« みやじ豚×平田牧場 | トップページ | 与謝野議員×平成の脱税王 »

2010年2月14日 (日曜日)

国母スタイルは今の日本の姿

 国母のスタイルは良くも悪くも、今の日本の乱れた教育の現場、躾が出来ない家庭、情けない政治の現状等を世界に伝えている。
  Photo範を示すことのできない、教師、親、政治家等と同程度のレベルで何も不思議なことではない。
 国母を恥と思うなら、その以前になすべきことが、あまりにも多い。彼一人の問題ではない。

 スノーボード・ハーフパイプの日本代表男子のエース格、国母和宏(東海大)(21)は今大会のメダル候補だそうだ。その国母が、バンクーバーオリンピック公式服をネクタイを緩めてシャツはすそ出し、ズボンはずり下げ、いわゆる腰パン。ドレッドヘアにサングラスに鼻ピアス。
 この乱れた公式服の着用にスキー連盟に批判が寄せられたという。公式服は税金でつくられているはず、当然だと思う。が、考えさせられることが多いはずだ。

 しかし、このスタイルは指摘される前に、役員、コーチらは気づいていたはずだ。見て見ぬ振りをしていた関係者も同罪だ。
 それに、国母は「反省していまーす」と言うだけ、鳩山首相や小沢幹事長よりマシだ
 次は競技に集中してメダル獲得を目指せ、そうすれば、マスコミの寵児になること間違いなし。視聴率アップを狙うマスコミは、その流れを期待している。

記者会見の様子
国母 「あーそれについて指摘されたので入村式には出ませんでした」
記者 「指摘されたことはある程度納得されてるとか受け入れたということなんでしょうか?」
国母 「チッ、うっせーな」※下段の動画で確認を!
監督 「反省してます」
国母 「えっ」
監督 「反省してます」
国母 「反省してまーす」
■漫画家やくみつる氏「本国に召還すべきだ」
 「本来、制服を着崩すことがよくないのに、学校では恒常化しており先生がとがめることもない。この風潮に待ったを掛けるためにも、国母選手は本国に召還すべきだ。競技に出場させるのは温情を多分に感じる。注意された時点で素直に謝っていればいいのに、舌打ちをし『反省してまーす』と発言するなどの対応がまずい。体育はよくても、知育徳育が甚だしく達していない。幼少からプロライセンスを取り、調子こいた人生を送ってきたのだろう。突出した才能を開花させるには、周りが言い含めないといけない」と手厳しい。
全日本スキー連盟の伊藤義郎会長は
 服装問題について「大いに不愉快」と立腹し、日本選手団の橋本聖子団長には謝罪し「強く責任を感じている。選手団としての資格がないのでは」とSAJの意見として国母選手の出場辞退を申し入れたという。会長は「規律や五輪に対する気持ちのあり方があるはずだ」と怒り心頭

「多摩湖畔日誌」のカテゴリー
 「うんちく」 | おもしろ地名 | ごまめの歯ぎしり | 世田谷一家殺人事件情報 | 作家・藤沢周平関連 | 健康管理に関して | 処刑/山田浅右衛門 | 占い関連 | 多摩湖外周の情報 | 山形県が発祥の地 | 山形県全般の情報 | 庄内・三川町の関連情報 | 庄内地方全般の情報 | 我が家に関連 | 戦争を語り継ぐ | 米軍の基地問題 | 観劇・映画 | 遊佐町の関連情報 | 都内で山形県の味 | 酒田市の関連情報 | 鶴岡市の関連情報 | D・カーネギーの言葉

|

« みやじ豚×平田牧場 | トップページ | 与謝野議員×平成の脱税王 »

01 ごまめの歯ぎしり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/33371446

この記事へのトラックバック一覧です: 国母スタイルは今の日本の姿:

« みやじ豚×平田牧場 | トップページ | 与謝野議員×平成の脱税王 »