« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月に作成された記事

2010年3月31日 (水曜日)

パワースポット「清正の井」

 近頃、明治神宮の森の中にある加藤清正が掘ったという「清正井(きよまさのいど)」が、パワースポットとして大変な人気だという。土日は5時間待ちらしい。
 パワースポットなど、個人的には信じていないが、面白いので紹介することとする。
 ただ、各人に適した癒しの空間や対象があることは理解できる。
 Photo
 去年末の「ダウンタウンDX」というテレビ番組が火をつけたようだ。
 番組の中で、手相芸人の島田秀平(32)が、この井戸をパワースポットとして紹介したことが、全国各地から人が押し寄せる発端だという。
 島田秀平は、30日も「はなまる」という番組に出演している。
 島田に言わせると、明治神宮は富士山から出る「」が流れる、風水で言う龍脈(エネルギーのライン)上にあり、自然の湧水である清正井には、富士山の「」が湧き出ているという。清正井を携帯電話の待ち受け画像にするだけで効果があるというが、それはどうだろうか。
 龍脈上にあるといえば、JR中央沿線の阿佐ヶ谷、荻窪、西荻窪、吉祥寺辺りには、元・オウム真理教のアレフをはじめ、いろんな宗教団体が集中しているが、これと同じ理由らしい。それより、もっとも有名なのは江戸城(皇居)で、徳川家康の側近、陰陽師(風水師)天海僧正が、江戸の街を守る為の結界を張った場所だ。
 つまり、皇居参拝が一番カネの掛からない方法だと、個人的には思う。

 また、つい横道にそれてしまったが、本題に戻って、
 清正井の入場料は500円、井戸を見るだけなのに随分高い。100円位でいいのでは。駒込の「六義園」でも300円のはずだ。
 明治神宮は宗教法人だから丸儲けだ。相当の純利益だ。
 いったい何に、そんなに掛かるのだろう。
 井戸の管理費?そんなに掛からないだろう。

 それから、清正の墓は山形県櫛引町(現・鶴岡市)にあり、また、個人的には20代後半、明治神宮の近所に住んでいたこともあり、この井戸のことは良く知っている。
 当時は、この水で、ある物質を溶かすと効果が倍加すると言われた井戸水だ。
 それも、夜明け一番の湧き水が最高と言われていた。

 都会では珍しい湧水の井戸は、加藤清正が自ら掘ったと伝えられている。
 この辺りは江戸時代初期、加藤家の下屋敷があり、加藤清正の子・忠廣が住んでいた場所だ。あり得る話だ。
 ところが、加藤家は、徳川家からいわれなき言いがかりを付けられ、まもなく断絶してしまうと、その後井伊家の下屋敷となり、そして、1920年(大正9年)11月1日に「明治神宮」の鎮座祭が行われ現在に至る。
 加藤家断絶の経緯を簡単に述べると、
 加藤清正は、関が原の戦いでは徳川側に付き、旨く切り抜けた感があったが、加藤清正が慶長16年(1611)50歳で死去すると清正の子・忠廣が10歳余りで家督を継いだ。
 しかしながら、寛永8年(1633)外様大名である清正の嫡子・忠廣が、かつて秀吉寄りだったとの理由で改易の憂き目にあい、扶持1万石に減俸され、庄内藩酒井家預けとなった。

  ここを訪問する方々は、ここまでご存じだと楽しみも倍加すると思う。
  明治神宮神楽殿お問合せ先
住所:〒151-8557  東京都渋谷区代々木神園町1-1  :03-3379-9281
 加藤清正公墓碑鶴岡市(旧櫛引町) 

簡単に行くことが出来ない方々は、ここからパワーを受けて欲しい?

大きな地図で見る

| | コメント (0)

自民党は「腐っても鯛」だ。

 自民党の谷垣総裁が、3月29日山形市に出向いて講演したのを最後に、全国行脚を終えたそうだ。

 「そんなことやっていたのか」と思うくらいに存在が薄くなっているのが自民だ。
 「腐っても鯛」、表現は悪いかも知れないが、今の政党政治の中では、国益優先の政策をとる(時に意見が違う場合もあるが)唯一の政党、「自民党」に期待せざるを得ない現状にある。
 今ある政党を多方面から分析した結果の、消去法からの支持だ。
 
 3月30日の産経新聞の「談話室」に、自民党に関して日頃感じていたことと、ほぼ同感の意見を直言している方がおられるので紹介したい。
 この中で、「自民の支持率が民主より低い」とあるが、これは野党だから仕方ないと見るべきだ。どんなときにも、現役が支持される傾向がある。
 与党である民主と野党である自民の支持率が接戦なら、既に数割方逆転しているとみている。
 夏の参議院選で、自民は 「本来すぐれた価値をを持つものは、おちぶれても、それなりの値打ちがある」ことを見せて欲しいものだ。
 もう一度言う「腐っても鯛」だ!!

 「自民党には危機感がないのか」 
    開業医 大原敬太郎(62)
 今更ながら、自民党の体たらくが残念でならない。
 国民が既に愛想を尽かしていることにも敏感でなかった。
 下野しても、まだ目が覚めないようだ。
 広く国民から資金を集める工夫もなく、政治資金の担い手だった団体も手を引き始めた。支持率も、落ち込んでいると言われる民主党よりも更に低い。
 次の参議院選挙を乗り切れるだろうか。
 このまま民主党に政権を任せておくのは、不安でならない。
 決められていくのは金をばらまく政策ばかり。
 難しくて、これまで放置されてきた根本的な問題には、何一つ手がつけられていない。
 今の自民党には、「メッセージを発信し続けないとマスコミにも取り上げられない」
 「自民党議員の顔をマスコミに出すにはどうしたらよいのか」
 「このままでは、どんどん消えていく」-。
 そんな危機感はないのだろうか。
 巻き返そうというエネルギーが底をついているのか。(兵庫県尼崎市)

谷垣氏、全国行脚終える 低い浸透度…効果のほどは?産経
 自民党の谷垣禎一総裁は29日、山形市と福島県会津若松市を訪れ、党再生を目指して昨年11月にスタートした全国行脚を終えた。全国の47都道府県を一巡し、移動距離は3万5000キロ超。ただ、東京留守中には鳩山邦夫元総務相の離党などの「お家騒動」が勃発。有権者らへの浸透度も今ひとつで、党内からは「売れない演歌歌手の地方めぐりのようだった」(幹部)とのため息も。
 「法を守らなかったことが問われている。(鳩山由紀夫首相は)そのことについての説明責任を果たしていない」
 谷垣氏は29日、山形市内で、偽装献金事件をめぐる首相の対応を批判した。その後、全国行脚の締めくくり場所となる会津若松市の「伊東正義文庫」へ。
 外相や官房長官も務めた伊東氏は平成元年のリクルート事件で自民党幹部の責任を追及し続けた経歴があり、谷垣氏にとっては派閥の大先輩でもある。「政治とカネ」の問題に潔癖さを貫いた先達にあやかり、鳩山政権を揺さぶる狙いだったようだ。
 全国行脚中は、話題作りにも腐心した。山間部の畜産農家や離島にも足を運び、「坂本龍馬像近くでの車座集会」(高知市桂浜)「米軍キャンプ・シュワブ周辺住民との対話集会」(沖縄県名護市)などにも取り組んだ。しかし、日程は週末に偏り、駆け足での行脚は「歩く。聞く。応える」というスローガンが達成できたとは言い難い。参院選への足固めとはいかなかったようだ。  3月30日7時56分配信 産経新聞 

| | コメント (0)

国民が知らない反日の実態

Photo_10

 「国民が知らない反日の実態」という、素晴らしいサイトをご紹介したい。
 このホームページのアクセス数は、総数 3507526回、一日7000回以上という、このアクセス数を見ただけで驚くが、維持管理更新に何人が関わっているのだろうと思う。
 とにかく、丁寧に情報を集め、政党は勿論、右翼、左翼、暴力団、テレビや新聞・雑誌等のマスコミに対して、タブーも遠慮もなく、提言しているところが最高に面白い。
 下手な新聞や週刊誌を読むより、まず、このような優良サイトで勉強したらと思う。
 当然、多少過激な内容が多いが、今の日本を取り巻く危うい現状からすれば許せる範囲だし、このようなサイトは極めて貴重な存在だ。http://www35.atwiki.jp/kolia/ 
 各政党、マスコミ、団体、個人も痛いところを付かれて、各方面から嫌がらせや苦情も多いだろうが負けないで欲しい。

 もし、注文を付けるとすれば
 「日本共産党」に対する正しい認識と批判が殆どないことだ。
 右翼、左翼批判のバランスを欠いている。
 「我が国の警察や公安の勢力は共産党を暗に警戒しています。また、保守派の中にも隠れ共産主義者がいる」など程度では、認識が甘過ぎる。
 日本共産党は、あらゆる角度から判断してマルクス・レーニン主義を捨てていないし、暴力革命による国家転覆もあり得ることを示唆している。
 革命のためには手段を選ばない最強・最悪の集団だ。それは過去の暗黒の歴史で明らかだし、日本共産党はそれを自己批判もしていない。
 それから、ページ全体をもう少し見易い、検索し易い内容にして欲しい。場当たりのやっつけ仕事でホームページを作成している感がある。

各政党、マスコミのスタンスhttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/605.html
 まずこの図式でいかに、各政党やマスコミが左傾化しているか、ご判断を!
 特に、NHKのような公共料金と税金で作られている番組まで、意識的に、反日的、売国的に作られている現実を直視して欲しい。驚くより悲しくなる・・・・・。

■国民が知らない反日の実態の「マスコミ関連批判記事

スコミが腐ってる証拠映像集

NHK

読売系

朝日系

毎日系

日経系

フジ・産経系

地方マスコミ

外国マスコミ

その他マスコミ

番組

被害者

愛国マスコミ

 

Photo_8

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月曜日)

庄内藩上屋敷は東京の何処?

Photo_3

 江戸古地図右下、「神田橋」の内側に「庄内藩酒井左衛門尉」の上屋敷が記されている。「庄内藩」は、神田橋の護りを担当していた。

 幕末には庄内藩は江戸市中警備を命じられ、「新徴組」を預かることになる。
 「新徴組」の屯所は、JR飯田橋駅から徒歩数分、飯田橋1-9辺りにあった。
 
 酒井藩(庄内藩)の上屋敷は、現在の大手町一丁目の現在、大手新聞社や銀行の本店など日本経済の中核となる企業、団体などのビルが建並ぶ場所にあった。
 
  酒井左衛門尉(さえもんのじょう)とは、日本の律令制下の官職の一つ。
 平家追討では「源義経」も任ぜられている。

 

藩   主

官位・通称

出自(実父・嫡出)

初代

酒井忠勝(ただかつ)

従四位下 宮内大輔

酒井家次の長男

2代

酒井忠当(ただまさ)

従四位下 摂津守

酒井忠勝の長男

3代

酒井忠義(ただよし)

従四位下 左衛門尉

酒井忠当の長男

4代

酒井忠真(ただざね)

従四位下 左衛門尉

酒井忠義の長男

5代

酒井忠寄(ただより)

従四位下左衛門尉侍従

松山藩酒井忠予の二男

6代

酒井忠温(ただあつ)

従四位下 左衛門尉

酒井忠寄の長男

7代

酒井忠徳(ただあり)

従四位下 左衛門尉

酒井忠温の長男

8代

酒井忠器(ただかた)

従四位下左衛門尉 少将

酒井忠徳の長男

9代

酒井忠発(ただあき)

従四位下左衛門尉 侍従

酒井忠器の長男

10代

酒井忠寛(ただとも)

従四位下 左衛門尉

酒井忠器の子

11代

酒井忠篤(ただずみ)

従四位下 左衛門尉

酒井忠発の子

12代

酒井忠宝(ただみち)

従五位

酒井忠発の子

| | コメント (0)

庄内藩預かり「新徴組」屯所

 Photo

 京都守護職に就いた会津藩の元で活躍したのが「新撰組」。
 江戸市中取締りに就いた庄内藩の元で活躍したのが「新徴組」(総勢約169名)だ。
 新徴組も新選組も、庄内町(旧立川町)出身の清河八郎が結成した「浪士組」が母体だ。つまり兄弟組織なのだ。

 JR飯田橋駅から徒歩数分、千代田区飯田橋1-9-7先、目白通りの歩道上に、「新徴組屯所跡」の碑がある。かつて、徳川四天王・庄内藩、酒井左衛門尉忠発(ただあき)17万石の江戸屋敷があった近くだ。この当時は外堀に「飯田橋」は無かった。
 印の御用屋敷が屯所があった場所。
 
  幕末、江戸の治安が悪化すると、庄内藩は江戸市中警護の主力として「新徴組」を当てた。「新徴組」は関東近辺で募集した「浪士組」Photoが前身で江戸の地理や事情に詳しく、その任に向いていた。                                                    庄内藩預かり「新徴組(しんちょうぐみ)」の活躍を江戸の人々は、
「酒井佐衛門様お国はどこよ 出羽の庄内鶴ヶ岡」、「酒井なければお江戸は立たぬ 御回りさんには泣く子も黙る」、「カタバミはウワバミより怖い」(カタバミは酒井家の家紋) などとうたわれた。会津藩預かり「新選組」が京で活躍している頃、  庄内藩預かりの「新徴組」もまた江戸で活躍していたのだ。

 しかし歴史は大きく動いた。
 幕府と薩長との対立が激化した慶応3(1867)年12月25日、庄内藩の「薩摩藩邸を焼き討ち」が引き金になり戊辰戦争が始まる。
 続いて起きる「鳥羽・伏見の戦い」では、幕府軍は薩長連合軍に惨敗し、将軍は恭順。幕府軍が敗北すると「新徴組」は庄内藩士と共に庄内へ帰国。
 庄内藩に編入された新徴組隊士は湯田川の旅館民家37軒に分宿、隼人旅館を本部として部隊を編成した。
 再編した新徴組は 慶応4年7月20日付で編成された庄内藩兵第四大隊に付属、秋田・矢島藩との戦い「椿台の戦い」等に従軍するなど、新政府軍相手に奮戦するも、最終的に庄内藩も降伏することになる。

  明治期に入り、庄内藩士約3,000人は松ケ丘の荒れ野開墾事業に着手、新徴組も参加するが、「新徴組」は関東周辺の出身者が多く、慣れない土地での開墾生活は苦痛を強いられ次々に庄内から脱走。明治14年7月当時、開墾事業に着手していた名簿には、元新徴組の隊士はわずか11名しか記載されていないという。(※このDscn3655項目は関係資料から引用)。

 「新選組」に比べ「新徴組」は知名度が低く、いずれ歴史から消え去る運命にあるのか。わずかに「新徴組屯所跡」の碑から往時を忍ぶが、事情を 知る方も関心を払う方もいないようだ。二合半坂と目白通りの間に新徴組の屯所跡があった場所だ。

 地図は、「新徴組屯所跡」の碑がある千代田区飯田橋1-9-7周辺です。

| | コメント (0)

2010年3月28日 (日曜日)

浅右衛門屋敷跡は山形県宿舎の隣

Photo_2
①は、三宅備前守。三河田原藩の上屋敷
②は、彦根藩井伊家の上屋敷、井伊直弼はこの屋敷を出て間もなく暗殺された。
⑩は、首斬り「山田浅右衛門」の屋敷。
⑪は、平河天神。
※中央下あたりに、「永田」の名字があるが、ここが永田町の由来となった屋敷だ。
 周辺の武家屋敷に比較し小規模だ。一平民の家が日本の中心となったそうだ。

 次は本題だが、千代田区平河町1丁目に 「月やま会館」(山形県東京宿泊所、平河町1-3-4) という山形県人のための施設がある。
 1階には「山塞」という山形料理を出す店もある。Tukiyama21
 そして、隣には第一生命ビル(平河町1-2-10)があるが、この直ぐ隣には首斬り「山田浅右衛門」の屋敷があった場所だ。
 
 「山田浅右衛門」は、将軍吉宗の時代の山田浅右衛門から始まる。 「山田浅右衛門」というのは「屋号」のようなもので代々世襲された。
 斬首刑の執行は正確には「副業」で、本業は「公儀御試御用」といって、将軍家に納められる刀剣の切れ味を実際に「試し斬り」する役職だった。 
 「月やま会館」を利用する山形県人のために断っておくが、何もこの屋敷で首斬りをしていたわけでないので、安心して欲しい。
 隣には「平河天神」がある。
 この周辺は、討ち入り前の赤穂浪士17人が分散して潜んでいた場所でもある。
 赤穂浪士のドラマや映画には必ず出る地名だ。
 「月やま会館」を利用した際は、これらの知識で散策してはどうだろうか。

| | コメント (0)

毒入り餃子の犯人は死刑?

 数年前、日本社会を震撼させた「中国製毒入り餃子」による健康被害を訴えた人は1702人にのぼった。
 この事件は、2007年末~翌年にかけて、冷凍ギョーザを食べた千葉県と兵庫県の3家族が嘔吐や下痢の症状で入院し、女児が一時重体となったことが発端だった。
 これを中国政府は、まず「日本のでっち上げ」と非難していたことを記憶している。

 最近、これを覆し犯人が中国人であったことを、ようやく公表した。
 あれだけ強いことを言っていたのだから、中国はまず、被害者や関連業者に謝ることと賠償を進めることだが、このようなことは聞こえてこない。
 また、犯人の行為は、「危険物質投与罪」が適用され最高刑は死刑だという。
 中国の刑からすれば、通常は死刑だろうし、確定すれば短期間のうちに執行される。
 それとも、被害者は主に日本人だから、減刑の可能性もあるのか。
 或いは、人のいい日本人からは、「かわいそう」などと嘆願書を準備するのか。

 ともあれ、中国側は「犯人には責任をとらせた。」と言い放つことは間違いない。
 そして、それ以上追求できない日本は徐々に、人々の話題もマスコミの関心が薄くなるに連れ、被害者への賠償もうやむやにされ、中国製への警戒もなくなることだろう。
 中国には日本人の忘れやすい国民性を見抜かれている。
 いずれ真相は闇から闇へ消え去らせる。
 これが、日本と中国政府の筋書きなのか。
 そして、日本人は何事もなかったように中国食品を食するようになる。
 自主回収された製品はこんなにあったのに。

Photo

「代理処罰を期待」警察庁中国製ギョーザ中毒事件3/28産経
 中国製ギョーザ中毒事件で、中国の公安当局が身柄を拘束した呂月庭容疑者(36)について、警察庁は中国国内法でも定める国外犯規定を適用し、日本の消費者を無差別にねらった殺人未遂に相当する罪での代理処罰を期待している。
 一方、呂容疑者の身柄を拘束した罪名は「投放危険物質罪」であることが27日判明。警察庁幹部が中国側から伝えられた情報として明らかにした。
 日本と中国の間には犯罪人を引き渡す条約がなく、日本の警察が直接、現地で捜査権を行使して取り調べることもできない。このため、今後の捜査と処罰は中国側に委ねられることになる。ただ、日本と中国とは法制面や処罰制度の相違で不透明な点が多く、容疑事実の対象事案が日本国内の3家族計10人に健康被害を出した事案なのか、中国国内での混入や中毒事件なのかについても公式情報はないという。 警察庁幹部は「国外犯に相当するかどうかも分からず、法制も日本と違う」と指摘。「代理処罰も要請できるか否かも含めてまったく分からない状況だ」と話す。
 同庁は近く、幹部を中国に派遣、捜査状況について詳しい情報提供を求める方針だ。今回適用された投放危険物質罪は危険・有害なものを食品などに混入したり、使用したりして人体や財産に危害を及ぼす行為を罰する罪で、最高刑は死刑という重罪に当たる。

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土曜日)

武蔵野市「酒田フェア」情報

 武蔵野市と酒田市は友好都市ということもあり、JR吉祥寺駅近くに酒田市のアンテナショップ「麦わら帽子」という店がある。Dscn3761

 3月26日(金)~27日(土)は「山形県酒田フェア」開催を知り、どのようなものかと、食事がてらに出かけてみた。
 結論から言うとガッカリ期待外れだった。

 品揃え、売値、販売方法など、どれをとっても他店に負けてしまうし、あれでは、「庄内産とはこんなものか」と、東京都民に誤解を与えてしまう。Dscn3765
 輸送費などのコスト面で言い訳はあるだろうが、このような場合は、利益度外視してもPRに努めて欲しい。
 同様のことは、銀座の山形産アンテナショップにも言える。
 今回は、何か購入して協力しようと思い、仕方なく「アサツキ(庄内ではキモド)」「赤かぶ」「くるみ餅」「キクラゲ」などを購入した。
 次回は出きれば、吉祥寺駅構内にでも売場を設けて、酒田からも販売員を派遣して、「酒田フェア」の名に恥じない形でやって欲しいものだ。Dscn3767
 今回の程度なら、やらない方がいい。「フェア」の名が泣く。
 実は、この「麦わら帽子」の対面には土佐高知のショップがあり、こちらの方が品揃えが良く、価格も東京近郊より安値だった。価格設定は、こちらの市場価格を調査して他店に負けないでほしい。倍値では、普通は手がでない。
 高知店には「ワラビ」「ウルイ」が一束200円でおいてあった。Dscn3766
 ワラビは4束しかなかったので買い占めてきた。
 「ウルイ」一束は酒田産も同額だったが、高知産は3倍の量でお得感がある。この時期、ワラビ、ウルイ、キモド、竹の子等には目がないのだ。
 「酒田フェア」について妻曰く、「この程度なら、家で協力して安く売ってあげたら。」だ。
 因みに、酒田と武蔵野市の友好都市は、平成4(1992)年に始まっている。
 
買ってきた品々
 
左側のうるい、わらびは高知県産。ほとんど一人で食べてしまうつもりだ。

Dscn3779

| | コメント (0)

多摩湖周辺の桜・開花情報

 3月27日(土)午後3時現在、多摩湖周辺の桜の開花は、一部のところで「一分咲き」といったところだ。
 あと数日で、見頃になるだろう。 

 多摩湖周辺では、例年、多摩湖堰堤前にある東大和警察署の駐在所隣の桜が一番咲きすると言われているが、この桜木もやっと一分咲き程度だった。
 きっと、来週の土日は満開であろう。
 それでも、今日すでに、桜が待ちきれない方々数組はテーブルやイスを出して、ごちそうを広げて、オダを上げていた。
 それから、駐在所前には無料の駐車場があり約20台置くことができるが、桜の時期は直ぐに満杯になり、一旦置くと一日開けないところがある。
 道路は当然駐車禁止で、道路に置かれれば近所迷惑だ。
 できれば、公共の交通機関で来ることがベターだろう。
 駐車場は、この時期だけでも有料にすることも有りと思うのだが・・・。

Dscn3768

| | コメント (0)

竹下通り騒然は政治騒然と同じ

 竹下通りで騒然となった状況は、今、政治が騒然となったのと同じ理屈だ。
Photo
 つくづく日本人は、デマ情報に翻弄されやすい人達と思う。
 それが、昨日(3/26)証明された。
 原宿の竹下通りで「芸能人がいる」とのデマ情報が「ツイッター」で広がったらしい。
 それでなくとも原宿に集まる若者は、芸能人目当てや、少し可愛いかったりするとスカウトされないかと期待してなど、不純な動機の若者が多い。
 今回はほとんどが若者だったようだが、何も若者だけ非難しているのではない。日本人全般が、このように付和雷同する傾向が強いといわれているのだ。 
 それは昨年の、衆議院議員総選挙をみれば分かること。
 高速無料化、子供手当支給、学費無料化、その他、票集めのためバラマキ政策多数を唱えた「民主党」に、一斉になびいたのは選挙権を持つ成人した日本人だ。

 冷静になれば、このような甘いことばかりでは国が傾くことは分かるはずなのに、それがマスコミの一斉応援もあり、票がどっと流れる。
 昨日は、原宿の若者を笑っていたが、同様に民主を応援した方々が笑われている。
 竹下通りだけのデマなら怪我人程度で済むが、一国の命運を左右する選挙となると、そうは行かない。日本国民全員、それも生まれていない孫子の代まで影響するのだ。
 支持、投票した人だけの国ではない。
 国を傾けてからでは、「あとの祭り」だ。
 
 先の大戦の、日本国民が「一斉に戦争支持」に動いたのと同じ理屈と思う。
 マスコミも、国民を煽る「デマ情報」は流さないで欲しいものだ。 

「AKBがいる」飛び交うデマに原宿騒然 3月26日 産経
 春休みになったばかりの「若者の街」東京・原宿の竹下通りは、「将棋倒し事故」の情報に騒然となった。将棋倒しの事故はなかったが、何人もの女性が体調不良を訴え、路上に倒れる人も出るなどしたため、救急車も出動した。
 「人込みから『キャー』という声が上がった。何が起きたか分からなかった」現場近くのある商店の従業員は、こう話す。十代をターゲットにしたブランドショップやクレープ店などが立ち並び、若者でにぎわう竹下通り。この日は、春休みになったばかりで特に混雑が激しく、買い物客や観光客でごった返していた。
 「AKBがいる」という声が聞こえ、人が殺到。実際には、こうした事実はなかったが、パニック状態になり、警察などには「将棋倒しが起きた」という通報が相次いだ。現場では、若者がひしめきあい、つまずいて転ぶ人も。しゃがみ込んだ若者の上に、何人もが押されて、折り重なった。「靴がない」「財布がない」といった声が飛び交い、悲鳴や泣き声も上がった。
 付近の店の看板は倒され、花壇は踏み荒らされた。東京消防庁によると、この騒ぎで少なくとも3人が体調不良で搬送されたという。西東京市から来た中学1年の女子生徒(13)は「前から後ろからも押されて、一緒にいた友達が倒された。悲鳴が聞こえて、うずくまって泣いている人もたくさんいた。すごく怖かった」と話した。
「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0)

2010年3月26日 (金曜日)

