« うまさギッシリ新潟・庄内 | トップページ | 山形県鶴岡の加藤清正の墓 »

2009年10月12日 (月曜日)

東大和の戦災建造物

 東大和のイトーヨーカドーの裏手に東大和市文化財史跡・戦災建造物で、米軍機からの空襲による銃弾痕も生々しい建物がある。「旧日立航空機株式会社立川Dscn3625場変電所」だ。この一帯は、敗戦後、米軍に接収され米軍立川基地「通称・ 立川ベース」に勤務する米軍兵士らの宿舎として利用されていた場所で、通称「大和ベース」と呼ばれた一角にあった。私は返還前、「大和ベース」内の米軍人用レストランに親戚が勤めていたので、ここのビフテキやウィンナーを何度もたらふく食した数少ない日本人の一人だ。断っておくが、「大和ベース、立川ベース」との呼び方は、この基地関係者の呼び方で、付近の住民がどのように呼んでいたかは知らない。

 米軍立川基地関連施設は1973年から段階的に 日本政府に返還Photo_2 され1977年に全ての敷地が全面返還された。この「大和ベース」も昭和48年6月30日に返還され、学校施設、公園、マンション施設、警視庁グランドなどと幅広く利用されているが、「立川工場変電所」(通称 「瓦斯電」)だけは、時が止まったような景観を残している。この場所は、都立公園として模様替えする段階では取り壊される運命にあったが、貴重な戦災建造物を保存し、次代に伝えたいという市民の活動や、元従業員の熱意で保存する運びとなったものだ。この建物では、米軍飛行機からの機銃掃射で110余名の方々が死亡している。ただ、この場所を心霊スポットと呼ばれていることは、余りにも不謹慎だ。

 東大和市文化旧日立航空機株式会社立川工場変電所
 この建物は、昭和13(1938)年に建設された航空機のエンジンを製造していた軍需工場、東京瓦斯電気工業株式会社(翌年、日立航空機株式会社立川工場<立川発動機製作所>に改名)の変電所です。北隣にあった設備で受電した66、000ボルトの電気を3、300ボルトに変電して工場内に供給する重要な役目を果たしていました。外壁に残る無数の穴は、太平洋戦争の時、アメリカの小型戦闘機による機銃掃射やB-29爆撃機の爆弾が炸裂してできたものです。工場地域への攻撃は3回ありました。最初は昭和20(1945)年2月17日、グラマンF6F戦闘機など50機編隊による銃・爆Dscn3623 撃。2回目は4月19日、P51ムスタング戦闘機数機によるもの。3回目は4月24日、B29の101機編隊による爆弾の投下で、あわせて110余名に及ぶ死者を出し、さらに多くの負傷者を出しました。この変電所は、経営会社がかわった戦後もほとんど修理の手を加えぬまま、平成5(1993)年12月まで工場に電気を送り続けていました。
 都立公園として整備されるにあたり、一旦は取り壊される運命にありましたが、貴重な戦災建造物を保存し次代に伝えたいという市民の活動や、元従業員の方々の熱意がひとつの運動となり、保存へと実を結んだのです。保存にあたっては、最後の所有者であった小松ゼノア株式会社や東京都建設局の多大なご理解とご協力をいただきました。そして、東大和市は平成7(1995)年10月1日にこの建物を東大和市文化財(史跡)として指定し、末永く保存、公開するために修復工事を施しました。戦後、戦争の傷跡を残す建物は次々に取り壊され、戦争に対する私たちの記憶もうすらいできています。この建物から、戦争の悲惨さと平和の尊さを改めて受けとめていただきたいと願うものです。          平成8(1996)年3月 東大和市教育委員会

下段の地図は旧日立航空機株式会社立川工場変電所

東大和市体育館の直ぐ南側の建物

|

« うまさギッシリ新潟・庄内 | トップページ | 山形県鶴岡の加藤清正の墓 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大和の戦災建造物:

« うまさギッシリ新潟・庄内 | トップページ | 山形県鶴岡の加藤清正の墓 »