« 羽田空港のハブ化 | トップページ | 特定の店は応援しない »

2009年10月23日 (金曜日)

遊佐町にある石原莞爾の墓

 数年前のことだが、自衛隊を卒業されたそれなりの知人と石原莞爾の話になった。

 この方は、石原莞爾の「世界最終戦争論」や人生観を熱く語りはじめた。私が知200pxkanji_ishiwara2る範囲で石原莞爾を語る方々は、まず悪い人ではないが、やや、かつての敗戦の悔しさを自分のことのように背負っている人たちである。私も、あの戦争を東条英機ではなく、戦争の神と言われた石原莞爾が指揮を執っていたらどうなっていただろう。と同様の思いはあるが、それはそれとして、その方に「石原莞爾が今どこに眠っているか、ご存知か?。」と質問すると、「知らない」という。

 私は、「山形県遊佐町の国道七号線沿線で、道の駅の近くにある」と詳細に教えたところ、その数日後、「行ってきましたよ。立派な墓なので感激しました。」と報告して来た。この方は、自分が尊敬する石原莞爾に関することを、私の方が今ひとつ上の情報を持っていたことに余程悔しかったに違いない。しかし、会話があった、数日後には墓参りに行くという、この行動力に頭が下がった。

 伝えたいのは、石原莞爾を尊敬する人は、このように純粋な方々が多いということだ。

ウィキペディア(Wikipedia)石原 莞爾、明治22年(1889年)1月18日~昭和24年(1949年)8月15日)は、昭和の陸軍軍人、最終階級は陸軍中将。「世界最終戦論」など軍事思想家としても知られる。関東軍作戦参謀として、板垣征四郎らとともに柳条湖事件を起し満州事変を成功させた首謀者であるが、のちに東條英機との対立から予備役に追いやられ、戦犯指定を免れた。とある。また、インターネット上には、かなりの量の情報が配信されている。

 付け加えると、近代で、庄内出身の著名人を数名上げるとしたら、清川八郎、石原莞爾、大川周明、そして、遊佐町では鉄道の父・佐藤政養、酒田市では公益の祖・本間家3代目・本間光丘、鶴岡からは作家・藤沢周平あたりか。今、ご存命の方の名を上げることはやめる。

  • 石原莞爾 - Wikipedia
  • 石原莞爾のホーム・ページ
  • 板垣征四郎が有罪でで、石原莞爾が起訴すらされなかった法的根拠は何でしょうか?
  • 石原莞爾について
  • 石原莞爾開戦案? - Yahoo!知恵袋
  • 石原莞爾批判
  • 作家別作品リスト:石原 莞爾
  • 石原莞爾の日記
  • コラム 「昭和の軍人:石原莞爾」
  • 石原莞爾 恒久平和の使徒
  • 石原莞爾平和思想研究会
  • .石原莞爾・石原莞爾はかく語りき
  • |

    « 羽田空港のハブ化 | トップページ | 特定の店は応援しない »

    09 遊佐町の関連情報」カテゴリの記事

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/31912524

    この記事へのトラックバック一覧です: 遊佐町にある石原莞爾の墓:

    « 羽田空港のハブ化 | トップページ | 特定の店は応援しない »