刀剣界の両山は、庄内出身

 昭和40年代後半まだ23~4歳の頃、刀剣収集の趣味を持つ上司の家に呼ばれた。K_1_2
 自宅には十数振りの刀が有り、それは見事なものだった。
 なんの知識もなく、「凄いですね」の感嘆語しか思い浮かばなかった。
 呼ばれた理由は、刀剣に関心を持った人なら誰でも知っている鶴岡出身の佐藤寒山、酒田出身の本間薫山と私が同郷出身と知ってのことだった。

 佐藤寒山は新刀、本間薫山は古刀の研究で知られ、
 刀剣好きの間では、「両山」と言えばこの二人を意味するという。
 今も記憶に残っているのは、白鞘の横に筆で書かれた良く読めない文字だった。『鞘書き』ということも後で知った。
 この程度の知識で、刀剣のことは、とんと忘れていたことだったが、
 昨日、酒田出身の友人らと食事をした際、「山田浅右衛門」の話題から、この両山のことに話が移った。
 そして、「佐藤寒山先生の鞘書された刀を持っているから見に来て」という話になった。鑑定書付きというから、まず本物と思うが楽しみなことだ。
 ただ、骨董美術品の世界では、「売ります、買います騙します」などと、当然の如く言われる世界だから、偽物(ギブツ)の疑いをもって見ることも大切だ。
 相当の目利きの方も、騙される恐ろしい世界らしい。

 なお、歴代の首斬り「山田朝右衛門」は、刀剣鑑定の権威をもっていたが、特に七代目・吉利(よしとし)は刀剣鑑定法を確立し、刀剣の世界からは切っても切れない関係だという。
 山形県庄内地方と「山田浅右衛門」が、面白いところでつながったものだ。

佐藤寒山Kanzan
 本名:佐藤貫一、明治40年4月13日山形県鶴岡市生まれ、
 日本刀研究の権威として知られる。
 日本美術刀剣保存協会常務理事。
 刀剣博物館副館長。
 従四位・勲三等・文学博士(國學院大學)。
 特に新刀の研究で知られる。
 古刀の研究で知られる本間薫山と並んで両山と呼ばれる。
 昭和53年2月26日死去。


本間薫山
 本名:本間順治。明治37年4月16日、山形県酒田市生まれ。
  国学大卒、文学博士。日本美術刀剣保存協会元会長。
  刀剣界に多大な功績を残した。
  1965年「本間美術館」の初代理事長に就任。Image_kaicho_honma
 「日本美術刀剣保存協会」を設立し会長となった。
  平成3年8月29日死去。87歳。著作に「日本刀」など。
 昭和時代の日本刀研究第一人者。

■財団法人「日本美術刀剣保存協会
  http://www.touken.or.jp/gaiyou/index.html


全日本刀匠会http://www.tousyoukai.jp/

■刀剣「初心者の為の基礎講座」前編
http://www.nihonto-club.net/kisokouza.html#1

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水曜日)

首斬り「山田浅右衛門」の回想②

  内容は「山田浅右衛門」秘話を語る①の続き。

 この記録は、「報知新聞」に1908(明治41)年7 月連載された。
 ※「村野薫著「日本の死刑」から

Sikei_3

Sikei_4

Sikei_5

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0)

首斬り「山田浅右衛門」の回想①

 明治15年(1882)1月1日に刑法が改正され斬首刑は廃止となった。Photo

 よって、明治14年(1881)7月24日、山田吉亮(よしふさ)(七代目山田浅右衛門吉利の三男)が市ヶ谷監獄署内で、強盗殺人犯の巌尾竹次郎と川口国蔵の二人の斬首刑を執行したのが、首切り役人・山田吉亮(よしふさ)が最後に行った斬首(吉亮は八代目浅右衛門を名乗っていない)となる。
 山田吉亮は、吉利の三男であったが、12歳で初めて刑場に入って以来、兄弟の中では最も多く刑の執行を担当し、8代目長男の吉豊に代わる働きをした。
 つまり、山田浅右衛門の名は、兄である長男の吉豊が継いでいるので、閏8代目、あるいは裏8代目と呼ぶ人がいる。

 吉亮が、斬首刑が廃止となった後に、昔語りとして斬首のことを語った事で、あまり知られていなかった闇の部分が明らかになった。
  この記録は、「報知新聞」に1908(明治41)年7 月連載された。
 ※「村野薫著「日本の死刑」から
 「語り口」や漢字が変換できない箇所があり、原文をコピーして掲載することにした。

Sikei_1

Sikei_2

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0)

最後の山田浅右衛門・吉亮

 江戸時代の処刑史を調べる上で「山田浅右衛門」の名は欠かすことはできPhotoない

  「山田浅右衛門」に関する本は何冊か読んだが、最後に「山田朝右衛門」を襲名した「吉亮(よしふさ)」に関する記録が印象に残ったので紹介したい。右写真は明治36年撮影、吉亮50歳当時。(村野薫著・「日本の死刑」から)

 まず、「浅」ではなく「朝」と名乗った。
 山田吉亮(1854~1911)は八代目吉豊の実弟。
 七代目の三男となる。
 つまり、山田浅右衛門の名は、兄である長男の「吉豊」が継いでいるので「閏八代目」、あるいは「裏八代目」と呼ぶ人がいる。
 
 吉亮は麹町平河町の大きな屋敷に住んでいた。
 お役御免になってから「聞き書」や「懐宝剣尺」、「刀剣発微」といった回顧録も多く残っている。最期は明治44年、四谷の床屋で58歳のとき脳溢血で死亡している。
 「山田浅右衛門」の代々の墓は、豊島区の「祥雲寺」(池袋3-1-6)と勝興Kiriezu11寺(新宿区須賀町8番地)に残る。
 山田一族は八代で約2400人を斬首したと言われる。

 「秘話①」
 最後の山田浅右衛門と言われる「八代吉亮」が斬った首は約三百人に上り、この中には、元・米沢藩士雲井竜雄も含まれている。

 下段の回顧録では、雲井竜雄の最期の様子を語っている。
 藤沢周平は、雲井竜雄のことを「雲奔る」という小説で残している。
 また藤沢は、雲井のことを「遅れてきた維新志士」、清河八郎を「早すぎた志士」と評しているが、今回は触れない。

山田浅右衛門の名前載る本
「最後の浅右衛門」団鬼六 
「項の貌」渡辺淳一
「剣鬼と遊女」山田風太郎 
「警視庁草紙上・下」山田風太郎
「大江戸死体考・人斬り浅右衛門の時代」氏家幹人 
「斬(七代目吉利の三男・吉亮が軸)」綱淵謙錠 
「首斬り朝1~9」小島剛夕 

■重松一義著の「大江戸暗黒街」から引用
 「小さいときから試し斬りが好きだった。」
 12歳のときというから、慶応元年(1865)のこととなるが、役人には17歳と虚偽の申し立てをして、「少年囚の首を斬らせてもらった。」と回顧談を遺している。
 また、「雑念を払うため、涅槃経の四句を心のなかで唱えた。刀を振りおろすさいには、右手の指を順々に曲げて、刀の柄を握り締める。
 まず示指のとき「諸行無常」、中指のとき「是生滅法」、薬指のとき「生滅滅巳」、小指のとき「寂滅為楽」と唱え終わった瞬間、電光一閃、罪人の首はポロリと落ちていた」といったエピソードや秘伝が遺されている。
著名な事件も多く、例示すれば次の人々が挙げられる。
○明治3年12月26日、明治新政府打倒の陰謀により、元米沢藩士雲井竜雄らの斬首にあたる、吉亮弱冠17歳であった。
○明治5年2月22日、原田キク(夜嵐お絹)の斬首をこれまでの小伝馬町牢内刑場でなく小塚原で執行。愛刀兼光(関の孫六作)を特に用いたといわれる。
○明治7年7月9日、東京府囚獄掛のそう手として赤坂喰違坂の征韓論反対の岩倉具視暗殺未遂の土佐出身・陸軍少佐武市熊吉ら9人をただ一人で次々と斬り、9人斬りと評判になる。
○明治11年7月27目、内務郷大久保利通を紀尾井坂で暗殺した石川県士族島田一郎ら6人を斬首。
○明治12年1月30日、市ヶ谷監獄署で高橋お伝を斬首。わが国女囚最後の斬首刑。このときお伝は男の名を呼び叫び、吉亮は手を焼き、二度も手元が狂い、三度目に押し斬り捻じ斬りの格好で斬首したと伝えられる。吉亮唯一のやり損ねの失敗談としてある。
○明治14年7月24目、市ケ谷監獄署で強盗殺人犯の巌尾竹次郎・川口国蔵を斬首、吉亮後の首斬りとなる。吉亮28歳。翌明治15年1月1日刑法制定され斬首刑廃止。時代が大きく変わり吉亮は若くして失職しているが、歴代の刀剣鑑定の謝礼など蓄えもあり、生活に窮することもなく暮していたようで、明治44年脳溢血により四谷の床屋で急死している。58歳であった。
 子の九代吉顕は相続人ではあるが、家業の斬首経験もなく、麹町平河町の大きな屋敷から麹町紀尾井町の裏長屋に住み、生活に事欠き惨めなものであったといわれ、10代愛之助の代に山田家はついに断絶となっている。

Yamada_canvas

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火曜日)

「花のあと」気になったこと

 大阪出身で東大文学部卒の中西健二(1961.12.3生まれ)監督による「花のあと」は好評のようだ。
 映画「花のあと」は、藤沢周平の出身地・鶴岡で撮影されたものだが、春夏秋冬Scan120005の季節の移ろいは大切な要素だ。
 この作品は、「桜の季節に始まり、桜の散り際に終わる」という、思いを桜に託したところが見所であり、なおさらのことだ。

 この季節の移ろいの表現で気になったところがあった。
 撮影時期が難しかったと思うが、映画の一番の見せ場である北川景子演じる以登が男4人を倒す場面の撮影場所と時期だ。作品の流れからすると、果たし合いは3月末から4月はじめの鶴岡界隈となろうが、この時期の鶴岡はまだ寒さが残っており、この季節感が映画に出ていなかった。

 クランクインは去年の3月と聞くが、満開の桜の場面は昨年の4月に撮影したものだろう。つまり、最初と最後の場面は1年前に撮影を終えていたことになる。そして、その間をつなぎ合わせるように、温泉に行く場面や雪の場面などを撮影して行ったのだろう。

 果たし合いの場面だが、この撮影は辺りの景色から昨年秋から冬にかけて撮影したのであろう。それも鶴岡ではなく東京近郊の可能性が高い。
 何度も撮り直しをする必要があったのであろう。
 撮影場所は、台詞から川沿いの森林のようだったが、もしこれを、赤川か最上川の河川敷か、庄内砂丘の松林の中で、遠景に月山が映ればあれば最高だった。
 もっとも、庄内地方も河川敷はみな堤防が築かれ、撮影には不向きなのか。
 撮影を支援する「庄内映画村」の方々も、撮影場所の提供は大変だと思う。
 

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月やま会館の隣は浅右衛門邸

 最近、千代田区平河町1丁目に 「月やま会館」(山形県東京宿泊所、平河町1-3-4) という山形県人のための宿泊施設がある。
 1階には「山塞」という山形料理を出す店もある。Tukiyama21
 そして、隣には第一生命ビル(平河町1-2-10)があるが、この隣りは「山田浅右衛門」という、公儀介錯人(正式な役職ではない)の屋敷があった場所だ。
 「山田浅右衛門」は、将軍吉宗の時代の山田浅右衛門から始まる。 「山田浅右衛門」というのは「屋号」のようなもので代々世襲された。
 八代まで続いたが七代・八代目は「浅」から「朝」に変えている。
 この家は明治初期まで続いたという。
 明治に入っても需要があったようだ。
 斬首刑の執行は正確には「副業」で、本業は「公儀御試御用」といって、将軍家に納められる刀剣の切れ味を実際に「試し斬り」する役職だった。
 ただ、身分はあくまで浪人であったという。
 「月やま会館」を利用する山形県人のために断っておくが、何もこの屋敷で首斬りをしていたわけでない。最近も用事でこの前を通ったが、この辺りは様変わりして昔の名残は全くない。かろうじて直ぐ近くの「平河天満宮」に名残がある。
 「平河天満宮」に関して付け加える。
 「天満宮」とは菅原道真公を奉った神社で、関東の三大天神は「亀戸天神社」「湯島天満宮」「谷保天満宮」といわれ、平河天満宮は入っていない。
 しかし、太田道灌の時代から大切にされた歴史ある神社の一つだ。
 それに、平河町一丁目辺りは「赤穂浪士」17人が、討ち入り前に4軒に分散して潜伏していたところでも有名だ。
 それから、「月やま会館」のホームページでは、「平成19年3月31日から宿泊部門を休業することとなりました。」職員厚生課.023(630)2037とある。
http://www.jan.ne.jp/~tukiyama/
 都心の一級地にあるのにもったいない話だ。
 立派な建物だったが、どのように利用されているのだろう。
 運営は(財)山形県職員互助会というが、税金は使われていなのだろうか。
 互助会だけで運営しているのなら、凄い財政力だ。
 食事は出来るようだったが、利益はあるのだろうか、山形料理なのだろうか。
 稼働率はどうなのかなど、余計なことだと思うが、いろいろ心配になる。
  http://www.pref.yamagata.jp/pickup/opinion/search/2005/05/0112.html

 なお、山形県庁のホームページでは、「空室がある場合には、一般の方にもご利用いただいております。 その際の利用料金につきましては、上記の理由により、職員と若干の料金差はありますが、近隣の宿泊施設を参考に利用しやすい料金設定とさせていただいているところですので、御理解をお願いいたします。」などと、今も宿泊施設として利用できるかのような内容になっているので気づいたら修正したほうがいい。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月曜日)

開国要求は捕鯨船立寄りだった

 イルカ、クロマグロ、クジラ漁はギリギリの攻防が続いているが、この問題は根深いものがあり、長期的には日本が不利と見ている。

 かつてアメリカが日本に開国を迫った理由は、貿易船や「捕鯨船」の立寄り港として下田と箱館港を利用したかったからだ。米の捕鯨目的は、鯨から油をとるためだった。
 三陸沖から北太平洋にかけてはクジラの宝庫で、年間三百隻を超すアメリカの捕鯨船が活動していたという。それが主たる目的が必要なくなると、反捕鯨の立場に回るのだから、いかに自分勝手な国かということだ。

 歴史的に見てもアメリカは、下田に蒸気軍艦4隻を率いて開国を迫り、戦争前は中国からの撤退等をハルノートで突き付け、戦争に勝つと自国に有利な憲法を押しつけ、そして最近では、イルカ、クロマグロ、クジラ漁の撤退を要求、トヨタ車にでっち上げして牽制、基地使用のごり押し等々、全て国益優先の政策で行動していることが分かる。
 これからも、足腰の弱い日本の足下を見透かして傲慢に振る舞うことだろう。
 全てに骨抜きにされ、軍事は勿論、外交力の無い日本は翻弄されたままだ。

 ただ日本も、外国から批判されないようにしたいことが沢山ある。
 例えば、今は規制されているだろうが象牙を取るための象狩り、珍しいからと外来種の持ち込み、未成年者や幼児ポルノHIVの増加、人工中絶覚せい剤等の薬物使用、マングローブ等の自然破壊、、材木輸入のための森林破壊ゴミ廃棄問題等々、カネの力で海産物や発展途上国の自然破壊の急先鋒となっている現実がある。
 カネの力で、各国で身勝手に問題を振りまいていることが多い。

  再度、イルカ、マグロ、クジラ漁のことだが、宗教的にみても、キリスト教では牛・豚は人間の食べ物として神が認めている、ヒンズー教では牛は神聖、イスラム教では豚は不浄の動物、仏教にも不殺生戒(ふせっしょうかい)がある。
 このような問題には、各国とも置かれた立場立場で主張するものであり、お前の主張は間違っていると断じることは出来ない。

 過激で暴力的な活動は許せないが、グリーンピースなどの動物愛護を唱える団体は国内外に数多いし、国際的にも一定の理解と支持を得ているのが現実だ。
 ここ数十年、カネの力で飽食に有り付いていた日本人には厳しい話だ。
 食料の確保を真剣に考えるなら、限りある海洋資源や他国の食料に多くを頼らず、
 まず、自国の農業、漁業、林業などの第一次産業政策と連動して考えることだ。
 国民も贅沢三昧の食生活を慎み、かつての日本人らしい質素な食生活に戻るべきだ。
 そして、地球規模で自然環境を大切にしている印象を与えて欲しい。
 今は、それを感じることは出来ない。
 貧しい外国から見たら、なおさらだろう。
 因みに、個人的にはクジラ肉はここ数十年食していないし、マグロも寿司屋で仕方なく食する以外に自宅では食べることはない。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普天間、米は「現行案」履行要求

punch 沖縄の基地問題には、これまでも何度か触れて来たが、かねてから指摘していたとおり、結局は「現行案履行」になりそうだ。Scan120004
 
 連立政権は、○○案、××案、▽▽案などと、いかにも実現させるようなポーズをとっていたが、全て「元の木阿弥」になる。
  アメリカ側の「現行案履行」で行くという提案は、「つべこべ言うな、問答無用」、「これ以上話し合いを続けても無駄、議論はこれで終わらせる」という強い姿勢を示したものだ。
 こうなると、「沖縄県民、米、連立与党の三者が納得行く案」などあり得ない。
 基地問題を政局に利用した民主党にとって、「現行案」に戻ることは政権に与えるダメージは余りにも大きいが、これが現実、これが限界ということか。 

 民主党も野党時代は、自分達なら問題解決は簡単のようなことを常々言っていたが、難しさを肝に銘じ、多少は謙虚な姿勢を示して欲しいものだ。
 3月末の日米外相会談が最終の話し合いになるであろう。

annoy2010.2.22基地使用のユーザーは米軍だ

annoy2010.2.21普天間移転問題で揺れる民主党

annoy2010.2.19「普天間基地移設」問題とは

annoy2009.12.10基地問題は利用されている

annoy2009.12.9沖縄県民の本当の声
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-159592-storytopic-53.html

■普天間 米、現行案履行要求へ変更なら継続使用  3月22日 産経
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100322-00000009-san-pol
【ワシントン=佐々木類】
 オバマ米政権は、今月下旬に行う方向で調整中の日米外相会談で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題に関し、日本側に名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設するとした現行案の履行を改めて求める方針だ。
 「現行案が最善」との立場をとる米政府は、日本側が現行案を変更した場合、普天間飛行場を継続使用せざるを得ないとの判断を強めており、シュワブ沿岸部以外の移設先を検討中の鳩山由紀夫首相は一層苦しい立場に追い込まれそうだ。
 日本政府は現在、辺野古のキャンプ・シュワブ陸上案を軸に、米軍ホワイトビーチの埋め立て案なども検討している。23日には鳩山首相が平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相らと政府案の調整を行う予定だ。
 一方、米政府は普天間飛行場の移設先に関し、現行案が「最善」との立場を変えていない。理由は「米政府は何年にもわたって多くの別の解決策を研究し、現行案以外の問題点や弱点を指摘できる」(キャンベル国務次官補)からだ。
 実際、日本政府内で浮上している移設先は、地元沖縄側が反対だったり、海兵隊の航空兵力と地上部隊の一体的な運用上、移設が困難だったりする場所ばかりだ。
 ただ、沖縄県の負担軽減に配慮する日本側へも理解を表明。日米関係の決定的な悪化を避けるため、日本政府に対し、「米国は日本とともにさまざまな異なる可能性に向き合う用意がある」(キャンベル氏)との意向を伝えている。
 米政府は、外相会談などを通じて普天間飛行場の継続使用の可能性をにじませることで、日本側に現行案の履行を強く迫る考えだ。 
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日曜日)

好きになれない河村瑞賢

 河村瑞賢(1617~1699)は、酒田から下関経由の日本海西廻り航路を確立し、最上川を利用して運ばれた物資を、迅速かつ安全に江戸に運ぶ手段を成功させた人だ。Reki0204_003

 これが山形、庄内、主に酒田の繁栄につながったとして、酒田市の日和山には銅像まで建立されているが、どうしても好きになれない。
 結論から言うと、他人の不幸に乗じて金儲けした人だからだ。

 河村瑞賢は江戸時代前期、新井白石から「天下に並ぶ者がない富商」と称えられた豪商だ。
 瑞賢は伊勢国(三重)に生まれ、13歳で江戸に出、車夫、人夫、漬物屋、人夫頭などをした後、材木商、土木請負を始めたが今ひとつだった。
  ところが、瑞賢は40歳の時、「明暦の大火(1657)」に遭遇する。

 別名「振袖火事」とも言われるこの大火は、江戸城の本丸・二の丸・三の丸を焼き、大名屋敷の75%を延焼させ、約10万人(当時の江戸は30数万人)を超える罹災者を出した。関東大震災や東京大空襲と死者数は近いが、当時の人口比率からしたら、いかに大きな被害かを知ることができる。
 これを金儲けのチャンスと抜け目ない人物がいた。
それが河村瑞賢だ。
 瑞賢は、直ちに集められるだけの現金をかき集め、江戸を出発した。

 行き先は、江戸の木材供給地であった木曽(長野)だ。
 そこで、材木を買い占めたそれも安価で、しかも、木曽の山の殆どを買い取る契約を結んでしまう。江戸の大火を知らない、木曽の木こり達は山ごと売る始末。
 遅れて木曽に到着した江戸の材木商達は愕然とする。
 彼らは、商売に必要な資材を全て河村瑞賢から購入せざるを得ないことになってしまったわけだ。
 復興資材として、飛ぶように売れる高騰した材木で莫大な富を手にした。
 これが河村瑞賢が飛躍する切っ掛けとなった。
 人の不幸を逆手にとった見事な場面だ。
 個人的には、このようセコイ感覚が嫌いなのだが、日本人は意外にこのような抜け目ない方を評価するところがあるから、表向きは非難できないときもある。
 もっとも日本人は、他国の災害や戦争をチャンスと捉え、投資や事業拡大する性分を持っているし、「死の商人」と揶揄されるユダヤ人と似た感覚を持ち合わせているとされるから、仕方ないか。

  酒田界隈では子供達に、河村瑞賢は尊敬にあたいする人物として教えている。
 それはそれで良しとして、このような裏事情も合わせて知ることも大切と思う。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸以外の諸藩の刑場

 鳩山内閣では、「死刑廃止を推進する議員連盟(廃止議連)」のメンバー、千葉景子が昨年9月法相に就任以来、死刑執行は一度もない。
 現在の死刑確定者は109人に上るが皆喜んでいるだろうが、無惨に殺害された被害者や遺族はどう思っているのか。

 「死刑反対」という個人的な考えを政治の場に持ち込む千葉景子は法相として資格がない。刑罰の中に死刑制度がある以上、法や規則に則り粛々と執行するのが法治国家だ。これには鳩山首相にも責任がある。

 ここでは、
 以前「江戸の処刑場」を紹介したので、今回は江戸以外の各藩の刑場を紹介する。
  http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-00ff.html
 
■重松一義/著「大江戸暗黒街八百八町の犯罪と刑罰
 という本があるが、この中に「江戸以外の諸藩刑場」という項がある。51txn88gbgl__ss500_
 この本には、「庄内藩」の刑場が例示されていないが、庄内藩には●鶴ヶ岡髪谷地刑場、●酒田刑場、●鶴ヶ岡大山刑場があったという。
 また、この本に記載されていない東北の刑場にはこれらがある。
●小鷹刑場(岩手県盛岡市、盛岡藩)
●七北田刑場(宮城県仙台市、仙台藩)
●草生津刑場(秋田県秋田市、久保田藩)
●松原刑場(山形県米沢市、米沢藩)
●薬師堂河原刑場(福島県会津若松市、会津藩)
Photo_2
藤沢周平は「鶴ヶ岡髪谷地刑場」のことを、
 清河八郎のことを書いた「回天の門」で、「髪谷地の刑場は、城下から清川口に行く街道わきにある。」と記しているが、正確には知らないがおおよその見当では、赤川の大宝寺地区辺りであろう。

