カテゴリー「05 我が町の情報」の10件の記事

2014年11月30日 (日曜日)

見えて来た「小平3・4・23号国立駅大和線」

 多摩地区は、東西を結ぶ道路に比べ南北を結ぶ道路は少ない。Image
 南北を結ぶ道路として、16号、立川通り、芋窪街道、残堀街道、小金井街道などを思いつくが、断続していたり幅は狭いなど理想的に結ばれた道路など一本もないと言っていい。
 近年、調布保谷線、府中清瀬線、府中所沢・鎌倉街道線、立川東大和線、八王子村山線などの整備が進められてはいるものの、住民の目からは遅々としているとしか見えない。
 さて、東大和市清水(武蔵大和駅付近)からJR国立駅に通ずる都市計画道路(東大和市内では「けやき通り」)の「小平3・4・23号国立駅大和線」という道路を整備中だ。
 名称の大和は、東大和より「武蔵大和」を意識したのであろうが、全線が開通すれば、西武多摩湖線・武蔵大和駅とJR国立駅がほぼ南北一直線で結ばれることになる。
 昨日、東大和市の「けやき通り」方向から小平市、そして国立市方面まで車で走る機会があったが、小平市の玉川上水付近の用地取得がほぼ終了したのか、小平西高校側辺りから立川市若葉町の団地方面を見通すことが出来た。
 最近まで、玉川上水の発掘調査が行われていたり、用地買収が進んでいない状況が見受けられたが、今の様子なら、玉川上水の架橋工事に取り掛かったら五日市街道までなら、あと数ヶ月で開通するのではと期待される。
  この計画道路には関心を持って来たが、
 何十年も前から、継ぎ足し継ぎ足しのように伸びてはいるものの、五日市街道からJR国立駅方面の用地取得はまったく進んでいないように見える。
  東京では、道路一本の計画は「百年がかり」と言われるが、多摩地区の南北方向の道路整備など、百年かかっても全線開通出来るのだろうかと不安をよぎる・・・・・・・

|

2014年10月 9日 (木曜日)

中国人を東大和市の市政功労者表彰

 昨年12月に東京都東大和市の西武拝島線、東大和市駅で線路に転落した人を助けた在日中国人の付鴻飛(フー・ホンフェイ)さんが、10月4日、同市奈良橋4丁目の奈良橋市民会館て行われた東大和市・市政功労者表彰式で、市政功労者の一人として表彰されたことが、中国でも話題だ。
 自営業、付鴻飛さんは今年32歳で河南省濮陽市出身で立川市在住だという。

 東京・東大和市、線路転落の男性を救助した在日中国人を市政功労者として表彰
 
―華字紙00000
 配信日時:2014年10月7日 13時25分
http://www.recordchina.co.jp/a95300.html
 2014年10月6日、日本華字紙・中文導報によると、昨年12月に東京・東大和市の駅で線路に転落した人を助けた在日中国人の付鴻飛(フー・ホンフェイ)さんが4日、同市から市政功労者として表彰された。
 付さんは昨年12月22日、西武鉄道拝島線東大和市駅で転落者を救助した後、名乗らずに駅を離れたため、東京消防庁北多摩西部消防署は駅構内に救助者を探すポスターを掲示。付さんはおよそ1カ月後に家族と友人の薦めで名乗り出た。
 付さんは「人を助けるのは当然の善意。名乗る必要はない」と考えていたが、「日本人の在日中国人に対する印象を変えるため」、1カ月以上経ってから、名乗り出ることを決めたという。全日本華僑華人連合会も先月29日、中国人のイメージ向上に貢献したとして、付さんに表彰状を送っている。(翻訳・編集/NY)

|

2014年6月14日 (土曜日)

悲願「多摩モノレール」延伸はいつ?

