« 何ごとにも、感謝、かんしゃ! | トップページ | 庄内砂丘産 ニンニク »

2009年8月30日 (日曜日)

豪雨の中のジョギング!

 昨日29日(土)は午後4時30分過ぎにジョギングに出発した。いつもの多摩湖一周7キロメートルである。

 ところが、出発時は陽が照っていたのに見る見る間に雲が広がり、午後5時丁度こO_1ろには夕立なのか豪雨なのか分からないような強い雨に打たれた。コースを半周した辺りで一気に強くなり、これに比例して体感温度も下がった。今回は何とか我慢ができる範囲であったが、これ以下の寒さでは風邪や「低体温症」の原因になるであろう。

 先月7月中旬頃と思うが、北海道の大雪山系トムラウシ山と美瑛岳で10人が死亡した遭難事故は、山中で雨や強風という悪条件が重なり、体温と体力が急激に奪われる「低体温症」が原因だったことを思い出し、「これもいい体験だ」と全身ずぶ濡れになりながら走り続けた。腰の携帯は、ビニールパンツの中に入れ濡れから防いだ。

 「低体温症」に関して、ネットで調べると
 直腸温などの中心体温が35度以下になった状態を言う。寒冷にさらされると、Sayamako_2 末梢細動脈が収縮し皮膚血流を低下させて熱の放散を抑えるとともに、振戦(ふるえ)などの発熱反応が起こり、体温が30℃以下になると、ふるえすら起こらなくなり、加速度的に体温は低下し続けます。また体温が低下するにつれて精神活動、運動能力ともに低下するため、その人本来の能力を発揮できなくなる。なかでも判断力は早い時期から低下する。とあった。

 多摩湖周辺の殆どは人家のある地域で、いざとなれば付近の民家に避難することも可能だろうが、これもみっともないことであり、特に、寒い時期は天候の急変には要注意だ。

|

« 何ごとにも、感謝、かんしゃ! | トップページ | 庄内砂丘産 ニンニク »

11 我が家に関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208592/31154537

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨の中のジョギング!:

« 何ごとにも、感謝、かんしゃ! | トップページ | 庄内砂丘産 ニンニク »