関東地方
●佐倉藩江原刑場、●関宿藩細谷の刑場、●武州大宮宿の刑場(高橋台御仕置場)、●三郷上彦名関の刑場(三郷市の岩槻街道起点)、●栗橋川関の刑場(利根川手前の栗橋町・火刑の炮烙地蔵がある所)、●常州上郷首斬場、前橋藩御仕飯場(前橋市内大島町)、●上州月夜野刑場(磔茂左衛門処刑跡)、●宇都宮藩御仕置場(首斬地蔵跡)、●黒羽藩御仕置場(黒羽警察署の向い側の地)、
●佐渡相川西坂の刑場。●越後今泉河原の刑場(上越市)、●伊豆新島の向畑刑場、●戸部暗闇坂の刑場(横浜市)
中部地方
●尾張藩士器野刑場、●片瀬磔の松(東伊豆町)、●磐田宿の三本松刑場、●遠州見附の獄門場(浜島庄兵衛ら)、●甲州山崎の刑場(黒駒の勝蔵ら処刑)、●市川大門押切仕置場(身延の市川大門)、
●信州安曇の勢宿刑場、●信州中島河原刑場、●飛騨高山の桐生河原萬大講獄門台(大原騒動関係)、
●加賀藩金石の刑場(銭屋疑獄関係)、●三ツ屋刑場(金沢市郊外)、●漁民義人塚(富山の西新湊・正徳の漁民一揆傑刑の跡)、
●宝暦騒動尉霊碑(宝暦の打毀し処刑場・南砺市)、
●若狭の義民松木荘左衛門碑(承応年間訴願し日笠河原で磔)、●福井藩明里刑場(福井藩斬首場)
●福井藩赤坂刑場(城下にあり極刑仕置場)
近畿地方
●大坂千日前刑場、●大坂飛田刑場、●大坂野江刑場、●大坂霞島刑場、●京都六角獄内刑場、
●堺御仕置場、●紀州八軒家刑場、●兵庫宇治野の刑場(生野代官地)、●兵車夙の刑場(湊川河口・和田岬一帯)、●土佐十一烈士切腹地(堺妙国寺・フランス水兵との衝突事件)
中国地方
●芸州広島竹ノ島刑場、●備前岡山藩刑場(万成・柳原・穴甘端・半田坂・川口の各村で分散執行)、●美作山中一揆の碑(津山藩定法どおり首謀者を滑川河原で磔)、●石見大森銀山獄門台跡(岩見代官所蔵泉寺目番所の奥手・島根県大田市に所属)、●津和野藩塔の原刑場、●長州藩柊木刑場(山口市小鰭)、●萩藩大屋刑場、
【四国地方】
●讃岐高松藩御坊河原刑場(菊池寛の戯曲「義民甚兵衛」に処刑の情景と舞台が史料に立ち刻明に記されている)、●阿波徳島藩御仕置場(名東郡鮎喰河原)、●土佐藩長柴刑場、●伊豫大洲藩肱川河原御仕置場、●伊稼西条藩御仕置場、●宇和島藩御仕置場
九州地方
●福岡藩桝本屋の御佳置場(黒門川西の桝本屋浜、巨多湾に面した伊勢津という浜辺)、●小倉藩の平松浦御仕置場(小倉区目明磯野町・鹿児島本線北側発電所の東隣部分の地帯、石地蔵のある所が首斬場)、●島原藩今村御仕置場、●長崎西坂刑場、●長崎片渕刑場、●熊本藩御仕置場(熊本花岡山禅宗院)、●延岡藩御仕置場(宿屋敷御仕置場・岡富柳原御仕置場)、●高鍋藩御仕置場(古くは秋山堺・本庄宮王堺・新田原境・桧谷ノ上・田ノ上・三本竹・上江船塚など、幕末に至っても常設刑場特定せず佐土原・福島・川北・枦開込・耳切原などの地で死刑執行)、●唐津藩西ノ浜刑場、●佐賀藩嘉瀬刑場、●薩摩藩御仕置場(城下の郡元村牢屋より引出し、谷山街道紫原の界迫門の首斬場・獄門場で処刑)、●沖縄の安謝港刑場(判決文にあるも常設刑場はなく具体的に場所は特定できない)
東北地方
●仙台藩御裁許所附設刑場(『仙台鹿の子』では城下花壇の琵琶首で仕置と伝える)、●米ケ袋刑場、●仙台藩七北田刑場(奥州街道沿い・地下鉄八乙女駅近く)、●相島藩御仕置場(佐原の刑場)、●会津藩御仕置場(会津若松心神指町)、●米澤藩御仕置場(米沢春日町)、秋田藩矢橋草津刑場、●一ノ関藩御仕置場(真柴橋田原)、●南部藩御仕置場(岩手県岩手郡中野村字小高)、●弘前藩取上刑場(弘前市内)
北海道
松前藩首斬沢御仕置場(松前町大字総社堂、立石野の首斬沢と俗称)



 
「大江戸暗黒街」 八百八町の犯罪と刑罰  重松一義/著
目次
江戸の交番—「辻番」「自身番」
調べ番屋の役割をする「大番屋」
江戸の庶民の防犯意識
捜査の手先「目明し」
捕物の法理と情理
地誌からみた大江戸捜査網
江戸の御仕置百態
江戸の子供仕置
江戸城大奥の絵島・生島事件
幕府の赤穂浪人対策〔ほか〕

重松一義(シゲマツ カズヨシ)
1931年愛媛県松山市生まれ。中央大学法学部卒業。法務省矯正研修所教官、青山学院大学法学部・東洋大学法学部講師、中央学院大学法学部教授(刑事政策・日本法制史)・同附属比較文化研究所長などを歴任。定年退職後、慶應義塾大学大学院法学研究科、演習のプロジェクト科目担当講師などに招かれ出講。東京家庭裁判所調停委員、福岡県警察史編纂顧問、網走監獄保存財団顧問なども務める。http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102257558

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

鶴岡市大宝寺地区

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「必死剣鳥刺し」産経も参加

Scan120010

 藤沢修平原作の『必死剣鳥刺し』が、豊川悦司主演で今年の夏に公開される。
 この映画制作に産経新聞が参加していることを知った。
 どのような参加かは不明だが。

 この『必死剣鳥刺し』は「隠し剣狐影抄」に収録された短編だ。
 一度読んだことがあるが忘れたので、再度読み直した。

 藩のために主君・右京太夫の側妾を刺殺した剣豪、兼見三左ェ門だったが、そのために主君の恨みを買い、結局は城中でなぶり殺しにあうという悲壮感溢れる内容だ。

 刃先は津田の鳩尾(みぞおち)から肺まで深ぶかと入りこんだ。
 「・・・・・・・・」
 鳥刺し、と三左ェ門は呟いたのだが、誰もその声を聞かなかった。
 津田の絶叫を聞いて、数本の刀身が、三左ェ門の身体にあつまった。
 三左ェ門の巨躯は坐った恰好から、横転して畳にころがった。
 そして今度こそ動かなくなった。Hissi1a
 寒い冬が過ぎようとしていた。

 久々に、この巧みな描写に感心する。
 豊川悦司が演じるのは、独自に編み出した必勝の剣「鳥刺し」を使う剣豪・兼見三左ェ門(かねみさんざえもん)。

 映画ロケは藤沢周平の出身地・鶴岡市の「旧風間家住宅丙申堂」や「庄内映画村オープンセット」等を使用している。 

 兼見三左ェ門が使う剣は、どのような秘剣だろうか。
 これを、豊川悦司がどのように演じるのか。
    
 劇場公開日は、 2010年7月10日から。
 

『隠し剣孤影抄』藤沢周平著(文春文庫)
■藤沢周平著「必死剣鳥刺し」から最後の「七」より引用
 「村井、光岡」
 呼んだが返事がなかった。
 三左ェ門は立って、隣の近習詰所の襖の前まで行ったが、不意にそこで立ちどまった。
 そのときには、襖の外に異変を感じとっていた。
 三左ェ門は襖にむいたまま、静かに部屋の中を後にさがり、さがりながら刀の鯉口を切り、肩衣をはねた。
 「いかがした、兼見。誰かをよこさんか」
 執務部屋の中で、右京太夫のいら立った声がした。
 その襖ぎわまで後退すると、三左ェ門は、小声でお上と呼んだ。
 「石滑が来たかも知れません」
 「なに?」
 「斬りあいがはじまるかも知れません。物音を聞かれたら、打ちあわせたように、奥の出口から、外へ出て頂きます。そこに警護の者がおりますゆえ」
 「よし、わかった」
 右京太夫が立ちあがる気配がしたのと、近習部屋の襖がさらりと開いたのが、ほとんど同時だった。
 そこに帯屋隼人正が立っていた。
 そして考えたとおりに、近習部屋は空っぽだった。
 多分隼人正がどこかに立ちのかせたのだ。
 「そなたが、独心無名流の遣い手か。兼見と申すそうだな」
 隼人正は、しばらく三左工門を見つめたあとでそう言った。
 三左工門は黙っていた。
 「大きな男だの」
 「・・・・・・」
 「そこを通してくれぬか。右京太夫に話がある」
 「通すことはなりませぬ」
 と三左ェ門は言った。
 言うと同時に、皮膚から髪の中まで寒気が走りぬけて、三左ェ門は徴かに身ぶるいした。
 [ぜひとも談合したいことがある。通せ」
 「いや、なりませぬ」
 「わしと斬りあってもか」
 「いかにも」
 隼人正はじっと三左ェ門を見つめ、見つめながら、羽織をぬいだ。
 「では、通る」
 隼人正は刀を左手にさげたまま、部屋の中に入ってきた。
 「お手むかいしますぞ」
 三左ェ門は言うと刀を抜いた。
 同時に隼人正も抜き、鞘を捨てていた。
 すばやい動きだった。
 その瞬間、胸に垂れる髭が揺れて、宙に躍ったように見えた。
 隼人正は無造作に間合いを詰め、青眼から肩に打ちこんできた。
 すさまじい迫力を乗せた一撃だったが、三左ェ門はその剣をかわさずにはね上げた。
 その一合のあと、隼人正はすばやくしりぞいて、遠い間合いを取った。
 三左ェ門は追わなかった。
 青眼に構えをかためながら、相手の様子をうかがった。
 左腕のつけ根のあたりに痛みを感じたのは、その時になってからだった。
 うまくはねたつもりだったが、隼人正の俊敏な剣は、その前に浅く三左ェ門の肩口にとどいたらしかった。
 「お考え直しください、ご別家」
 三左ェ門は刀を構えたまま呼びかけた。
 「狂気の沙汰ですぞ、この斬り合いは」
 「いや」
 隼人正は薄く笑った。
 「邪魔する者は斬る」
 隼人正は、少しずつ間合いをつめてきていた。
 ---来る。
 三左ェ門は、隼人正が詰め寄るのにあわせるように、無意識にむかし、もっとも好んだ下段に構えを移していた。
 その構えをみて、隼人正は一たん足を引きかけたが、思い直したように猛然と断りこんできた。
 一閃の影が動いたように迅い動きだった。
 斬られた、と三左ェ門は思った。
 そう思いながら、三左ェ門は身体を沈めて、掬い上げる剣をふるっていた。
 はじかれたように、隼人正の身体が襖まで飛び、大きな音を立てた。
 三左ェ門の一撃は、隼人正の脇腹を深ぶかと斬っていた。
 隼人正は訝しむように三左ェ門を見つめたが、不意に刀をとり落とすと、膝をつき、だんだんに首を垂れて、ついに前に転んだ。
 そのまわりに、すぐにおびただしい血がひろがった。
 その姿をたし加めてから、三左ェ門は刀をおろし、右肩に手をやった。
 かわしも受けも出来なかった隼人正の一撃に、斬られたと惑じたのは間違っていなかった。
 肩をさぐった三左ェ門の指は、いきなり肉に埋まった。
 焼けるような痛みが、そこから全身にひろがって行く。
 眼が暗くなった。
 傷口を押さえたまま、三左ェ門はあたりを見回した。
 そして呻き声を途中でのみこんだ。
 三方の襖が開かれていて、いつの間にか、そこに大勢の人間が立っていた。
 人びとは黒く立ちならび、なぜか無言で三左ェ門を見つめている。
 「手傷を負い申した」
 三左ェ門は、ぎこちない微笑をうかべた。
 「どなたか、手を貨してくだされ」
 すると、聞き馴れた津田民部の声が、見たぞと言った。
 三左ェ門はそちらに顔をむけたが、黒い人影が眼に映るだけで、どれが津田かはわ加らな加った。
 「見ごとだな、必死剣鳥刺し
 三左ェ門は微笑した。
 微笑して、よろめきながら立っていた。
 いや、いまのは鳥刺しの秘剣ではござらぬ、と言おうとしたとき、津田が叫んだ。
 「兼見が、乱心して隼人正さまを斬ったぞ。逃がさずに斬れ」
 三左ェ門は、反射的に刀を構えた。
 刀はひどく重かったが、眼の前に殺到してきたものを斬った。
 ---乱心だと?
 横から斬りかかってきた者を、体を開いて斬って捨てながら、三左ェ門は必死に津田の言葉の意味を探ろうとした。
 背に痛みを感じ、振りむくと同時に斬り払ったが、刀は空を切った。
 そうか、おれに隼人正さまを斬らせるために罠を仕組んだのだ。
 そう思ったとき、三左ェ門は声をのんだ。
 ---お上だ。
 お上は連子を剌された恨みを、決して忘れたりはしなかったのだ。
 腹を切らせなかったのは、不仲の隼人正を始末する道具に使うためだったのだろう。
 生かして使うほうが、得でござります、と津田民部がすすめたのだ。
 ---無残だ。
 三左ェ門は自嘲の笑いをうかべた。
 いまごろ気づいた自分を嘲っていた。
 ぼろぼろに斬りさいなまれているのがわかった。
 それでも三左ェ門は限の前に立ちふさがる黒いものにむかって反射的に刀をふるっていた。
 刀は時おり肉の手ごたえを伝えた。
 限はほとんど見えなくなっていたが、三左ェ門は、部屋のどこかにいて、自分の最期をひややかに見まもってっている右京太夫の視線を感じた。
 その視線にあらがうように、三左ェ門は刀を構え、眼の前をよぎる影のような心のに刀を叩きつけた。
 だが鋼鉄のような男にも、ついに最後のときがきた。
 横から組みつくように突っこんできた刀に、腹を深くえぐられて三左ェ門はどっと膝をついた。
 そして立てなくなった。
 刀にすがるようにして斜めに身体をかたむけたまま、三左ェ門は動かなくなった。
 「しぶとい男だったが、やっと参ったか」
 津田民部が、三左ェ門の前に立ってそう言った。
 津田をたしかめるように三左ェ門の顔をのぞき、腰をのばすと三左ェ門が握っている刀を蹴ろうとした。
 絶命したと思われた三左ェ門の身体が、躍るように動いたのはその瞬間だった。
 三左ェ門は片手に柄を握り、片手を刀身の中ほどにそえて、槍のように構えた刀で斜めに突きあげていた。
 刃先は津田の鳩尾(みぞおち)から肺まで深ぶかと入りこんだ。
 「・・・・・・・・」
 鳥刺し、と三左ェ門は呟いたのだが、誰もその声を聞かなかった。
 津田の絶叫を聞いて、数本の刀身が、三左ェ門の身体にあつまった。
 三左ェ門の巨躯は坐った恰好から、横転して畳にころがった。
 そして今度こそ動かなくなった。
 寒い冬が過ぎようとしていた。
 野にはまだ雪が残っていたが、野を真直ぐに走る道は、黒く濡れて日に光っていた。
 里尾は鶴羽村のはずれに立って、野をわたり丘の右手に消えている道を眺めていた。
 風が寒いので、さっきから何度も、厄介になっている百姓家に引き返そうとしながら、そのたびに丘のむこうから叔父の三左ェ門があらわれそうな気がして、里尾はふんぎり悪くその場所に立ちつづけていた。
 里尾は懐に赤子を抱いていた。
 生まれて間もない男の子だった。
 三左ェ門の子である。
 細い脹や大きな口が、あまりに叔父にそっくりなので、里尾はながめているうちにおかしくなって忍び笑いを洩らしたりする。
 身ごもっていることを知ったのは、鶴羽村にきて三月ほどたったころだった。
 それから子供を生むまでの月日ほど、里尾にとってしあわせな日日はなかった。
 里尾がいる百姓家の人びとは親切で、子供を生むのに何の心配もいらなかった。
 生まれてしまうと、三左ェ門にその子を見てもらいたい気持が募った。
 それで時どき村はずれまで見にくる。
 「今日もいらっしゃらなかったのね」
 子供が泣き出したので、漸くふんぎりがつき、里尾は子供に囁きながら、野に背をむけた。
 迎えに行くと言った三左ェ門を、里尾は信じていた。
 その日が来たら、どんなにしあわせだろう、と思いながら、里尾は村の中の道をゆっくり歩いた。
 赤子は力強く泣きつづけていた。(本文より引用)
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土曜日)

民主・生方氏解任の波紋

 「民主・生方氏解任問題」の波紋が広がっている。
 この問題の切っ掛けをつくったのは、3月17日付けの産経新聞だった。
Scan120005
 生方幸夫民主副幹事長は「単刀直言」というコラムで、
 「首相は小沢氏呼び注意を」
 「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている。下に権限と財源が与えられていない状況はおかしいでしょ。」、
 という内容で発言していた。

 民主党内には、自由闊達な意見交換や、執行部への批判ができない党内事情にあることは、これまでの雰囲気である程度分かっていたことだが、ついに問題として外に出た感がある。
 民主党内には、きっと、一部の党役員の考えで党運営や政策立案が行なわれていて、一般議員の意見や考えが反映されない、或いは反映する手段・方法さえもない堅苦しい状況があるのだろう。
 それは、生方議員の勇気ある発言が裏付けている。つまり、「執行部への批判は絶対に許さないぞ」とする言論封圧であり、恐怖政治である。
 民主主義の形をなしていない。もっとも、民主党は労働組合(「連合」)の支持を受ける「社会民主主義」の体質が極めて強い政党だから仕方ないのか。

■「党の“中央集権”、首相は小沢氏を呼び注意を」2010.3.17産経
【単刀直言】生方幸夫民主副幹事長
 与党に政策部門がないのは絶対におかしい。
 民主党に元気がなくなったのは、自由に議論する場がなくなったからです。政策調査会と、その下の部会を再び作って、みんなが自由な意見をいえるように戻さないといけません。
 衆院選マニフェスト(政権公約)の実行が思うようにできていません。それに対する十分な説明を民主党がしきれていないのは、党に政策責任者がいないからです。説明を一つ一つしていれば、民主党への信頼が今のように落ちることはなかった。
 鳩山さん(由紀夫首相)は約10年前に「1人1政策作ろう」と、仲間たちに呼びかけたはずです。政権交代で、それを実現しようと思ったら、議員立法も制限されてしまった。政治主導にはほど遠い。
 われわれは自民党政権がやってきた中央集権はダメだと言ってきた。地方分権にしようといってきたのに、民主党の運営はまさに中央集権です。今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている。下に権限と財源が与えられていない状況はおかしいでしょ。党の代表である鳩山さんは、小沢さん(一郎幹事長)を呼んで党が中央集権になっていることをきちんと注意してほしい。
 1年生議員は民主党に入ったときから、強度の管理体制下に置かれているから、しゃべっていいものかどうかすら分からないんじゃないでしょうか。
 民主党への信頼が低下している要因には「政治とカネ」の問題もあります。小沢さんに関して、今までの説明に納得していない人が圧倒的に多数で、幹事長をお辞めになるべきだという意見が多い。小沢さんがしかるべき場所できちんと説明するのが第一。それで国民の納得が得られなければ自ら進退を考えるしかないです。
 国民は小沢さんが不起訴になったから全部シロだとは思っていないんですよ。おそらく説明できないんでしょうね。小沢さんは前よりだいぶ権威づけられてきたというか、権力者になってきましたね。
 北海道教職員組合の問題は、これも一番上は(出身母体が日本教職員組合の)輿石さん(東・参院議員会長)ですからね…。(民主党議員は)組合からあまりお金をもらっちゃいけない。組織内候補といわれる方の献金額は常識的な額ではない。参院選への影響は、政治ですから何があるか分かりませんけど、要するに言い訳から入る選挙は勝てませんよ。
 公明党とどうするかは党の方針の問題です。議員の意見を聞かないといけません。国会運営をうまくするためにとか、味方が一人でも多けりゃいいと思って連携するなら大間違い。誰かの思いつきでやっていいことではない。選挙で公明党がイヤだから応援してくれた人だっていっぱいいたわけですから。(坂井広志)
世界各国の社会民主主義

ヨーロッパ

アジア

アメリカ州

オセアニア

アフリカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金曜日)

海坂藩のモデルは「庄内藩」

 「海坂藩(うなさかはん)」は藤沢周平作品の多くに登場する。
 架空の藩名だが、「江戸から北へ百二十里、東南西の三方を山に囲まれ、北は海に臨む地にある」とあり、藤沢周平の出身地・鶴岡市「酒井家庄内藩」をモデルにしていることは確かだ。
 「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」、「武士の一分」、「山桜」、

Scan120009_2

「蝉しぐれ」、「花のあと」、「必死剣・鳥刺し」など、藤沢周平の小説がどんどん映画化・テレビドラマ化されヒットしていることもあり、藤沢周平のファンだという人が多い。
 それではと、「海坂藩のモデル庄内藩のことは藩か知っていますか」の質問には、殆どの方が「良く知らない」、知っていても、せいぜい「幕末に薩摩の江戸藩邸を焼き討ちした藩」程度の答えしか返ってこない。
 出来れば、幕末、京都守護職に就いたのが「会津藩」、江戸市中取締りに就いたのが「庄内藩」で、徳川四天王の家柄、という程度は知っておいて欲しいものだ。
 藤沢周平が、庄内藩のことに直接触れている著作物は少ないようだが、全集第23巻「荘内藩主酒井忠発の明暗」に詳しく記述があるので紹介したい。
 藤沢周平は、このような知識を元にして、小説が生まれたことを知ることができる。
 実在の人名をヒントにして、小説の登場人物に名を付けていることもあるようだ。
 藤沢周平自身も、「庄内藩の分限帳みたいなものをよく見ます」と話している。
 これからは「海坂藩」のモデルは「庄内藩」であり、藩主の酒井氏は、戦国武将で「徳川四天王」の一人である酒井忠次の嫡流、左衛門尉酒井氏で譜代の名門の家柄であることを頭において、本を読むなり、映画を観るなり、されてはどうだろうか。
  楽しみが倍加することだろう。
 なお、酒井左衛門尉(さえもんのじょう)とは、日本の律令制下の官職の一つ。
 平家追討では「源義経」も任ぜられている。

