上げさせようとする与党。
 しかし高木毅自民党議院運営委員会理事のがんばりで最後まで質問が続けられた。
 
 本会議場には、江藤議員の質問が始まる直前迄は席についていた鳩山総理がなぜか退出。本会議場2階のマスコミ記者席もガラガラだった。
 なぜだ。
 口蹄疫問題は日本の酪農に関わる問題だ。
 そして宮崎は今本当に毎日つらい日々を送っている。江藤議員の元に寄せられた多くの地元の声を記事で紹介します。
 是非ご覧下さい。http://www.yamatopress.com

 何故、こういう大事な場面にマスコミはいないのか。
 最初から事実を伝える気がないということなのか。
 マスコミは、皆、事業仕分けに行き、「事業仕分で民主党は頑張っています」と報道し、参議院選前に再び支持率アップを謀りたいのか。

 民主党議員たちのヤジはひどいものだ。
 宮崎で現に10万頭以上の牛や豚が処分されているという現実に置いても、怒鳴り声だけだ。質問そのものを「ヤメロ~!オラ」なんていう声も聞こえる。
 民主党は、まるでヤクザ集団だ

|

« 柔ちゃんは色んな金を掴んだ | トップページ | 朝鮮半島の恥ずかしい風習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柔ちゃんは色んな金を掴んだ | トップページ | 朝鮮半島の恥ずかしい風習 »