« 酒田の「南洲神社」について | トップページ | のりピー覚せい剤使用報道に想う »

2009年9月19日 (土曜日)

餃子の王将の『餃子試食券』

Dscn3590  読売新聞の毎月1日と16日の朝刊に、「餃子の王将」の広告が載っている。
 その中に『餃子試食券』が一枚付いている。この券は全店共通、一人前が無料で、どちらの日の『餃子試食券』もその月の月末まで利用出来る。切り取っておいて財布に入れておけば、どこの店でも使える。ちょっとセコイが、職場等の読み捨ての読売新聞からも切り抜いておけば、数枚同時に使用できるから安上がりだ。Photo

 「餃子の王将」は、新婚当時住んでいた自宅の近くにあり、良く利用していたが、多摩地域に転居後は、とんと忘れていた店だった。ところが、今年春あたりに、この『餃子試食券』が付いていることに気付き、最寄りの店をネットで探したところ、一番近い「餃子の王将」はhttp://www.ohsho.co.jp/contents.html秋津店」〒189-0003 東村山市久米川町1-37-7電話042-395-5951と知った。車で20分程かかるが、『餃子試食券』に釣られて出かけた。
 昼食時間帯でもあり、秋津店の店内はほぼ満員、席は50~70席分あって、店員も10人前後が忙しく動き回っていた。今日は、昔も良く食べた中華丼と餃子、妻はチャーハンにしていた。食したのは25年ぶりと思うが、期待を裏切Photo_6 らない懐かしい味だった。

 試食券は二枚使用したので500円近く儲かったことになる。「餃子の王将」の景気のよさは外食産業のユニクロとみた。

|

« 酒田の「南洲神社」について | トップページ | のりピー覚せい剤使用報道に想う »

02 「うんちく」知ったかぶり」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/31437837

この記事へのトラックバック一覧です: 餃子の王将の『餃子試食券』:

« 酒田の「南洲神社」について | トップページ | のりピー覚せい剤使用報道に想う »