■藤沢周平全集第23巻「荘内藩主酒井忠発(ただあき)の明暗」(原文引用)
 江戸市中取締りとして、薩摩屋敷の焼打ちを断行し、戊辰戦争では最後まで官軍に抵抗した幕末の荘内藩は、生粋の佐幕派の印象を残している。
 たしかに荘内藩は、藩祖酒井忠次以来の徳川家譜代の藩であり、また三代忠勝が信州松代から荘内に移封された元和八年以来、天下の藩屏(はんぺい)、北国の押さえを祖法とした藩でもあった。
 しかし幕末期のはげしい情勢変化は、この生え抜きの譜代藩にも波及し、後のように佐幕体制を確立するまでには、藩内に公武合体派と佐幕派の激烈な主導権争いが演じられたのである。
 幕末期の情勢と荘内藩とのかかわりあいは、寛政五年松平定信が沿海諸藩に海岸防備の強化を下命したころにはじまる。この年荘内藩は領内の日本海岸三ヵ所、吹浦、今泉、鼠ケ関に外国船見張番所を設け人数を配置したが、翌六年には鶴ケ岡城大手前にかいて、大規模な異国船打ち払いの訓練を実施している。このころ酒田の豪商本間光丘は、泉州堺に五十匁砲、百匁砲五門を注文して藩に献じた。
 当時の、いわゆる外夷の脅威との、不確かなそしてはじめての接触であり、幕末期荘内藩の幕明けとでもいうべき新しい動きがそこに見られる。
 その後荘内藩では、文化四年には蝦夷地に出兵したり、また翌年には本間光丘が堺から取寄せた新式銃砲を使って、荘内海岸で試射を試みたり、次第に新しい時代の波を浴びはじめる。嘉永元年には、酒田沖の孤島飛島に、異同船が現われ、島を砲撃したので、藩では急速足軽組二組に砲手数名を添えて、飛島に派遣するということもあった。
 海岸防備は強化された。
 そして軍艦七隻を率いて、再度来航したペリー提督が、幕府との間に強引に日米和親条約を結んだ安政元年に、荘内藩は品川の五番台場の警備を命ぜられた。
 こうした外圧との接触が深まるのと並行するように、藩内ではひとつの抗争が進行していた。十代酒井忠器が隠居し、嫡子忠発が家督をついで十一代藩主となったのは、天保十三年である。そのとき新藩主出発は三十一歳だった。早くから世子と定められていたわりに、遅い家督相続とみられたが、これには藩内の事情が絡んでいたのである。
 荘内藩には両敬家と称し、格別の家柄とされる重臣がいた。
 酒井奥之助、酒井吉之丞の二人がそれで、奥之助直方は、三代忠勝の九男市之助忠直の裔で千百石、吉之丞可繁は、二代家次の四男酒井可次を祖とし、禄は千三百石を領していた。
 この両家は家臣というより藩主の相談役といった地位にいて、元来は役職を持たない家柄だったが、忠器が隠居し忠発が家督をついだという時点では、奥之助か家老、吉之丞が中老として藩政に参画していた。当然ながら、藩政に対する発言力は非常に強かった。
 ほかに中老に松平舎人敬親がいた。この松平家も、家次の次男松平甚三郎久恒を祖とする松平甚三郎家の分家で、二千石を領する大身である。
 この三重臣と隠居した忠器との間は、よほどウマが合ったらしく、それが忠発の家督を遅らせたひとつの原因だとされている。新藩主が出現すれば当然藩内の勢力地図にも変化が出てくる。そういう変化を、忠器も両敬家らの重臣層も歓迎しなかったということなの
だが、この後の経過をみると、必ずしもそれだけにとどまらない節がみられる。
 すなわち出発が家督をついだ直後、酒井奥之助、吉之丞、松平舎人らは、忠発を廃して酒井家の分家で徳川家の旗本となっていた酒井忠明を藩主に立てようと画策し、この画策は露見して忠明は支藩松山藩に預けられて幽閉されるという事件が起こっている。
 これは単純に前藩主と重臣層が、蜜月のような気の合った藩政を布いていて、ために新藩主への家督委譲を遅らせたという事情とは別に、新藩主忠発に対する重臣層の悪感情が存在したことを証明しているように思われる。
 この事件の裏には、隠居した忠器の内諾があったとも言われるが、ともあれここから新藩主と重臣層との深刻な抗争がはじまり、幕末期の思想的対立もからんで、以後二十五年にわたる藩内の確執が続くのである。
 この新藩主と重臣層の対立が先なのか、あるいは時代の変化がもたらした思想的な対立が先でこの確執が生まれたのか、そのあたりは不明なものがあるが、その後時代が移るに従って、この藩内抗争は、次第に思想的な対立の様相をはっきり打ち出してくる。
 両敬家、松平舎人ら改革派と呼ばれる重臣層の周囲には、照井長柄、広瀬厳雄など、鈴木重胤に国学を学んだ勤皇思想の人びと、また赤沢隼之助、服部毅之肋ら勝海舟塾で蘭学を学んだ開明的な考えの人びとなどが集まった。
 ほかに江戸定府の用人上野直記、江戸留守苦役大山庄太夫、また身分は低いながら池田駒城、深瀬清三郎などは、いずれもひろく天下の情勢に通じ、海外に対しても眼を開いていた人びとだった。
 一方新藩主告発の周囲にも側近勢力が育ち、次第に両敬家など旧重臣層を圧倒する力をたくわえて行くが、たとえば元治元年に江戸留守居添役、翌年本役に任ぜられた菅実秀に代表されるように、藩学である徂徠学の素養が身についた人物はいても、その中にいわゆる新知識を身につけ、新しい時代を見通している人間は欠けていたようである。
 大ざっぱに言えば国学、蘭学派と、旧来の儒学派の対立ともいうべきものがあり、文久初期にはこの対立は公武合体派と佐幕派という形の、藩内政治勢力の主導権争いに発展するのである。
 改革派は藩主廃立を二度画策し、二度失敗した。すると次には告発の世子忠恕に望みを託し、忠発の隠退、忠恕の家督、酒井大膳の後見という段どりて、藩政改革を実現しようとした。
 しかし彼らが望みを託した世子忠恕は、安政五年二十歳で急死した。その死因について奇怪な流言があったことからも、藩内抗争の激しさがうかがわれる。改革派は、忠恕の死によって大きな打撃をうけたが、次の継嗣問題で、今度は忠発がのぞんだ三男の繁之丞に対抗し、忠発の弟忠寛を継嗣に望む。
 この争いは、繁之丞が幼年だったために、幕府が改革派の推した忠寛を継嗣として認めたので、改革派の勝利となった。藩玉恵発との執拗な抗争が、はじめて実を結んだのである。
 しかしこの間に、改革派の領袖である大山庄太夫、上野直記はいずれも国元に呼びもどされて在所勝手を命ぜられ、また酒井奥之肋は家老職を解かれ、松平舎人は中老職から支城亀ケ崎城代に左遷された。中老酒井吉之丞はその前に辞職し、翌年には隠居して右京を名乗り、弟玄蕃に家督を譲っていた。
 藩主忠発を中心にする主流派の勢力が強まるとともに、嘉永七年隠居忠器を病気で失った改革派は、次第に追いつめられて行ったのである。そして万延元年には酒井奥之助か上書して藩政を批判したことを咎められ、隠居逼塞の処分を受けた。またその処分について諌言書を提出した酒井右京(吉之丞)も逼塞を命ぜられた。
 同じ年松平舎人は蝦夷地警備総奉行として北辺に派遣され、右京の養子玄蕃も副奉行として同じ任地に飛ばされたので、改革派の重臣たちは、ここにまったく藩政から遠ざけられた形となったのである。
 藩生忠発にしてみれば、この万延元年の両敬家処分は、長年の懸案を解決した感じがしたかも知れない。両敬家と松平舎人は、はじめは家督相続を邪魔し、藩士になると今度は別に藩主を立てて自分を廃そうとした連中である。しかし隠居忠器がいる間は、少しずつ彼らの勢力を押さえるだけで、正面から処分することも出来なかったが、ここに至って、漸く彼らの勢力を藩政から一掃し得たのである。
 忠発は、この両敬家処分を行なった翌年、隠居して家督を忠寛に譲った。
 忠寛は両敬家ら改革派が推した世子だが、すでに藩内の要職は、忠発が養った主流派が占めている。改革派が復帰する余地はない、と読んだかのような処置であった。
 だが改革派はその忠寛に望みをかけていた。そして 時勢は公武合体派に有利に勤いていた。改革派が藩政への復帰、念願の藩政改革を夢みたとしても無理はないし、また事実十二代藩士となった忠寛は「人品骨柄あっばれ英雄の気質を備えたり」と記録されているような人物だった。藩政が忠寛の主導のもとに展開すれば、改革派の接近と相まって、その後の荘内藩の進路はどう変ったかわからない。少なくとも、この後に来るような、一方的に佐幕派の姿勢を固守する事態は免れたのではないかという推測が成り立つようだ。
 だが改革派にとって、運命はあくまで悲劇的に出来ていた。
 文久二年という年は、全国に麻疹が流行した年である。江戸の将軍家茂と夫人和宮もこれに罹ったほどだが、その年の九月、改革派が最後の望みをかけた藩生忠寛が、麻疹にかかって急死したのである。二十四歳という若さだった。そのあとは、さきに隠居出発が後嗣に推したわずか十歳の繁之丞忠篤が継いだ。
 荘内藩が、佐幕派の色彩を強めるのは、この後からである。
 翌文久三年四月、荘内藩は、清河八郎が残した新徴組百六十九名を幕府から委任され、組頭松平権十郎が、物頭二名と各組下を率いて出府し、新徴組御用掛を拝領した。松平は間もなく中老にすすんたが、このとき二十三歳だった。次いでその年の暮には江戸市中警備を命ぜられ、国元からは藩士の嫡子、次、三男、徒およそ二百数十名がぞくぞくと出府した。
 翌元治元年、禁門の変が起こると、荘内藩は幕府の命を受けて長州藩邸を接収した。次いで八月に第一次長州征伐が下命されると、荘内藩は征討軍の先鋒を命ぜられ、国元からさらに家中、郷夫を江戸にのぼらせ、汽船で兵器弾薬を輸送した。だがその直後荘内藩は従軍を免ぜられて、江戸府中の取締りを命ぜられている。水戸方面に天狗党の挙兵蠢動があって、幕府は征長軍が進発したあとの後方の守備を心配したのである。
 荘内藩では、出府していた兵力を三手にわけ、昼夜江戸市中を巡回警衛して治安維持につとめた。警備隊の行動はきわめて規律正しく、また取締りにあたっては身分の高下を問わず、真の暴行者のみをびしびし処分して、依恬ひいきがなかったので、江戸市民には人気があった。「江戸の団十郎、荘内の権十郎」と、統率者の松平権十郎をたたえ、白面の青年中老松平権十郎は錦絵になったという。
 民衆の観察ほど鋭いものはない。
 この時期、荘内藩はもはや抜きさしならない佐幕派の立場へ急速に傾いて行ったのだが、江戸市民は、市中警備の荘内藩兵の姿から、恐らくは落ち目の徳川に力強い味方がついたことを敏感に嗅ぎつけていたのである。
 江戸市中警備の下命に対して、藩内には一度は幕命返上の動きがあったといわれる。藩主がまだ幼年だからという理由だったが、協議した重臣たちの胸には、引きうければ佐幕派の立場を決定することになる不安が去来したかも知れない。時勢はまだ流動的で、みずがらを佐幕派として固定してしまうことは危険なことであった。
 このとき、中老の松平権十郎を励まして、幕府受諾を主張したのは、菅実秀だった。菅は、荘内藩が最初の市中警備を受諾した文久三年には郡奉行の地位にいたが、菅の人物才幹を買っていた側用人山口三郎兵衛の推挙によって、郡奉行のまま藩政に参画していた。
 藩政に参画出来るのは、家老の子孫か、番頭以上の家柄の者というのが慣例である。菅は百五十五で上士ではない。上士と下士は同席せずと言われた藩内の身分制度の中で、菅の藩政参与は異例のことだった。菅はこのとき佐幕に踏み切ることによって、藩論の統一をはかろうとしたとも言われる。佐幕か、非佐幕かの決定を迫られたとき、菅の儒数的教養が、徳川に対する「義」を進んだとも言える。
 菅はこのあと江戸留守居添役から、留守居役、慶応元年には藩主忠篤の側用人と累進し、中老松平権十郎、老公忠発の側用人山口三郎兵衛と組んで、幕末期荘内藩を勤かす中心人物となるのである。江戸市中警備を命ぜられて、松平権十郎とともに出府した文久三年、菅は三十四歳。
 若いコンビだった。
 ともあれ、これで海内の改革派はまったく動きを封じられ、荘内藩は幕府と運命をともにする方向をたどる。それは徳川に対する藩祖以来の義を貫くことではあったが、政治的には広い視野を欠き、また藩主忠器と、家老酒井奥之助、松平甚三郎らが藩政を動かしていた天保期に、降って湧いた国替え命令に対して一藩をあげて抵抗したような主体的な姿勢をも失う結果となった。
 このような藩内情勢の中で、改革派は、元治元年末老中稲葉正邦に対して、藩政改革についての陳情書を提出するという最後の抵抗を試みる。だが結果的には この陳情が、改革派の命取りとなる。慶応二年十月に至って、改革派はぞくぞくと逮捕された。
 この年長州征伐にともなう物の値トりは全国的に経済的な混乱を引き起こし、荘内顛でも城ドに農民が蝟集して、年貢免除を嘆願するという騒ぎがあった。その背後に改革派の煽動があるとされたが、これは逮捕の口実に過ぎない。藩首脳部は、長州再往が幕府の敗退に終り、将軍家茂が大坂で病死したという、前年に引き続く幕府衰退の情勢に焦慮していた。そこから藩内の分裂動揺を恐れて、改革派の処分に踏み切ったことは自明である。
 改革派の領袖のうち酒井奥之肋と上野直記は前年に病死していたが、他は根こそぎ逮捕監禁された。大山庄太夫は自宅監禁中に自殺、松平舎人は取調べ中に自刃、勝塾の秀才赤沢隼之肋は取調べに対して、一歩もひかず論争を展開したが、悲憤のあまり絶食して牢内に窮死した。翌年九月十一日酒井右京(吉之丞)の切腹以下改革派に対する大断罪が下った。酒井右京は切腹を命ぜられて安国寺に入ると、自分でくわしく調べておいた切腹の古式にのっとって、従容と腹を切った。
 丁卯(ていぼう)の大獄と呼ばれ、その後長くタブーとされたことの大断罪によって、荘内藩の公武合体派は潰滅し、あとは急坂をころげるごとく幕府と運命をともにする道を歩むのである。
 慶応四年二月十八日、関西から菅実秀が荘内藩江戸屋敷に帰着したとき、鳥羽伏見の戦いに敗れて東帰した徳川慶喜は、すでに上野寛永寺の大慈院に謹慎し、荘内藩は明後日には藩邸をひきはらって国元に引き揚げるという情勢になっていた。
 そのとき菅は、家老の松平権十郎と郡代和田助弥にむかって次のように言った。
 荘内藩の取るべき道は三つある。藩士が将車慶喜の謝罪状を持ち、東征大総督の宮を東海道に迎えて、慶喜謹慎の実状をのべ、徳川家の存続を願うのは、志にも義にもかなう上策である。第二に、譜代藩として徳川家と存亡をともにすることは、武門の習いとして義でないとは言えない。譜代各藩、旗本に呼びかけて先頭に立ち、箱根の険によって敵をしめつけるなら、十にひとつの勝算はある。中策というべきだろう。「しかしいま江戸をひきあげ、荘内に帰るとなると、  庄内を怨んでいる薩長は必ず征討軍を差しかけてくる
だろう。こうなると北に退いて天下の兵を引きうける形になり、万にひとつの勝ちもない。下策である」しかし、と菅はさらに言った。藩論が帰国と決定した以上、もはやこれを変えるべきでない。しりぞいて守るにしかず。ただし以後事の成敗から一切心を断ち、荘内一円を焦土にし、城を枕に倒れる覚悟を決めるべきだ。
 菅のこの言葉は、彼の儒数的見識を示すものだった。
 菅はつねに儒数的倫理にてらして、藩の進退を決定しようとする。そこにいさぎよさもあり、同時に姿勢の固さもあったかも知れない。薩長の怨みというのは、長州藩邸の接収と、薩摩藩邸の焼打ちを指す。薩摩浪士の挑発に堪えかねた幕府は、前年暮の十二月二十五日、薩摩藩邸の攻撃を下命したが、このときもっとも強く攻撃を主張したのは荘内藩であった。
 慶応四年二月二十日、荘内藩主酒井忠篤は、前後に殺手隊、火器隊の精鋭をしたがえて、江戸を去った。そして帰国するとただちに本間光美の献金によって、エドワード・スネルから大量の西洋銃を購入し、短時日の間に兵制を洋式に編成替えしてしまった。
 この臨戦態勢をととのえ終ると、征討軍が来るのを、じっと待ちうけたのである。
 やがて奥羽列藩同盟が結ばれ、荘内藩もこの戦線に参加するが、荘内藩兵の主戦場は、秋田になった。六月、奥州白河口の同盟軍の救援にむかった松平甚三郎の一番大隊、酒井吉之示の三番大隊は、新庄藩の寝返りと秋田藩、薩長土肥の侵攻を闘くと、直ちに出羽街道を北に引き返し、新庄城を抜き、秋田頷に入った。
 秋田藩は、荘内を討つ名分が明確でないとして、奥羽鎮撫軍にたびたび討伐の大義名分の明示をもとめたが、あいまいなままに督促がきびしいため、止むなく出勤してきたのであった。
 荘内軍は、この秋田兵を主力にする奥羽鎮撫軍と戦闘をまじえながら、次第に秋田領深く侵入して行った。全将兵四千五百六十名のうち、農民兵一千六百四十名、商人兵五百七十名が含まれていたが、蓑を首て銃を待ったこの農商兵は、「荘内男子はノー、ワランケ着ったトーテモョ、いもやぼた餅、ひと囓んじりダー」と唱いながら進撃し、なかなか強かったという。ワランケとはフランケ(毛織の軍服)のもじりで、蓑だからワランケと言ったのである。いもは言うまでもなく薩摩兵、ぼたもちはお荻にひっかけて長州兵を指したものだ。
 九月十四日、新庄領から入った一番大隊、二番大隊は秋田久保田城の南東八里の刈和野まで進出し、また海岸ぞいに進撃した三番大隊、四番大隊は久保田城の南五里の道川まで進んでいたが、そこで「米沢藩すでに降る。仙台藩また降らんとす」という報告を入手した。荘内軍は、全将兵を返した。藩内はカラになっている。しりぞいて藩境を固め、降雪を待つにしかずと決定したのである。荘内領は一方を海、三方を険峻な山で囲まれていて、冬期の白雪は容易に敵を寄せつけない。天下の兵を引きうけても、なお守り通せると判断したのであった。
 このことは、鎮撫軍参謀大山格之助も知っていて、降雪の前に荘内藩を降服させるために、酒田港に敵前上陸させるべきだと西郷に進言したという。しかし荘内藩は九月十六日降服謝罪を決定した。菅実秀は最後まで抗戦を主張したが、老公忠発が裁決をくだした。改革派には毛嫌いされた忠発だが、荘内を焦土とすることから救ったという意味では名君いうべきかも知れない。(本文のまま)

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「必死剣・鳥刺し」の秘剣とは?

  藤沢修平原作の『必死剣鳥刺し』が、豊川悦司主演で今年の夏に公開される。
 この『必死剣鳥刺し』は「隠し剣狐影抄」に収録された短編だ。
 一度読んだことがあるが忘れたので、再度読み直した。

 藩のために主君・右京太夫の側妾を刺殺した剣豪、兼見三左ェ門だったが、そのために主君の恨みを買い、結局は城中でなぶり殺しにあうという悲壮感溢れる内容だ。

 刃先は津田の鳩尾(みぞおち)から肺まで深ぶかと入りこんだ。
 「・・・・・・・・」
 鳥刺し、と三左ェ門は呟いたのだが、誰もその声を聞かなかった。Hissi1a
 津田の絶叫を聞いて、数本の刀身が、三左ェ門の身体にあつまった。
 三左ェ門の巨躯は坐った恰好から、横転して畳にころがった。
 そして今度こそ動かなくなった。
 寒い冬が過ぎようとしていた。

 久々に、この巧みな描写に感心しきりだ。
 豊川悦司が演じるのは、独自に編み出した必勝の剣「鳥刺し」を使う剣豪・兼見三左ェ門(かねみさんざえもん)。
 「必死剣鳥刺し」それは、必死必勝の剣。キャッチコピーは
 「その剣が抜かれる時、遣い手は半ば死んでいるとされる」だ。
 映画ロケは藤沢周平の出身地・鶴岡市の「旧風間家住宅丙申堂」や「庄内映画村オープンセット」等を使用している。 

 兼見三左ェ門が使う剣は、どのような秘剣だろうか。
 下段に原作の最後の部分を引用してある。
 これを、豊川悦司がどのように演じるのか想像してみよう。
       (※時間に余裕があるとき、読んで下さい。)
 劇場公開日は、 2010年7月10日から。
 共演は、戸田菜穂、吉川晃司、小日向文世、岸部一徳ら。

Photo_2

『隠し剣孤影抄』藤沢周平著(文春文庫)
■藤沢周平著「必死剣鳥刺し」から最後の「七」より引用
 「村井、光岡」
 呼んだが返事がなかった。
 三左ェ門は立って、隣の近習詰所の襖の前まで行ったが、不意にそこで立ちどまった。
 そのときには、襖の外に異変を感じとっていた。
 三左ェ門は襖にむいたまま、静かに部屋の中を後にさがり、さがりながら刀の鯉口を切り、肩衣をはねた。
 「いかがした、兼見。誰かをよこさんか」
 執務部屋の中で、右京太夫のいら立った声がした。
 その襖ぎわまで後退すると、三左ェ門は、小声でお上と呼んだ。
 「石滑が来たかも知れません」
 「なに?」
 「斬りあいがはじまるかも知れません。物音を聞かれたら、打ちあわせたように、奥の出口から、外へ出て頂きます。そこに警護の者がおりますゆえ」
 「よし、わかった」
 右京太夫が立ちあがる気配がしたのと、近習部屋の襖がさらりと開いたのが、ほとんど同時だった。
 そこに帯屋隼人正が立っていた。
 そして考えたとおりに、近習部屋は空っぽだった。
 多分隼人正がどこかに立ちのかせたのだ。
 「そなたが、独心無名流の遣い手か。兼見と申すそうだな」
 隼人正は、しばらく三左工門を見つめたあとでそう言った。
 三左工門は黙っていた。
 「大きな男だの」
 「・・・・・・」
 「そこを通してくれぬか。右京太夫に話がある」
 「通すことはなりませぬ」
 と三左ェ門は言った。
 言うと同時に、皮膚から髪の中まで寒気が走りぬけて、三左ェ門は徴かに身ぶるいした。
 [ぜひとも談合したいことがある。通せ」
 「いや、なりませぬ」
 「わしと斬りあってもか」
 「いかにも」
 隼人正はじっと三左ェ門を見つめ、見つめながら、羽織をぬいだ。
 「では、通る」
 隼人正は刀を左手にさげたまま、部屋の中に入ってきた。
 「お手むかいしますぞ」
 三左ェ門は言うと刀を抜いた。
 同時に隼人正も抜き、鞘を捨てていた。
 すばやい動きだった。
 その瞬間、胸に垂れる髭が揺れて、宙に躍ったように見えた。
 隼人正は無造作に間合いを詰め、青眼から肩に打ちこんできた。
 すさまじい迫力を乗せた一撃だったが、三左ェ門はその剣をかわさずにはね上げた。
 その一合のあと、隼人正はすばやくしりぞいて、遠い間合いを取った。
 三左ェ門は追わなかった。
 青眼に構えをかためながら、相手の様子をうかがった。
 左腕のつけ根のあたりに痛みを感じたのは、その時になってからだった。
 うまくはねたつもりだったが、隼人正の俊敏な剣は、その前に浅く三左ェ門の肩口にとどいたらしかった。
 「お考え直しください、ご別家」
 三左ェ門は刀を構えたまま呼びかけた。
 「狂気の沙汰ですぞ、この斬り合いは」
 「いや」
 隼人正は薄く笑った。
 「邪魔する者は斬る」
 隼人正は、少しずつ間合いをつめてきていた。
 ---来る。
 三左ェ門は、隼人正が詰め寄るのにあわせるように、無意識にむかし、もっとも好んだ下段に構えを移していた。
 その構えをみて、隼人正は一たん足を引きかけたが、思い直したように猛然と断りこんできた。
 一閃の影が動いたように迅い動きだった。
 斬られた、と三左ェ門は思った。
 そう思いながら、三左ェ門は身体を沈めて、掬い上げる剣をふるっていた。
 はじかれたように、隼人正の身体が襖まで飛び、大きな音を立てた。
 三左ェ門の一撃は、隼人正の脇腹を深ぶかと斬っていた。
 隼人正は訝しむように三左ェ門を見つめたが、不意に刀をとり落とすと、膝をつき、だんだんに首を垂れて、ついに前に転んだ。
 そのまわりに、すぐにおびただしい血がひろがった。
 その姿をたし加めてから、三左ェ門は刀をおろし、右肩に手をやった。
 かわしも受けも出来なかった隼人正の一撃に、斬られたと惑じたのは間違っていなかった。
 肩をさぐった三左ェ門の指は、いきなり肉に埋まった。
 焼けるような痛みが、そこから全身にひろがって行く。
 眼が暗くなった。
 傷口を押さえたまま、三左ェ門はあたりを見回した。
 そして呻き声を途中でのみこんだ。
 三方の襖が開かれていて、いつの間にか、そこに大勢の人間が立っていた。
 人びとは黒く立ちならび、なぜか無言で三左ェ門を見つめている。
 「手傷を負い申した」
 三左ェ門は、ぎこちない微笑をうかべた。
 「どなたか、手を貨してくだされ」
 すると、聞き馴れた津田民部の声が、見たぞと言った。
 三左ェ門はそちらに顔をむけたが、黒い人影が眼に映るだけで、どれが津田かはわ加らな加った。
 「見ごとだな、必死剣鳥刺し
 三左ェ門は微笑した。
 微笑して、よろめきながら立っていた。
 いや、いまのは鳥刺しの秘剣ではござらぬ、と言おうとしたとき、津田が叫んだ。
 「兼見が、乱心して隼人正さまを斬ったぞ。逃がさずに斬れ」
 三左ェ門は、反射的に刀を構えた。
 刀はひどく重かったが、眼の前に殺到してきたものを斬った。
 ---乱心だと?
 横から斬りかかってきた者を、体を開いて斬って捨てながら、三左ェ門は必死に津田の言葉の意味を探ろうとした。
 背に痛みを感じ、振りむくと同時に斬り払ったが、刀は空を切った。
 そうか、おれに隼人正さまを斬らせるために罠を仕組んだのだ。
 そう思ったとき、三左ェ門は声をのんだ。
 ---お上だ。
 お上は連子を剌された恨みを、決して忘れたりはしなかったのだ。
 腹を切らせなかったのは、不仲の隼人正を始末する道具に使うためだったのだろう。
 生かして使うほうが、得でござります、と津田民部がすすめたのだ。
 ---無残だ。
 三左ェ門は自嘲の笑いをうかべた。
 いまごろ気づいた自分を嘲っていた。
 ぼろぼろに斬りさいなまれているのがわかった。
 それでも三左ェ門は限の前に立ちふさがる黒いものにむかって反射的に刀をふるっていた。
 刀は時おり肉の手ごたえを伝えた。
 限はほとんど見えなくなっていたが、三左ェ門は、部屋のどこかにいて、自分の最期をひややかに見まもってっている右京太夫の視線を感じた。
 その視線にあらがうように、三左ェ門は刀を構え、眼の前をよぎる影のような心のに刀を叩きつけた。
 だが鋼鉄のような男にも、ついに最後のときがきた。
 横から組みつくように突っこんできた刀に、腹を深くえぐられて三左ェ門はどっと膝をついた。
 そして立てなくなった。
 刀にすがるようにして斜めに身体をかたむけたまま、三左ェ門は動かなくなった。
 「しぶとい男だったが、やっと参ったか」
 津田民部が、三左ェ門の前に立ってそう言った。
 津田をたしかめるように三左ェ門の顔をのぞき、腰をのばすと三左ェ門が握っている刀を蹴ろうとした。
 絶命したと思われた三左ェ門の身体が、躍るように動いたのはその瞬間だった。
 三左ェ門は片手に柄を握り、片手を刀身の中ほどにそえて、槍のように構えた刀で斜めに突きあげていた。
 刃先は津田の鳩尾(みぞおち)から肺まで深ぶかと入りこんだ。
 「・・・・・・・・」
 鳥刺し、と三左ェ門は呟いたのだが、誰もその声を聞かなかった。
 津田の絶叫を聞いて、数本の刀身が、三左ェ門の身体にあつまった。
 三左ェ門の巨躯は坐った恰好から、横転して畳にころがった。
 そして今度こそ動かなくなった。
 寒い冬が過ぎようとしていた。
 野にはまだ雪が残っていたが、野を真直ぐに走る道は、黒く濡れて日に光っていた。
 里尾は鶴羽村のはずれに立って、野をわたり丘の右手に消えている道を眺めていた。
 風が寒いので、さっきから何度も、厄介になっている百姓家に引き返そうとしながら、そのたびに丘のむこうから叔父の三左ェ門があらわれそうな気がして、里尾はふんぎり悪くその場所に立ちつづけていた。
 里尾は懐に赤子を抱いていた。
 生まれて間もない男の子だった。
 三左ェ門の子である。
 細い脹や大きな口が、あまりに叔父にそっくりなので、里尾はながめているうちにおかしくなって忍び笑いを洩らしたりする。
 身ごもっていることを知ったのは、鶴羽村にきて三月ほどたったころだった。
 それから子供を生むまでの月日ほど、里尾にとってしあわせな日日はなかった。
 里尾がいる百姓家の人びとは親切で、子供を生むのに何の心配もいらなかった。
 生まれてしまうと、三左ェ門にその子を見てもらいたい気持が募った。
 それで時どき村はずれまで見にくる。
 「今日もいらっしゃらなかったのね」
 子供が泣き出したので、漸くふんぎりがつき、里尾は子供に囁きながら、野に背をむけた。
 迎えに行くと言った三左ェ門を、里尾は信じていた。
 その日が来たら、どんなにしあわせだろう、と思いながら、里尾は村の中の道をゆっくり歩いた。
 赤子は力強く泣きつづけていた。(本文より引用)

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木曜日)

P献金は池田への献金のこと

 国民のみなさんは、この事実を知っていますか。
 知らないで支持しているなら考えて欲しい。
 知っていて支持しているなら、あなたも同罪だ。
 石井議員や勝谷氏は、嘘をついていると思いますか。
 嘘だというなら、名誉毀損なりで告発したらいい。
 
 最近、民主と公明は急接近しているようだ。
 数年前、公明が自民と連立を組んでいた当時、民主党の石井一議員が「公明党のP献金」に関して、公明党の冬柴鐵三国交相に厳しく追及したことを忘れたのだろうか。
 それとも、公明党の最大の弱点である「創価学会=公明党」の関係、その象徴である「P献金」の追求を免れたい意向あるからだろうか。

