トップページ | 2009年9月 »

2009年8月に作成された記事

2009年8月30日 (日曜日)

豪雨の中のジョギング!

 昨日29日(土)は午後4時30分過ぎにジョギングに出発した。いつもの多摩湖一周7キロメートルである。

 ところが、出発時は陽が照っていたのに見る見る間に雲が広がり、午後5時丁度こO_1ろには夕立なのか豪雨なのか分からないような強い雨に打たれた。コースを半周した辺りで一気に強くなり、これに比例して体感温度も下がった。今回は何とか我慢ができる範囲であったが、これ以下の寒さでは風邪や「低体温症」の原因になるであろう。

 先月7月中旬頃と思うが、北海道の大雪山系トムラウシ山と美瑛岳で10人が死亡した遭難事故は、山中で雨や強風という悪条件が重なり、体温と体力が急激に奪われる「低体温症」が原因だったことを思い出し、「これもいい体験だ」と全身ずぶ濡れになりながら走り続けた。腰の携帯は、ビニールパンツの中に入れ濡れから防いだ。

 「低体温症」に関して、ネットで調べると
 直腸温などの中心体温が35度以下になった状態を言う。寒冷にさらされると、Sayamako_2 末梢細動脈が収縮し皮膚血流を低下させて熱の放散を抑えるとともに、振戦(ふるえ)などの発熱反応が起こり、体温が30℃以下になると、ふるえすら起こらなくなり、加速度的に体温は低下し続けます。また体温が低下するにつれて精神活動、運動能力ともに低下するため、その人本来の能力を発揮できなくなる。なかでも判断力は早い時期から低下する。とあった。

 多摩湖周辺の殆どは人家のある地域で、いざとなれば付近の民家に避難することも可能だろうが、これもみっともないことであり、特に、寒い時期は天候の急変には要注意だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土曜日)

何ごとにも、感謝、かんしゃ!

 昨日は所用で、元・作曲家・遠藤実先生のご自宅を訪問することになり、ご遺景に手をPhoto_2合わせてきた。昨年8月以来、丁度1年ぶりの訪問だ。

 一冊の本が自宅本棚にある。遠藤先生から直接いただいた、自伝『涙の川を渉るとき』である。表紙の裏にサインを頂いたが、ご家族によると、昨年の9月始めに入院し12月6日に亡くなったので、私が頂いたサインが最後ではと話してくれた。有難味が倍加し、再度を読み返してみた。

 遠藤実自伝『涙の川を渉るとき』―歌という友がいる―
 本のタイトルには、「こんなにも貧しい日々を生きた少年がいた」「貧しさに挫けず夢を抱き続けた青年がいた」「心の歌は彼の掌の中で温められた小さな希望から生まれた。からたち日記から北国の春まで、遠藤メロディの水脈を辿る旅。」とある。
 少年時代の貧乏生活は想像を絶する。14歳で紡績工場に就職するも、歌の好きな少年は地方に来た楽団に入団し、星幸男として歌手デビュー。しかし楽団もすぐに解散し、その後は日雇い仕事やら門付け芸人の放浪芸、農家の年季奉公と極貧生活がつづく。だが歌手になりたくて17歳の時、家族に黙って東京へと出奔する。  
東京では「流しのえんちゃん」として売れない流しの生活が続く。その間オーディションを何度も受けるが、ことごとく失格。「あんな汚い格好で、しかもあの顔で歌手になれると思っているのかね」。レコード会社の連中は見てくれで判断していたのか。歌手はImg005諦め作曲家に転身。初のヒットは、「お月さん今晩わ」。その後島倉千代子の「からたち日記」、こまどり姉妹の「三味線姉妹」と続く。

 そして昭和38年、舟木一夫の「高校三年生」。「赤い夕日が校舎を染めて ニレの木陰に弾む声 ああ 高校三年生 ぼくら離れ離れに なろうとも クラス仲間は いつまでも」のヒットから連続して学園ものが当たった。

 「高校三年生」は、遠藤先生も舟木一夫も、高校生活を体験していない者同士から誕生したヒット曲だったという。先生は、学園生活の体験がなかったのでイメージを膨らませるために、いろんな高校を外から覗きに出かけたという。 このような努力が一連の学園もののヒットにつながったのであろう。また、先生は晩年、「何事にも、感謝、感謝」と言うことが口癖だったらしいが、頂戴した本の表紙裏にも「かんしゃ」とサインしてある。私には、いつこのような心境になれるのだろうか。

