« 「毒を以て毒を制す」作戦? | トップページ | 普天間移転の「ウルトラE」は? »

2010年5月14日 (金曜日)

米国・憲法9条は障害と提言

 先般「5月3日・憲法記念日に想う
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6f13.html2010514
 と題して記載した。
 ここで、「GHQは、なんと日本を混乱させる条文を残したのか、アメリカなどの連合国48ケ国は、もう一度アフターケアの意味で、サンフランシスコ条約の完全履行を日本に迫る責任と義務がある。」と問題提起した。

 何も、このような展開を知っていたわけではないが、
 5月14日の産経新聞に
 「憲法9条は『障害』米議会党派超え認識定着・調査局報告」と題する記事が掲載された。
 記事内容は、
  「一般的に米国が起草した日本の憲法は、日本が集団的自衛にかかわることを禁止するという第9条の現行の解釈のために、日米間のより緊密な防衛協力への障害となっている」、 「その見解をさらに他の角度から読めば、現行憲法が日米防衛協力の推進には障害であり、その推進には憲法改正が必要だとする意見にもつながっていく。」
 と述べている。

   今後、この提言はどのように日本側に迫るのであろうか、そして、これを受けた日本国民や政治家はどのような反応を見せるのだろうか。
 アメリカからのクレームに屈したトヨタのように、外圧に弱い日本は、米国議会からの提言から憲法改正へと進む可能性もある。

 そして、まもなく国民投票法が施行となる。
 憲法改正に向けて、確かな一歩を歩みだす
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-3569.html

憲法9条は「障害」 米議会党派超え認識定着 調査局報告

憲法9条は「障害」 米議会党派超え認識定着 調査局報告
2010年5月14日(金)
 米国議会調査局が日米関係についての上下両院議員の法案審議資料用の報告で、日本の現憲法や現行解釈に基づく集団的自衛権の行使禁止が、今後の日米防衛関係でのより緊密な協力への障害になるとの見解を明記していることが明らかとなった。
 憲法上の制約を日米防衛協力の推進のうえでどうみるかは、米国側ではこれまで民主、共和両党の間に差があったが、この記述は「日本の憲法が防衛協力への障害」という認識が党派を超え定着したことを示している。
 議会調査局が作成した「日米関係=米国議会にとっての諸問題」と題する報告は、日米両国間に存在する安全保障や経済の諸課題を列記し、現状や展望を書いている。
 その中の「軍事問題」という章で「第9条の制約」と題し、「一般的に米国が起草した日本の憲法は、日本が集団的自衛にかかわることを禁止するという第9条の現行の解釈のために、日米間のより緊密な防衛協力への障害となっている」と明記した
 日本にとっての「集団的自衛」の説明としては「第三国に対しての米国との戦闘協力」と述べている。
 日本側がこの種の協力を禁じている限り、日米防衛協力をより緊密にすることはできないという見解を「一般的」として提示しているわけだ。
 その見解をさらに他の角度から読めば、現行憲法が日米防衛協力の推進には障害であり、その推進には憲法改正が必要だとする意見にもつながっていく。
 これまでは共和党側に「憲法9条とその解釈に基づく集団的自衛権行使の禁止を解消しなければ、好ましい日米防衛協力はできない」とする意見が強かった。一方、民主党のクリントン政権時代はそうした意見は後退し、むしろ日本は憲法を変えない方がアジアの安定に寄与するという趣旨の主張が語られていた。 

|

« 「毒を以て毒を制す」作戦? | トップページ | 普天間移転の「ウルトラE」は? »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「毒を以て毒を制す」作戦? | トップページ | 普天間移転の「ウルトラE」は? »