 「P献金」のことをご存じない方のために触れると、(「P」はプレジデント(president)ので=池田大作)のことであり、つまり「P献金=池田への献金」のことで創価学会や公明党幹部らの隠語だ。
 もし、この献金の存在に疑問と思うなら、創価学会や公明党を抜けた議員や関係者に確認すればいい。献金理由は、選挙に当選した公明党議員が、選挙応援をしていただいた創価学会に対する御礼と言われている。
 このように、宗教と政治という憲法の根幹に関わる問題が今も続いているのだ。
 それなのにマスコミは触れようとしない。
 それ程まで、恐ろしい存在公明党であり創価学会なのだ。

 もっとも、民主党側にすれば、夏の参議院選では議席が減ることを想定しており、その穴埋めに公明党の議席や応援が欲しいということだろう。

 公明党が狙っているのは、在日朝鮮人等の「外国人参政権」法案の成立だ。
 外国人地方参政権に何故、公明党が熱心なのか、これには深い訳がある。

 この背景に何が隠れているかは、大手のテレビや新聞は一切触れることはない。
 組織を上げての仕返しが怖いし、加えて、各マスコミ内には既にシンパが体勢を占めているからだ。
 一点紹介すると、毎日新聞と創価学会の関係だ。
 聖教新聞の印刷は毎日新聞系の印刷会社で、聖教新聞、公明新聞を印刷している。
 つまり、毎日新聞、聖教、公明新聞は同じところで印刷されている事実だ。
 この結果、メディアは創価学会に骨抜きにされ、抵抗できない状況になり、批判的な記事はタブーとなったのだ。
 これては、公正な報道ができるわけがない。
http://www.asyura2.com/0502/senkyo8/msg/1010.html
 まずは、勝谷誠彦氏の声に耳を傾けていただきたい。

公明、与党の道再び?「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める
 政府・民主党と公明党は10日、政府提出の「子ども手当創設法案」と「高校授業料無償化法案」を修正し、公明党の賛成も得て成立させることで一致した。社民、国民新両党も修正合意を容認した。公明党は平成11年の自民、自由両党との自自公連立政権樹立の際も、法案への賛成を積み重ねて接近していった前例があり、「公明党は与党への道を歩み出した」(民主党幹部)との指摘が出ている。社民、国民新両党は「公明党が民主党と組めばわれわれはいらなくなる」(国民新党幹部)と警戒感を示している。
 「驚くほど10年前と似てきた」
 公明党幹部は修正合意を受けてこう述べ、国会で政府・民主党への協力を強めることを示唆した。--以下省略--2010.3.10 産経

国会中継中の問題発言 P献金問題

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニフェスト破る見事な言い訳

 民主党政権の行方は、「政治とカネ」に加え「普天間移転問題」で占うことが出来る。

 国民には「国外移設、県外移設」と公言し、民主党に任せれば、いとも簡単に決めるようなことを言い続けていたことは記憶に新しい。この問題は、政権存続の試金石だろうが、既に国民からは見放されていることは支持率が証明している。 

マニフェストを破る見事ないい言い訳が聞こえて来た
 3月15日の「THE JOURNAL」取材班のインタビューで、
 長島防衛大臣政務官は
 「野党時代の限られた情報で作られた公約と、政府の中であらゆる情報に接した上での考え方にはズレがある
 と、もっともらしいことを言いはじめた。
 これは今後、他の公約を破る言い訳にも使うことであろう。《ビデオで確認を
 夏の参議院選に向けた票集めの言い訳を、良く観察する必要がある。
 昨年の衆議院選のように、騙されてはならない。

また、3月18日付けの産経新聞には
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/m20100318026.html
  鳩山首相は、3月中のとりまとめを公言してきた米軍普天間飛行場移設先の政府案に関し、「交渉に影響するので公表するかは慎重に考えないといけない」と述べ、決定後もしばらく公表しない考えを表明した。残り2週間で米国、沖縄、連立与党がともに納得する案をまとめるのは絶望的な状況となった現在。「非公表」は混乱を避けるための「予防線」といえるが、「決めたけど言わない」といつまで強弁できるというのか。
 実に言い訳が上手な方々だ。
 この背景には、米側が米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行案の履行を今なお強く求めていることがある。

■普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか
2010年3月18日(木)
 鳩山由紀夫首相は17日夜、3月中のとりまとめを公言してきた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾諮市)移設先の政府案に関し、「交渉に影響するので公表するかは慎重に考えないといけない」と述べ、決定後もしばらく公表しない考えを表明した。実際には政府案決定が4月にずれ込む公算が大きくなっており、「非公表」にすることで「先送り」批判をかわす狙いがあるとみられる。(加納宏幸)
 首相官邸で記者団に語った。首相は、カナダで29、30の両日に開かれる主要国(G8)外相会合に合わせた日米外相会談で政府案を提示する可能性について「私が(岡田克也外相に)諮る話ではない」と否定。平野博文官房長官も17日の記者会見で「今の状況では(提示することに)ならない。政府のベース案がそこでしっかりしたものにはならない」と説明した。--中略--首相は4月12、13日の核安全保障サミットに合わせてオバマ米大統領と会談し、政府案を打診するシナリオを描いていた。これが「3月とりまとめ」を公言する動機となったようだが、米側は「時間稼ぎ」の口実にされることを嫌い、首脳会談に難色を示す。会談が実現しても短時間で終わり、普天間問題を議題にしない公算が大きい。
 「3月いっぱいにまとめていきたい。その方向で平野長官が中心に努力している」
 首相は17日もこう大見えを切ったが、もはや政府案決定を急ぐ理由は消えてしまった。
 加えて残り2週間で米国、沖縄、連立与党がともに納得する案をまとめるのは絶望的な状況となった。「非公表」は混乱を避けるための「予防線」といえるが、「決めたけど言わない」といつまで強弁できるというのか。
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水曜日)

映画「花のあと」を観て来た

happy0116日は夫婦割りを利用し、夫婦2千円で映画「花のあと」を丸の内TOEIで観て来た。鶴岡「庄内映画村」が全面支援した映画でもあり、是非観ておきたかった。
201003
 男勝りの剣術の腕をもつ主人公・以登を演じる「北川景子」が決まっていた。かわいい娘さんのイメージしか持っていなかったが、映画の中では笑顔を見せた場面は一度も無かった。
 最後の場面で表情をやや緩めた以外は。
 所作、佇まいが凛々しく武家の娘らしくシッカリと仕込まれ完成 していた。特に、剣術の場面は相当に訓練を積んだ跡が出ていた。190838
 以登が男4人を倒す場面が圧巻だ。
 父から贈られた懐刀を最後に使う。

 この剣術指南は殺陣師・高瀬将嗣氏で、北川景子は6か月もかけて基本から仕込まれ、本物の剣劇映画に仕上がっている。 雑誌「ぴあ」の調査では、映画の満足度ランキングは『花のあと』が早くもトップに輝いたそうだ。
 このような、繊細な情感がにじみ出る映画は、ハリウッド映画などにはまずない。米国民を元気づける国威発揚の手段として作られたハリウッド映画より、日本人なら、まずこのような映画を観たいものだ。
 ヒット間違いなしの太鼓判を押す。
 きっと、『たそがれ清兵衛』並みの高い評価を得ることだろう。

 また、予告編の中で、藤沢周平の代表作「隠し剣」シリーズの中でも、傑作と名高い一編を映画化した『必死剣鳥刺し』が豊川悦司主演で今年夏7月10日に、全国公開されることを知った。当然、「庄内映画村」が全面支援している作品だ。 http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2009/11/7113/

高瀬将嗣氏の道場は、
 府中市晴見町3-21-25(電話:042-361-5578)にある。
 創立は1971年アクション映画全盛であった日活が映画会社としてはじめて創設した日本初の俳優のアクション・トレーニングセンター「日活俳優クラブ・技斗部」が前身。その後、現在地に移転、名称を「高瀬道場」と定める。とある。
  http://www.takase-dojo.com/

都内の上映場所Dscn3757
中央区丸の内TOEI 03-3535-4740
新宿区 新宿バルト9  03-5369-4955
墨田区 楽天地シネマズ錦糸町  03-3631-7020
品川区 品川プリンスシネマ  03-5421-1113
練馬区 T・ジョイ大泉  03-5933-0147
立川市 立川シネマシティ  042-525-1251
町田市 109シネマズグランベリーモール  0570-012-109

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花のあと+ヤマガタサンダンデロ

coldsweats01山形「サンダンデロ」(産だんでろ)、「山形産なんでしょう」の意となる。Dscn3754
 店の人に「ンダンデロ」(間違いないでしょう)と確認すると、「ンダ」(そうだ)と返って来た。鶴岡出身の人だった。

 昨日、16日は銀座1丁目の「YAMAGATA San-Dan-Delo (ヤマガタ・サンダンデロ)」で数日遅れの誕生祝いをしてくれた。息子が近くに住んでいることから、「予約がとれた。午後6時に集合」と連絡が入り、久々に家族揃って外食となった。土日は満席で予約できなかったそうだ。

 「ヤマガタ・サンダンデロ」は昨年来一度は行きたいと思っていたが、思わぬところから招待がかかった。店に父親の誕生祝いと連絡していたのだろう。随分と良くしていただいた。奥田政行シェフ のアイデア料理のオンパレードだ。最後のデザートの皿には「誕生日おめでとう」とあった。おいしく楽しい時間を過ごさせていただいた。
 「スタッフの皆さん有り難う。」

 食事の前に近くの丸の内東映で、鶴岡出身・藤沢周平原作の庄内で撮影した「花のあと」を観てから「ヤマガタ・サンダンデロ」だから、一貫性がある。
 庄内出身者にとっては、これ以上ない豪華版だ。Dscn3758
 15時45分~17時45分の映画を観れば、開店時間(18:00~23:00)には丁度いい。首都圏の山形県出身者には是非お奨めだ。映画「花のあと」と「ヤマガタ・サンダンデロ」の食事でゴージャスな一日になること請け合いだ。
 つまり、「ヤマガタ・サンダンデロ」は「映画のあと」ということになる。

YAMAGATA  San-Dan-Delo (ヤマガタ・サンダンデロ)
  http://oishii-yamagata.jp/02sandandelo/
  中央区銀座1-5-10 ギンザファーストファイブビル 2FTEL 03-5250-1755
    11:30~15:00(L.O14:00)  18:00~23:00(L.O22:00)
  ランチ営業、日曜営業  ※予約が必要だ。
丸の内東映は、プランタン銀座の隣

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火曜日)

民主党は半年で賞味期限切れ

 自由民主党の結成は 1955年(昭30)、自由党と日本民主党との保守合同による「憲法改正が目的」で結成された。あれから55年、志半ばにして賞味期限が切れたかたちの自民党だが、民主党はたった半年で国民からそっぽを向かれている。
 この日本が、間違った方向に導かれてことに気づきはじめたからだ。

 昨年の衆議院選で、民主党が480議席中308議席を獲得し大勝した。
 この308議席を送り込んだエネルギーは国民一人ひとりの支持の結果だが、今は反省の日々だという。ムード、流れを作ったのはマスメディアだったが、ここも見放した感がある。「応援して失敗した」と言えないので、取り繕うコメント、記事ばかりだ。
 賞味期限が切れたものを口にしたら、直ぐにも吐き出したいものだ。

 日本人は一人ひとりの自己主張が弱く、付和雷同型の国民性を持っていることは、昔から指摘されていることだが、それを証明したのが昨年の選挙だった。
 これではいけないのであって、今度こそ国益を優先する本当の「自由」と「民主主義」を堅持する議員、党を支持して選出して欲しいものだ。

 昨日、鳩山邦夫元総務相が離党した。
 与謝野元財務相と舛添要一前厚生労働相の、接着剤的役割を果たしたい意向のようだが、前途は厳しいだろう。しかし、誰かが捨て石になる必要がある。国民が真に期待しているのは、国益や国民の利益を実現できる政治の受け皿づくりだ。
 今は温かく見守る以外にない。

■鳩山政権半年「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集
 「脱官僚政治」と徹底した無駄の排除を掲げて半年前に発足した鳩山政権の失速ぶりが激しい。政権発足時に7割近くあった内閣支持率は4割前後に急落したことが国民の失望を象徴するが、この政権が進める政策は国家や国民の利益と乖離したものであることを、多くの人がようやく気付き始めたといえよう。
 同時に政権の最高実力者である小沢一郎民主党幹事長と鳩山由紀夫首相が、それぞれの「政治とカネ」の問題で政治的・道義的責任をとることもなく、開き直りの姿勢をみせていることに国民はあきれ果てている。自浄作用がまったく働かないのである。
 これは小沢氏に異論を唱えることが許されないといった「独裁」ともいえる民主党の意思決定システムに問題があると指摘せざるを得ない。昨年の衆院選で掲げていた政策の方向性に逆行する内容が、次々と表面化するのもそのためだ。国益を損なう政策でも排することができない政権構造の硬直化を改めることが求められる。こうした事態は、衆院選を勝利に導いた小沢氏を首相が幹事長に起用したことに起因する。小沢氏の持つ権力は強大化し、政策決定の内閣一元化という方針の下で党内の政策論議が事実上封じられてきた。--中略--
 脱官僚という方向性は間違っていない。だが、それを強調するあまり、閣僚、副大臣ら政務三役が情報を独占し、その検討過程がはっきり見えない。閣議の内容も十分な説明が行われているとはいえない。民主党内から政策協議に関与できないことの強い不満が出ること自体が、政策決定の不透明さを証明している。政治家主導の政治への転換は引き続き取り組む必要があるが、重要なのは、政権が進める政策の正当性や公平性について、国民から疑念を抱かれるようなことを改めることである。鳩山政権の問題点を追及しきれずにいる自民党の状況も深刻である。谷垣禎一総裁ら執行部に不満を持つ鳩山邦夫元総務相が離党届を出した。国民が期待しているのは、国益や国民の利益を実現できる政治の受け皿づくりである。社会規範を破って省みないような指導者は信を得られない。自民党や民主党の枠にとどまらず、政治の腐敗を正し、国益を優先させる政治主体の結集こそ、いま求められていよう。2010.3.16(産経新聞)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月曜日)

「劔岳」の主人公は山形県出身

 昨年9月放映された「劔岳 点の記」をビデオで観た。
 主演の浅野忠信が演じる「柴崎芳太郎」は、山形県大石田町四日町出身だから見る目も真剣だ。
 夏山だが劔岳は20歳代に3度登った経験があり、記憶に鮮明な山だ。その頃は体力に自信があったが、それでも登る前の二週間位は、当時住んでいた近くの代々木公園を5キロ程の駆け足で足腰を鍛えなおしてから登ったものだ。
 劔からの下山コースは、黒部川沿いの日電歩道、水平歩道を約30キロも歩いて宇奈月に到着し、温泉に浸かったことも懐かしい。
 それから、劔に登る計画の方は、新田次郎の原作はもちろん、吉村昭の「高熱隧道」でほう雪崩などの予備知識を得ておくと、さらに興味がわくと思う。
 そして、雪崩のうんちくを語ると「ほー」と感心されるだろう。

柴崎芳太郎は山形県大石田町四日町出身
  柴崎芳太郎は1876(明治9)年大石田町四日町に生まれた。96年に陸軍入隊。測量技術者として教育を受けた後、測量手として陸地測量部三角科に配属された。
 当時5万分の1の地形図が未整備だった北アルプス剱岳周辺の3等三角点設置のための測量という命令を受け、人跡未踏の剱岳周辺の測量を行った。38(昭和13)年、61歳で亡くなった。
 映画の原作は新田次郎の同名小説。陸軍陸地測量部の柴崎が1906(明治39)年、陸軍の厳命を受け、日本地図で唯一の空白地帯だった剱岳に仲間と一緒に登頂を目指し、測量に命をかけた姿を描いている。
柴崎芳太郎の系譜
1876 明治9 山形県大石田町で生まれる
1896 明治29 台湾守備隊に志願入隊
1904 明治37 12.陸地測量部修技所卒業
1905 明治38 三河・美濃・信濃方面の三等三角測量
1906 明治39 越前方面の三等三角測量,剱岳下見
1907 明治40 剱岳及び周辺の三等三角測量
1908 明治41 越後・岩代方面の三四等三角測量
1909 明治42 羽前・羽後方面の三等三角測量
1910 明治43 陸前方面の三等三角測量
1912 大正1 北海道北見・天塩方面二等三角測量
1913 大正2 北海道十勝・日高方面二等三角測量
1914 大正3 愛知三重岐阜滋賀の二三等三角改測
1915 大正4 北海道及び千島の一等三角測量
1916 大正5 北海道石狩・北見方面二三等三角測量
1917 大正6 測図演習で静岡県古奈地方へ
支那出張(5/31~11/15),叙勲八等瑞宝章
1918 大正7 シベリア出征(?)
1919 大正8 シベリア出征(~4/22),北海道釧路三等三角測量
1920 大正9 台湾台中二等三角測量
1921 大正10 台湾台北二等三角測量
1923 大正12 台湾台南二等三角測量
1924 大正13 台湾台北二等三角測量
1933 昭和8 病気で官を辞する
1938 昭和13 1.29 肺炎のため死去(享年64)

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日曜日)

JR中央線の敷設に貢献した人

 JR中央線の前身は甲武鉄道だ。
 始発・飯田町駅(現・飯田橋)~立川駅までは明治22年に開通している。
 今回は、この鉄道敷設に貢献した方と、多摩地域初の南北道路建設に尽力した方をまとめてご紹介する。

 ここ東京都を、東西一直線に横断する甲武鉄道(JR中央線)の建設には、明治16年の計画当初には大きな反対運動があったという。当初は、民家が多く客を見込まれる青梅街道沿いか甲州街道沿いを計画したが、近隣の農家や宿屋の経営者から大反対され、国側が「面倒だ」とばかりに定規を引き、今の横一直線になった経緯がある。

 反対の理由は、農家は黒煙が農産物に有毒、宿場町の宿屋からは客がいなくなるなどの理由だった。このとき、境村(武蔵野市)の「秋元喜七」という人が、自分の畑に駅舎を建てることを条件に土地を甲武鉄道に寄付をした。それでも、まだ用地が不足だと知ると隣接地を買収して寄付して誘致運動を推進し、明治22年(1889)に甲武鉄道の開通と同時に「駅」が開業、大正元年に現在の「武蔵境駅」と改称されている。

 また、田無町の「小山金衛門」は私財を投じ、境駅と田無町の青梅街道を結ぶ道路の開通に努力、桑畑の中に一直線の道ができた。これが「境新道(現在は調布・田無線)」だ。
 多摩地域で南北を結ぶ道路は、現在でも府中街道、小金井街道など極めて少なく、スッキリと貫いている道路は皆無だ。取りあえず境新道が最初の南北道路と思われる。

Photo_2

 そして、間もなく鉄道の時代が到来すると、甲州街道や青梅街道沿いの人達が悔やんだことは当然だ。先を見る目が大切なことはいつの時代も同じだ。
  因みに、甲武鉄道は始発・飯田町駅(現・飯田橋)~立川駅までは明治22年開通している。飯田町駅には甲武鉄道の本社もあった。当初の停車場は、新宿・中野・境・国分寺・立川の5駅で1日4往復だった。反対運動が一番強かった、杉並・高井戸・荻窪付近には駅を造らなかった。
 今は杉並区にも駅はあるが、急行が停車しない不便は今も続いている。
 ずいぶんと根は深いようだ。

■付け加えておくと、明治4年、初代鉄道助(今の運輸次官)」に就任したのは、山形県遊佐町吹浦出身の佐藤政養 (さとう・まさよし)(※地元では「せいよう」と呼ばれる)だ。(1821~1877明治10年8月2日、勝海舟邸で没)。毎年1 0月14日は鉄道記念日、「汽笛一声新橋を、はや我が汽車は離れたり・・・」の鉄道唱歌の生まれた日だ。この10月14日の決定には、山形県遊佐町升川(高瀬)の農家に生まれた佐藤政養が大きく関係している。
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-f25e.html

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「五日市街道」は生活道路

 前項で「吉祥寺新田」や「大宮前新田」などに触れたので、この,街道が武蔵野、つまり多摩地域の発展と深く関連していることを記録しておきたい。

 江戸時代から東京を東西に走る主な街道に、「青梅街道」「五日市街道」「甲州街道」がある。この中で「五日市街道」だけは他の街道と違い、江戸の中心地・日本橋まではつながっていない。青梅街道、杉並の馬橋交差点から武蔵五日市に至る約42キロメートルの街道だ。参勤交代にも使用されない目立たない街道だが、武蔵野の「新田開発」、「玉川上水」の掘削や維持管理など、江戸開発と庶民の生活には矢かせない役割を担ってきた。
 この街道は場所によって呼び名が違い、「砂川道」「青梅街道脇道」「青梅街道裏道」「小金井道」「長新田道」「五日市みち」さらに「いな道」などと呼ばれていた。
 
 先にも触れたが、「五日市街道」の両側は、江戸初期から「田端新田」「大宮前新田」「中高井戸新田」「松庵新田」吉祥寺新田」「西久保新田」「関前新田」「保谷新田」「小金井新田」「砂川新田」などと村々が形成され、武蔵野の開発と連動して発達してきた。そして、概ね新田単位に神社・仏閣も造られ今も存続しているものと思われる。

 この街道は、古くから道の両側に家並みが建てられたこともあってか、今も道幅が狭く殆どが片側一車線道路だ。両側には古い家並みが続き、点在する神社仏閣も歴史を偲ばせる。
 最近では車で好んで通ることが多い。
 都内では、道筋に歴史を感じさせる唯一の道路かも知れない。

筒井作蔵著の「五日市街道を歩く」の序文
 五日市街道は近世以降、江戸と武蔵五日市とを結ぶ脇往還として発展してきた。杉並の馬橋から武蔵五日市に至る約42キロメートルの街道である。
 「道」は古来より地域の発展に大きな役割を果たし、沿道の至る所にその時々の歴史を伝える文化遺産が残されている。しかし、近年、多摩の奥地といえども「開発」の波は容赦なく、都市部は「再開発」が繰り返される。
 江戸のシンボルとも云える「お江戸日本橋」の真上に野暮な首都高速が走っていることに象徴されるごとく、文化財保存は無機質な「都市機能優先」に後手にまわされ、少なくない歴史的な遺構が破壊された事も事実である。「道」もまた、しかりである。五日市街道は江戸初期に成立したものの、日本橋を基点とした五街道やそれに準ずる川越街道や、甲州街道の裏街道の役割も兼ねた青梅街道とはかなり性格を異にしている、
 大名の参勤交代が通るわけでもなく、行き先も武蔵五日市といたって「地味」で華々しさにいささか矢けるが、江戸開発と庶民の生活には矢かせない街道の一つとして役割を担ってきたのは歴史的な事実である、五日市街道は時代と場所によって呼び名が変化している。「砂川道」「青梅街道脇道」「青梅街道裏道」「小金井道」「長新田道」「五日市みち」さらに「いな道」の呼び名の歴史が深く、五日市街道の歴史をさぐる上で重要なポイントである。
 伊奈は秋川が深い渓谷をようやく抜け、あきる野台地に出た演目集落で、中世より発展してきた。鎌倉街道上道の支道がこの「伊奈宿」を通り、小田原北条の時代には、すぐ北部の「平井宿」と隔番で仏馬役を命じられるほど、交通の要所であった。街道が本格的な江戸への道と発展したのは、徳川家康が天正18年(1590)入府してからである。当時、江戸城は荒れ放題で人家もまばらな寒村に過ぎず、家康は城の改修と街造りが急務であった。同時に、上木工事に必要な建材の確保と運搬ルートも同時に確保しなければならない。壁の漆喰には、青梅・成本の石灰を現地で加工して、江戸に運んだのが青梅街道で、中世後期より優れた石材を生産してきた伊那石と、高度な技術を持った石工を江戸普請に徴用・搬出のために開かれたのが五日市街道である。
 江戸中期になると、江戸の人目は急激に増加し、当時燃料の主流であった薪炭とりわけ木炭は五日市の更に奥地、秋川谷の桧原、養沢から五日市宿に集積し運ばれている。五日市街道はかかる江戸への物資運搬だけでなく、砂川から小金井、吉祥寺、大宮前に至る新田開発に少なからず影響を与えている。まだまだ雑木林の人家もはとんど確認されない原野だった武蔵野に、玉川上水と分水が開削されて以来、街道に沿うあたりに幕府は精力的な新田開拓を奨励し、上水沿線に数々の新田が切り聞かれている。新田には、故郷の神社を勧請し、五穀豊穣を祈願した例祭を残している。
 元来農作物が作付けされたことのない荒地の開墾は困難を極めた。生産量もなかなか上がらず、飢饉を何度も体験した人植者の苦労はいくばかりだったか。農民の抵抗運動も散見される。青梅街道を新高円寺駅脇より直角に左折するのが五日市街道で、約100メートル進むと右に緩やかにカーブする。杉並区成田あたりは所どころ憚が残り旧街道の面影を残している。
 成田東を進むと緩やかな下り坂となるが、「七曲り」と云われた難所で善福寺川に架かる尾崎橋を渡る。四軒寺と呼ばれた吉祥寺に出る。武蔵野女子学院で千川上水が流れ、境橋で玉川上水に合流すると、蜀山人ら文人墨客にも人気を馳せた名所「小金井の桜」の堤である。今も見事な桜並木が大切に保存維持され、花の時節はもとより年間を通じてかっこうな散策コースである。
 街道は小平市の一橋大学あたりで上水から離れ、国分寺の北部から立川市砂川地域に進む。ほぼ、西に一直線に進むと、横田基地で旧街道は遮断され、西砂郵便局で迂回を余儀なくされる。ーー以下省略

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の大火がジョージを作った

 40年も前、中央線の吉祥寺駅付近で、短期間だったが仕事をしていた。
 当時一番高いビルが、コスモビルだった頃だ。
 間もなく、文京区内に転勤し、本駒込3丁目の曹洞宗吉祥寺近くに住むことになったKichijoji。この両吉祥寺が深い縁があるとは、当時は知らなかった。
 若者は、中央線の吉祥寺を親しみを込めて「ジョージ」と呼ぶ。
 
