« 暴力団の支援を受ける民主党 | トップページ | 米国・憲法9条は障害と提言 »

2010年5月13日 (木曜日)

「毒を以て毒を制す」作戦?

 「毒を以て毒を制す」という諺がある。Photo
 悪を取り除くのに、他の悪を利用するたとえだ。 
 果たして「谷亮子」のは、民主党にとって特効薬となるのか。しかし、効果の高い薬ほど毒性も強いと言われる。取り返しのつかない副作用も予測される。

 民社党が谷亮子(1975年9月6日生まれ、34歳)を担いだのは「落ち目人気からの回復だ」と、マスコミは一斉に報道している。
 それもあるだろうが、民主党にとっては、
 暴力団関係の黒い噂は、同様に黒い噂を持つ谷亮子で打ち消す作戦とみた。
 後者の黒い噂には、マスコミは手を出せない弱みがある
 つまり、民主の暴力団関連を追及することは、即ち谷亮子の噂に触れることになる。
 これでは、取材も報道も出来ない。
 指をくわえて見ているだけ。
 民主党の「毒を以て毒を制す」作戦は成功する可能性もある。
 これからの展開が見物(みもの)だ。

 マスコミは「谷亮子ブランド」に最初から負けている
 これまで、「ヤワラちゃん」などと、全マスコミが持ち上げ、これ以上持ち上げることができないほど持ち上げてきた。
 つまり、マスコミは谷亮子人気にあやかってカネ儲けしてきたのだ。Gad0806241812016p1
 幼少時から大恩がある
 これでは逆戻りはできない。
 きっと取材でも、両親に頭を下げて来たのだろうし、父親の事に触れないなどの裏取引もあったのだろう。
 低頭する様子が見えるようだ。
 美談の上に美談を積み重ね、国民的ヒーローにしてきた。
 今、谷亮子の悪口を書いたり言ったら、国民からしっぺ返しを受ける虞がある。
 この人気とマスコミの弱腰に目を付けたのが小沢幹事長だ。
 奸佞邪知(かんねいじゃち)、海千河千(うみせんかわせん)、狡猾奸佞(こうかつかんねい)、千軍万馬(せんぐんばんば)、狡猾剽悍(こうかつひょうかん)、百戦錬磨(ひゃくせんれんま)、狡猾老獪(こうかつろうかい)、狡智佞弁(こうちねいべん)三百代言(さんびゃくだいげん)の作戦に勝てる人材は野党にいるかだ。
 いろいろ四文字を並べたが、これは全て政治家に当てはまる。

 一口で言えば、実に狡猾(こうかつ)、ずる賢い世界だ。
 国民もより利口になって、政治、そして政治家を観察する必要がある。
 そしてマスコミは、真実を知らせず恣意的に世論を操作したがるところだ。

 マスコミは、本当は最初から「問題が多い柔道少女」だと気づいたはずだ。
 父親の職業が非合法組織暴力団組員」だという忌まわしい事実だ。田村勝美(62)で福岡市博多を拠点とする指定暴力団の大幹部だという。これまで、三面記事を賑わしたこともあるが、マスコミはけっしてヤワラちゃんの父親とは報道しなかった。

 そして、谷自身も直前に足を痛めて出場したアテネオリンピックでは、「父に治療をしてもらい、テーピングも工夫してもらった。」などと父親を持ち上げたコメントをしている。
 しかし、イメージ低下のおそれがある父親のフイルムは意識的に流さなかった。89084007
 そして、柔道だけでなく、天性のコメント能力を発揮した。
 「最低でも金」、「ママでも金」、「議員でも金」などの名言だ。
 
 報道機関は、ことあるごとに「知る権利、知らせる義務」などと、報道の自由や表現の自由を主張しながら、一方で暴力団、カルト、犯罪者集団らと手を握る。
 正義のかけらもない。
 マスコミは、民主党小沢幹事長の「毒を以て毒を制す」という作戦に、言論までもが封じられるのであろうか。
誰か「頂門の一針」となる言葉を発する人材はいないのか。
情けないことだ。

谷亮子のプロフィル
 旧姓・田村。1975(昭和50)年9月6日生まれ、血液型B。身長1メートル46。
 父・田村勝美、 母・田村和代、 兄・田村徹
  「東福岡柔道教室」福岡市東区和白3-2-3で、小2のとき、
 6歳上の兄、の影響で柔道を始める。
 家族は夫は巨人軍・谷佳知外野手、長男・佳亮(4)、次男・晃明(生後7か月)。

Qちゃんは、民主からの出馬を断固拒否している

|

« 暴力団の支援を受ける民主党 | トップページ | 米国・憲法9条は障害と提言 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暴力団の支援を受ける民主党 | トップページ | 米国・憲法9条は障害と提言 »