« 日韓併合で半島から何を強盗? | トップページ | 笹塚発信の味「イル・キャンティ」 »

2010年5月26日 (水曜日)

芸能・相撲等の興行と暴力団

 去年の大相撲名古屋場所で「維持員席」を暴力団に親方が斡旋、と報道が流20100526れた。
 木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)と 清見潟親方(元前頭・大竜川)だそうだ。
 この報道で、昔からある興行と暴力団の関係を思い出した。

 40年も前に、同郷の山形県酒田市出身の○○会系のヤクザと知り合った。○○会○○一家の幹部、当時35歳位で佐藤某と言った。
 脂がのりはじめ、一番幅を効かせていた頃だった。
 その組の飛車角の一人と言われていた。
 佐藤は同郷のよしみで、若輩の小生に度々声を掛けて来た。
 佐藤は、「○○一家の芸能担当だ。○圭子と○○三郎を担当している。二人を育てたのは俺だ」と豪語していた。
 「あいつらの入場券は何時でも準備する」と言われたが、一度だけ割り勘で酒席を共にしただけだ。

 暴力団稼業で、唯一合法的に収益を上げることが出来るのは、この興行関連と言われ、昔から「興行を打つ」と言う。「博打を打つ」ことと根底は同じ意味なのだろう。
 「興行を打つ」際は、出し物、場所探し、広告、入場券販売、会場警備まで取り仕切っているのが現実のようだ。地元ヤクザ者が仕切る場合が多い。もっとも最近は、世間の目が厳しくなったことから、「芸能プロダクション」や「イベント業」に姿を変えている。
 
 暴力団の裏稼業には、総会屋、会社ゴロ、拳銃密売、覚醒剤等薬物密売、管理売春、債権回収、ダフ屋、賭博、地上げなど不動産売買、債権取立等の金融屋、振り込め詐欺、等々、表から裏までカネの臭いがすれば暴力団の影がある。
 
 それから、「芸能プロダクション」や「イベント業」の経営は、前科前歴のない者を責任者に仕立てて、裏で暴力団が仕切っているところが多い。
 大阪の「吉本興業」などは、その典型であろう。
 中田カウスは、自分を含め島田紳助と山口組の関係を暴露したこともあった。
 まあ、利用する人がいるからヤクザ業も成立する。需要と供給の関係だ。
 今回のことも、この延長線で発生したこと思えばいい。
 歴史的に深いつながりがある。簡単には手を切ることが出来ないだろう。

 新宿界隈で流しをしながら演歌歌手になった、○○三郎や○圭子は、当時は暴力団とは切っても切れない関係だった。
 新宿の花園稲荷神社や西向天神社には○圭子の歌碑が建立されている。
 この人達をテレビで見るたびに、暴力団や、あの佐藤を思いだす。
 果たして、関係を断ち切ったのだろうか。
 二人共、羽振りの良い噂がある。そこに付け込まれる材料が生まれる。
 佐藤も元気なら75歳位か、何をしているのだろう。勿論、出身町、フルネームも記憶している探せば分かるはずだ。
 「割り勘でなら」と言ったら、「俺に恥をかかすのか」と格好付けていた。 26

■肥後ノ海 直哉(1969年9月23日~)は、熊本市出身で三保ヶ関部屋所属の元大相撲力士。本名は坂本直人(さかもと なおと)。最高位は西前頭筆頭(1995年5月場所)。得意手は左四つ、寄り、上手出し投げ、突き落とし。現役時代の体格は183cm、152kg。現在は、年寄・木瀬として木瀬部屋の師匠を務める。
http://sumoreference.com/Rikishi.aspx?r=26&l=j

■大竜川 一男(1946年1月21日~)は兵庫県加古川市出身の元大相撲士。三保ヶ関部屋所属。本名は和田一男。身長178cm、体重115kg。最高位は東前頭筆頭(1969年11月場所)。現・年寄清見潟。
    http://sumoreference.com/Rikishi.aspx?r=4053&l=jPhoto

|

« 日韓併合で半島から何を強盗? | トップページ | 笹塚発信の味「イル・キャンティ」 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませて頂いております。
是非、転載させて下さい。

投稿: 初詣は靖国神社 | 2010年5月27日 (木曜日) 午前 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日韓併合で半島から何を強盗? | トップページ | 笹塚発信の味「イル・キャンティ」 »