« 国会議員は「戒石銘」を知れ | トップページ | 一青窈「花のあと」の主題歌を歌う »

2010年3月11日 (木曜日)

民主と公明の急接近裏事情

 公明党が民主党に急接近しているという。
 一度味わった「与党という密の味」が忘れられないのか。

 数年前、公明が自民と連立を組んでいた当時、民主党の石井一議員が「公明党のP献金」に関して、公明党の冬柴鐵三国交相に厳しく追及したことを忘れたのだろうか。それとも、公明党の最大の弱点である「創価学会=公明党」の関係、その象徴である「P献金」の追求を免れたい意向が公明党にあるからだろうか。

 「P献金」のことをご存じない方のために触れると、(「P」はプレジデント(president)ので=池田大作)のことであり、つまり「P献金=池田への献金」のことで創価学会や公明党幹部らの隠語だ。
 もし、この献金の存在に疑問と思うなら、創価学会や公明党を抜けた議員や関係者に確認すればいい。献金理由は、選挙に当選した公明党議員が、選挙応援をしていただいた創価学会に対する御礼と言われている。
 このように、宗教と政治という憲法の根幹に関わる問題が今も続いている。
 こんなことが、許されるのか。

 もっとも、民主党側にすれば、夏の参議院選では議席が減ることを想定しており、その穴埋めに公明党の議席や応援が欲しいということだろう。

 現段階で両党の目論見が一致しているのは、「子供手当て法案」の成立だが、次に公明党が狙っているのは、在日朝鮮人等の「外国人参政権」法案の成立だ。
 外国人地方参政権に何故、公明党が熱心なのか、これには深い訳がある。

 この背景に何が隠れているかは、大手のテレビや新聞では一切触れないことだ。
 それには徐々に迫っていくことにしたい。

公明、与党の道再び?「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める
 政府・民主党と公明党は10日、政府提出の「子ども手当創設法案」と「高校授業料無償化法案」を修正し、公明党の賛成も得て成立させることで一致した。社民、国民新両党も修正合意を容認した。公明党は平成11年の自民、自由両党との自自公連立政権樹立の際も、法案への賛成を積み重ねて接近していった前例があり、「公明党は与党への道を歩み出した」(民主党幹部)との指摘が出ている。社民、国民新両党は「公明党が民主党と組めばわれわれはいらなくなる」(国民新党幹部)と警戒感を示している。
 「驚くほど10年前と似てきた」
 公明党幹部は修正合意を受けてこう述べ、国会で政府・民主党への協力を強めることを示唆した。--以下省略--2010.3.10 産経

国会中継中の問題発言 P献金問題

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« 国会議員は「戒石銘」を知れ | トップページ | 一青窈「花のあと」の主題歌を歌う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主と公明の急接近裏事情:

« 国会議員は「戒石銘」を知れ | トップページ | 一青窈「花のあと」の主題歌を歌う »