« 性豪、西武の堤、創価の池田 | トップページ | 「毒を以て毒を制す」作戦? »

2010年5月11日 (火曜日)

暴力団の支援を受ける民主党

広域暴力団「山口組」の支援まで得て獲得した、民主党308議席
 1.12、赤松広隆農水相は、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団中央本部(民団、鄭進団長)の新年パーティーで2009挨拶し、民団による衆院選での民主党支援に
「全国各地でいろんな形でご支援いただき、308議席を獲得、政権交代につながった。心から感謝申し上げる」と表明。さらに「民主党中心の政権で地方参政権問題が解決するとの思いで応援してくれたと思う。その意味で公約を守るのは当たり前だ。」
と参政権法案の通常国会成立を約束した。
                 --中略--
 2007.7の参議院選挙に引き続き行われた「山口組」本部から、傘下団体への「民主党候補を支持せよ」の通達。
 赤松ならではの事情と思われるのは、現在の山口組6代目の司忍会長と高山清司若頭はともに「弘道会」(名古屋市中村区)出身で、事務所は赤松の地元選挙区内(愛知5区)にある。
 「山口組」は(広島・沖縄を除く)45都道府県に及び、傘下直系90余団体・構成員約4万人で全国の暴力団員の約半数を占める日本最大の暴力団組織である。
 構成組員の3~4割は在日出身とも言われている。以前よりパチンコ業界からの献金が多いことでも知られる赤松農相。パチンコ業界在日(総連)-山口組-民団-民主党、のつながりが見えてくる。

情報源http://blog.goo.ne.jp/tsubasa99/e/942086910c7f01f8c340d43d8f183941 

 火の気がないところから煙りは立たない

 それから、根も葉も無い噂はない。と思っている。
 
 真実を国民が知らないのは、単にマスコミが報道しないからだ
 マスコミ関係者は、「国民には知る権利がある」とか「知らせる義務がある」と偉そうに言うが、本当に国民に知らせるべき真実は知らせないところがある。
 マスコミの最高の力を発揮する場面は、大切なことを報道しないことだ
 今後は、テレビや新聞報道をよく観察したらいい。

  マスコミは実に恣意的で、損得勘定で報道するところだ。
 これは全てのマスコミと言っていい
 裁判ざたや、反撃されそうな宗教団体、暴力団、左翼団体などの組織のことは意識的に避けて報道する。
 本来なら、一番先に厳しく追及すべき団体なのに腰が引けて報道できない
 実にこざかしい組織、それが大手マスコミだ。Pk2010051102100009_size0
 弱いと思うと寄って鷹っていじめ、怖いと思うと逃げ回る
 つまり、リスク "危険性"が伴う報道は避けて報道する
 
 だから文句が来ない、来ても怖くない、相撲協会関連や警察、自衛隊など、公務員でも労働組合がない組織には、ちょっとしたことにも、言いたい放題の報道を繰り返す
 そして、国民はその程度の報道で、一見全てを知らされていると満足している。

 ところで、民主党も参議院選を前に、本性を露わにしてきた。
 まず、暴力団つながりの谷亮子(1975年9月6日生まれ、34歳)を担いできた。
 谷は旧姓・田村。父親は田村勝美(62)で福岡市博多を拠点とする指定暴力団の大幹部だという。当然、前科前歴もある。
 6歳上の兄も相当な男らしい。
 これらのことは地元では常識だという。
 これまで柔道一直線の谷亮子は、出自のハンディにめけずに頑張る、けなげな姿勢が国民に認知され、応援を受けてきた。
 だが、これから広義の意味で公務員である国会議員を目指すとなったら、その出自は明らかにすべきだ。
 もちろん父は父、娘は娘との反論もあろうが、それなら、二世議員や支持母体などのことは問題にすべきでない。

 暴力団は暴力団、善良な市民の敵非合法組織以外の何者でもない。
 これまでも、この親は大学入試、就職、オリンピック選手候補等で、口を挟んでいる。
  民主党は、こんなゴロツキ組織と手を組んでいたのだ。
 国民は、これでも支持するのか。
 

 それに、谷亮子の出身地の福岡は、
 「平成17年衆院補選で福岡市長選と同一ビル、組織的な関係はないのか?平成17年の衆議院福岡2区補欠選挙の折、民主党が党公認候補の支援のため、選挙事務所とは別に事務所を設置、事務所の所有は指定暴力団の幹部が代表を務める企業だったことが判明した。」
 と騒がれたところだ。
 この事務所と父親との関係は知らないが、福岡市が
 暴力団と民主党の癒着の土地と言われているのは間違いない。
   小沢民主党と暴力団の不可解な関係
   http://www.data-max.co.jp/2008/04/post_945.html

 谷亮子を民主党が担いだのはマスコミ対策とみた
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-82c1.html


谷亮子のプロフィル
 旧姓田村。1975(昭和50)年9月6日生まれ、血液型B。身長1メートル46。
 父・田村勝美、 母・田村和代、 兄・田村 徹
  「東福岡柔道教室」福岡市東区和白3-2-3で、小2のとき、
 6歳上の兄、徹の影響で柔道を始める。
 家族は夫は巨人軍・谷佳知外野手、長男・佳亮(4)、次男・晃明(生後7か月)。
 

山形県庄内地方の「庄内農業高校」創立100周年で記念講演
 2001年10月26日、田村亮子が記念講演をしている。
 民報藤島2001年11月4日第315号 からの情報
  田村は、「小学校2年生のとき、6歳上の兄が柔道場に通い、母と一緒に兄を迎えに行き見学したのが、柔道との出会い」とあかした
福岡市東区城浜団地

|

« 性豪、西武の堤、創価の池田 | トップページ | 「毒を以て毒を制す」作戦? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

拡散させて下さい。

投稿: 初詣は靖国神社 | 2010年6月22日 (火曜日) 午後 09時38分

報道を完全に見ていないということは無いはずなの

に、評判の良くない民主党の候補者になることに不思議に思っていましたが、

納得できました。

投稿: 影丸8 | 2010年5月12日 (水曜日) 午前 10時57分

拡散しましょう、実態を!

投稿: 愛國 | 2010年5月12日 (水曜日) 午前 05時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 性豪、西武の堤、創価の池田 | トップページ | 「毒を以て毒を制す」作戦? »