 はじめて知り合いになり、名刺交換する際、先生は五線譜入りの名刺に「住所・電話番号」を記入しながら、「これは特別の名刺です。」と言いながらPhoto戴いた頃の、お元気な姿が懐かしい。

自伝『涙の川を渉るとき』の締めには、このような詩がある。

人の世に涙の川があり
苦労の山がある
その川を渡るとき
その山を越えるとき
歌という友がいる

| | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金曜日)

期待していた作家の死!

Photo  面識はなかったが、同郷出身で、且つ都内での自宅も近くにあり、近親感を持って活躍を期待していた作家・北重人(本名・渡辺重人)さんが8月26日亡くなった。一級建築士として建設事務所を開く傍ら、40代後半にデビューした異色の作家だった。

 以下は、平成21年8月27日付の新聞記事などを参考にして構成する。
 山形県酒田市出身で、故郷を舞台にした時代小説「汐のなごり」が今年1月、直木賞候補作となった作家北重人(きた・しげと、本名渡辺重人=わたなべ・しげひと)さんが26日午後1時12分、胃がんのため千葉県松戸市の病院で死去した。61歳。自宅は東京都東村山市久米川町3の37の24。葬儀・告別式は30日午前11時半から東村山市本町2の19の36、長坂式典センターで。喪主は妻牧子さん。

 酒田市・旧山椒小路生まれ~酒田市琢成小~4年で光が丘小に転校~酒田市一中~山形県立酒田東高等学校~千葉大学工学部建築学科を卒業後、仲間と建築・都市環境計画の事務所を設立。創作は40代後半からという遅咲き作家だった。1999年「超高層に懸かる月と、骨と」でオール読物推理小説新人賞。2004年「夏の椿」で本格デビューし、07年「蒼火」が時代小説として初めて大藪春彦賞を受賞した。近年は時代物「白疾風」「月芝居」、また、住み込みで新聞配達をしながら大学進学を目指した体験を基にした「鳥かごの詩」などを次々刊行。03832

 昨年胃を全摘出した際も、病室にパソコンを持ち込み「汐のなごり」を書き継いだという。郷里の庄内地方出身では、藤沢周平や佐藤賢一に次ぐ、直木賞作家にと期待していたが、61歳とは、あまりにも早すぎる。合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水曜日)

卒業とは「始まり」の意

 ある「卒業」の場面に立ち会った。

 来賓の一人から、「卒業は英語でコメンスメントcommencementといいます。このコ015_3メンスメントは『始まり』を意味しています。つまり卒業は新しい生活のスタートを言うのです。皆さんの新天地での活躍を期待しています。」と言う趣旨の挨拶があった。
  長い人生においては、学校の卒業以外にも、いろんな形の卒業に遭遇するが、そのたびに何かが始まっていることを述懐することができる。

 卒業には、「旅立ち」というニュアンスが含まれるという話は、卒業当事者のみならず、出席者の心情にも伝わる挨拶だった。きっと、大きな夢と希望に胸を膨らませて、新天地に向かったことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火曜日)

のりピーは東大和に二泊潜伏?

 今回は番外編として時事的な題材を取り上げる。大きな社会的問題となっている芸能人の薬物問題が、近隣に飛び火してきたからだ。
 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された酒井法子が6日間の逃走中、山梨県身延町の他、東京都東大和市内のマンションの7階にも二日間潜伏していたと、連日報じられている。このマンションは、この近くにあるのだから知らんふりもできないだろう。
 また、マスコミはいろんな角度から総力をあげて報道しているが、特に人間関係に分かりにくい点が多い。よって、現時点の報道から、おせっかいながらまとめてみると、

 同マンションの所有は、夫・高相容疑者の逮捕現場に立ち会った「社長」と呼ばれる男性(次Ms_7男、建設業社長)の弟(みやび法律事務所の事務局長)が所有者だという。また、この兄弟の長男は、元弁護士富永義政(75歳)で、一連の逃走劇に深く関わり、酒井容疑者の担当弁護士・榊枝真一が所属する「みやび法律事務所」」(港区虎ノ門)を設立した人物らしい。

