カテゴリー「03  紹介しておきたい話」の304件の記事

2017年8月17日 (木曜日)

原爆こそホロコーストと批判した米国人

「米国による原爆投下こそが、国家による非戦闘員の生命財産の無差別Ben_bruce_blakeneys_image1破壊としてナチスによるホロコーストに比せる唯一のものである。」と日本を弁護したBen Bruce Blakeney(ベン・ブルース・ブレイクニー)という人物がいたことは殆ど知られていません。
 裁判記録から抹殺されたからです。
 東京裁判で、ブレイクニー弁護士が「原爆こそがホロコーストそのものだ!それを企画し投下を命令した者の名を私は知っている!」と弁論した途端に同時通訳の電源が切られたという。
 東京裁判: ブレイクニー弁護人の弁論  https://youtu.be/EFpB2oN-scU 

 「国家の行為である戦争の個人責任を問う事は、法律的に誤りです。
 なぜならば、国際法は国家に対して適用されるものであり、個人に対してではないのです。個人に依る戦争行為という新しい犯罪をこの法廷で裁くのは誤りです。戦争での殺人は罪になりません。それは殺人罪ではありません。戦争は合法的だからです。つまり合法的人殺しである殺人行為の正当化であるのです。たとえ嫌悪すべき行為でも、犯罪としてその責任は問われませんでした。キッド提督の死が真珠湾攻撃による殺人罪になるならば、我々は広島に原爆を投下した者の名をあげる事が出来ます。投下を計画した参謀長の名も承知しています。
 その国の元首の名前も我々は承知しています。彼等は殺人罪を意識していたでしょうか? していないでしょう。我々もそう想います。それは彼等(米国)の戦闘が正義で、敵(日本)の行為が不正義だからではなく、戦争自体が犯罪ではないからなのです。何の罪科で、いかなる証拠で、戦争による殺人が違法なのでしょうか?
原爆を投下した者がいます。この投下を計画し、その実行を命じ、それを黙認した者がいます。その者達が(東京裁判を)裁いているのです。原子爆弾という国際法で禁止されている残虐な武器を使用して、多数の一般市民を殺した連合国が、捕虜虐待について日本の責任を問う資格があるはずはありません。」
Ben Bruce Blakeney(ベン・ブルース・ブレイクニー)

| | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金曜日)

加計文書を玉木に流出した女職員

| | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土曜日)

「私は覚醒剤になりたい」ケント

 米国の弁護士、ケント・ギルバート氏は「私は覚醒剤に成りたい」と語っています。
 その意味は、「戦後の日本は、GHQに洗脳されたままで自虐史観になっている。これから覚醒する手助けをしたい」、「自分の国の歴史と文化に誇りを持って欲しい」、「日本は世界から信頼されている」、「日本人は、自分の国の良さを語れない日本人が多いことに驚く」、「日本に本当の憲法学者はいない」、「自衛隊は軍人でも文民でもない。一体何なのか」、「私は日本の憲法改正に努力したい」などと語っています。
 きっと、アメリカGHQが主導した日本人の洗脳教育や押し付けた平和憲法で、自信を失った日本人の覚醒を生きがいにしているのでしょう。 
■ケント・ギルバート:外国人だから言える日本のスゴさ Vol.5
(インタビュワー:ロイス・クルーガー)  
 https://youtu.be/e14cibmJqHg

日本は江戸時代の頃から世界大国である
なぜ日本人は日本に誇りが持てなくなったのか? #ケント・ギルバート #
櫻井よしこ
   https://youtu.be/bth2TgdIxIw
 

| | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火曜日)