 まず駒込・吉祥寺のことだが、
  この吉祥寺は駒沢大学の前身といわれ、お寺には駒沢大学に通う学生20人前後が修行を兼ねて住み込んでいた。駒沢大学の仏教学部の学生が主で、地方の曹洞宗関連のお寺の子弟、つまりお坊さんの卵が多かったように記憶している。
 歳も近かったこともあり何人かとは親しくなり、飲食を共にしたことがある。

 境内には、お七・吉三の比翼塚もあった。
 比翼塚は、この寺に本郷の八百屋・お七も00025_2一時避難先として住んでいた縁から建てたと聞いた。
 この碑を眺めては、「天にあっては比翼の鳥となり、地にあっては連理の枝とならん」などと白居易の詩を諳んじたものだ。
 当時、比翼の鳥、連理の枝となる片方は現れていなかった。

 この吉祥寺は、中央線・吉祥寺駅付近の地名、武蔵野市吉祥寺と関係が深い。
 JR中央線・吉祥寺界隈の地割りをみると、中央線が東西に一直線なだけに、土地が全て斜めに区割りしてあり、不自然に感じる。
 しかし、江戸初期からあった五日市街道や井の頭通りからみれば、道路に面して細長く、均等に短冊状に接していることがわかる。これを均田主義あるいは均分主義と呼ばれた。
 Photo
駒込吉祥寺と中央線・吉祥寺駅との関係
  吉祥寺駅付近は、かつて吉祥寺村と呼ばれていた。
 吉祥寺という寺はないのに、何故こんな名前がついたのか。

  その背景には、江戸の食糧難に伴う新田開発の歴史がある。
 死者約10万7千人、江戸城本丸、二の丸をはじめ江戸市中の大半を焼き払った明暦3年(1657)の大火(俗称・振袖火事)の頃、江戸の人口はパンク寸前だった。当然、野菜等の食料も不足してくる。

 幕府は防火対策として市街の改造に踏み切り、大寺院や武家屋敷を移転させる一方で、人口問題と食料難を一挙に解決すべく、万治2年(1659)、江戸市民の郊外地への入植政策に着手した。
 代替地とともに向こう5年間は扶持米を与え、造宅費用も貸し付けるから、希望者は申し出よと、おふれをだしたところ、大火で本郷元町から、駒込に移転していた吉祥寺門前の浪人たちが中心となって新田開発の名乗りを上げた。
 こうして、五日市街道沿いに短冊型の整然とした地割で土地をもらい、これが吉祥寺村の起こりといわれる。
 しかし、新田開発といえば聞こえはいいが、そもそも正保元年(1644)の調査によれば、現在の武蔵野市周辺には一軒の家もなかった。五日市街道は通じてはいたが、樹木も生えない見渡す限りの原野であったという。玉川上水は、承応2年(1653年)11月に完成し、翌承応3年(1654年)6月から江戸市中への通水が開始されたとあるので、命の綱の水は確保されていたのだろう。

 つまり、江戸の大火がきっかけで吉祥寺はつくられたともいえる。
 最近では若者に「ジョージ」と呼ばれる、若者に人気のお洒落に町に変身した。
 隣接する、西窪新田、宮前新田、連雀新田なども、似たような形で村々が形成されたが、範にしたのは吉祥寺新田だったという。

本間信治著「江戸東京、残したい地名」から
 ここに本間信治著「江戸東京、残したい地名」がある。地名研究の名著、待望の復刊だ。折を見て、この本から引用し、東京各地の「おもしろ地名」を知らせたい。

本間信治著「江戸東京、残したい地名」から
【吉祥寺は駒沢大学の前身】
 文京区の北部に昭和41年まで駒込吉祥寺町とよばれる地域があった。いまの本駒込一丁目から六丁目までのあいだで、かつては駒込村の農村地帯であったが、江戸時代初期には越後村上藩主・堀丹後守の下屋敷となった。
 曹洞宗吉祥寺の敷地になったのは明暦の大火のあとで、同寺が神田台から移ってきてから門前に町家がひらかれ、延享二年(1745)から明治2年まで、吉祥寺門前の名でよばれた。
 諏前山吉祥寺の歴史は古く、長禄元年、太田道混が江戸域をきずいたとき、地中から吉祥増上〃ときざまれた銅印がでてきたので、これを吉瑞とし、城内に吉祥庵を建立したのが、その起こりのようだ。それがのちに駿河台に移され、さらに駒込へ移った。
 当時は27の学寮がもうけられ、曹洞宗江戸四カ寺のひつとして権威があり、同宗の有名な学僧・禅匠はみなこの檀林に学んだとつたえられる。これが現在の駒沢大学の前身である。
 境内には二宮尊徳、鳥居耀蔵、板倉勝清、榎本武揚、川上眉山など著名人の墓が多い。このほか、江戸時代に吉祥寺門前といわれたところが江東区木場五丁目付近にあり、吉祥院門前とよばれた町が、台東区浅草三丁目と元浅草二丁目にもあった。
 一方、武蔵野市の吉祥寺は、江戸時代初期には五日市街道ぞいの幕府直轄の茅刈り場で、村民の自由にならない林野であったが、万治二年、明暦の大火で焼けだされた駒込吉祥寺門前の人たちが移住してきて、農地を短冊型に開墾し、旧址の名称をとって吉祥寺新田としたのが、その起こりである。
 したがって、ここには吉祥寺という寺はない。甲武鉄道(中央線の前身)の吉祥寺駅が開設されたのは明治32年。戦後、この地域の発展はいちじるしく、都内をしのぐ活況を呈している。吉祥寺の本尊、吉祥天女は別名を功徳天といい、本来婆羅門教の女神で、母は鬼子母神、父は徳叉迦といわれ、のちに仏教にとり入れられ、功徳成就して大功徳を衆生にあたえる天女として尊崇された。わが国では奈良朝の終わりごろから、この女神信仰がみられる。


文京区本駒込の吉祥寺付近地図


武蔵野市吉祥寺付近の地図

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土曜日)

誕生祝いはアイポット

 朝から「アイポット」の動かし方を教わっている。
 小さい子供が、おもちゃを買ってもらったときと同じ心境だ。
http://www.apple.com/jp/ipodnano/Mb130
 子ども達に誕生祝いに「アイポットiPod nano」をプレゼントされた。きっと、母親から、最近このような物を欲しがっていたことを聞いたのだろう。

 これまで、通勤用の携帯ラジオ程度しか使っておらず、このような機器には不慣れだ。パソコンからいろんな情報を得る方法や、音楽DCからコピーする要領など基本的なことが初体験だ。
 早速、家にある音楽CDを何本か入れてみたが、一旦はCDをパソコンにコピーし、Runawaynew_img02次にアイポットに同期させるという簡単な手順に手間取ったが、まあー何とかなりそうだ。

 30年も前に、ソニーのウォークマンを購入したことがあったが、その当時からは比較することが出来ないほど発達している。「アイポットiPod nano」の軽さ、薄さ、デザインに加え、その機能たるや、音楽を何千曲も入れることができる容量、それに「ビデオカメラ」、「FMラジオ」「ボイスメモ」、「カレンダー」、「時計」、「ストップウォッチ」、「ゲーム」等々、どの機能をどのような機会に使えばいいのか迷うくらいだ。
41ccbltsjpl__sl500_aa280_
 今回は、専用「アームバンド」に加え、iPodとナイキがコラボしたという「Nike+ RUN CARNIVAL 2008」もセットでプレゼントしてくれた。それなりの価格がしたのだろう、自分で購入するより高くつきそうだ。
 結局、自分で購入したのはイヤホンだけだった。
 妻には、これでランニンググッズは完璧だなどと冷やかされながら、今、必死で使い方を覚えているところだ。
 とりあえず子供達が持っている、EXILE(エグザイル) 、平原綾香、安室奈美恵、井上陽水、コブクロ、トップガンなどを入れた。
 テンポを聞いて見ると、ジョギングには安室の曲が一番合いそうだ。
 

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最上川・赤川・日向川は人工河口

 最上川・赤川・日向川は、ともに人工河口だった。Scan10007
 「最上川河口史」 http://www3.ic-net.or.jp/~shida-n/b_tokita/b_tokita_1_1.html  

 現在は、庄内平野を東西に悠々と流れる三本の河がある。
  (北端の吹浦川を除いて説明)
 最上川の河口付近は、氾濫と治水の歴史といっていい。郷土史家で「最上川河口史」の著者・土岐田正勝氏によると、江戸期には7年に1度の割合で洪水が起こり、そのたびに流路が変わったという。そのために、
▼赤川・新川の掘切工事は大正10年(1921)開始され、庄内砂丘を横切って、赤川を日本海に放流する工事を起工した。昭和11年(1927)7月、赤川新川が完成し通水させた。
▼日向川・新川掘切工事の請願が、庄内藩へたびたび出されてきた。ついにその許可が藩から出され、安政5年(1858)1月から通算20万人の人夫を動員して、6年の歳月をかけて文久二年(1862)4月に完成させた。
 という大変な歴史がある。最近の子供達は知らないことだ。
 右の地図は、最上川が赤川と一本だった当時の見取り図だ。

■最上川・赤川・日向川は、ともに人工河口(最上川河口史
  朝日・月山山系を水源とする赤川は、かつてその河口を最上川下流左岸、飯森山の北東に求めていた。
 しかし、最上川・赤川・京田川(藤島川)の合流水は、洪水時にどっと袖浦地区(向う酒田)に押し寄せ、氾濫によって最上川左岸に停泊していた船舶を流出したり、市中に被害を与えることがしばしばあった。向う酒田(袖浦地区)から当酒田へ移転した原因の一つに、このような最上川と赤川との合流水による氾濫があげられる。当酒田へ移転してからも、慶長年間(1596~1615)以降、人力による赤川流路の変更や築堤などが、しばしば試みられてきた。赤川・新川開削による流路の変更は、幾多の苦難を乗り越えて、大正十年最上川氾濫水の逆流を防ぐことでもあった。(1921)10月、最上川改修付帯工事として黒森山を掘削し、庄内砂丘を横切って、赤川を日本海に放流する工事を起工した。そして昭和11年(1927)7月、赤川新川が完成し、通水をはじめた。
 現在、何ごともなかったように静かに日本海に注ぐ赤川新川は、実は人工河口なのである。もちろん、最上川下流域も、人工による流路の変更を行った人工河口である。この赤川新川完成後も、旧赤川は最上川とつながっていた。旧赤川が完全に締め切られたのは、昭和18年(1952)のことである。赤川河床は、田畑や住宅地として利用されている。今でも往時の赤川流路跡をところどころに忍ぶことができる。
 鳥海山系を水源とする日向川(にっこうがわ)は、酒田市興休(おこしやすみ)東部で荒瀬川と合流し、六ツ新田を経て日本海に注いでいる。実はこの日向川河口も人工河口である。かつての日向川は、六ッ新田・上市神・藤塚・田村を経て南流し、さらに西転して小湊から日本海へと注ぐ流路をとっていた。現在の旧国道七号線藤塚~下市神間の道路西側一帯が、旧日向川の河身であった。ここでも、当時の日向川流路のおもかげをしのぶことができる。
 日向川、荒瀬川が合流して発生する大洪水は、巨岩巨石を容赦なく押し流し、さらに砂泥を運んで被害を増幅させた。このため、遊佐郷住民による日向川新川掘切工事の請願が、庄内藩へたびたび出されてきた。ついにその許可が藩から出され、安政5年(1858)1月から通算20万人の人夫を動員して、海抜30メートルの海岸砂丘を切り崩し、長さ2,500メートル、深さ2メートル、川幅200メートルの人工河川を6年の歳月をついやして文久二年(1862)4月に完成した。
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形県の参院選自民候補者は

  山形県では2月20日、参院選自民候補選びは自民党県連による「山形方式」と言われる方法で、新人公募候補者選定が行われ東京財団研究員の大沼瑞穂(31)を選出した。
 389_1月20日(土)には現職の岸宏一氏(69)と公認を決する本選に進む。

 民主党は昨年の衆議院選では「ガールズ旋風」で大量当選させていたが、自民党もこれに倣ってのことだろう。
 正式には3月20日決定する。
  ここは新風を期待したいものだ。
 今の自民党は、会社に例えるなら代表取締役員クラスが多すぎる。このような方々を半数に減らしても、新鮮な候補者が欲しいところだろう。そうでないと、イメージ合戦からして民主党と対抗できない。
 なお、民主党から立候補予定者は元防衛官僚、梅津庸成氏(43)に決定している。小沢幹事長付き添いで立候補の記者会見をしていた。

■自民党の候補者選びは次の二人から、3月20日決定する。
大沼瑞穂氏は、寿虎屋酒造(山形市大字中里字北田93-1)の親戚で 、大沼保吉第10代山形市長の曾孫に当たる。

◎自民党の現職議員・岸宏一氏は、金山町長を7期務め、1998年に参院選県選挙区に初出馬し当選。2004年に2回目の当選を果たした。今年の参議院選にも出馬の意欲を示し、党県連役員に伝えたというが、昨年の山形県知事選挙では、党の方針に反して現職の斎藤弘氏ではなく野党の吉村美栄子氏を支持し当選させた経緯がある。

■民主党推薦の梅津庸成氏は、1967年2月23日(43歳)慶應義塾大学法学部卒業、防衛庁(当時)入庁、外務省、民主党山形県総支部連合会副会長

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金曜日)

米軍は明かに一般住民を狙った

 史上最大の東京大空襲

 気にくわなかったら今でも牙をむいて戦いを挑んで来るだろう。Scan10007_2
 理屈は後から、どうにでも付けることができる。
 最近では「トヨタ」や太地町の「イルカ漁」に向ける視線と同じだ。国益が全てに優先して行動を起こしている。
 アメリカの本性は、昔も今も変わっていない。

 1945年(昭和20年)3月10日未明、アメリカ軍B29、330機により無差別空襲を受け、東京の主要地域は「炎の夜」と化した。この東京大空襲により下町は壊滅状態に陥り、死者約10万人、負傷者約11万人、約100万人が家を失った。(犠牲者の氏名、正確な人数は現在も不明)
http://www.geocities.jp/torikai007/war/1944/b29.html

 この空襲は、F13(B29改装偵察機)によって、東京地区をくまなく撮影した後に行われた。これ 一つをとっても、非戦闘員を狙ったことが分かる。
 ※右の写真は、右上が駒込・六義園。この公園の煉瓦塀の内側には、空襲の犠牲者約600体が葬られた。塀に沿って内側が土手のように坂になっていることを確認できる。

米軍指揮官の論理
 本土空襲の指揮を取っていた、カーチス・E・ルメイ将軍は、明かに非戦闘員を狙ったとする批判に対して、戦後の回想記のなかで次の様に述べている。
 「私は日本の民間人を殺したのではない。日本の軍需工場を破壊していたのだ。日本の都市の民家は全て軍需工場だった。ある家がボルトを作り、隣の家がナットを作り、向かいの家がワッシャを作っていた。木と紙でできた民家の一軒一軒が、全て我々を攻撃する武器の工場になっていたのだこれをやっつけて何が悪いのか…。」
 これがアメリカ側の普通の論理だ。
 カーチス・E・ルメイ将軍は、グアム島在米爆撃隊司令として、広島・長崎に投下された原子爆弾にも深く関係している。

■米軍が記録した「日本空襲」」(発行社・草思社1995.6.5)

 たった一機の「超空の要塞B29」が東京の空に初めて姿を見せたのは昭和19年(1944)11月1日であった。
 写真撮影を目的にした偵察だった。
 11月5目と7日にも数機で姿を見せ、なにげなく立ち去った。そしてマリアナ諸島に日本空襲の飛行場を獲得した米軍が、本格的に本土空襲を開始したのは昭和19年11月24目であった。
 すでに紹介したように、その第一弾は東京郊外の中島飛行機製作所に落とされ、以後、首都・東京は昭和20年8月15日の敗戦の目までつねにB29の空爆目標にされていた。
 東京はこの間の9カ月に約130回の空襲を受け、米軍が戦後の使用を目論んで空爆目標から外していた建物や施設を除き、ほとんどが灰燼に帰してしまった。
 米軍の空爆戦略から東京空襲を大きく分けると、おおよそ次の三段階に分けられる。
○第一段階 昭和19年11月24日から20年3月5目にいたる軍需工場などを中心とした精密爆弾。
○第二段階 昭和20年3月10日に始まり、5月中旬まで続いた焼夷弾による都市部への無差別爆撃。
○第三段階 昭和20年5月下旬から終戦の日まで続いた東京の山の手一帯から周辺都市への空襲。
 いわゆる3月10日の束京大空襲の前にも、天候不良などで目標の軍需工場などが確認できずに都内へ投弾して行ったケースもかなり多かった。たとえば11月29日には神田一帯は初の夜間焼夷弾攻撃に見舞われているし、20年1月27日には72機のB29が午後2時すぎに銀座周辺を猛爆撃して花の銀座を瓦礫の街にしている。
 2月に入っても東京空襲は断続的に続き、次第に無差別爆撃の様相を濃くしてきた。19日には百余機のB29が王子、深川、京橋、赤坂、葛飾、江戸川、渋谷を襲い、25日には空母搭載の艦上機延べ約六百、B29二百数十機の大群が神田、本郷、下谷、浅草、荒川などを襲い、それまでの空襲の中では最大の爆弾と焼夷弾を投下していった。
 そして迎えたのが3月10目午前零時8分からの「東京大空襲」と呼ばれる首都壊滅作戦だった。この夜来襲したB顛一は、日本側資料では約130機、米側資料では334機で、超低空で侵入したB29は墨田、江東地区に焼夷弾の絨毯爆撃を行ったのである。
マリアナの第21爆撃軍司令官ルメイ少将によって練られたこの日の空襲にはいくつかの特徴があった。その第一はより多くの焼夷弾を積み込むために機銃を取り外し、弾薬も積まず、搭乗員の数も減らされたことだ。そして各B29は爆弾搭載能力いっぱいの平均約六トンの焼夷弾を積み込んだ。『米陸軍航空部隊史』は記している。「先頭のB29大隊は遥t備火災〃を発生させることを目的としたナパーム充填のM47焼夷弾(70ポンド)180発を携行した。この準備火災は相手の消防自動車陣の注意を集めるための火災であった。これらの照明弾投下機の後から続いて爆撃する他の機は500ポンドのM69集束弾24発を還んだ。照明徴の投弾間隔は30メートル、他の機のそれは15メートルと決定された。後者の間隔によって一平方マイルあたり最小限25ヤンの密度を与えるものと想定された」一機平均六トン、B29、334機では合計二千トンの焼夷弾である。
 第二は、それまでの編隊飛行をとりやめ、B29は単独で行動し、高度千五百から二千八百メートルの低空から進入して焼夷弾を投下、各機ただちに帰還するというものだった。そして絨毯爆撃は予定通り深夜の午前二時半まで続き、隅田川をはさんだ本所、深川、浅草、日本橋地区は一面火の海につつまれた。『米陸軍航空部隊史』は爆撃直後のB29からの報告をこう伝えている。
 「目視により目標を爆撃。全面的に大火災が生じており、煙により視界が非常に阻害され、また大熱波により生じた強風によって爆撃航路をとることが困難であったために、後続の編隊は目標を求めて広く探し回ることを余儀なくされた。帰還飛行中の尾部銃手は240キロの距離からでもまだ火災の赤い輝きを認めることができたという」。空襲警報は午前3時20分に解除されたものの火炎はおさまらず、ようやく火の手が衰えたのは午前六時すぎであった。
 そして生き残った人々が目にしかものは、一面の焼け野原と隅田川や下町を流れる運河、学校、寺院、公園、道路などに折り重なる黒こげの死体だった。警視庁の調べでは、この日の犠牲者は死者8万3千7百93名、負傷者4万9108名、死傷合計12万4千7111名となっているが、正確な数字はいまだに分かっていない。消防庁の数字は死者、負傷者とも若干ずつ違うし、「帝都防空本部情報」には負傷者11万3千62名という数字もあるからだ。いずれにしても膨大な死傷者に加え、戦災家屋26万8千戸、罹災人口百万余という被害は、原爆の広島に匹敵する数字である。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝鮮学校無償化、金正日の意向

 またも北朝鮮の実態と、日本の売国議員の怖ろしい関連が明らかになった。
 このような記事掲載は、産経新聞にしか期待できないところがある。
 メディアのことは残念だが、これが現実だから仕方ない。Scan10007
 
 朝鮮学校無償化に賛成の意向を見せる、民主党、社民党、国民新党、公明党、一部自民党の議員先生方は、北朝鮮からの指令で動いているのか。
 朝鮮学校ではどのような反日教育が行われているか、それなりに実態を知っていても結局は北朝鮮の意のままに動いているのだ。
 拉致被害者家族の心情を、どう察しているのだろうか。
 外国の国益で動いている、売国議員といわれる所以だ。

 随分前のことだが、小平市小川町1丁目700にある朝鮮大学校内でボヤ騒ぎがあった。
 当然、窓からムクムクと煙が立ち上り、心配した近隣では消防車を呼ぶが、なんと、学校側は消防車を一切入れさせず、自分達だけで消火作業をした。
 何台もの消防車は学校周辺でウロウロしているだけ。
 それほどまでに秘密性を重視し、日本を信用していないのが朝鮮関連の学校であり、治外法権と位置づけているような施設だ。
 近所では、朝鮮大学校のことを北朝鮮の秘密基地とよんでいる。
 一見、無償化と関係ないような話だが、思い出したので記録しておく。

朝鮮学校無償化、総連が各校に獲得を指示 金総書記の意向受け3.12産経
 朝鮮学校をめぐり、北朝鮮の金正日総書記から下された「民族教育強化」の方針のもと、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)から全国の学校幹部らに高校授業料無償化を獲得する運動を展開するよう指示が出されていたことが11日、朝鮮総連の内部文書から分かった。無償化適用を訴える学校側の運動まで金総書記の意向に直結している実態が浮き彫りになった。--中略--
 常任委員会で示された非公開文書「『90日運動』を力強く繰り広げることについて」では、日本学校への児童・生徒の転出を防ぎ、新児童らを獲得するよう指示が出されるとともに、「『高等学校授業料無償化』施策が在日同胞たちにも必ず適用されるよう運動を行う」と記されている。
 これより以前に作成された別の文書では「衆参文部科学委員会所属委員と日教組出身国会議員を対象化(20人以上)して要請運動を遂行する」と具体的方法も明示されていた。また、1月13日の常任委で示された別の文書では、「学生の多様な慶祝行事を組織する」とした上で、「慶祝・朝鮮高級学生(高校生)中央英語雄弁大会」や「慶祝・高級学校サッカー大会」を開くことが示されている。高校生についても金総書記崇拝事業を行うために、動員が行われていることを示している。RENK代表の李英和関西大教授は「朝鮮学校は朝鮮労働党や朝鮮総連の支配下にある」として無償化の対象としないよう訴えた。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木曜日)

一青窈「花のあと」の主題歌を歌う

 藤沢文学の映画化作品『花のあと』は3月13日から全国一斉公開される。
  『花のあと』の主題歌は、一青窈(ひととよう)が歌う。
 実は一青窈さんにとっては、藤沢周平の映画化作品の歌を担当するのは『蝉しぐれ』、『山桜』に続き今回が3度目だという。
 北川景子演じる以登の心情を、一青窈が美しくも切なく歌い上げている。

 なお、映画は撮影が行われた山形県内4館で先行公開され、2月17日(土)より2日間で動員3281人・興行収入361万4100円をあげたという。
 各劇場の内訳は、MOVIEONやまがた=1067人・123万9300円、山形ソラリス=602人・65万5200円、ワーナーマイカルシネマズ米沢=365人・39万5400円、イオンシネマ三川=1247人・132万4200円と各劇場とも好調なスタートを切っており、3月13日(土)からの全国公開に向けて期待が寄せられている。

主題歌「花のあと

 歌手:一青窈、
 作詞:一青窈、作曲:武部聡志

私ひとりを残して 風の便り流れてゆく
あんまり早くに 幸せがゆかぬように
次つぎと咲くつぼみを 映してはゆれる由良川
いちばん遠くへ 連れてってねお願い

あなたにあなたに あとからあとから涙
なごり惜しむこの心がいざようばかり
ゆめゆめ結んで 誰にも言えない恋を
はぐれ離れ抱きながら嬉し涙 花のあと

ひとめふために会えたら 何度でも生まれ変わるの
一度の恋なら尚更に乙女枕
言いかけてやめたことが なんとなくわかるあなたの
いちばん近くで 散ってゆけたらいいな

あなたにあなたに あとからあとから涙
霞がかるその姿がいざよう前に
ゆめゆめ結んで 誰にも負けない愛に
いよいよ気づけた春なら嬉し涙 花のあと

あなたにあなたに あとからあとから涙
なごり惜しむこの心がいざようばかり
ゆめゆめ結んで 誰にも言えない恋を
はぐれ離れ抱きながら嬉し涙
また生まれた 花のあと

http://www.toei.co.jp/movie/details

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主と公明の急接近裏事情

 公明党が民主党に急接近しているという。
 一度味わった「与党という密の味」が忘れられないのか。

 数年前、公明が自民と連立を組んでいた当時、民主党の石井一議員が「公明党のP献金」に関して、公明党の冬柴鐵三国交相に厳しく追及したことを忘れたのだろうか。それとも、公明党の最大の弱点である「創価学会=公明党」の関係、その象徴である「P献金」の追求を免れたい意向が公明党にあるからだろうか。

 「P献金」のことをご存じない方のために触れると、(「P」はプレジデント(president)ので=池田大作)のことであり、つまり「P献金=池田への献金」のことで創価学会や公明党幹部らの隠語だ。
 もし、この献金の存在に疑問と思うなら、創価学会や公明党を抜けた議員や関係者に確認すればいい。献金理由は、選挙に当選した公明党議員が、選挙応援をしていただいた創価学会に対する御礼と言われている。
 このように、宗教と政治という憲法の根幹に関わる問題が今も続いている。
 こんなことが、許されるのか。

