« 5月18日施行「国民投票法」 | トップページ | 都内8箇所の米軍基地マップ »

2010年5月19日 (水曜日)

宮崎県「口蹄疫」非常事態宣言

 宮崎県に「口蹄疫」の非常事態が宣言された。
 とりあえず、なにか出来ないのかと思い、宮崎県の東国原英夫知事のサイトから、「そのまんま日記」をコピーし紹介する。
Akamathus
  責任者は、愛知県第5区選出の赤松農水相
 国の一大事に、のんびり外遊していた男だ。
 こんな情けない男が大臣なのだ。
  暴力団の支持で当選している
 その上には、「子ども手当て」を受けている鳩山総理もいる。
 最悪の事態が発生しているのに何ら手を打てない輩だ。
 こんな最悪の民主党議員を選んだのは多くの国民だ。  
 
 これは、民主党が言う政治主導の完全な失敗、
 危機管理に、無能なことが証明された事件だ
 責任感のかけらも持ち合わせていない政党だ。

 「口蹄疫」、この病気は伝播力の高さ、罹患した動物の生産性の低下、幼獣時の高い致死率という特徴を持つ。罹患した家畜は他の家畜への感染拡大を防ぐために、先進国では発見され次第殺処分される。畜産関係者から恐れられている病気だ。
  

宮崎県における「口蹄疫」非常事態宣言
2010-05-18非常事態宣言O037902731273649168226
 本県における「口蹄疫」発生に対し、これまで、発生農場や農業関係者は勿論、国・県・市町村・農業団体等が一丸となって懸命の防疫措置を講じて来ましたが、いまだにその拡大が止まりません、
 このため、ここに県内全域に非常事態宣言を発することに致しました。
 口蹄疫感染拡大を阻止し、一日も早く、撲滅・終息できますよう、県民の皆様並びに県内のあらゆる機関・団体・企業・組織の方々に、一層のご理解・ご協力をお願いするものであります。
 ※不要不急の外出は控えること、
 ※家畜・畜舎・えさ・車両等の消毒、
 ※畜舎等への出入りは極力控え、出入りする場合はマスク等を着用すること
 ※畜産農家への訪問・接触は差し控えること、
 ※イベント・大会・集会等は当面延期すること。やむを得ず開催する場合は、出入り口等で消毒など防疫措置を徹底すること
 ※一般車両を含め、車で移動する場合は、消毒ポイントにて消毒を受けること
 ※家庭における手足の洗浄、うがい等を励行すること
 ※公共施設・小売店舗・学校など人が集まる場所では消毒マット等の方法により消毒を徹底すること
  等々、お願い申し上げます。
  --中略--
 本日までに新たな判明は10例。殺処分対象は2045頭。発生は、川南町と高鍋町。これまでの累計は101例、殺処分対象は82,411頭。本日までに殺処分が完了した家畜(牛・豚)は、49,198頭。
 
宮崎県を応援したい方、また寄付したい方へ
   公式サイト→ふるさと宮崎応援寄付金 宮崎の牧場主が直接募金口座を開設しました(共同募金で被害にあった牧場主間で分配されるそうです) 

|

« 5月18日施行「国民投票法」 | トップページ | 都内8箇所の米軍基地マップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5月18日施行「国民投票法」 | トップページ | 都内8箇所の米軍基地マップ »