 東大和市・武蔵村山市を東西に走る新青梅街道には、20年以上前から「多摩都市モノレール」の延伸計画がある。同街道の上北台から箱根ヶ崎までは、現在の18mから30mに拡張が予定され、要所々の土地はパイプで仕切られ買収済みと分かる。
Image_2

 我が家でモノレール利用は想定していないが、先日、東大和市芋窪に住む知人が「早く新青梅街道の松屋前に駅が来て欲しい」と語っていた。C027_1
 モノレールが延びて、「駅が出来ると、家から徒歩2~3分で便利になるが、今のままでは定年退職が先だ」と嘆いていた。
 多摩とは逆の湾岸は、東京五輪の会場予定地として、鉄道や道路網の整備がトントン拍子であり、都民に都心回帰の傾向も見られる。前々から、多摩地域は23区と比べ、行政サービスの浸透・恩恵は20年以上遅れていると言われるが、この鉄道・道路網を見れば一目瞭然だ。
 国土の均衡ある発展などあり得ないが、多摩地区の南北交通網は極めて貧弱だ。
 真っ直ぐ結ぶ道路も鉄道もゼロと言っていい。
 せめての願いは、五輪景気が多摩地域まで波及し、鉄道皆無の武蔵村山市に「モノレール」延伸を実現させたいものだ。

 早期延伸を待つ同市では、概ねの駅候補地を特定しており地図に掲載した。
 現在、東大和市内に所在する東大和警察署や北多摩消防署も道路拡張区間にあるが、きっと、松屋武蔵村山店前に広がる「花畑」と呼ばれる新青梅街道沿いに、数100m西側に移転する公算が強いと見ている。
 それから、この「花畑」は広大であり、いっその事、武蔵村山市と東大和市が合併した市庁舎を新設し、官庁街や商用地、公園や運動場にする案があってもいい。
 両市は単独では財政基盤が弱く、周辺市に負けている現状だ。
 (※平成26年武蔵村山市72,022人、東大和市85,794人、立川市 178,800人)
 そして将来は、立川市役所前の「南北道路」を真北の新青梅街道まで延伸Image_2して、多摩地域の中核都市・立川市と、まず交通面で連携をした街づくりを提唱したい。
 ちなみに、八王子市は2015年4月に都内初の中核市に移行するが、これに対抗するなら、立川・東大和・武蔵村山市が合併すれば、中核市の要件である人口30万人超となる。

■武蔵村山市「花畑」の位置

Image_3

立川市の北部、武蔵村山市と東大和市Image

|

2014年3月16日 (日曜日)

東大和市の地域デビューパーティー

 東大和市の中央公民館ホールで、平成26年3月29日(土曜日)「定年後のための地域デビューパーティー」が開催されるそうだ。20140329_1
 
  チラシには、
 「公民館では、今回初めて、市内公民館等活動グループの紹介イベントを実施します。いろいろなグループが、パネルや資料、パソコンなどで活動内容を説明します。お好きなグループを探して、説明を聞いてみてください。当日は、市内公民館等活動グループの一覧表も配布しております。」
 とある。
 単に、公民館が企画する趣味やクラブ活動の紹介のように見えるが、それだけでなく、ボランティア活動や一定の収入につながるような事の紹介も含まれているのだろうか。

■日時:3月29日(土曜日)午後1時~5時
■場所:中央公民館ホール
■参加グループ
 :午後1時~3時
 BDS(社交ダンス)、尺八友の会、うたの会若葉、絵画サークル苺一絵、フォトフレンズ、中央囲碁サークル、菊花愛好会、アマチュア無線クラブ、おもちゃ図書館ひまわり、たすけあいワーカーズあくしゅ
 午後1時~5時
 ラウナ・レア(フラダンス)、奈良橋吟詠会、朗読ふれあい会、陶芸団体、年金者組合、レクリエーション協会、まちの財政を学ぶ会、手話サークルピーナッツ、市民の声を届ける会、地方財政の会、南街・桜が丘地域防災協議会女性班たんぽぽ、狭山緑地雑木林の会、空堀川を考える会、市民ネット、断層の会、ごみレスクラブ

中央公民館
 電話:042-564-2451  ファックス:042-563-5934

  • 東大和市の地域デビューパーティー(2014.03.16)
  • 東大和市で嫌らしい事件が多発(2014.02.20)
  • 東大和市の水道の水源は何処?(2014.03.12)
  • 米軍大和基地返還と東大和市の発展(2014.03.08)
  • 東大和市新堀が迷路になった理由(2014.03.10)
  • |

    2014年3月12日 (水曜日)

    東大和市の水道の水源は何処?