関係者を整理すると、
■逃走の手助けは、「みやび法律事務所」創業者で長男の富永義政元弁護士(75)。
■渋谷区道玄坂で立ち会った「社長」と呼ばれた人物は、次男の富永保雄は中野区で解体建設業者。 P
■逃亡中の車に同乗していたのは、継母・酒井智子(父親の再婚相手、元・福岡市中洲のクラブママ)。
■東大和市 のマンション所有者は、「みやび法律事務所の事務局長」で四男。
■酒井の父親は佐賀県出身、久留米の元・暴力団組長(山口組系伊豆組酒井組)酒井三根城(享年49歳)。
■酒井容疑者の弁護人は、「みやび法律事務所」(港区虎ノ門)所属の榊枝真一弁護士。
■覚せい剤取締法違反で福岡県警東署に逮捕された弟は、福岡市早良区室見の山口系暴力団組員酒井健(30歳)。
■夫・高相祐一容疑者の父親は、東京・南青山のスキー関連用品店「スキーショップジロー」などを経営する高相次郎氏。
■実母は酒井法子が乳飲み子当時に棄てるも、法子4歳当時死別。
■一時期、奥田姓になり、入間小~入間野小~福岡市立大名小学校で卒業。

 複雑な人間関係が徐々に解明され、マスコミでも報道されつつあるが、逃亡劇に関与した兄弟と酒井容疑者の交友は25年前に遡り、その関係の中継は継母らしい。
 テレビのコメンティターの中に、「覚せい剤は法律では悪いことでしょうが、のりピーは誰かを傷付けたり被害を与えたりしたわけでないでしょう。こんなに大騒ぎする必要はないのでは」と、主張をする芸能関係者がいた。
 このような甘い感覚が、芸能人に使用禁止薬物を蔓延させる考え方の底辺にあると直感した。芸能人及び、この芸能人をフル活用するマスコミ関係者は、猛反省と問題解決の具体的方策を示すべきだ。最近では相撲界の薬物問題のとき、マスコミはどのように反応したのか。親方や理事長への執拗な取材に相撲関係者が可哀想に思えた。あの理屈を芸能界にも当てはめたらどうか。別問題だなどと言わせてならない。

芸能人の薬物逮捕一覧表 (芸能人、歌手、タレント、芸人、作家、俳優などの有名人、芸能人の薬物事件の一覧表) ※これが現実だ。

※この欄の記載はマスコミ報道が元ですが、情報収集に間違いがありましたらご指摘ください。写真記事は、1993年の「FOCUS」からのコピーです。

| | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月曜日)

我が家の平均的朝食

 いつもの朝食であるが、今朝は山形産の食用菊が手に入ったとのことで、菊のお21824ひたしが付いた。本来なら、紫がかった“もってきく”が理想なのだが、東京では手に入りにくいのでこれで我慢だ。

 “もってきく”は独特の風味と色合いから、「食用菊の王様」といわれ、名称は「延命楽(えんめいらく)」という名の品種だ。山形では「もってのほか」「もって菊」という愛称で呼ばれている。由来は、「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほかだ。」と言うことだ。

 今朝食べた黄菊は、食感は“もってきく”と大差がないが、郷里で慣れ親しんKikuだ風味には今一つだ。食べ方は、熱湯でサッとゆでて、水分を良く切り、ショウガ+ポン酢醤油でOKだ。

 朝食の紹介ついでに付け加えると、我が家では100パーセント、米 食に味噌汁(主に貝類)、副食には、納豆、卵焼き、漬け物類が多い。余程、体調が悪い場合を除き、朝食を食べないことはない。

 “朝食は金”“昼食は銀”“夕食は銅”と言われているが、最も大切な「朝食」は金にたとえられている。フランスでは、「朝食は王様のように、昼Kak_5食は王子のように、夕食は貧乏人のように食べなさい。」と言われているそうだ。

 子供達にも“朝食の大切さ”をうるさく言ってきたが、病気をしない、しにくい体質をつくるには、長い長い歳月がかかっていることに気づいているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日曜日)

早朝ジョギング!

