« 沖縄県民の本当の声 | トップページ | 江戸初期の処刑場 »

2009年12月10日 (木曜日)

基地問題は利用されている

 基地問題で反対運動している人達は、沖縄県外からの転入者が三分二以上だという。
 民主党は、この本当の意味の沖縄県民でない人達に、懸命に配慮していることになる。

 普天間基地に限らず、沖縄の基地問題で積極的に活動している人は、県外から転入したプロの左翼活動家が多いと聞く。
 民主党と社民党には旧社会党系の議員が大勢いるが、主に「労働組合」が支持母体となっている。
 その支持者の中には、「中核や革マル」など極左団体や「朝鮮総連」、「部落解放同盟」などの組織もあり、連立を維持するには、これらの組織に配慮する必要があるからだろう。

 マスコミは連日「基地問題」を報道しても、表面的なことしか伝えないので、鳩山内閣が、なぜ、ここまで気遣いしているのか理解することが出来ないだろう。 

|

« 沖縄県民の本当の声 | トップページ | 江戸初期の処刑場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基地問題は利用されている:

« 沖縄県民の本当の声 | トップページ | 江戸初期の処刑場 »