« 牛タンの佐野啓四郎は山形出身 | トップページ | 「雪の降る街を」は鶴岡市発祥 »

2009年12月14日 (月曜日)

下町の太陽・倍賞千恵子さん

 寅さんの妹・さくら役で有名な、倍賞千恵子(ばいしょうちえこ)さんのこと1300421438が気になった。
 映画で見せる容姿や笑顔もそうだが、透明感のある歌声が好きで昔からのファンだ。闘病中と聞いたが、その後はいかがだろうか。
 倍賞さんは、父親は都電の運転手、5兄弟の次女として育つ。

 長女・節子(歌好きで一番影響を受けたという)、
 次女・千恵子(本人)、
 長男・明(甲子園に出場した野球選手)、
 三女・美津子(女優)、次男・鉄男(新日本プロレス役員)。
 倍賞兄弟は、北区滝野川の「板橋のガスタンク」(正式には「東京ガス滝野川製圧所」)の近所で育った。
 そして、昭和38年、当時既に日活のスターであった吉永小百合に対抗すべく、松竹が「下町の太陽」として売り出した。830155
 近況としては、「約束」山田洋次が選ぶ「藤沢周平傑作選」で倍賞千恵子朗読で発売中のほか、2001年に乳がんを発症、手術台で医師からリクエストされた「下町の太陽」を歌いながら涙があふれたことをテレビで披露している。
 また、タレントの山田邦子さんも乳ガンを克服したのは、倍賞千恵子・小六禮次郎夫妻だったと紹介していた。

 倍賞千恵子 昭和16年6月29日生まれ、
 東京都出身、区立滝野川第六小学校、区立紅葉中学校卒、松竹音楽舞踊学校を首席で卒業後、松竹歌劇団(SKD)を経て松竹にスカウト、山田洋次監督作品「下町の太陽」、同監督の「遙かなる山の呼び声」で日本アカデミー賞主演女優賞受賞。平成17年紫綬褒章を受章。
倍賞千恵子さんのHP
http://www.baisho-chieko.com/index.html

下町の太陽」横井弘作詞・江口浩司作曲
(1)下町の空に かがやく太陽は
  よろこびと 悲しみ写す ガラス窓
  心のいたむ その朝は
  足音しみる 橋の上
 ああ太陽に 呼びかける
(2)下町の恋を 育てた太陽は
 縁日に 二人で分けた 丸いあめ
  口さえ聞けず 別れては
  祭りの午後の なつかしく
 ああ太陽に 涙ぐむ
(3)下町の屋根を 温(ぬく)める太陽は
 貧しくも 笑顔を消さぬ 母の顔
 悩みを夢を うちあけて
  路地にも幸(さち)の 来るように
  ああ太陽と 今日もまた

|

« 牛タンの佐野啓四郎は山形出身 | トップページ | 「雪の降る街を」は鶴岡市発祥 »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/32593054

この記事へのトラックバック一覧です: 下町の太陽・倍賞千恵子さん:

« 牛タンの佐野啓四郎は山形出身 | トップページ | 「雪の降る街を」は鶴岡市発祥 »