    東大和市に住んで30数年も経つのに、自分の家の水道がどこから送られているのか知らなかった。Photo
     我が家は村山貯水池(多摩湖)が近いので、この多摩湖周辺か東村山浄水所辺りが水源とばかり思っていた。
     ところが東大和市内の水道は、主に多摩川の水が「上北台浄水所」と「東大和給水所」に送られ、そこで市内の数カ所から汲み上げた地下水とブレンドして市内に配水しているそうだ。
     都内よりは美味いと思っている。
     また「給水栓水」が東大和市清水1-745の水道局社宅横にあるが、この水源も小作浄水場系だそうだが、どのような役割なのか知らない。

     なお、「上北台浄水所」の入り口には、「大地震の大地震のとき ここで水をお配りします」と掲示してあった。大地震など万が一の事態で断水した場合に、貯えられた水槽内の水道水を飲み水として配給する場所となるはずだ。
     知っておくと便利だ。
     都内各地の水源は「東京都水道局「覚えてください!お近くの給水拠点で調べることができる。
     水と空気と安全はタダと思っている日本人が多いが、時には、思いを馳せることも大切だ。

    東京都水道局「覚えてください!お近くの給水拠点」
      http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/suido/kyusui_ichiran.html
      「上北台浄水所」東大和市上北台1-801-1
     「東大和給水所」東大和市桜が丘3-44

    米軍大和基地返還と東大和市の発展
    東大和市新堀が迷路になった理由
    拝島線「東大和駅」(青梅橋駅)のこと。
    東大和市の水道の水源は何処?

    |

    2014年3月11日 (火曜日)

    西武拝島線「東大和駅」(青梅橋駅)

     最近わけあって東大和市のやや古いことを調べたことの続きです。
     東大和市は都下の市では知名度が低い方と言われるので多少ながらPRの一助にしたい。この地図は昭和29年当時の北多摩の一部ですが、道路網など無いに等しく、住宅も閑散な様子が伝わってきます。S29_map3_13e
     軍需工場「日立航空機立川工場専用線」を転用した「西武上水線」に、昭和25年「青梅橋駅 」は開業していたが、昭和54年「東大和市駅」と改称している。
     「青梅橋 」は青梅街道が野火止用水に架けた橋の名称だが、今は、付近の用水が暗渠化しており自体はない。この「西武上水線」は昭和43年5月15日に、玉川上水駅が終点だったものを国鉄拝島駅まで延長して、「西武拝島線」として現在に至る。
     また、「東大和市」は、駅名改称の8年前の昭和45年10月1日に、「大和町」が市制を施行したことで誕生している。
     市は表玄関の駅に相応しいと「東大和市駅」と改称したものであろう。
     また、その前年の昭和53年12月1日には東大和警察署が立川警察署から分離して、東大和市と武蔵村山市を管轄して発足していることも影響した可能性がある。
     参考だが、「東大和市駅」の南側には、東京都立薬用植物園があり、栽培が禁止されているケシの花を都内で唯一研究目的で栽培・公開している。
     本物のケシの形や独特の臭いを体験したい方は、是非訪問して勉強すべきだ。
     なお、市の花は「つつじ」、市の木は「けやき」であり、「けやき通り」は既に道路名に付されているが、「つつじ通り」もいずれ予定があるのだろうか。Ckt7416_c25_27

    昭和49年撮影の東大和駅付近を拡大

    Ckt7416_c25_27_2 Photo_2
    米軍大和基地返還と東大和市の発展

    東大和市新堀が迷路になった理由

    拝島線「東大和駅」(青梅橋駅)のこと。

    |

    2014年3月10日 (月曜日)

