カテゴリー「03  紹介しておきたい話」の300件の記事

2017年5月17日 (水曜日)

今後、益々注目される物件です

 5月17日は朝から、このマンション付近の出来事が報道されていますが、横浜市港北区以外には、どの辺りなのか殆ど情報はありません。Image2_2みなさん気になることでしょうから、概ねの場所などの情報を提供しておきたいと思います。
 この注目の物件「アークエルム大倉山2」の所在地は、横浜市港北区師岡町にあり、
交通の便は、東急東横線 / 大倉山駅 徒歩14分、JR横浜線 / 菊名駅 徒歩24分 964-1
構造は模壁式鉄筋コンクリート
総戸数20戸
築年月1994年03月、通学区は、師岡小学校、樽町中学校です。

| | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土曜日)

はじめての車中泊旅行

 今年の連休は、関西・北陸・中国・九州・四国方面の車中泊によるMap_nisi_print_25泊の旅にでかけてきました。
 行き先は、これまで行きたくても中々行けなかった場所を選んで車で巡ってきました。天候は、初日に名古屋北部付近で、激しい雷雨の中を約1時間通行した以外は快晴に恵まれたことは幸いでした。また、全て車中泊にしたことからコースを自由に選択できたことと、予算を節約出来たことで有意義な旅となりました。全走行距離の計算を忘れていましたが、無事に帰宅できたことがなによりでした。
■4月29日、自宅を早朝出発し、青梅インターから圏央道~第二東名~名古屋(熱田神宮名古屋城)~北陸自動車道~敦賀IC~若狭湾
■4月30日、車中泊した道の駅「若狭おばま」~舞鶴海上自衛隊天橋立・飛龍観余部鉄橋出雲大社
■5月1日、車中泊した道の駅「出雲大社ご縁広場」~足立美術館~松江自動車道~中国自動車道~九州自動車道~宗像市(宗像神社)
■5月2日、車中泊した道の駅「むなかた」~九州自動車道~関門橋~山陽自動車道~安芸の宮島(厳島神社)~弥山登る~山陽自動車道~西瀬戸自動車道(しまなみ街道)
■5月3日、車中泊した道の駅「しまなみ」~松山市(道後温泉本館「坊っちゃん湯」に入る)~松山自動車道~高松自動車道~善通寺(金毘羅神社)~瀬戸中央自動車道~瀬戸大橋~山陽自動車道~姫路城
■5月4日、車中泊した「加西SA」~中国自動車道~名神高速~第二東名~圏央道で帰宅する。
  渋滞に巻き込まれたのは、最終日に大阪・京都・名古屋辺りで遭遇した以外は全般にスムーズな流れでした。旅の中で仕入れた話題や美味しかった食事、各地の温泉体験などは、追い追いと紹介したいと思います。天橋立、出雲大社、足立美術館、厳島神社、弥山、坊っちゃん湯、金毘羅神社、瀬戸大橋、姫路城等々驚くことばかりでした。

| | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金曜日)

人工知能のカンブリア紀の爆発は

 山形県鶴岡市に所在する「ルネサス エレクトロニクス鶴岡工場」で製造するCMOS0004203200_センサーは自動運転の自動車やロボットの画像センサーなどに使われる世界一の電子の目と聞きました。ここには親戚二人が働いていますので紹介したいと思います。
 人間の五感として、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚がありますが、人間が最も大切とされるのは視覚とされます。それは障害者認定の基準から見ても視覚障害者の等級が高いことでも明らかです。地球の歴史で、約5億4200万年前から約4億8830万年前までを「カンブリア紀」と呼びます。この時代に初めて「眼」を持った生物が誕生したとされ、それまで数十数種しかなかった生物が、突然、1万種も増加したことから「カンブリア紀の大爆発」と呼ばれています。理由は、眼が見えることで捕食活動が楽になり、弱肉強食の世界が激しく加速したことがあると見られています。
  これからも「眼が見える」ことの大切さが証明されています。
 先日、イメージセンサ(撮像デバイス)の埋込フォトダイオードを発明した兵庫県立大学兼ねて静岡大学の特任教授を務める寺西信一さんが、今年の「エリザベス女王工学賞」を受賞すると発表されました。この「エリザベス女王工学賞」は2013年に始まった、まだ3回目の新しい賞で、過去にはインターネットの開発者や「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」の開発者に贈られているそうですが、三回目にして寺西さんが選ばれたことは凄いことと思います。凄い理由は、AI(人工知能)にイメージセンサ(撮像デバイス)という目を付けることを可能にすることで「AIのカンブリア紀の大爆発」が予想されるそうです。
 具体的には、防犯カメラで不審者を自分で発見したり、自動運転の自動車やロボットの眼として自分で進む方向を判断したり、或いは農作物の良し悪しを選別する眼、攻撃目標を自動的に定める軍事目的などとして、多種多用な目的に利活用の場が広まりそうです。このイメージセンサ(撮像デバイス)を製造している、その一つが、ルネサス エレクトロニクスの鶴岡工場です。

| | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月曜日)

車の自動運転は楽しみですね!

