« 江戸の大火がジョージを作った | トップページ | JR中央線の敷設に貢献した人 »

2010年3月14日 (日曜日)

「五日市街道」は生活道路

 前項で「吉祥寺新田」や「大宮前新田」などに触れたので、この,街道が武蔵野、つまり多摩地域の発展と深く関連していることを記録しておきたい。

 江戸時代から東京を東西に走る主な街道に、「青梅街道」「五日市街道」「甲州街道」がある。この中で「五日市街道」だけは他の街道と違い、江戸の中心地・日本橋まではつながっていない。青梅街道、杉並の馬橋交差点から武蔵五日市に至る約42キロメートルの街道だ。参勤交代にも使用されない目立たない街道だが、武蔵野の「新田開発」、「玉川上水」の掘削や維持管理など、江戸開発と庶民の生活には矢かせない役割を担ってきた。
 この街道は場所によって呼び名が違い、「砂川道」「青梅街道脇道」「青梅街道裏道」「小金井道」「長新田道」「五日市みち」さらに「いな道」などと呼ばれていた。
 
 先にも触れたが、「五日市街道」の両側は、江戸初期から「田端新田」「大宮前新田」「中高井戸新田」「松庵新田」吉祥寺新田」「西久保新田」「関前新田」「保谷新田」「小金井新田」「砂川新田」などと村々が形成され、武蔵野の開発と連動して発達してきた。そして、概ね新田単位に神社・仏閣も造られ今も存続しているものと思われる。

 この街道は、古くから道の両側に家並みが建てられたこともあってか、今も道幅が狭く殆どが片側一車線道路だ。両側には古い家並みが続き、点在する神社仏閣も歴史を偲ばせる。
 最近では車で好んで通ることが多い。
 都内では、道筋に歴史を感じさせる唯一の道路かも知れない。

筒井作蔵著の「五日市街道を歩く」の序文
 五日市街道は近世以降、江戸と武蔵五日市とを結ぶ脇往還として発展してきた。杉並の馬橋から武蔵五日市に至る約42キロメートルの街道である。
 「道」は古来より地域の発展に大きな役割を果たし、沿道の至る所にその時々の歴史を伝える文化遺産が残されている。しかし、近年、多摩の奥地といえども「開発」の波は容赦なく、都市部は「再開発」が繰り返される。
 江戸のシンボルとも云える「お江戸日本橋」の真上に野暮な首都高速が走っていることに象徴されるごとく、文化財保存は無機質な「都市機能優先」に後手にまわされ、少なくない歴史的な遺構が破壊された事も事実である。「道」もまた、しかりである。五日市街道は江戸初期に成立したものの、日本橋を基点とした五街道やそれに準ずる川越街道や、甲州街道の裏街道の役割も兼ねた青梅街道とはかなり性格を異にしている、
 大名の参勤交代が通るわけでもなく、行き先も武蔵五日市といたって「地味」で華々しさにいささか矢けるが、江戸開発と庶民の生活には矢かせない街道の一つとして役割を担ってきたのは歴史的な事実である、五日市街道は時代と場所によって呼び名が変化している。「砂川道」「青梅街道脇道」「青梅街道裏道」「小金井道」「長新田道」「五日市みち」さらに「いな道」の呼び名の歴史が深く、五日市街道の歴史をさぐる上で重要なポイントである。
 伊奈は秋川が深い渓谷をようやく抜け、あきる野台地に出た演目集落で、中世より発展してきた。鎌倉街道上道の支道がこの「伊奈宿」を通り、小田原北条の時代には、すぐ北部の「平井宿」と隔番で仏馬役を命じられるほど、交通の要所であった。街道が本格的な江戸への道と発展したのは、徳川家康が天正18年(1590)入府してからである。当時、江戸城は荒れ放題で人家もまばらな寒村に過ぎず、家康は城の改修と街造りが急務であった。同時に、上木工事に必要な建材の確保と運搬ルートも同時に確保しなければならない。壁の漆喰には、青梅・成本の石灰を現地で加工して、江戸に運んだのが青梅街道で、中世後期より優れた石材を生産してきた伊那石と、高度な技術を持った石工を江戸普請に徴用・搬出のために開かれたのが五日市街道である。
 江戸中期になると、江戸の人目は急激に増加し、当時燃料の主流であった薪炭とりわけ木炭は五日市の更に奥地、秋川谷の桧原、養沢から五日市宿に集積し運ばれている。五日市街道はかかる江戸への物資運搬だけでなく、砂川から小金井、吉祥寺、大宮前に至る新田開発に少なからず影響を与えている。まだまだ雑木林の人家もはとんど確認されない原野だった武蔵野に、玉川上水と分水が開削されて以来、街道に沿うあたりに幕府は精力的な新田開拓を奨励し、上水沿線に数々の新田が切り聞かれている。新田には、故郷の神社を勧請し、五穀豊穣を祈願した例祭を残している。
 元来農作物が作付けされたことのない荒地の開墾は困難を極めた。生産量もなかなか上がらず、飢饉を何度も体験した人植者の苦労はいくばかりだったか。農民の抵抗運動も散見される。青梅街道を新高円寺駅脇より直角に左折するのが五日市街道で、約100メートル進むと右に緩やかにカーブする。杉並区成田あたりは所どころ憚が残り旧街道の面影を残している。
 成田東を進むと緩やかな下り坂となるが、「七曲り」と云われた難所で善福寺川に架かる尾崎橋を渡る。四軒寺と呼ばれた吉祥寺に出る。武蔵野女子学院で千川上水が流れ、境橋で玉川上水に合流すると、蜀山人ら文人墨客にも人気を馳せた名所「小金井の桜」の堤である。今も見事な桜並木が大切に保存維持され、花の時節はもとより年間を通じてかっこうな散策コースである。
 街道は小平市の一橋大学あたりで上水から離れ、国分寺の北部から立川市砂川地域に進む。ほぼ、西に一直線に進むと、横田基地で旧街道は遮断され、西砂郵便局で迂回を余儀なくされる。ーー以下省略

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« 江戸の大火がジョージを作った | トップページ | JR中央線の敷設に貢献した人 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/33764784

この記事へのトラックバック一覧です: 「五日市街道」は生活道路:

« 江戸の大火がジョージを作った | トップページ | JR中央線の敷設に貢献した人 »