« 男多数の街に誕生した吉原 | トップページ | 多摩湖畔の桜開花情報 »

2010年4月 2日 (金曜日)

国旗、国歌を否定する議員達

A_124

 「国旗、国歌を否定する人が、その国の公務員や議員になってはならない」
 これは世界共通の認識と思う。
 なぜなら、議員や公務員は国やその自治体のために働き、そこから税金で給料が支給されるからだ。
 すべて公務員は、憲法第99条に基づき、憲法を尊重し擁護する義務を負う。また、憲法第15条に基づき、「全体の奉仕者」として公共の利益のために勤務するという一般的な義務を負う。Photo_3
 この簡単な理屈が日本では通じない
 事実「日の丸」や「君が代」を毛嫌いする人は相当に存在する。日教組の強い指導で、学校の先生が子供達が嫌いになるようにし向け、親達も大切なことを教えないからだ。
 もっとも、今の親たちも、殆どが日教組世代か。

 公務員になるからには、国が決めた法律、規則に従うことは当然だ。
 国旗・国歌に関しては「国旗及び国歌に関する法律」という法律が存在する。

 昨日4月1日は、大阪府の新規採用職員任命式で、橋下知事が「君が代斉唱」に「声が小さい!」とカツを入れたことが話題になったが、逆に見るなら「唱わない」職場や学校が殆どなのだ。シッカリと唱わせるところは、警察、消防、海上保安庁、自衛隊くらいではないか。
 他に唱わせる職場があれば知りたいし、見学に行きたいものだ。
 当方は何カ所か覗いたことがあるが、皆突っ立っているだけだった。
 公務員でも労働組合があるところでは無理、せいぜい国旗掲揚だけで、国歌斉唱は困難と聞いている。
 大相撲、ボクシング会場、国際大会などで、国旗掲揚の場面があっても国家を唱うのは外国選手だけ、日本の選手や会場の人が唱うことは、まずない。
 
 ついでに「国旗及び国歌に関する法律」は平成11年制定されているが、
このとき民主党議員の多数は反対している。
 民主党が、本当に国旗・国歌を否定するなら、再度やり直したらいい。
 下段には「民主党議員」の当時の反対者を列挙した。
 民主党は、日本の象徴」である国旗・国歌をも否定する
 この程度の党なのだ。
それが国民代表として多数の議席を占めるのだから、国がおかしくなるのも当然だ。
 それとも、写真のように「中国」の国旗には忠誠を尽くすのだろうか。
 民主党議員の中には、共産党より左の、極左と言われる怖ろしい方々が何人もいることを忘れてはならない。

 もう一点追記すると、「日本共産党」は天皇陛下が出席する国会の開会日には必ず欠席する。
 これは、共産党は天皇制を認めず国旗・国歌などもってのほかと考えているからだ。
 天皇の国事行為の一つに「国会を召集すること(第7条第2号)」とある。
 欠席しても処罰規定はないようだが、
 開会式のような儀式には、主義主張は別にして、国民の代表として出席するのがは当たり前と思う。
 日本共産党は天皇陛下の侮辱だけでなく、国民をも侮辱している。

 現在の「日本共産党」は、マルクス・レーニン主義特有の用語や国民が警戒心を抱きそうな表現を削除、変更するなど、「革命色」を薄めソフトイメージを強調している。
 「マルクス・レーニン主義」を「科学的社会主義」と変更したことが、その一例だ。
 しかし、二段階革命論、統一戦線戦術といった現綱領の基本路線に変更はなく、暴力革命を捨てたわけではない。
 1921年ソ連共産党、コミンテルン支部・日本共産党として誕生し、ソ連共産党の言いなりで活動していた党だ。
 この誕生母胎をみても、どのような組織か伺い知ることができる。

橋下知事が任命式の君が代斉唱に「声が小さい!」2010.4.1
 大阪府の新規採用職員任命式が1日、大阪市中央区の府庁新別館で開かれた。今年度から式典の開会にあわせて国歌斉唱を導入。橋下徹知事は「声が小さい」と一喝。「みなさんは国家のもとで仕事をするのだから、思想信条の自由とかいっている場合ではない。国歌はきちんと歌うのが義務」と早速、新職員に橋下流の洗礼を浴びせた。
■橋下家の子供も歌えず…/市長「大阪市こそ中心」
 任命式では例年、国歌斉唱は行われていなかったが、橋下知事からの指示を受けて実施することに。今年は新たに137人が入庁。国歌を歌っている職員も、そうでない職員もいたが、みな緊張した面持ちで式典に臨んでいた。
 訓示のなかで、橋下知事は「うちの子供が国歌を歌えなくてびっくりした。みなさんは公務員になって憲法を順守すると誓った。国家のもとで仕事をするのだから、国家国民を意識しないといけない。これからはことあるごとに国歌斉唱をしていきます」と訴えた。これまで国歌をきちんと歌ったことがないという男性職員は「学校などで国歌を学ばなかったので、歌えなかった。日本人なのでこれからは歌えるようにしたい」。別の女性職員は「歌えるけど、恥ずかしくて声が小さかった」と話した。
 また大阪市でも新規採用者の発令式が行われ、平松邦夫市長が新職員約120人にあいさつ。「市職員の不祥事が続発しており、周囲から心配された人もいるかもしれないが、市民のために動ける大阪市を皆さんの力を借りながらつくっていきたい」と呼びかけた。さらに「府市再編とか一方的に言っている人がいるが、地域主権の主体である基礎自治体をリードしていくのは大阪市だ」と橋下知事を牽制した。 

