« 理容と美容の違い | トップページ | 日本人なら和食を! »

2009年9月30日 (水曜日)

公開・健康管理Ⅱ

 メタボレコーダーを取り付けている。「メタボレコーダー」は、このブログ開設の切っ掛けになったものであり、時々このように掲載することで、健康管理の大切さを自戒している。当然のことだが、健康を失ったら、大切なもの全てを無くするのだ。

 当然ながら、人に見られていると思うと、一層、食事や運動に気を払い、健康管理全般に留意するようになった。体重は若い頃に維持していた65キロ台に入り、BMI(Body Mass Index)も標準といわれる「22」に定着している。
 私は、身長からすると体重63~64キロが標準のようだが、体格、骨格、筋肉量などから個人差もあるので、必ずしも断定する必要はないと思っているので、65キロ台に安定させるつもりだ。

 周りの方々を見渡すと言葉では、健康志向は強いものの、なかなか行動が伴わないことが多いようだ。とにかく、運動にしろ、食事にしろ、「実行するか、しないのか」、自分の意志が問題だ。

 因みに、日本人の死因のトップはがん、2位には心臓病、3位には脳血管疾患と続く。2位3位を合わせると、がんとほぼ同じだという。この中で最も怖いのは「心筋梗塞」と「脳卒中」で、いずれも動脈の壁が厚くなって血管内部が狭くなったり、弾力性を失ってもろくなる「動脈硬化」が進行して発症する。「動脈硬化」を促進する最大の原因は「高脂血症」。高血圧や糖尿病、また腹部肥満、喫煙、遺伝的素因、ストレス過多、運動不足、食生活の乱れなども促進要因で、これらの危険因子が多い人ほど進行しやすいことになるという。

  このような格言がある。
■「たいていの人は、剣によるよりも、飲み過ぎ、食い過ぎによって殺される。」オスラー(カナダ生まれのアメリカの医学者)
■君がどんなものを食べているかを言って見たまえ。君がどんなであるかを言ってみせよう。」サヴァラン
■「私は生きんがため、奉仕せんがために食べるし、またたまたま楽しむために食べることがあっても、享楽のために食べるものではない。」ガンジー
  それぞれの格言は、大量生産、大量輸入、大量販売、大量消費、大量廃棄のパターンが、ぴったり当てはまる多くの現代日本人への警告ではなかろうか。

|

« 理容と美容の違い | トップページ | 日本人なら和食を! »

11 我が家に関連」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/31536548

この記事へのトラックバック一覧です: 公開・健康管理Ⅱ:

« 理容と美容の違い | トップページ | 日本人なら和食を! »