« 山谷地区の木賃宿利用者 | トップページ | 木賃宿のはじまり »

2009年11月24日 (火曜日)

旧国名の上総と下総

  「下総(しもふさ)」は現在の千葉県北部にある旧国名だ。そして「上総(かずTibaさ)」が千葉県南部の旧国名となる。
つまり、地図上では南北が逆となる。面白い地域だ。

この下総国のほかにも、国の名前に「上」「下」や「前」「後」と付くものがいくつかあるが、いずれも、都に近いほうが「上」「前」となっていて、上総国と下総国は一見逆転しているように思われがちだが、元々「東海道」は、海つ道(海路)であり、房総半島の南部の上総国の方が畿内により近い位置関係にあった。
  当時は、京の都から上総の国に入るには東京湾を舟で入るのが本道で、古事記にも「相模から海を渡り、上総の国に入った」とある。

九州は7県しかないのに、なぜ九州と言うのか。 Map_kyusyu
  「筑前、築後、豊前、豊後、肥前、肥後、日向、大隅、薩摩」の九つの国からきているという。
 廃藩置県で府県合併以降は、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の7県を九州と呼んでい る。

|

« 山谷地区の木賃宿利用者 | トップページ | 木賃宿のはじまり »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/32324030

この記事へのトラックバック一覧です: 旧国名の上総と下総:

« 山谷地区の木賃宿利用者 | トップページ | 木賃宿のはじまり »