 もっとも、民主党側にすれば、夏の参議院選では議席が減ることを想定しており、その穴埋めに公明党の議席や応援が欲しいということだろう。

 現段階で両党の目論見が一致しているのは、「子供手当て法案」の成立だが、次に公明党が狙っているのは、在日朝鮮人等の「外国人参政権」法案の成立だ。
 外国人地方参政権に何故、公明党が熱心なのか、これには深い訳がある。

 この背景に何が隠れているかは、大手のテレビや新聞では一切触れないことだ。
 それには徐々に迫っていくことにしたい。

公明、与党の道再び?「驚くほど10年前と似てきた」幹部も認める
 政府・民主党と公明党は10日、政府提出の「子ども手当創設法案」と「高校授業料無償化法案」を修正し、公明党の賛成も得て成立させることで一致した。社民、国民新両党も修正合意を容認した。公明党は平成11年の自民、自由両党との自自公連立政権樹立の際も、法案への賛成を積み重ねて接近していった前例があり、「公明党は与党への道を歩み出した」(民主党幹部)との指摘が出ている。社民、国民新両党は「公明党が民主党と組めばわれわれはいらなくなる」(国民新党幹部)と警戒感を示している。
 「驚くほど10年前と似てきた」
 公明党幹部は修正合意を受けてこう述べ、国会で政府・民主党への協力を強めることを示唆した。--以下省略--2010.3.10 産経

国会中継中の問題発言 P献金問題

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党政権は「戒石銘」を知れ

 3月10日国会で、参議院選、福島選挙区当選の自民党、森まさKaisekimei2こ議員が民主党政権を「子ども内閣」「脱税三兄弟」「遅刻三兄弟
菅から眠」「国会の不動産王」と厳しく追及していた。
  実に的をえた追及だった。
 終わりころに、旧二本松藩戒石銘碑で追及する場面があった。
 爾 俸 爾 禄(なんじの俸、なんじの禄は)
 民 膏 民 脂(民の膏、民の脂なり)
 下 民 易 虐(下民は虐げ易きも)
 上 天 難 欺(上天は欺き難し)
このパネルで示して、庶民を虐げ、天を欺き続ける民主党の姿勢を質した。Yomi

 一般に戒石銘と呼ばれているものだが、
正式には「旧二本松藩戒石銘碑」と言われている。
 この戒石銘は、寛延2年(1749)当時の藩主・丹羽高寛が、二本松藩士に対して、二本松城に登城する際に常に目にとまるように、城の入り口に建立したものだという。
 直訳すると、「お前(武士)がお上から頂く俸禄(給料)は、人民の汗と脂の結晶である。下々の人民は虐げ易いが、神を欺くことはできない」となる。つまり、「武士たちは人民を労わり、感謝せよ。その気持ちを忘れて人民を虐げたりすると、天罰があろうぞ」ということだ。

 これを民主党政権に当てはめると、
 「民主党の脱税議員達よ、お前らが不正に脱税したお金は、国民の汗した結晶だ。これ以上、国民を虐げ、いじめ続けると、次の選挙では必ず痛い目に合うぞ」と言うことになる。
0100
 ここには30年も前に一度立ち寄ったことがあるが、福島県二本松市郭内3の二本松城ケ城)付近に所在する。東北自動車道の二本松インターを降りて2~3キロのところだ。
 公務員や政治家を志す方々は、この教えを心に刻んで欲しい。

 付け加えると、山形県米沢藩には、上杉鷹山の「伝国の辞」という教えが残っている。
 鷹山が引退し国を譲るとき、次の藩主に伝えた言葉だ。
一.国家は、先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべきものにはこれ無く候
二.人民は、国家に属したる人民にして、我私すべき物にはこれ無く候
三.国家人民の為に立たる君にて、君の為に立たる国家人民にはこれ無く候
 
 鷹山のように名を残す人は、常に天下国家を考えている哲学がある。
 昨今の私腹を肥やすことしか脳がない政治家は、鷹山の爪の垢でも煎じて飲んで欲しいものだ。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水曜日)

庄内で撮影「花のあと」

 昨年21年4月から山形県庄内地方を中心に撮影が進められていた映画「花のあと」が完成し、3月13日から全国で一斉上映される。

 この映画は、鶴岡市出身の作家・藤沢周平の短編小説が原作だ。
 映画の撮影には、鶴岡市や鶴岡市観光連盟、羽黒町観光協会などが、ロケ地探しの協力やエ1007806_01キストラの確保など全面的にサポートしていた。主なロケ地としては、鶴岡公園、旧庄内藩校「致道館」、羽黒の「玉泉寺」、羽黒山の「斎館」などが舞台となったそうだ。
 この映画も、「たそがれ清兵衛」「武士の一分」「隠し険 鬼の爪」「蝉しぐれ」「山桜」などに続くヒット作品になるであろう。

 監督は中西健二、主演に北川景子、共演に甲本雅裕、バレエダンサーの宮尾俊太郎、歌舞伎役者の市川亀治郎、柄本明、國村隼ほか。主題歌「花のあと」は一青窈が歌う。
Photo
  主演の北川景子さんは、「映画の見どころは?」の質問に、「原作の舞台となったところで、桜が一番美しい時にロケができ山形の美しい映像も楽しんでいただきたいですし原作をご存じの方も多いと思いますが、藤沢さんの原作を読んだことがない人にも感動してもらえる作品になったと思います。がんばった殺陣のシーンもみてください」とのことだ。
都内の上映場所
中央区丸の内TOEI 2 03-3535-4740
新宿区 新宿バルト9 03-5369-4955
墨田区 楽天地シネマズ錦糸町 03-3631-7020
品川区 品川プリンスシネマ 03-5421-1113
練馬区 T・ジョイ大泉 03-5933-0147
立川市 立川シネマシティ 042-525-1251
町田市 109シネマズグランベリーモール 0570-012-109

映画「花のあと」原作:藤沢周平 撮影:山形県庄内地方   http://www.movieon.jp/2009/11/movie-on-4.html
 「花のあと」の原作は「以登女お物語
 「七十五歳まで生きた先々代の殿・雲覚院はさばけた方で、春の季節になると、家中の女子どもに城の二の丸に入ることを許してくれた。今は許されなくなった昔の話である。
うわさがあった。それは花見の女子どもの中から見目の良い娘を物色しては御城に召したというのだ。事実かうわさかは知らぬ。」
この話をしていたのは以登である。
 五十年前の以登は十八で、年相応の花やぎを身にまという娘だった。もっとも、美貌ではなかったが。
――花見も終え、帰り支度をした以登に声をかけた若者がいた。
若者は羽賀道場の江口孫四郎と名乗った。以登が先日の試合で見事に勝ったことを知っていた。
 江口家は平藩士、以登の寺井家は組頭である。以登の心は浮き浮きしていた。それは羽賀道場の逸材として剣名の高い江口孫四郎に出会った喜びが含まれている。
 江口は以登の剣をたかが女子の剣法とは侮ってもいなければ、組頭の娘であることもおもねってもいなかった。以登を好敵手として認めていたのだ。それが嬉しかった。
――以登の父・甚左衛門は組頭から上には出世できなかったひとだったが、夕雲流の達人だった。その父から以登は剣の手ほどきを受けたのだ。
 江口孫四郎と会う直前に以登は婚約がととのい、婿を迎える身となっていた。その前に、甚左衛門は丹精して育てた以登の剣を外で試したかったのだろう。羽賀道場で試合をさせたのだった。
――以登は江口孫四郎と試合をさせてほしいと父に頼んだ。それは恋でもあった。父はこれを了承したが、場所は屋敷で行うことになった。
江口孫四郎がやってきた。以登の剣は江口の前では全く通用しなかった。そして父・甚左衛門は以登に気が済んだかと聞いた。
 以登には婿となる男が決まっている。二度と会うことはならなかった。それに、江口の方でも縁組の話が進んでいるらしい。以登は胸の中で終わった恋の行方を追っていた。
――ひょんなことから江口の相手が分かった。勢津が教えてくれたのだ。以登とは御稽古仲間だ。
相手は加世だという。それは聞き過ごしできぬ名前であった。加世の家は三百石の奏者の家柄で、才はじけた美人である。
 その加世にあるうわさがあった。妻子ある男と通じているというのだ。相手は藤井勘解由。若干三十歳で用人に挙げられた切れ者だ。
その噂から一年。江口との縁組を受け入れたということは、藤井と切れたということなのか...。
以登は、孫四郎に加世は似合わないと思った。それに奏者の役も似合わない。
――それから一年近くたった四月の末。
 城下から二里ほどのところに湯治場がある。以登がそこに行ったとき、加世と藤井勘解由が一緒にいる現場を見てしまった。白昼、ひともなげな。
 このままでは済むまい。以登は暗い気持ちでそう思った。いずれは孫四郎にも知れるだろう。知れれば血が流れ、孫四郎自身も無事ではいられまい。
不吉な予感は二年後に、裏書きされた。孫四郎が自裁したのだ...。
――以登は許嫁の片桐才助を呼んだ。才助はいたって風采の上がらない人物だったが、江戸の高名な塾に学問に出て、再び戻ってきていた。孫四郎は江戸で自裁していた。
 才助は調べることを受けあった。
――孫四郎の自裁にはやはり藤井が絡んでいた。孫四郎は奏者としての藩の使者となったが、致命的な失態を犯したのだ。だが、このすべての指示を出していたのが藤井勘解由だった。
 孫四郎は藤井と女房の密通をうすうす気づいていたらしい。後は才助の推測だが、藤井が先手を打ったということのようだ。
それに、藤井には何やら後ろ暗い気配があるともいう。どうも奸物の匂いがすると才助はいう。
――以登が藤井勘解由を呼びだしたのは、夏の終わりごろだった。詰問をしても、薄ら笑っているだけだった。その姿に、さすがの以登も背筋が冷たくなった。それに藤井は無楽流の居合を遣うという。侮れない。
 藤井は以登がここに来たことを知っているものがいないと知ると、するすると後ろに下がった。以登を亡きものにしようとしているのだ。
 だが、逆に以登は間合いを詰め、勘解由の刀が鞘走る寸前に、懐剣で胸を一刺しした。

/1190072_951.html

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庄内空港は需要予測上回った

 茨城県で国内98番目となる「茨城空港」が3月7日開港した。
 とりあえず、韓国アシアナ航空のソウル線が1日1往復するが、国内定期便は4月16日までないという。
 地方空港の受難は続いている。理由は単純で空港が多すぎるのだ。
 このような中、2008年度の国内線の利用実績が発表されたが、需要予測を上回ったのは全国99空港のうち羽田空港のほか、長崎、熊本、那覇、旭川、庄内、岡山、名古屋の8空港だ。
 喜ばしいのは、この中に山形県の庄内空港が入っていることだ。
 きっと、観光やビジネスで東京~庄内間の利用客が多少は増加したものと思うが、新幹線や高速道路が整備されていない陸の孤島であることが大きな要因であろう。

 庄内空港では、東京便(一日4往復)の年間乗降客は前年比0.4%増の39万1967人。91年10月の開港以来、最高を記録したという。

全国75空港08年度の利用、需要予測超え8空港のみ(2010.3.9日経)

 国土交通省は9日、全国99空港(うち2空港は未開港)の実態調査をまとめた。開港前などの需要予測がある75空港のうち、2008年度の国内線の利用実績が需要予測を上回ったのは羽田空港など8空港にとどまった。国や地方自治体の見積もりの甘さが浮き彫りになった。
 11日に開港する茨城空港、建設中の新石垣空港、昨年6月に開港した静岡空港は除き、72空港の需要予測と利用実績を比較した。08年度の実績が予測を上回ったのは羽田、長崎、熊本、那覇、旭川、庄内、岡山、名古屋の8空港。64空港の実績が予測を下回った。
 予測と実績の違いが最も大きかったのは北海道の紋別空港。開港時には05年度で37万1000人の利用があるとみていたが、08年度の実績は4万8000人にとどまった。島根県の石見空港や北海道の奥尻空港などの開きも目立った。

庄内→東京/羽田→庄内 格安航空券検索&比較エアーズゲート
庄内 → 東京/羽田 東京/羽田 → 庄内
会社 便名 機種 出発 到着 会社 便名 機種 出発 到着
ANA 894 B767-300 07:10 08:10 ANA 893 B737-500 07:15 08:15
ANA 896 B737-500 08:45 09:50 ANA 895 B767-300 12:05 13:05
ANA 898 B767-300 13:50 14:50 ANA 897 B767-300 15:30 16:30
ANA 900 B767-300 17:45 18:50 ANA 899 B767-300 20:15 21:15
庄内 → 東京/羽田 → 庄内 2010/04/01-2010/05/31
庄内 → 東京/羽田 東京/羽田 → 庄内
会社 便名 機種 出発 到着 会社 便名 機種 出発 到着
ANA 894 B767-300 07:10 08:10 ANA 893 B737-500 07:15 08:15
ANA 896 B737-500 08:45 09:50 ANA 895 B767-300 12:05 13:05
ANA 898 B767-300 13:50 14:50 ANA 897 B767-300 15:30 16:30
ANA 900 B767-300 17:45 18:50 ANA 899 B767-300 20:15 21:15
【注記】ANAグループの時刻表の有効期限は 2010/3/31 です

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣かせる政治、笑われる政治

 またも、民主党議員の発言から同党の反米政策が証明された。

 ワシントン・ポスト紙は、「日本の民主党議員が、9.11の米同時テロについて『株取引のもうけを狙った陰謀』の可能性を提起したと紹介」。「こうした正気を失った過Scan10006激派の空想に影響されやすい人物が民主党政権にいる」と記事にしたという。

 このような発言をしたのは、2007年の参議院選で茨城県選挙区から当選した 民主党の藤田幸久国際局長(参院議員)だ。
 同議員のキャッチコピーは、「泣く政治から笑う政治へ」だそうだ。
 これを借りれば、国民を「泣かせる政治、笑われる政治」だろう。

 下段の動画「9.11真相究明講演会」を確認したらいい。
 同氏は「誤解がある。党の見解を述べたものではない」などと懸命に言い訳しているが、下段の動画は、世界各国で翻訳されて世界中に配信されている。
 「駟(し)も舌に及ばず」という故事を知らないのか。

 意味は、「昔、中国で一番速いとされた四頭立ての馬車でも、一度口から出た言葉には追いつくことが出来ない。失言は取り返しがつかない。」、つまり、軽々しく言葉を口から出すものではないという戒めだ。
 特に政治家は、口先だけで仕事をしているようなもの、なおさらだ。
    ※ 右上は産経新聞(2010.3.10)

■米紙、9・11陰謀説の民主・藤田議員を酷評(2010.3.8読売新聞)
 米ワシントン・ポスト紙は8日付の社説で、民主党の藤田幸久国際局長が同紙のインタビューに応じ、2001年9月11日の米同時テロがテロリストの仕業ではなかったという「陰謀説」を示唆したとして、「民主党と鳩山政権に広まる反米的思考の気質が反映されたものとみられる」と批判した。--中略--
 ◇藤田氏は9日昼、「ワシントン・ポストの記者に雑談で話したことだ。内容がきちんと伝わっておらず、誤解がある。党の見解を述べたものではない」と述べた。藤田氏は、民間活動団体(NGO)をへて1996年衆院選で初当選した。2005年に落選後、07年参院選で茨城選挙区から立候補して当選した。  

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火曜日)

芸能人の薬物使用は氷山の一角?

 中村耕一のことは全く知らなかったが、「何も言えなくて…夏」のフレPhoto_3ーズくらいは知っている。本人を知ったのは去年夏頃、偶然にも「徹子の部屋」に出演していたところを見てからのことだ。同世代の男でもあり、つい最後まで見てしまった。

  「綺麗な指してたんだね、知らなかったよ…」の印象的な歌い出しで女性の心をつかんだあの名曲、『何も言えなくて…夏』を歌ったJAYWALKのヴォーカル・中村耕一さんが「徹子の部屋」に初登場!などとあった。
 とにかく、国民、特に若者に影響力のある方がこのような犯罪に手を染めてはダメだ。
 去年も、酒井法子や押尾学らを通じて「芸能界の薬物汚染」が問題視されていたが、この業界も芸能人個々も、また、表に出して利用するメディアも全く反省がないことが証明されたようなものだ。
 59歳と分別ある年齢でも一度手を出したら、止めることができないのが覚醒剤だ。
 きっと、若い頃からやっていたのだろうと思われても仕方ない。

 芸能人の覚せい剤や大麻等の薬物使用は、発覚Photo_4するのは氷山の一角と見るのが自然だ。秘密性、隠密性が極めて強い薬物使用を、検挙率という数字には表し難いことは分かるが、仮に10パーセントと高く設定しても、残り90パーセントは検挙されないことになる。つまり、何食わぬ顔でテレビや舞台等に立ち、人前でもっともな振る舞いを見せることになる。
 右の一覧を見ても、数の少ない芸能人からすると異常な件数と見るべきだろう。

 なぜなのかと考えると、芸能と興行を取り仕切る暴力団とは昔から腐れ縁の関係を指摘せざるを得ない。違法薬物の密売を有力な資金源とする暴力団側からみれば、芸能人はいい御得意さんとして巧妙に仕組まれているのだろう?。
 もし、このような疑問を払拭したいなら、少なくとも「徹子の部屋」や「紅白歌合戦」のような、芸能人に一種のステイタス(Status)を与えてしまう番組は、事前に薬物検査を義務づけるとか、拒否した者は出演させないくらいの覚悟が必要と思う。
 もっとも一蓮托生のところに、期待するほうが間違いだろうが。
■薬物に関するサイト
http://www.dapc.or.jp/data/index.htm

JAYWALKのボーカル、覚せい剤所持容疑(2010.3.9読売)
 警視庁麻布署は3月9日、ロックバンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)を覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で現行犯逮捕した。同署幹部によると、中村容疑者は同日午前1時50分頃、東京都港区西麻布の路上に駐車した乗用車内で、袋に入った覚せい剤を所持していた疑い。巡回中の警察官が職務質問し、発覚した。中村容疑者は容疑を認めているという。JAYWALKは1980年に結成され、91年発売のシングル「何も言えなくて…夏」がミリオンセラーを記録した。

作詩:知久光康 作曲:中村耕一

綺麗な指してたんだね 知らなかったよ
となりにいつもいたなんて 信じられないのさ
こんなに素敵なレディが俺 待っててくれたのに
「どんな悩みでも打ち明けて」そう言ってくれたのに

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
二人して生きることの 意味をあきらめずに
語り合うこと 努めることを 誓うつもりさ

「私にはスタートだったの。あなたにはゴールでも」
涙浮かべた君の瞳に
何も言えなくて まだ愛してたから…

もう二度と会わない方が いいと言われた日
やっと解った事があるんだ 気づくのが遅いけど
世界中の悩み ひとりで背負ってたあの頃
俺の背中と話す君は 俺よりつらかったのさ

時がいつか 二人をまた
初めて会った あの日のように導くのなら
水のように 空気のように 意味を忘れずに
あたりまえの 愛などないと 心に刻もう
短い夏の終りを告げる 波の音しか聞こえない
もうこれ以上 苦しめないよ
背中にそっと「さよなら…」

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗礁に乗り上げた基地移転問題

 普天間の移設案は、どの政権与党が説得力があるのか無いのか、Photo全く見えてこない。   
 バラバラもいいところだ。
社民党は、米領グアムなど国外に移設。
国民新党は、沖縄県の嘉手納基地に統合かキャンプ・シュワブ陸上部への移設案。
民主党は、シュワブ陸上案を第1候補に米国と交渉中だが、米側や沖縄の反発は強く難航。腹案として徳之島も候補に上がっているが地元民が強く反対。また、沖縄県知事や名護市長も「辺野古に基地造らせぬ」と頑張っており、完全に暗礁に乗り上げている。
Photo_2
 選挙前、「県外移転だ」「国外移転だ」とあんなに大騒ぎしていたのに、結局「あれはなんだった」と感じている国民も多いことだろう。
 つまり、民主党の先生方は、基地問題等では反対することと、子ども手当や高速道路無料化等の甘いこと言うことしか脳がないのだ。
 
 この移転問題は、結局は米国に急かされて、何れかの時期に何処かに決定するとしても、その移転先等からは足下を見られ高額の補償費を永遠に支払わざるをえないことは見えている。ゴネ特か、漁夫の利を狙っている県や地域があっても可笑しくない。
 そして、この高いツケは国民に回ってくるのだ。
 いずれにしても、完全に墓穴を掘ったかたちの民主党だ。
 選挙では民主党を応援した国民も、どうすればいいのか迷っていることだろう。

 オバマ米大統領は18日から24日までの日程で米領グアム、インドネシア、豪州を訪問するが、グアム視察は日本を「牽制」する狙いもあるようだ。

米大統領、グアム視察で日本を「牽制」?(2010.3.8産経)
 オバマ米大統領は18日から24日までの日程で米領グアム、インドネシア、豪州を訪問する。在日米軍再編に伴い、沖縄県の普天間飛行場(宜野湾市)の海兵隊8000人が移転する予定のグアムで大統領は米軍基地を訪れ、この地域における米軍の重要性を国内外にアピールする。米政府は普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした日米合意による現行計画の早期履行を求めており、大統領のグアム訪問は、日本側を牽制する狙いもありそうだ。
             --中略--
 米国にとって普天間飛行場の移設が現行計画から変更されることになれば、沖縄の海兵隊8000人とその家族9000人、関係する後方支援部隊の人員らを2014年までに移設するという計画自体が頓挫することになりかねず、大統領自らグアムの米軍基地を視察することで、日本政府に早期の対応を促したいとの考えがあるようだ。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画は国威発揚の手段だ

 米政府がハリウッド映画に国威発揚の手段として要請していることは有名な話だ。
 アメリカ国民を元気づけ、アメリカンドリームを賞賛し、戦争に向かう兵士達を激励する内容のハリウッド映画は枚挙に暇が無い。

 今回、和歌山県太地町のイルカ漁を撮った『ザ・コーヴ』がドキュメンタリー賞を受賞したこともみても、アメリカの国益を優先した賞であることがわかる。
 これをハート・ロッカーを賞賛し、一方を「日本人にとっては悔しい」などと批判しているのだから、お笑いだ。
 もちろん、イルカ漁を批判するなら、同時に、欧米諸国の牛・馬・羊などの肉食文化も批判すべきなのに、どうしてクジラやイルカはダメなのかとする立場だ。ここで言いたいのは、自国民を元気づける方策は常に大切ということだ。
 しかし、国威発揚愛国心右翼などと連想する日本人、マスコミ関係者にとってはアメリカのアカデミー賞は理解出来ない発想なのだろう。解説で分かる。

  3月7日、第82回アカデミー賞の授賞式がロサンゼルスであり、イラク戦争の現場で爆発物処理兵を描いた作品「ハート・ロッカー」が作品賞など6冠を制した。これに対して、3冠にとどまった「アバターは何故負けたのか」とする報道が多い。それは、前述したことで分かることだろうが、そこまで突っ込んだ報道がないのが残念だ。それは日本には国威発揚という考えが無く、これを意識的にも無意識のうちにも、否定的に報道していることに触れざるを得ないからだ。

 3Dの話題が優先した「アバター」はアメリカがある惑星を侵略するという反戦的内容。一方「ハート・ロッカー」はイラクで爆弾処理に当たる、誰が最後まで生き残るかは分からない過酷な戦場を描いた映画だ。この単純な比較だけで、アカデミー賞がどちらに軍配が上がるかは明らかなことだ。

  なお、ハートロッカー「HURT. LOCKER」とは軍隊用語で、爆死した死者を入れるロッカー、「棺桶」という意味。「ハート」はHurt(怪我、傷)という意味だそうだ。また、監督賞のキャスリン・ビグロー監督(58)とアバターのジェームズ・キャメロン監督(55)は、19年前に離婚しているものの3年間は夫婦だった。

 ちなみに、映画に限らず国威発揚として利用されるものに、オリンピックなどのスポーツ、音楽、芸術、宇宙開発等々、あらゆるところにあるが、この手段・方法を大切にして予算を付けるのがまともな国だ。果たして日本はどうなのだろうか。
 国威発揚で一番分かり易い方法をとっているのが、北朝鮮や中国だ。

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待たれる第三極の出現!