    東大和市新堀が迷路になった理由

     地元ネタであり、この地域に縁がない方には面白くない話です。
     「新堀」は東大和市の街並みの中では、本村地区や南街に次いで古い街だが近くに住んでいながら、チャンスがなく行ったことが全くなかった。

    Photo  
     

     この新堀地域に最近5~6回連続して訪問したのだが、毎回迷ってしまった
     この地域は道幅が狭いうえ、クランク、突き当りが多く、まるで迷路だ。
     何度行っても覚えることが出来ないので、よく、こんなふうに造ったものだと感心していたが、この中の住人との会話から、その理由が見えてきた。
     「新堀」の地名は、その横に沿って流れる「野火止用水」のことで、この辺りの古い人は「新堀」、玉川上水のことを「大堀」と呼んでいたことからであろう。

    小生~「新堀は、まるで迷路ですね」
    住民1~「何年住んでいても、この道路は何とかならなかったのかと思うよ」
    住民2~「何言ってんの、あなたが勤めていた職場が原因だよ」
    小生~「こんな迷路になったのは理由があるわけですね」
    住民1~「ここは電電公社の社宅があった場所でねぇ、その周囲に公社が敷地を切り売りして徐々に住宅が広がったんですよ」
    住民2~「その前は陸軍少年通信兵学校があってねぇ、それが戦後、電電公社に払い下げられて、社宅が建てられたんです」
    小生~「なるほど、通信兵学校だから電電公社と関連していたんですね」
    住民1~「それから、日本電信電話公社は、当時からNTTと言ってたよ」
    小生~「そうですか。それで近くにNTTの社宅が多いんですか」
    住民2~「NTTだけじゃないよ、清原の団地、東村山一中や明治学院高校、警視庁の家族寮辺りも通信兵学校の跡地だよ」
    住民1~「ここに来たのは昭和30年過ぎだが、店もなく辺鄙なところでねぇ、道路らしいのは東京街道や五日市街道だけだよ。小川駅には野火止用水辺りから林の中を歩いたもんだ」
    小生~「街が出来た経緯を知ったら、また来るのが楽しみになりました」

     この画像は昭和49年撮影の国土地理院(国土情報WEB) による。http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WC_AirPhoto.cgi?IT=p&DT=n&PFN=CKT-74-16&PCN=C25&IDX=30&PNO=1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37
     東大和市新堀は左下付近。
     当時は、まだ南北に走る「けやき通り」が出来ていないので解り難いが、陸軍少年通信兵学校の名残りが色濃Ckt7416_c24_31い。

    拡大した昭和49年当時の「新堀」の地図

    1

     昭和29年の地図だが、新堀電電公社の社宅はあるのか無いのか微妙だ。

    S29_map3_13e_3

    米軍大和基地返還と東大和市の発展

    東大和市新堀が迷路になった理由

    拝島線「東大和駅」(青梅橋駅)のこと。

    |

    2014年3月 8日 (土曜日)

    米軍大和基地返還と東大和市の発展

     最近わけあって、東大和市のやや古いことを調べる機会S29_map3_13e_2があったので、差支えない程度を数回に分けて紹介しようと思う。 山形県出身だが、東大和市誕生前から多少ながら縁があった。

     昭和43年5月のある休日、東大和市が「大和町」のころ、「日立航空機(ガス電)専用線」を転用した「西武上水線」終点の玉川上水駅に降り立った。「大和基地」内に歳が近い叔父が働いていたので訪問したのだが、これが縁で、この地に生涯住むことになろうとは、当時は思ってもいなかった。
     玉川上水駅と青梅橋駅(現・東大和市駅)の北側に、基地関係者が「大和ベース」と呼ぶ広大な米軍大和基地があった。この基地は、米軍立川基地の関連で、米軍兵士・家族の宿舎や運動場、テニスコート等の厚生施設が点在し、ゲート近くには立川基地と往復する米軍専用バスがよく停車していた。