 最新の「アイサイトVer3」も、吹雪や大雨の中では、作動しないと2017227_image5_3きもあります。
 最近、郷里の遊佐町や酒田市まで、高速道路を利用して往復する回数が増えました。殆どが、関越から日本海沿岸東北自動車道の利用です。車は「アイサイトVer3」を搭載したスバル車で、前面上部には人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握する「ステレオカメラ」が取付けられ、前方の車は勿論、歩行者や自転車なども識別して、これらとの距離や形状、移動速度を正確に認識する「運転支援システム」と言われています。
 ドライバーが気付かないうちに自動支援しているスリップ防止や自動ブレーキは勿論、前の車に付いて行く「全車速追従機能付きクルーズコントロール」や走行レーンを読み取ってくれる「アクティブレーンキープ」なども長距離運転には重宝しています。
 ところが、1月下旬に帰省した際、関越トンネルを過ぎた辺りから、前方の視界を遮るような猛吹雪に遭遇したのですが、この「アイサイトVer3」も作動しなくなったのです。吹雪且つ積雪で走行レーンは消えている上、前の車の赤い後部ランプが頼りの厳しい環境での運転でしたが、こんなときこそ威力を発揮して欲しいものです。
 今年2017年中には、「アイサイトver4」搭載の車が発売されるそうで、
 •全車速追従機能と低車速(0~65km/h)での車線中央維持
 •自動車専用道路での渋滞時カーブ追従に対応する、準自動運転「レベル2」相当のようです。また、2020年には「アイサイトver5」も登場の予定で、ステレオカメラに追加して「デジタルマップ、レーダー」を使用することで、「自動車線変更」、「連続レーンキープ」、「•ーブ減速」などの機能が追加されるそうです。
 是非とも、吹雪や大雨でも作動するよう機能を高めて欲しいものです。

000eyesight

| | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土曜日)

人を指さすと三本の指は自分を向く

 自らの女性問題を記事にされた鳥越さん、弁護士任せにしないで、あなたもジャーナリ0000043ストなら、言論には言論で勝負しなさい。これまで「サンデー毎日」の編集長などとして、有ることないこと言論の自由を盾に批判してきたはずです。いざ、自分に向けられた批判には「事実無根」の一言で逃げ回るようでは男らしくありません。まぁ、人を指さすと三本は自分を向いています。つまり三倍になって帰って来ることはだけは確かです。鳥越氏は「サンデー毎日」の編集長当時の1989年、宇野宗佑首相(当時)の不倫問題で告発記事を特報し退陣に追い込んだことは有名な話です。
 今、巨大なブーメランが鳥越氏に襲いかかっています。
 人を罵声するなど主張の方法から特に支持していませんが、都知事候補の桜井誠氏が、7月22日有楽町駅マリオン前の街頭演説でこのように批判しています。 00000maxresdefault
 鳥越俊太郎!こいつだけは許せません!
 こいつはね、今から7年前に毎日新聞が、
waiwai変態事件というのを起こしました。 どういうことか?、毎日新聞の海外英語版サイトで『日本人はセックス狂いの変態民族だ!』って罵ったんですよ!これ、ヘイトスピーチでしょ?皆さん。我々に対するヘイトスピーチをやったのが、毎日新聞なんですよ!で、その時に抗議に行ったら、中から出てきたのが鳥越俊太郎だったんですよ!、とんでもない男です!、ですからね、我々は、鳥越俊太郎に『鳥越さん、あなたが勤めているこの毎日新聞が、我々に対して侮辱行為をやってる。日本人は皆、変態民族だと言ってる。それについてどう思うか?』と言ったらね、ヘラヘラ笑って出ていっちゃったんですよ!、こんな男を都知事にしちゃあダメですっ!、例え、私に一票入れなくてもいいけども、鳥越俊太郎みたいな、あんなクソ左翼に絶対一票入れるなっ!

■橋下徹vs在特会・桜井誠 【全】10/20 マスコミ説教含む
  https://youtu.be/ykhkV6hBlJM  

|

2016年4月20日 (水曜日)

マスコミが叩きやすい組織こそ大切だ

 今、熊本地震の被災地では、自衛隊・警察・消防が中心となり、懸命のImage1捜索活動が続いております。幾ら若い隊員が派遣されているとは言え、きっと、一日で疲労困憊のはずです。
 日本国民やマスコミに中には、「自衛隊や警察は国民の敵だ」、「暴力装置だ」、「税金泥棒だ」などと煽って故意に敵視する人たちがいます。
 しかし、自衛隊も警察も消防も、今回のような緊急事態に備えた組織なのです。この人達に活躍の場面が無ければ、それは国民にとって幸せなことです。この人達にかける言葉として、防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣の訓辞 が全てを網羅していると思います。

 【昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞
 「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。 御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。」  
【KSM】自衛隊最強伝説3 広島の平和集会で&吉田茂の訓示 KSM WORLD    https://youtu.be/ettT7051d4s

|

2016年3月 1日 (火曜日)