21_8_22 久々に、午前6時から多摩湖外周のジョギングに出かけた。

 早朝ジョギングの良さは、何と言っても、辺りの風景、空気、小鳥のさえずり、行きかう人々まで新鮮さが感じられ、価値観を共有していることが実感できるところだ。朝日の角度からだろう、多摩湖の湖面に西武球場のドームが映り、幻想的だ。清々しい一日の始まりを予感させる。

 午前7時ころに帰宅し、即、シャワーで汗を流して朝食、その後は、Sayamako テレビを見ながらのコーヒータイム、兼ねて、パソコンにランニング中に撮した携帯の画像データを転送する。 そして、このブログに簡単な記事を掲載し、あとは、今日は何しようかと思案する。実に余裕のある一日の始まりだ。

 昨日・土曜日は所要があって、皇居周辺に車で出かけたところ、休日のせいか、ジョギング姿が多く目についた。私も20歳代当時は、比較的近くに住んでいたこともあり、皇居一周に良く来ていたが、当時は現在ほど盛んではなかった。このようなことは、一時的なブームとして終わらないで欲しいものだ。

 ただ、いつも困ったのは汗をかいた後の処理だった。近くであれば、そのまま自宅や職場等の拠点まで走り続け、シャワーや風呂に入ればいいのだが、今、走っている皆さんは好条件の立地に住む人達ばかりだろうか、などと、余計な心配をしてしまった。Mapjpg

 それでも、楽しそうに走る皆さんの姿を見て、折を見て電車で来てみようと思った。皇居一周は丁度5キロメートル、以前は二周がノルマと思っていたが、現在では何とも言えない。距離測定が出来るマップはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木曜日)

メタボ検診でセクハラ?

Metabo_2  先日、定期健康診断を受けて来た。尿や血液の採集、血圧検査など一通り受診し、一番最後に畳み二枚程度に仕切られたコーナーに案内され、腹周りを計測される「メタボ検査」を受けた。

 50年配の白衣の女性が巻き尺を持って、「シャツを上げて下さい」という。素直にシャツを胸まで上げて計測を受けると、「77センチ、素晴らしいです。いいものを見せてもらいました」と言う。

 シャツをズボンに戻しながら、「ここにもいい物があります」と言うと、受診票にメモしながら、「それは結構です。○○さん、セクハラ」と、記入している(実際は書く格好だけ)。目は笑っていたので安心したが、つい調子の乗った言葉が口から出てしまった。

 これには、続きもある。

 帰宅して女房殿に、「今日はメタボ検診で褒められた。いいものを見せてもらったと言うので、こっちにもいいものがあると、つい言ってしまった。」と、先程の状況を正直に説明すると、「何を考えているの、バッカじゃないの」とプリプリ怒り出した。黙って満足感に浸っていれば良かったのだが、女性との会話は難しいものだ。

2008年4月から「メタボ健診」と呼ばれる特定健診・保健指導が始まった。対象者は40~74歳(妊婦などを除く)の医療保険加入者全員らしい。「メタボ健診」の目的は 生活習慣病の予備軍となるメタボリック症候群を発見し、保健指導を行う事によって増え続ける医療費を抑制することにあるという。

 有り難いことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火曜日)

ブログにパーツを貼る!

 最近ブログパーツなるものをはじめて知った。

 ブログパーツは、ブログ全体のレイアウトを楽しくするためにも、いろいろ試してみたいものだ。今回は無料で配信している、メタボレコーダー、カウンターのパーツをサイドバーに取り付けてみた。

 試運転中のブログなので、多少欲張ってしまったようだ。

 このブログは、ココログのお世話になっているが、掲載方法は、マイリスト→リイトのタイプ→リイトの名前→リイトの新規作成→■管理画面→サイドバーへの貼り方→変更を保存→■管理画面→項目の追加

と入り、コピーしたパーツを貼るが、詳しくはブログパーツの貼り方で確認して欲しい。

 とにかく私のような初心者は、いろいろ試して行くしかないと心得ている。

これは、記事欄に天気予報のパーツを貼った状態だ。初心者のブログとしては、これらパーツのお陰で、なかなかの出来と自己満足している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月曜日)

朝稽古で気分爽快!