     
     駅周辺は殺風景すぎ、ホームから北方は基地敷地と墓地だけが目立ち視界を妨げる建物が殆どなく、約1キロ先で新青梅街道の工事中の重機が見えた。新青梅街道は当時、新宿方面から東村山の野口橋付近まで開通していたと後に知った。
     南北に走る芋窪街道沿いの駅北側に基地のゲートがあり、常に青い目の憲兵が立哨していたが、初めて基地に入るときは、言葉が通じるのかと身構えたものだ。
     そのゲートの道路反対側には一般住宅が数軒あり、基地関係の客を期待したようなラーメン屋が一軒あった。このラーメン店には、小学4~5年の男の子がいて叔父が可愛がっていた。昭和43年7月八王子に開園したばかりの東京サマーランドに一緒に遊びに行ったこともあった。今なら55歳くらいか。
     現在も数軒のラーメン屋があるが、どの店なのか見当がつかない。

     この基地も昭和48年、米軍立川基地と同時に日本に返還されると、跡地は徐々に再開発され、現在では西武鉄道の車両基地、警視庁運転訓練所、警視庁グランド、警視庁有家族待機寮4棟、東大和南公園、東大和南高校、北多摩看護専門学校、東大和療育センター、特養施設さくら苑、市営プールなどが立ち並ぶことになった。
     ときおり、この地域に入ることがあるが隔世の感を禁じ得ない。
     東大和市は、この「大和ベース(米軍大和基地)」返還が、街の景観づくり、税収増加などの面からも発展の核になったことは間違いない。人口の推移をみても、昭和40年大和町の人口31.709人が、平成26年3月1日現在の人口は 85,413人とある。001_100
     三倍近くの増加だ。
     そして、あれほどあった畑や空き地は、最近では見つけるのも難しくなった。緑豊かな自然環境が売りの街にとっては、喫緊の課題であろう。なお、玉川上水駅前広場に、米軍大和基地の正門だった事を残す記念碑がある。
     この辺りの難を言えば、何故、いちょう通りを南に真っ直ぐ伸ばさなかったのか、また、立正佼成会の工夫のない霊園と送電用鉄塔の多さが街の景観を壊していると見ている。

     この画像は返還の翌年昭和49年撮影の国土地理院(国土情報WEB) による。http://w3land.mlit.go.jp/cgi-bin/WebGIS2/WC_AirPhoto.cgi?IT=p&DT=n&PFN=CKT-74-16&PCN=C25&IDX=25&PNO=1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29,30,31,32,33,34,35,36,37Higasiyamato_image  

     昭和49年当時の玉川上水駅付近

    Photo Photo_2 Photo_3 S30_kitatama1

    |

    2014年2月23日 (日曜日)

    東大和市で気になる強盗が連続発生

     Photo_2
     東大和市の新青梅街道沿いで24時間営業店を狙う強盗が連続発生している。
     2月20日南街5丁目で発生の通り魔・傷害事件は、その日の夜にも南街2丁目の桑畑恵太朗容疑者(31)を逮捕してくれたが、これらの事件も早期検挙を願っている。

      2月 22 日(土)午前 4 時15分頃、東大和市蔵敷3丁目889−1牛丼店「吉野家 新青梅街道東大和店」で現金約 7万 5千円が強盗された。
     1月24 日(月)午前 3 時頃は、東大和市立野1-996 インターネットカフェ「 快活 CLUB 東大和店 」で現金約27万円が強盗された。
     この店舗はお互いの看板が見えるほど近い。
     犯人は、新青梅街道を乗用車やバイクで流して、狙いを付けていることも考えられるが、これらの店舗の裏手には住宅街が広がっており、徒歩や自転車でも簡単に防犯カメラに写らないように接近出来る。
     よって、自転車で近くまで接近して様子を伺い、犯行後は、その自転車で防犯カメラのないような裏道を逃走することも出来る。
     意外と近くに住む男で、味を占めて再犯の可能性も高い。