武田先生の話は気が楽になります。

 武田邦彦先生の話しはわかりやすく、本当に勉強になります。http://ch.nicovideo.jp/takeda00000top2

【武田邦彦】日本は、中韓とは国としての格が違いすぎる
  https://youtu.be/CqEof1luKYI

   武田先生の話しは分かり易く、説得力があります。

|

2016年1月23日 (土曜日)

浅草寺の小さな観音様と大きな草鞋

  先日、商売繁盛、災難厄除け、心願成就、家内安全などに功徳があImg_5840るとされる浅草の聖観音宗・金龍山「浅草寺」に参拝してきました。この浅草寺の秘仏とされる観音像は高さ1寸8分(約5.5センチ)と小さな金色の像と知られています。
 その浅草寺の目の前には見事な「宝蔵門」がありますが、長さ4.5mの大きなわらじが左右に飾られています。最初の奉納は、昭和16年、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が奉納したのが始まりとされます。更に、戦災で失っていた「宝蔵門」の復元が昭和39年に行われたとき、村山市出身の彫刻家・村岡久作氏が仁王像を彫刻したことで再び寄進が始まり、以来、昭和47年、53年、63年、平成10年、20年に奉納しているそうです。
  それでは何故、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が浅草寺の信者であったかを考察致しますと、浅草寺は昭和25年までは天台宗に属していたことにあると察します。御本尊は「聖観世音菩薩」ですが、お前立本尊は慈覚大師円仁作の「聖観世音菩薩」です。天台宗の本山は伝教大師最澄(766~822)が開いた比叡山延暦寺ですが、最澄に師事した慈覚大師円仁(794年~864)も日本仏教に大きな役割を果たしてImg_5839います。
  そして、山形県山形市の立石寺の創建は貞観2年(860年)に清和天皇の勅命で円仁(慈覚大師)が開山し、立石寺には円仁の遺骸を安置すると伝える入定窟があるほどです。よって立石寺は、天台宗の東北の本山とされ、伝教大師が灯した不滅の法灯が分けられているほどです。
 これらから、山形県村山市出身の松岡俊三代議士が、当時は天台宗のお寺だった浅草寺の信者になったことが理解出来ることです。
   なお、現在では、山形県村山市と東京都台東区は友好都市として物産展を開くなど数々の交流があるそうですし、同じ大草履は村山市の小松沢観音の仁王門にも奉納されています。説明書には「こんな大きなわらじをはく人がいるならと驚いて魔が去っていく」とありますが、約5.5センチの観音様ながら、功徳や慈悲の心は限りなく大きいことを現していると解釈しました。

Img_5820

|

2016年1月 3日 (日曜日)

謹賀新年 丙申

 今年は、「皇紀2676年」、「西暦2016年」、「平成28年」、「丙申(ひのえ さる)」の年です。
 これは「太陽の画家」と呼ばれる三谷祐資氏の絵「常世の国」です。
 昨年、伊勢の神宮会館に宿泊した際に、ホールに飾られた 150号の絵に圧倒されたものでした。
Img_5231
 同氏のホームページには、
 「日本と外国、太陽は同じでも見え方は異なり、或時は優しく、そして或時は炎え上る様なパワーを持って昇って来ます。万象は太陽によって生命を与えられ、朝日、夕日に照らされる風景は美しく、感動致します。その軌跡を一点の絵画として、太陽のエネルギーを生き生きと描いてゆきたいと思います。」
 とありました。
   http://www.y-mitani.net/art/index.html

|

2015年12月 8日 (火曜日)

「ららぽーと立川立飛」最大の弱点は

 12月10日、立川市泉町935に超大型店舗「ららぽーと立川立飛」が開業します。
 待ちに待ったと思っている方、超大型店舗に飲み込まれてしまうのではと戦々恐々としている方などいろいろでしょう。立川駅周辺の大型商業施設「伊勢丹立川20141020_01店」「ルミネ立川」「立川高島屋」「グランデュオ立川」の4施設が連携して「FASHION SHOW」を開催するなど、迎え撃つ態勢も整えていました。かつては、デパートやスーパーの出店に、地元の個人商店が脅えていたものでしたが、今や伊勢丹や高島屋が恐れるほどの超大型店舗の出店です。
 まるで、多摩地域に黒船来襲のようです。
 この超大型店舗の出店で、客足の流れも大きく変化して、既存店舗では客離れや飲み込まれてしまうのではと心配する気持ちは分かります。
 「ららぽーと立川立飛」の最大の弱点は、交通の便でしょう。
 多摩モノレールの駅と直結していますが、ダイヤ増発の予定はあるのでしょうか。
 車利用者のために駐車場は3,055台収容ですが、出入り口は一か所のようです。
 周辺道路は抜け道がほとんどなく、車で行くには非常に大混雑が予想されます。
 駐車場情報ですが、
 ●最初の1時間は500円、以降は30分毎に250円、ただし、
 ●2,000円以上のご利用 +1時間無料   
 ●5,000円以上のご利用 +2時間無料
Lalaport

Image9


|

より以前の記事一覧