« 山形3区 代議士3人同時誕生 | トップページ | 刈屋の梨はブナが育てている »

2009年9月 8日 (火曜日)

ダイエット 動機づけ支援

 同僚女性がメタボ検診に引っかかったからと、ある保険会社に呼び出され、ダイエットの動機づけ講習を受けてきた。職場に戻ると、講習の御土産にもらってきImg01た、万歩計、巻尺、ダイエット計画表などを周りに見せて笑いをとっていた。この女性は、年齢は40歳前後で、子供も三人生み、すっかり母、主婦としての貫録をつけ体型もそれなりの方である。自分でも、「だんなに相撲のまわしが似合うようになったと言われた。」などと、笑いをとることもあるので、全てを理解しているのであろう。それでも、動機づけ指導の後は、三階の部屋まで階段を利用している姿を良くみかけるようになったし、最寄り駅まで「歩いて通勤しようか」などとと話している。また、来年の今頃はダイエットに成功し、男の人が振返るようになるのでは、と余計な心配をしている。

 私は、原因と結果が外見(姿・形)にハッキリ現れることの一つに、その人の健康状態や体型があると思っている。だからと言って、これをズバリと指摘することは厳しいものがある。中高年になると、高血圧、糖尿病など健康を害している方々はあまりにも多いし、体型に触れることはセクハラにつながるからだ。
 さて、今ひとつ理解できないのが、メタボ検診後のダイエットの動機づけ指導が、なぜ保険会社なのかということだ。国民の一人ひとりの健康状態は、保険会社としては保険金の支払い額に影響するであろうことは理解できる。それとも、この動機づけ講習も利益の一環として、各企業や団体と契約し、メタボ撃退方法の売り込みにも力を入れているのであうか。

■動機付け支援では、次のような指導を受けて来たようだ。
1 自分の健康状態を理解する。(中性脂肪、血糖、肝機能等)
2 心臓や脳の病気、糖尿病の合併症は減量で予防できる。
3 10年後も健康でいることの大切さを想像させる。
4 体重減量の具体的な目標をたてる。
5  1か月で脂肪1kgを減量するための作戦を立てる。
6 体重の増加と関連する自身の生活状況を振り返る。
7 実現可能な行動目標を立て、周囲の協力と理解を得る。
8 6ヵ月後に保健指導者から連絡があり、体重、腹囲、生活習慣の状況などのを確認する。

このダイエットには、上司の私も協力せざるを得ないのか。まあ、それはさて置き、これらのことは参考にしようと思う。

|

« 山形3区 代議士3人同時誕生 | トップページ | 刈屋の梨はブナが育てている »

11 我が家に関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/31291021

この記事へのトラックバック一覧です: ダイエット 動機づけ支援:

« 山形3区 代議士3人同時誕生 | トップページ | 刈屋の梨はブナが育てている »