 今年の参院選はどうなるのだろうか。
 民主党が参議院で単独過半数の議席を獲得するには、60議席以上が必要だが、現在の支持率では極めて厳しい。連立与党の議席数を合わせても、きっと無理であろう。
 それでは、自民党がということも想定しにくい。

 民主党の単独過半数を阻止するのは自民党ではなく、第三極であろうと予測する。
 渡辺喜美代表が率いる「みんなの党」は勿論だが、舛添要一前厚生労働相や与謝野元財務相、河野太郎衆院議員らが、その第三極の必要性を認め新党結成の動きがある。
 出来れば、来月4月末頃までには姿を見せて欲しいものだ。
  そして、反民主、反自民の強力な受け皿となることを期待する。

 民主党には「四つのK」が付きまとう。
 景気・経済/基地(普天間飛行場移設問題)/カネと政治/組合(日教組など)の問題だ。これを参議院選まで払拭することは出来ないし、期待もしていない。

参院選「民主に投票」22%急落…自民と拮抗(2010.3.8産経新聞)
 3月7日放送のフジテレビ系「新報道2001」の世論調査によると、今夏の参院選の投票先で民主党が2週間前の前回調査時に比べて5・2ポイント減の22・0%となり、政権交代後のワースト記録を更新した。微増傾向の自民党との差は1・2ポイントに縮まり、両党の支持率が拮抗してきた。内閣支持率も6・4ポイント減の37・2%で初の3割台に突入し、不支持率も5・6ポイント増の55・8%。民主党内に動揺が広がりそうだ。            --中略--
 一方、1%前後で推移してきたみんなの党への支持が3・6%に急伸。「新第三極の動きをどう思うか」との問いに対しても、「期待する」との回答が69・8%を占め、同党への期待の高まりをうかがわせた。 

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月曜日)

各政党ホームページ一覧

 各政党ホームページ一覧表を作成してみたが、それぞれ、力を入れて作成していることがわかる。
 現代社会はインターネットの力を無視することは出来ない。
 各政党のイデオロギーを知るためには、各政党のホームページをのぞいて見るといい。国会は、イデオロギーを背景にいろんな主張が交錯する場であり、それを知ることは大切だ。 また、各政党は全て支持母体の利権が絡んでおり、その支持母体に利益が向くように主張、行動していることも当然だ。

全国紙のホームページ
読売 http://www.yomiuri.co.jp/
毎日 http://www.mainichi.co.jp/
日経 http://www.nikkei.co.jp/
産経 http://sankei.jp.msn.com/
朝日 http://www.asahi.com/

■週刊誌・月刊誌
▽週刊新潮http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/
▽文藝春秋http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/

参考記載
創価新聞http://www.sokanet.jp/sg/sn/index.html
▼世界日報 http://www.worldtimes.co.jp/(統一教会関連の機関誌)
▼赤旗http://www.jcp.or.jp/akahata/(共産党の機関誌、前衛は赤旗の前身誌)
▼朝鮮新報http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/Default.htm

各政党のホームページ

政 党機関紙オフィシャルチャンネルYouTube
民主党 プレス民主 「生活が第一」チャンネル 「生活が第一」チャンネル
社民党 社会新報 社民党Love&PeaceChannel 社民党 NEWS CHANNEL
国民新党 国民新党 国民新党@YouTube
自民党 自由民主 LDPラボ出張所 LDPchannel
公明党 公明新聞 公明党チャンネル 公明党 ウェブTV
共産党 しんぶん赤旗 JCP Movie チャンネル 日本共産党Movieチャンネル
新党日本 日本メッセージチャンネル love-nippon
改革クラブ
みんなの党 みんなの党チャンネル
幸福実現党 幸福実現党チャンネル
新社会党

各政党・マスコミの立ち位置

Photo_4


■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庄内牛、山形牛、米沢牛の比較

 山形県産の牛肉は、「山形牛」「米沢牛」「庄内牛」に区分ができそうだ。
 庄内自慢の旬鮮素材でイタリア料理を提供する、アル・ケッチァーノで使う牛肉は、全て「庄内牛」だという。

 山形牛、米沢牛なら良く耳にする牛肉だが、庄内牛のことを知ったのは最近のことだ。「アル・ケッチァーノ」がメジャーになるに連れ、庄内牛も知られてくることだろう。
 「庄内牛のカルパッチョ」が旨いそうだ。
 「庄内牛」は、現在、鶴岡市周辺の7農家と全農山形県本部1農場、計8農場で生産している。どこまで、山形牛、米沢牛に近づくことができるか、楽しみなことだ。
アル・ケッチァーノ
http://www.ques.co.jp/alchecciano/

■「庄内牛
  「庄内牛」としてのブランド名は歴史が浅い。量販店との産直事業での取引により昭和61年4月に創設された。ブランドの定義は、「庄内本部庄内牛産直事業要領に定める生産登録農家において肥育され、最終肥育地が山形県庄内地方であるホルスタイン種去勢牛とする。但し、最終肥育地の飼養期間が最長となる肉牛に限る」と規定している。
 開始当初の庄内牛を生産する登録生産農家戸数は約20戸、その後、後継者難と肉牛価格の低迷もあって廃業する農家が見られ、現在7農家と全農山形県本部1農場、計8農場で生産している。
■「山形牛
 山形牛は、山形県内において最も長く育成・肥育された黒毛和種で、(社)日本食肉格付協会で定める肉質が4等級以上の枝肉とする。歴史は古く「大宝厩牧令の発布」のころに始まると推測され、農耕、運搬などの目的で飼育のかたわら肥育を始めたところ、風土に恵まれよい肉牛が産出されたと言われる。
 明治維新の当時、米沢学館に招請された英国人が、当地産肉牛を横浜に送り食したところ、美味いと評判になり多くの人に知られ、県内全域で肥育が普及し、県内各地で多く銘柄牛が創出された。昭和37年に県内銘柄牛の品質規格を統一するため、当時の知事の首唱により「山形牛」と銘命された。
■「米沢牛
 米沢牛、松阪牛・神戸牛は日本三大和牛とされる(近江牛を入れる人もいる)。米沢牛は、黒毛和種で山形県の置賜郡地方で12ヶ月以上飼育されて、日本食肉格付協会が定めるA5、B5と格付けを受けた枝肉重量が雌で330kg、去勢で380kg以上の物を言う。米沢牛の由来は1871明治四年藩校興護館(現・米沢興護館高校)の外国語教師・英人チャールズ・ヘンリー・ダラス氏が同八年任期を終えて横浜に帰る際、米沢牛を持ち帰り、これを居留地の英人仲間に馳走したところ、その美味をいたく感嘆し米沢牛は世に出るきっかけとなる。
                                 
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
      
      
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉
      
      

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土曜日)

左寄り・中道・右寄りの見極め?

 政治問題、時事問題、歴史観などに触れた新聞記事、評論家などの意見を見たり聞いたりした際、この意見は左寄り、やや左寄り、中道、やや右寄り、右寄り等と区分けすることがある。
 この区分けは、自身の位置づけをどこに置くかで、左右することは当然だ。
 一般的な意見として、朝日新聞を左寄り、毎日や東京をやや左寄り、読売や日経を中道、産経をやや右寄り程度に区分けすることが出来る。
 もちろん、人によって「朝日新聞が中道だ」と反論する意見があってもいい。
 個人的には、親中国の記事をよく書く読売新聞もやや左寄りと見ている。読売新聞社会長の渡辺恒雄氏が、元共産党員だったことも当然影響しているのかも知れない。
 
 3月5日の新聞記事に、それを見極めるいい事例があった。
 「日本赤軍に北朝鮮が支援していた」という記事だ。
 これを記事にした新聞は、産経新聞と読売新聞くらいで、他の新聞は記事にしていない。とても重要なことと思うが、全般に左傾化したマスコミにとっては避けたい記事なのだろう。

 この他にも、天皇制、国旗・国家、靖国神社、慰安婦問題、日教組問題、憲法9条、米軍の基地問題等々の取り上げ方でも、右・中・左を見極めることが出来る。
 日本赤軍に関しては、平成12年大阪府の高槻市に潜伏していた日本赤軍の重信房子が逮捕されたが、この高槻市は辻元清美衆議院議員の地元であり、社民党幹部を含め逃走支援に大きく関与していたことを付け加える。
 このような方々が国会議員に選出され、鳩山政権の中にいるのだから、果たして日本はどうなることやら。
各政党・マスコミの立ち位置

Photo_7

イスラエル・ロッド空港乱射事件.北朝鮮、日本赤軍を支援 2010.3..5 産経
武器・訓練設備など供与
 日本赤軍(JRA)メンバー3人が1972(昭和47)年5月、イスラエルのロッド(現ベングリオン)空港で旅行客ら100人を殺傷した乱射事件で、北朝鮮が事前にJRA側に資金や武器の供与、アジトや訓練施設の提供といった支援を行っていた疑いが強いことが4日、イスラエルの人権団体の調査で分かった。北朝鮮とJRAの連携は以前から疑われていたが、テロ支援の実態が具体的に指摘されたのは初めて。--中略--シュラト・ハディン側は「北朝鮮はJRAなどと共謀してテロ攻撃を引き起こし、助長した」と断定。代表で弁護士のニツァナ・ダーシャンライツナー氏は産経新聞の取材に対し、「係争中なので詳細には言えないが、議会の報告などを通じて最近、北朝鮮がロッド空港事件に関与したという情報を入手した。立証には自信を持っている」とする一方、「北朝鮮は反米、反イスラエルの組織に対し、支援を行ってきた。米国が北朝鮮のテロ支援国家指定を解除したことには根拠がない」と話した。
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金曜日)

ヤンキー先生、国会でも熱血漢

 ヤンキー先生こと義家弘介氏が、国会で日教組の実態を暴露した。
 日教組の全面支援で政権を奪ったともいわれる民主党は防戦一方だった。

 義家弘介氏は、中学生当時から不良と呼ばれ、高校生のときに暴力事件を起こし退学になり、親からも勘当される。
 失意の中で悶々としていたが、1988年に新聞記事で、北海道の北星学園余市高等学校が中退者を受け入れることを知り、この学校に編入する。
 義家弘介氏は、同校第1期生として入学し安達俊子先生に出会い人生が変わったという。1990年には明治学院大学法学部に入学するが、交通事故で生死を彷徨う。ここでも再び安達俊子先生に励まされ教師になることを決心する。
 1999年には念願の高校教師となり、母校の北星学園高等学校の教師として赴任した。ここでの熱血教師ぶりは話題となり、2003年にはTBS系テレビで「ヤンキー母校に帰る」という題名で放映されたことがあった。
 2007年の参院選では、比例区で自民党から出馬し初当選した。国会においても、持ち前の熱血漢ぶりを前面に出し活躍している。

 3月3日には、自らの体験を示しながら、北海道教職員組合(北教組)のあまりにもひどい実態を暴露していた。
 義家氏の益々の活躍を期待する。 

「北教組問題」ヤンキー先生、「ひどい実態」暴露2010.3.3 産経
 かつて北海道の私立高校で教鞭をとっていた「ヤンキー先生」こと、自民党の義家弘介参院議員が3日の参院予算委員会で質問に立ち、幹部逮捕で揺れる北海道教職員組合(北教組)の実態や北教組を含め日本教職員組合(日教組)の支援を受ける民主党の姿勢を激しく追及した。義家氏は現職教員の証言として、北教組の教員に支持者獲得のノルマが課され、「選挙に莫大な公金を原資とした裏金を使い、先生たちを違法に動員して自分たちのイデオロギー実現のために議席を買っている状態だ」と非難した。
 さらに1月に北教組支部が作成した「日の丸・君が代強制」反対のための内部文書を示し、校長への抵抗方法や「強制」された場合の超過勤務拒否といった「裏マニュアル」を暴露。
 平成18年に民主党の輿石東参院議員会長を支援する山梨県教職員組合幹部が政治資金規正法違反罪で略式起訴され停職処分になったが、昨春、小学校教頭に昇進した例も紹介した。義家氏の「波状攻撃」に鳩山由紀夫首相は「偏向した考え方を変えないとか、違法行為があることは許されない」と答弁した。 

義家弘介氏の講演会・・これが日教組の実態だ

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木曜日)

武蔵野市と酒田市は友好都市

 武蔵野市吉祥寺駅近くに、酒田市のアンテナショップがあることを最近知った。
 それに、武蔵野市と酒田市は友好都市として締結していることもだ。

 アンテナショップは、くらしアンテナショップ「麦わら帽子」というそうだ。
 また、今月の3月26日(金)~27日(土)は、内容は未定だが「山形県酒田フェア」をやるらしい。
 これには必ず行ってみる。「酒田納豆」も置いてあるらしい。
 このようなことは、もっとアピールしていいと思う。
20100104mugiwaragaikan
 因みに、酒田と武蔵野市の友好都市は、消防団交流がきっかけで、平成4(1992)年に締結したそうだ。くらしアンテナショップ「麦わら帽子」では、武蔵野市の8つの友好都市と武蔵野市の物産品販売や友好都市の観光情報などを発信している。
 都市と地方、生産者と消費者、人と人が交流し友好を深め、ともに発展する場所として、豊かな市民生活と活力ある商業活動の一層の推進を図るとある。それから、酒田市は東京都北区とも友好都市だ。

 なお、姉妹都市と友好都市の違いは、公的な盟約があるものが「姉妹都市」、ないものが「友好都市」といわれている。よって、酒田市とは公的な盟約はない。

■くらしアンテナショップ「麦わら帽子」(毎週水曜日及び年始は定休) http://www.mugiwaraboushi.net/
  •営業     午前10:30~午後6:30
  •所在地    武蔵野市吉祥寺本町2-33-1 中道通り商店会内

■武蔵野市の友好都市は
 山形県 酒田市  岩手県 遠野市  長野県 安曇野市  千葉県 南房総市    広島県 大崎上島町  新潟県 長岡市  富山県 南砺市 

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党三閣僚は国会軽視

 参議院予算委員会に、 民主党の前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が遅刻した。

 どんな理由をつけようが、遅刻はみっともない。
 「すみません」と謝ればいいものではない。
 かつて、こんな国会議員の姿を見たことがない。
 とにかく、民主党の不祥事の数々と、指摘されてからの言い逃れの姿をみていると、「子供に嘘をつくな」とか、「遅刻するな」などの基本的なことを教えることが出来ないのだ。

 子供に、「国会議員だって嘘を付く」」、「遅刻している」とくちごたえされたら、親や大人は何と応えたらいいのだ。
 このような、数を頼りにした民主党の数々の国会軽視、そろそろ国民も気づいているだろう。

■【3閣僚遅刻】民主参院国対委員長「言語同断!」産経2010.3.3
 前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が参院予算委員会に遅刻した問題で、民主党の平田健二参院国対委員長は3日の記者会見で「いろんな理由があったにせよ、会議の時間に遅刻をするのは言語道断。気を引き締めて予算の審議に応じるように政府に対して抗議した」と強い不快感を表明した。
 また、平田氏は「予算は衆院で可決すれば参院で議決しなくても成立する。与野党の立場を超えて参院軽視につながらないようにしていかなければならない」と述べた。遅刻の理由については「事務方の連絡ミスと聞いている。各省庁の大臣官房が8時50分スタートを9時と誤って伝えたようだ」と説明した。
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊島区と遊佐町は友好都市

 表題を、「鶴岡出身・渡部省一先生の講演会」にするか、「豊島区と遊佐町は友好都市」にするか迷ったが、やはり出身地情報を優先させた。
 主な内容は、講演会の案内になっているのに。
 
 鶴岡市出身の保守派の代表的論客でもある、上智大学名誉教授・渡部昇一先生の講演会が、3月17日豊島公会堂で講演会が行われる。
 渡部昇一氏は、20年近く前は、竹村健一氏、堺屋 太一氏と日本の三賢人と呼ばれよくテレビ出演していたこともあった。
 同氏は79歳になるようだが、未だに庄内弁が抜けないところが愛嬌だ。
 申し込みはFAXで。 Scan10005

■公開講演会
【演題】渡部昇一「かくて皇統に憂いなし」
【日時】3月17日(水)18:30~
【場所】豊島区立豊島公会堂
【会費】1000円(要申し込み)
【連絡】産経新聞池袋西口サービスセンター03-3971-1068

■さて、豊島区と山形県遊佐町は、平成16年8月1日、友好都市協定を締結している。詳細は知らないが長年にわたって、観光、物産、文化、教育などの幅広い分野での活発な交流があるようだ。
 数年前のことだが、仕事上で豊島区職員とトラブルが発生した。
 友好都市締結の事前知識はあったので、仲裁に入った私が、話の流れの中で遊佐町出身であることを自己紹介したところ、この方も友好都市関連で遊佐町に行ったことがあるという。
 当然ながら、トラブルは一瞬のうちに沈静した。

友好都市協定書
 豊島区と遊佐町は、平成3年の交流開始以来、これまで数多くの友好交流を積み重ねてきました。それらの交流は、区民、町民の産業、文化、教育面にも拡がりつつあります。このたび、これまでの交流13年の歴史の上に立ち、遊佐町合併50周年を記念する年に、なお一層の区町の絆を深め、相互理解と信頼をもとにする率直で飾り気のない交流の推進をめざして友好都市協定を締結します。
 平成16年8月1日
                  豊島区長  遊佐町長 
■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水曜日)

日教組の組織活動は常識だ

  山形県庄内地方(山形3区)は自民・加藤紘一氏の地盤でもあるが、かつては社会党の阿部昭吾氏(元・衆議院議員・社会民主連合書記長)をも送り出していた。

 小選挙区制の現在の衆議院議員は、自民の加藤氏の他に、比例からはであるが社民の吉泉秀男氏、民主の和嶋未希氏の三名が当選している多様な地域だ。
 昨年の県知事選では、民主、社民、共産など支持の吉村美栄子氏が誕生している。

 知る範囲では、けっこう選挙好き、政治好きが多い地域と感じている。

 数人集まり酒でも入れば、個々の考え、主張、置かれた立場があり、熱くなること必至だ。どの市町村も70%を超す高い投票率がこれを示している。
 何を隠そう父親も加藤氏の選挙事務所に出入りしていた一人だったが、政治論議に耳を傾けていると、政治を深く洞察しているわけでなく、当面の農業政策や介護問題、新幹線、日沿道などの目先のことで投票行動に動いている傾向が強い。
 もっとも、これは農村部に行けば行くほど、この傾向は強いようだが。

 つまり、イデオロギー的にはそれほど偏っていないのだが、候補者、政党支持者、支援者らの甘い言葉、巧い言葉に乗せられている場合が多い。
 簡単に言えば、人がよく疑うことを知らないのだ。
 これには、長く続いた庄内藩の善政と、豪農・本間家が率先垂範したと言われる農地改革の実行、そして、豊饒の地食の都庄内と言われ食料自給率が高く、さほど追い込まれた生活を強いることなく、人々は穏和で心豊かに生活していることがあると言える。
   ※「奥の細道」の旅で、芭蕉が一番長く逗留した理由もここにあると言われる。

 このような理由から、日教組はもちろん、共産主義、社会主義など左翼思想に対するアレルギーも少なく、頭が良くずる賢い人達が、それなりの意図を持って工作すれば、洗脳しやすい地域とも言える。
 よく言われる選挙戦術として、日本共産党は、かつてから「どぶ板戦術」で支持層を拡大してきたが、最近では、これを民主党が小沢流選挙戦術として取り入れ、昨年の衆議院議員選では大勝利に導いている。その先兵となって、地域の洗脳工作員として動いているのが、地方公務員として政治的に中立であるべき日教組の学校の先生方である。
 そして、このように違法な支持応援を得て、国会議員を大量当選させた党が民主党だ。今、ようやく北海道教職員組合(北教組)の違法行為が白日の下に晒されつつあるあるが、これが何も、北海道だけでないことは常識だ。

 断っておくが、私的な時間帯での政治活動を指摘しているのではない。
 国民にとって許せないのは、日教組の先生は職務時間内に、学校の電話やファクスで選挙応援したり、学校のパソコンで選挙応援の資料を作成したり、授業中に子供達に支持候補者名を教示して間接的に親に投票依頼をしたり、家庭訪問として投票依頼の訪問をしているのだ。
 このような勤務が、皆さんの職場でゆるされますか。

■教師がこんなことをやっちゃダメだってことは、本当は分かっている
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/291803/
 北海道教職員組合(北教組)に所属する札幌市近郊の自治体の男性中学教師は、自分が今回の衆院選に向けてやっている「選挙運動」について、こうつぶやく。渡された名簿に無作為で電話をかけ、民主党系の特定候補への支持を訴える電話作戦。近所へのビラ配り。指示は連合の選挙事務所から来るという。「本当はやりたくない。電話もガンと切られたりするし。でもやらないと言えば、組合の上の人が負担をかぶることになるから…」
 教師は続けて、「これだけ民主党を応援しているのだから、政権をとれば、必ず何か見返りがあると信じている」と語った。 

Photo

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火曜日)

伊豆下田みやげは酒田納豆

 多摩湖堰堤にある伊豆の「河津桜」が満開と書いていたら、伊豆下田で「酒田納豆」を買って来たことを思い出した。Sakata_natto
 忘れないうちに書いておく。

 去年四月のことで些か古い話となるが、伊豆に二泊の旅に出かけた。
 有名な、「ハリスの足湯」で旅の疲れを癒し近くを散策していたところ、スーパーを見つけた妻が「ちょっと買いたい物がある」と、そのスーパー・マックスバリュに立ち寄った。

 買い物はたいした物でないのだが、この店で「酒田納豆」を見つけたのだ。
 「酒田納豆」は、地元では「鵜渡川原(うどがわら)納豆」といい、庄内地方では昔から定番の納豆だ。子供の頃から食べ慣れた味は忘れがたいものがあり、帰郷の際は5・6個土産代わりに持ち帰るほどだ。
 この納豆と伊豆の下田で出会うのだから、のけぞるほどの驚きだ。
 品揃えの方法は知らないが、店側かお客か、誰かしら酒田と縁がある人が奨めたのだろう。「まさか、ここで酒田納豆と出会うとは」と、5個も購入した。
 下田のみやげは「酒田納豆」になってしまった。
 伊豆の下田がなんだか近しく思えた。

■うど川原「酒田納豆」創業二百余年
 製造元は有限会社「加藤敬太郎商店」
   酒田納豆十里塚工場
 〒998-0114   山形県酒田市十里塚村東山北73-3 TEL 0234-31-1255
  ※ 今回、新宿・高島屋にも置いてあるとの情報を得た、もちろん買いに行く。   

マックスバリュ東海 下田銀座店
  http://tenpo.mv-tokai.com/shoplist/shoplist/307.html

  静岡県下田市3-1-4 TEL 0558-22-4720



■「鵜渡川原(うどがわら)」という地名は、かつて「鵜渡川原」「鵜殿河原」あるいは、「鵜渡河原」とも書かれていたが、現在は、「鵜渡川原」に統一されている。
 地名としての鵜渡川原という言葉がいかなる意味をもつものであり、いつごろからそれが使用され始めたかについての解明は、まだ充分にはなされていない。
 と「酒田の備忘録」の「最上川河口史」にある。
   http://www3.ic-net.or.jp/~shida-n/b_tokita/b_tokita.html#4_udo

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月曜日)

平牧の豚は遊佐町育ち

 日本一美味い豚肉を生産しているとして、今や全国区となった平田牧場」(通称「平牧」) の豚肉だが、成功の裏には減反政策と深く関連している。

 我が国の減反政策は、今から40年ほど前に始まった。
 米の消費が減少し、米余りの情況が長年続いたからだ。
 この政策が決定するまでは、いろいろと事情があったのだろう。
 しかし、農家は一層追い込まれ、若者の農業離れに拍車をかけた。
 現在、日本の水田は農業離れやこの減反政策によって、35パーセントが休耕田や転作田になっているという。
 この荒んだ農業政策に救世主のように現れたのが、平田牧場だ。
 減反政策により休耕を余儀なくされた水田を活用して、豚の餌とする米の生産を督励したことだ。飼料米を与えた豚は味が良くなるため、平田牧場が通常の飼料米の1.5倍の価格で買い取り、減反農家の収入と水田の維持を支えていたのだ。
 そして、飼料米を集中的に生産しているところが、庄内平野の北端に位置する「遊佐町」だ。当然ながら、平田牧場と提携している養豚農家が非常に多い。
 平田牧場の豚は遊佐町育ちと言われる由縁だ。

 遊佐町の養豚経営は、減反政策による休耕田を利用して、豚に与える飼料米を生産するという、追い込まれた中から、苦し紛れに生み出されたと言っていい。
 三国志の「苦肉の策」とは、このようなことだったのかと思わせる。
 すると、苦肉の肉は、「豚肉?」ということか。(←誤った情報にご注意)

平田牧場銘柄豚http://www.hiraboku.info/meigara.html
 たった2頭の豚から始まった平田牧場の豚づくり。 直営・グループ生産者を合わせると、40年の間に今では年間約20万頭を出荷できるまでになりました。主力銘柄豚はご存知、「平牧三元豚」。特に豚肉料理の定番「とんかつ」では、全国名店の店主をうならせる肉質を誇っています。また、平田牧場独自のプレミアムブランドポーク「平牧金華豚」は、和牛にも負けない霜降りと絹のようにきめ細やかな肉質で、コクがありながらあっさりとした甘みを持っています。
飼料用米プロジェクトの概要
 国内自給率を高め、農業を活性化させることを目的とした「飼料用米プロジェクト」という環境保全型農業の試みが、今、日本のさきがけとして山形県庄内地方ですすめられています。--中略--遊佐町は国から食料自給率向上特区の認定を得て、NPO法人も生産に参加できるようにしたのです。その結果、当初24人だった生産者は現在200人を超えました。けれど平田牧場のすべての豚に飼料用米を与えるには、遊佐町の生産だけでは足りないため、今後は庄内全域での生産が必要になってきます。そこにまた補助金の問題が出てくるのです。今のところは平田牧場側が負担して農家が安心して飼料用米を作れる価格を維持していますが、それでは根本的な解決になりません。本当の意味で自給率を高めるには実は生産者だけでなく、行政、消費者の理解や協力が必要なのです。自給率が120パーセントといわれる山形県に住む私たちは、国内自給を高める活動のリーダーとして課題を一つずつ解決し、全国に示すという責任を課せられているといえます。私たち消費者がこの肉を消費するという行為は市場を動かし、子どもたちへ引継ぐ社会を築くことになるのです。みなさんも、プロジェクトの意義を含めてこの肉の価値を評価してみてください。私たちが選んでいるのは、商品でありながら私たちの未来そのものなのですから。 

酒田の平田牧場直営店
 とんや 酒田店 TEL0234-23-8011
 山形県酒田市みずほ2丁目17-8  ガーデンパレスみずほ1階http://www.hiraboku.info/chokuei_tonya.html
都内の平田牧場関連店
銀座平田牧場
  中央区銀座6-7-6 銀座細野ビル 1階 TEL.03-6228-5829
東京ミッドタウン店
  港区赤坂9-7-3
 東京ミッドタウン ミッドタウン・ウエストEB108 TEL.03-5647-8329
COREDO日本橋店
 中央区日本橋1-4-1 COREDO日本橋4F TEL.03-6214-3129
玉川高島屋S・C店
 世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C本館6F TEL.03-3700-1729
平田牧場 匠>四季旬菜 豚肉料理
 港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガーデンテラス3F TEL.03-6804-3729
聖蹟桜ケ丘店> 炭火焼肉 三元豚
多摩市関戸1丁目11-1
京王聖蹟桜ケ丘ショッピングセンターA館2階 第204号 TEL.042-337-2941 

■「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »