« 共産党と創価学会との裏協定 | トップページ | 江戸巡り、錦糸町~両国 »

2010年5月10日 (月曜日)

米軍海兵隊の任務と必要性

 在日米国海兵隊は、大統領直轄部隊だ。
 常に議会の承認が不要で武力行使をする実力部隊だ。
 制服のレッドラインは、いつでも血を流す覚悟の現れとされている。

 さて、軍事のことへの好き嫌いは別にして、微妙な軍事バランスの中で国の安全が守らMarine_blueれ、経済活動や日々の生活を営んでいる現実がある。
 偉そうにしている政治家、経済人、企業家、評論家らも、国家が不安定になったら、どうなるか冷静に考えてみることだ。
 会社や生活基盤を含め、全てが吹っ飛ぶことになる
 「国防」のことは避けて通ることが出来ない最重要課題だ。

 日本は、韓国、中国、北朝鮮、ロシアなどの問題の多い隣国に囲まれている。一見同盟国と思える韓国でも、韓国民は根強い反日感情を持ち竹島占領問題等から、韓国軍は日本を仮装敵国とした訓練をしている。
 また、中国軍は日本近海における活発な活動を展開し日本の反応を見たり、ロシアの北方四島不法占領や北方海域での漁業では日々の緊張が続いているほか、韓国の哨戒艇が撃沈されたことによる北朝鮮との軍事衝突の可能性等々、挙げれば切りがないほど問題の多い国に囲まれている。
 日本はトップクラスに治安が良い国だが、国際的に平和度指数が低くなるのは、このような危険な国々に囲まれているからだ。
 しかし、唯一信用出来るのが日米安保条約によって駐留する米軍だ。勿論、アメリカの国益、自由主義圏の利益保護が目的だろうが・・・・。

 自由主義圏で生活し生存していくには仕方ないことだ
 日本男児として、国の防衛を米国に依存するのは悔しいものがあるが、この現実は認めざるをえない。
 総理大臣もこの現実にようやく気づいたのか、教えられたのか沖縄の駐留米軍に対する認識を改めるコメントを始めた。
 今後は国外移転など口が裂けても言わないだろう

 まず、在日米国海兵隊、第31海兵遠征部隊(31MEU)のことを勉強しておきたい。
 海兵隊は大統領直轄部隊といわれ、常に最前線にあり、最初に敵前に殴り込みをかけて強行上陸を敢行し、橋頭堡を築き、戦局の主導権を握ることにある。平時でも、議会の承認が不要で、米中央情報局(CIA)の指示で他国の主権を侵して武力行使をする実力部隊だ。
 制服のレッドラインは、いつでも血を流す覚悟の現れとされている。
 当然戦死者も多い。
 国のために血を流す決意など、今の、日本人には期待出来ない考えだ。
 今の日本では、10人も戦死者がでたら白旗を掲げるだろうと言われている。
 マスコミは錯乱状態になり、国民、世論が許さない状況を作るだろう。
 戦死者の家に取材に行き、「もう撤退させて」などと、叫ぶ声を拾って放送する。
 簡単に予測がつく。
 日本人は、そのくらいひ弱に見られている。
 世界中で人的消耗戦に一番弱い国民になってしまった。
  
■アメリカ軍海兵隊HP
  http://www.marines.mil/Pages/Default.aspx
■在日米国海兵隊
http://www.kanji.okinawa.usmc.mil/Commanders/Commanders.html

アメリカ海兵隊
 アメリカ海兵隊は最強を誇るアメリカ軍の中でも精鋭部隊とされ世界各地の紛争地帯に投入されているアメリカ軍の精鋭部隊である。
 アメリカ海兵隊は正式にはUNITED STATES MARINE CORPS(アメリカ海兵軍団)と呼ばれる。1775年に創設されて以来戦場に於ける輝かしい歴史を持つ海兵隊は海軍との連携の元その能力を遺憾なく発揮している。
 アメリカ海兵隊は他の陸海空と異なり個別の航空戦力、輸送艦艇、補給部隊を持った独立戦闘集団であり、その順応性、適応能力は他の陸海空軍組織を大きく引き離している。主に戦場に於ける最先鋒を務める他、近年ではその適応能力の高さを活かした海上臨検(VBSS=Visit Board Search and Seizure)、洋上対テロ支援作戦などにも参加している。海兵隊の司令部は統合軍の中に5つ存在しその他は統合軍とは独立して配置されている。大規模な司令部としては太平洋、大西洋、予備役海兵隊に分けられ太平洋、大西洋海兵隊にはそれぞれ実戦部隊を配置している。

第31海兵遠征部隊(31MEU
第31海兵遠征部隊は多種多様な任務及び特殊作戦を遂行します。その中でも、有事に備え、米国の太平洋地域での前方展開能力を示し、限られた期間で水陸両用作戦を実施します。第31海兵遠征部隊はキャンプ・ハンセンに司令部を持ち、1992年9月に部隊編成されました。第31海兵遠征部隊は多種多様な任務及び特殊作戦を遂行します。その中でも、有事に備え、米国の太平洋地域での前方展開能力を示し、限られた期間で水陸両用作戦を実施し、大規模な海兵空陸機動部隊の先遣部隊としての役割を果たし、又広範囲に及ぶ危機・緊急事態に対し海上作戦を展開することで、即時対応能力を提供します。
特殊作戦可能資格は例えれば他の部隊では通常対処し得ない事態に完璧に対応しうる能力を有していることを示しております。例えば非戦闘員救出作戦、航空機及び人員のための戦術的回収任務、遠距離における強襲作戦等が主な例です。特殊作戦可能資格とは別に、第31海兵遠征部隊は人道的支援や災害救助等の支援能力を有しております。
第31海兵遠征部隊は司令部、空陸戦闘部隊及び、戦闘役務支援部隊で構成され、およそ2,000名の海兵隊員と100人の海軍兵が所属しております。
第31海兵遠征部隊が太平洋地域で危機や緊急事態に迅速に対処できる能力は、第三海兵遠征軍にとって極めて重要であります。第31海兵遠征部隊が近年参加した作戦には、東テイモールで展開した治安維持活動 「スタビライズ作戦」、ペルシャ湾岸地域での「砂漠のキツネ」 などがあります。

|

« 共産党と創価学会との裏協定 | トップページ | 江戸巡り、錦糸町~両国 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共産党と創価学会との裏協定 | トップページ | 江戸巡り、錦糸町~両国 »