« 武蔵野市と酒田市は友好都市 | トップページ | 左寄り・中道・右寄りの見極め? »

2010年3月 5日 (金曜日)

ヤンキー先生、国会でも熱血漢

 ヤンキー先生こと義家弘介氏が、国会で日教組の実態を暴露した。
 日教組の全面支援で政権を奪ったともいわれる民主党は防戦一方だった。

 義家弘介氏は、中学生当時から不良と呼ばれ、高校生のときに暴力事件を起こし退学になり、親からも勘当される。
 失意の中で悶々としていたが、1988年に新聞記事で、北海道の北星学園余市高等学校が中退者を受け入れることを知り、この学校に編入する。
 義家弘介氏は、同校第1期生として入学し安達俊子先生に出会い人生が変わったという。1990年には明治学院大学法学部に入学するが、交通事故で生死を彷徨う。ここでも再び安達俊子先生に励まされ教師になることを決心する。
 1999年には念願の高校教師となり、母校の北星学園高等学校の教師として赴任した。ここでの熱血教師ぶりは話題となり、2003年にはTBS系テレビで「ヤンキー母校に帰る」という題名で放映されたことがあった。
 2007年の参院選では、比例区で自民党から出馬し初当選した。国会においても、持ち前の熱血漢ぶりを前面に出し活躍している。

 3月3日には、自らの体験を示しながら、北海道教職員組合(北教組)のあまりにもひどい実態を暴露していた。
 義家氏の益々の活躍を期待する。 

「北教組問題」ヤンキー先生、「ひどい実態」暴露2010.3.3 産経
 かつて北海道の私立高校で教鞭をとっていた「ヤンキー先生」こと、自民党の義家弘介参院議員が3日の参院予算委員会で質問に立ち、幹部逮捕で揺れる北海道教職員組合(北教組)の実態や北教組を含め日本教職員組合(日教組)の支援を受ける民主党の姿勢を激しく追及した。義家氏は現職教員の証言として、北教組の教員に支持者獲得のノルマが課され、「選挙に莫大な公金を原資とした裏金を使い、先生たちを違法に動員して自分たちのイデオロギー実現のために議席を買っている状態だ」と非難した。
 さらに1月に北教組支部が作成した「日の丸・君が代強制」反対のための内部文書を示し、校長への抵抗方法や「強制」された場合の超過勤務拒否といった「裏マニュアル」を暴露。
 平成18年に民主党の輿石東参院議員会長を支援する山梨県教職員組合幹部が政治資金規正法違反罪で略式起訴され停職処分になったが、昨春、小学校教頭に昇進した例も紹介した。義家氏の「波状攻撃」に鳩山由紀夫首相は「偏向した考え方を変えないとか、違法行為があることは許されない」と答弁した。 

義家弘介氏の講演会・・これが日教組の実態だ

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« 武蔵野市と酒田市は友好都市 | トップページ | 左寄り・中道・右寄りの見極め? »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/33631769

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンキー先生、国会でも熱血漢:

« 武蔵野市と酒田市は友好都市 | トップページ | 左寄り・中道・右寄りの見極め? »