« 好きになれない河村瑞賢 | トップページ | 開国要求は捕鯨船立寄りだった »

2010年3月22日 (月曜日)

普天間、米は「現行案」履行要求

沖縄の基地問題には、これまでも何度か触れて来たが、かねてから指摘していたとおり、結局は「現行案履行」になりそうだ。Scan120004
 
 連立政権は、○○案、××案、▽▽案などと、いかにも実現させるようなポーズをとっていたが、全て「元の木阿弥」になる。
  アメリカ側の「現行案履行」で行くという提案は、「つべこべ言うな、問答無用」、「これ以上話し合いを続けても無駄、議論はこれで終わらせる」という強い姿勢を示したものだ。
 こうなると、「沖縄県民、米、連立与党の三者が納得行く案」などあり得ない。
 基地問題を政局に利用した民主党にとって、「現行案」に戻ることは政権に与えるダメージは余りにも大きいが、これが現実、これが限界ということか。 

 民主党も野党時代は、自分達なら問題解決は簡単のようなことを常々言っていたが、難しさを肝に銘じ、多少は謙虚な姿勢を示して欲しいものだ。
 3月末の日米外相会談が最終の話し合いになるであろう。

2010.2.22基地使用のユーザーは米軍だ

2010.2.21普天間移転問題で揺れる民主党

2010.2.19「普天間基地移設」問題とは

2009.12.10基地問題は利用されている

2009.12.9沖縄県民の本当の声
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-159592-storytopic-53.html

■普天間 米、現行案履行要求へ変更なら継続使用  3月22日 産経
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100322-00000009-san-pol
【ワシントン=佐々木類】
 オバマ米政権は、今月下旬に行う方向で調整中の日米外相会談で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題に関し、日本側に名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設するとした現行案の履行を改めて求める方針だ。
 「現行案が最善」との立場をとる米政府は、日本側が現行案を変更した場合、普天間飛行場を継続使用せざるを得ないとの判断を強めており、シュワブ沿岸部以外の移設先を検討中の鳩山由紀夫首相は一層苦しい立場に追い込まれそうだ。
 日本政府は現在、辺野古のキャンプ・シュワブ陸上案を軸に、米軍ホワイトビーチの埋め立て案なども検討している。23日には鳩山首相が平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らと政府案の調整を行う予定だ。
 一方、米政府は普天間飛行場の移設先に関し、現行案が「最善」との立場を変えていない。理由は「米政府は何年にもわたって多くの別の解決策を研究し、現行案以外の問題点や弱点を指摘できる」(キャンベル国務次官補)からだ。
 実際、日本政府内で浮上している移設先は、地元沖縄側が反対だったり、海兵隊の航空兵力と地上部隊の一体的な運用上、移設が困難だったりする場所ばかりだ。
 ただ、沖縄県の負担軽減に配慮する日本側へも理解を表明。日米関係の決定的な悪化を避けるため、日本政府に対し、「米国は日本とともにさまざまな異なる可能性に向き合う用意がある」(キャンベル氏)との意向を伝えている。
 米政府は、外相会談などを通じて普天間飛行場の継続使用の可能性をにじませることで、日本側に現行案の履行を強く迫る考えだ。 
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« 好きになれない河村瑞賢 | トップページ | 開国要求は捕鯨船立寄りだった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普天間、米は「現行案」履行要求:

« 好きになれない河村瑞賢 | トップページ | 開国要求は捕鯨船立寄りだった »