■国旗及び国歌に関する法律案を委員長報告のとおり決するを否とする議員の氏名
共産党全議員」、「社会民主党全議員」、「民主党議員の内(衆議院46人)」
赤松 広隆    
伊藤 忠治  
家西 悟     
池田 元久
池端 清一    
石毛えい子
石橋 大吉    
岩國 哲人
岩田 順介    
上原 康助
生方 幸夫    
枝野 幸男
小沢 鋭仁    
大畠 章宏
海江田万里   
金田 誠一
河村たかし    
菅 直人
北橋 健治    
桑原  豊
小平 忠正    
小林  守
五島 正規    
近藤 昭一
佐々木秀典
佐藤謙一郎
坂上 富男    
末松 義規
辻  一彦    
土肥 隆一
中桐 伸五    
中沢 健次
葉山  峻    
鉢呂 吉雄
原口 一博    
日野 市朗
肥田美代子    
福岡 宗也
細川 律夫    
前原 誠司
松本 惟子    
松本  龍
山元  勉    
山本 譲司
山本 孝史    
横路 孝弘
石井 郁子    
大森  猛
金子 満広    
木島日出夫
児玉 健次    
穀田 恵二
佐々木憲昭    
佐々木陸海
志位 和夫    
瀬古由起子
辻  第一    
寺前  巖
中路 雅弘    
中島 武敏
中林よし子    
春名 直章
東中 光雄    
平賀 高成
不破 哲三    
藤木 洋子
藤田 スミ    
古堅 実吉
松本 善明    
矢島 恒夫
山原健二郎    
吉井 英勝
伊藤  茂    
北沢 清功
知久馬二三子   
辻元 清美
土井たか子    
中川 智子
中西 績介    
畠山健治郎
濱田 健一    
深田  肇
保坂 展人    
前島 秀行
村山 富市    
横光 克彦

鳩山由紀夫
 私は、民主党を代表し、国旗及び国歌に関する法律案に対する修正案について、その提案理由及び概要を御説明いたします。今、多くの国民が、窒息しそうなほどの息苦しさを感じています。数に物を言わせ、国家の管理を強化しようという政権が誕生しようとしているからです。まさにこのようなときに、日の丸を国旗に、君が代を国歌に定めるという法案が提出されました。その審議に際して、我が党の石井一議員の質問に対し、野中官房長官は、まさに恫喝とも思えるような答弁をされました。それはまさに、国民に対して、国民に言われる筋合いではないと開き直っているのと同じであります。
 ここ数年来の長官の変節とも言える言行不一致と無責任発言は、到底許容しがたいものであり、次世紀の我が国のあり方にもかかわる本法案が、そのような大臣の主管のもとで審議を進めなければならないことは、日の丸・君が代はもとより、日本国民にとってまことに不幸なことであります。日の丸・君が代が国旗・国歌として定着していることは、多くの国民が認めるところであります。
 だから、わざわざ法律にすることもないという意見もあるほどです。しかし、日の丸・君が代が国旗・国歌として定着していることと、日の丸・君が代を法制化することとは、全く別の問題です。
 現実に、日の丸の法制化については多くの国民が賛成しておりますが、君が代に対しては、歴史観の相違や世代間の受けとめ方の違いなどから、さまざまな意見があり、法制化することについては慎重論がふえております。
 それにもかかわらず、政府が、通常国会冒頭ならまだしも、延長された国会の中で本法律案を提出したことは、余りにも唐突であると言わざるを得ません。その上、政府が本法律案を提出した動機も、教育現場の混乱を押さえつけるためだけとしか考えられず、不純なにおいが感じられ、また、結果として、残念ながら、教育現場もさらに混乱する懸念すらあります。

|

« 男多数の街に誕生した吉原 | トップページ | 多摩湖畔の桜開花情報 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

本当に民主党の極左どもには気をつけねばなりません。

投稿: 東城 仁 | 2010年8月21日 (土曜日) 午前 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男多数の街に誕生した吉原 | トップページ | 多摩湖畔の桜開花情報 »