« 映画は国威発揚の手段だ | トップページ | 芸能人の薬物使用は氷山の一角? »

2010年3月 9日 (火曜日)

暗礁に乗り上げた基地移転問題

 普天間の移設案は、どの政権与党が説得力があるのか無いのか、Photo全く見えてこない。   
 バラバラもいいところだ。
社民党は、米領グアムなど国外に移設。
国民新党は、沖縄県の嘉手納基地に統合かキャンプ・シュワブ陸上部への移設案。
民主党は、シュワブ陸上案を第1候補に米国と交渉中だが、米側や沖縄の反発は強く難航。腹案として徳之島も候補に上がっているが地元民が強く反対。また、沖縄県知事や名護市長も「辺野古に基地造らせぬ」と頑張っており、完全に暗礁に乗り上げている。
Photo_2
 選挙前、「県外移転だ」「国外移転だ」とあんなに大騒ぎしていたのに、結局「あれはなんだった」と感じている国民も多いことだろう。
 つまり、民主党の先生方は、基地問題等では反対することと、子ども手当や高速道路無料化等の甘いこと言うことしか脳がないのだ。
 
 この移転問題は、結局は米国に急かされて、何れかの時期に何処かに決定するとしても、その移転先等からは足下を見られ高額の補償費を永遠に支払わざるをえないことは見えている。ゴネ特か、漁夫の利を狙っている県や地域があっても可笑しくない。
 そして、この高いツケは国民に回ってくるのだ。
 いずれにしても、完全に墓穴を掘ったかたちの民主党だ。
 選挙では民主党を応援した国民も、どうすればいいのか迷っていることだろう。

 オバマ米大統領は18日から24日までの日程で米領グアム、インドネシア、豪州を訪問するが、グアム視察は日本を「牽制」する狙いもあるようだ。

米大統領、グアム視察で日本を「牽制」?(2010.3.8産経)
 オバマ米大統領は18日から24日までの日程で米領グアム、インドネシア、豪州を訪問する。在日米軍再編に伴い、沖縄県の普天間飛行場(宜野湾市)の海兵隊8000人が移転する予定のグアムで大統領は米軍基地を訪れ、この地域における米軍の重要性を国内外にアピールする。米政府は普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした日米合意による現行計画の早期履行を求めており、大統領のグアム訪問は、日本側を牽制する狙いもありそうだ。
             --中略--
 米国にとって普天間飛行場の移設が現行計画から変更されることになれば、沖縄の海兵隊8000人とその家族9000人、関係する後方支援部隊の人員らを2014年までに移設するという計画自体が頓挫することになりかねず、大統領自らグアムの米軍基地を視察することで、日本政府に早期の対応を促したいとの考えがあるようだ。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« 映画は国威発揚の手段だ | トップページ | 芸能人の薬物使用は氷山の一角? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/33694734

この記事へのトラックバック一覧です: 暗礁に乗り上げた基地移転問題:

« 映画は国威発揚の手段だ | トップページ | 芸能人の薬物使用は氷山の一角? »