Dojo  週に一度は午前7時に職場近くの道場に入り、約1時間の朝稽古だ。選手生活は7~8年前に引退しており、健康管理のための運動と割り切っている。

 選手として常に勝つことを意識していた当時は、義務感も伴い多少足も重かったが、今は気楽に道場に入ることが出来るから、人間、単純な者だ。最近では、道場内を見渡すと、自分が最年長でいることに気づき、変な優越感に浸りつつも、まだまだ動けることを確認し大いに自信につながっている。

 約40分間連続して若手5~6人を相手にたっぷりと汗をかき、その汗をシャワーで流して、職場の自席に座るのは午前8時半丁度。この時期は、汗が引っ込むのに時間が掛かり、背広に着替え仕事に移るのは9時近くになることもある。

 仕事開始はやや遅れるものの、稽古後の気分爽快感は大きく、一日の仕事量に即影響していると思う。そして何よりも、毎日を健康で仕事に全力を上げることが出来るのであるから最高である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日曜日)

基本的に外食はしない!

 外食を控える理由は単純、利益優先の一流店のレストランや外食店が、食材の仕入れ先などお客の健康など大して考えていないことは明らかだからだ。
 外食店にバイトやパートで勤めた経験のある人に、裏事情を確かめたらいい。

 資源が乏しい我が国はかつてから、各種資源を安価に輸入し、それを何らかの形に加工して輸出し利益を上げることを得意としてきた。
 それが今や、農薬に毒された食材まで中国など外国から安価に仕入れて、それを食料品に加工し自国民に食させ利益を上げている。01

 このような現状で、良心的な外食店を見つけることは至難の業だが、長崎チャンポンの「リンガーハット」は珍しい存在だ。

 同店の「長崎ちゃんぽん」や「長崎皿うどん」は、キャベツ、もやし、ニンジン、タマネギ、青ネギ、コーン、オランダキヌサヤの7種類の野菜を使用しているそうだが、大量の野菜を使用するチェーン店では、常に国産野菜を使用することは多大なコストがかかることと、国産だけでは安定供給が困難だという。
 しかし、リンガーハットは全商品を国産野菜に切り変えているという。

 このような姿勢は無条件で歓迎すべきことであり、応援したい気持ちになるものだ。とにかく、本当に健康に注意したいなら出来るだけ外食を控え、レトルト食品や添加物を使用していない食事に徹することだ。

 小生は、外食しない期間が長く続くと、気分も爽快になるから不思議だ。
 しかしながら、月に数回は付き合いで外食店を利用せざるを得ないときもあるが、周りに気づかれない程度に押さえて飲み食いしている。
 とにかく、安心して食事が出来る店を探すのは至難の業だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土曜日)

健康管理はカラダスキャンして!

 41w3etcfuzl__sl500_aa280_ 二ヶ月程前に新しい体重計を購入した。オムロンの最新機種「カラダスキャンHBF-701」という体組成計だ。このカラダスキャンのお陰で、ダイエットは必要ないと自負していたことを見直す機会になった。

 この体重計は体脂肪だけでなく内蔵脂肪レベル、基礎代謝、部位別皮下脂肪率(体幹、全身、両腕、両脚)と部位別骨格筋率が表示される。減量しながら部位別骨格筋率を上げるのが理想的ダイエットだが、基礎代謝を上げて、リバウンドしにくい体型を作れそうだ。

 オムロン 体重体組成計 Karada Scan701 HBF-701の機能は
・MYダイエット測定・内臓脂肪レベル判定・部位別骨格筋率・BMI表示・体年齢表示・部位別皮下脂肪率同年齢比較・部位別骨格筋率同年齢比較・体脂肪率判定・部位別皮下脂肪率・基礎代謝表示・ポイントメモリーだ。

 毎日のように計測しているが(身長170.5㎝)、体重66,2㎏、BMI22 ,7、体脂肪率17.5%、基礎代謝1562、体年齢表示-13歳(暦年齢より-13歳の意)と表示された。

体重などの数値はこんなものだが、年齢表示を女房に見せて、「この体重計は壊れているのでは?」と冗談半分に声を掛けると、日頃、ジジィ呼ばわりしている女房は薄笑いを残して立ち去った。ただ、この体年齢が「見た目年齢」に反映しているかは疑問だ。

 しかし、かつては体脂肪は10%前後だったのに、中年太りは目立たないところから確実に始まっていることがハッキリした。当面、体脂肪を16%以下にすることを目標にしよう。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2009年9月 »