    ■2月 22 日午前 4 時 15 分ごろ、東京都東大和市蔵敷3丁目889−1の牛丼店「 吉野家新青梅街道東大和店 」で、男がアルバイトの男性店員( 29 )に包丁のようなものを突きつけて「 現金を出せ 」と脅迫し、レジなどにあった現金約 7 万 5 千円を奪って逃走した。男は 30 代で、身長約 170 センチのやせ形。灰色のフード付きパーカーにマスクと黒色の帽子を身に着けていた。

    ■1 月24 日午前 3 時頃、東京都東大和市立野1-996 のインターネットカフェ「 快活 CLUB 東大和店 」に客を装った男が押し入り、受付の男性アルバイト店員( 22 )に包丁のようなものを突きつけ、「 金を出せ 」と脅した。 男はレジから現金約 27 万円を奪って逃げた。店員にケガはなかった。東大和署が強盗事件として調べている。 発表によると、男は 30~40 歳くらいで、身長約 1 メートル 70。白いフードの付いた上着と黒い野球帽姿だった。

    |

    2014年2月20日 (木曜日)

    東大和市で嫌らしい事件が多発

     地域住民が一番不安に思う事件としては、自宅に侵入される強盗や空き巣などのほか、ひったくり、性犯罪、こどもに対する犯罪、振り込め詐欺などがある。
     警察も力を入れて対策をとっているであろうが、同種事件が同一地域で連続発生していると、やはり何をやっているのかと批判の声が高くなるものだ。
     今日20日(木)も午前8時10分ころ、西武拝島線・東大和駅の北西約300メートルの住宅街で、男が女子高生を擦れ違いざま右腕を刃物で切り付ける通り魔事件が発生した。
     発生から30分後ころに、仕事で近くを通りがかったことと、「メールけいしちょう」で概要を知ったが、周辺地域では警察やマスコミの車両が走り回ったり、上空を警察のヘリコプターが飛び回っていた。早期検挙を願っている。

    警視庁犯罪抑止対策本部
      https://twitter.com/MPD_yokushi

     追加記事
     2月20日(木)、東大和市南街5丁目で発生した通り魔容疑(傷害)事件については、2月21日(金)、東大和市南街2丁目の無職桑畑恵太朗容疑者(31)が傷害の疑いで逮捕されたそうだ。

     
    (通り魔事件)
    ■2月20日午前8時10分ころ、東大和市南街5丁目88番先の路上で、自転車に乗って車道を進んでいた女子高1年が男に右腕を刃物で切り付けられる「588通り魔傷害事件」が発生。軽傷だが友人と二人で通学の途中。「犯人の男と面識はない」と語り、犯人の男は年齢30代~40代、身長約170cm、痩せ形、赤いジャンパー・黒っぽいズボン。

    (公然わいせつ)
       ~下半身露出が多いと推測するが、あと一歩具体性ある情報が欲しい。
    2月20日(木)、午前11時10分ころ、東大和市桜が丘1丁目の店舗内で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、30歳代、170cm 位、茶色っぽい上衣、黒色っぽいズボン、徒歩)
    2月17日(月)、午後5時30分ころ、東大和市清水4丁目の駐車場内で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、20歳代、160cm 位、やせ型、黒色っぽいズボン、徒歩)
    2月17日(月)、午後3時50分ころ、東大和市仲原2丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、20歳代、170cm 位、黒色っぽい上衣、徒歩)
    2月3日(月)、午後3時10分ころ、東大和市中央2丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、30歳代、170cm 位、青色っぽいジーパン、帽子、眼鏡、徒歩)
    2月3日(月)、午後6時20分ころ、東大和市桜が丘3丁目の公園内で、学生が通行中、男に声をかけられました。(不審者の特徴については、30歳代、180cm...
    1月25日(土)、午後4時40分ころ、東大和市狭山4丁目の路上で、公然わいせつ事件が発生しました。(犯人(男)の特徴については、20歳代、160cm位、中肉、短髪、黒色っぽい上衣、黒色っぽいズボン、徒歩)
      【問合せ先】東大和警察署 042-566-0110(内線2162)

    東大和市の防犯カメラ設置場所Photo Higasiyamato_h_y_map3

    |