「朝生」は本当に気持ち悪くなる

 百田尚樹さんが『朝まで生テレビにはもう出ない』と言う気持ちが理Image5_2解できます。
1、他者が発言中の場合、発言の最後まで聞いてから自らの意見を述べよ。
2、司会者は公平中立の立場であって、どちらか一方の意見に肩入れしてはいけない。
3、相手からの問いかけには論点を逸らさずに答えること。
 こんな「議論のルール」など全く無視です。
 気に入らない発言を遮ったりするなど司会者の横暴ぶりや、居並ぶパヨクの顔つき、喧嘩腰の発言など、気持ち悪くなること必至です。
 ネット上には、既にいろんなコメントがのっています
■小林よしのり氏は、思想家でもなければ、研究者でもない。カネと女でどうにでも転ぶ、営利漫画家だから、そんな奴と切り捨てていいと思います。
■司会があれじゃ討論にならんわ! 久しぶりに観たが観る価値なし! 百田さんの言う通り、小林よしのりの行動を見てて気持ち悪く感じましたわ!
■「朝まで生テレビ」という番組のあり方自体を、戦後の言論界の縮図として朝生最後のテーマとして取り上げ田原は番組を引退すべき。
 そんな度胸は老害田原にはないだろうが。
■【『朝生はもう出ない! 田原は卑怯者』】
 百田尚樹が『朝まで生テレビ』出演の裏話を語る!
 『楽屋から喧嘩腰の教授』『小林よしのり気持ち悪い』等[2017.05.30]   https://youtu.be/WZNiIiSQTbg

【朝生 放送終了後に衝撃の出来事が!】
 『朝まで生テレビ』今までで一番酷かったとケント・ギルバートが酷評[2017.05.31]     
 https://youtu.be/jlaJqws7T78
■朝まで生テレビ! 2017年5月26日 170526
https://youtu.be/AXw_h95ogyY

| | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水曜日)

今後、益々注目される物件です

 5月17日は朝から、このマンション付近の出来事が報道されていますが、横浜市港北区以外には、どの辺りなのか殆ど情報はありません。Image2_2みなさん気になることでしょうから、概ねの場所などの情報を提供しておきたいと思います。
 この注目の物件「アークエルム大倉山2」の所在地は、横浜市港北区師岡町にあり、
交通の便は、東急東横線 / 大倉山駅 徒歩14分、JR横浜線 / 菊名駅 徒歩24分 964-1
構造は模壁式鉄筋コンクリート
総戸数20戸
築年月1994年03月、通学区は、師岡小学校、樽町中学校です。

| | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土曜日)

はじめての車中泊旅行

 今年の連休は、関西・北陸・中国・九州・四国方面の車中泊によるMap_nisi_print_25泊の旅にでかけてきました。
 行き先は、これまで行きたくても中々行けなかった場所を選んで車で巡ってきました。天候は、初日に名古屋北部付近で、激しい雷雨の中を約1時間通行した以外は快晴に恵まれたことは幸いでした。また、全て車中泊にしたことからコースを自由に選択できたことと、予算を節約出来たことで有意義な旅となりました。全走行距離の計算を忘れていましたが、無事に帰宅できたことがなによりでした。
■4月29日、自宅を早朝出発し、青梅インターから圏央道~第二東名~名古屋(熱田神宮名古屋城)~北陸自動車道~敦賀IC~若狭湾
■4月30日、車中泊した道の駅「若狭おばま」~舞鶴海上自衛隊天橋立・飛龍観余部鉄橋出雲大社
■5月1日、車中泊した道の駅「出雲大社ご縁広場」~足立美術館~松江自動車道~中国自動車道~九州自動車道~宗像市(宗像神社)
■5月2日、車中泊した道の駅「むなかた」~九州自動車道~関門橋~山陽自動車道~安芸の宮島(厳島神社)~弥山登る~山陽自動車道~西瀬戸自動車道(しまなみ街道)
■5月3日、車中泊した道の駅「しまなみ」~松山市(道後温泉本館「坊っちゃん湯」に入る)~松山自動車道~高松自動車道~善通寺(金毘羅神社)~瀬戸中央自動車道~瀬戸大橋~山陽自動車道~姫路城
■5月4日、車中泊した「加西SA」~中国自動車道~名神高速~第二東名~圏央道で帰宅する。
  渋滞に巻き込まれたのは、最終日に大阪・京都・名古屋辺りで遭遇した以外は全般にスムーズな流れでした。旅の中で仕入れた話題や美味しかった食事、各地の温泉体験などは、追い追いと紹介したいと思います。天橋立、出雲大社、足立美術館、厳島神社、弥山、坊っちゃん湯、金毘羅神社、瀬戸大橋、姫路城等々驚くことばかりでした。

| | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金曜日)

人工知能のカンブリア紀の爆発は

 山形県鶴岡市に所在する「ルネサス エレクトロニクス鶴岡工場」で製造するCMOS0004203200_センサーは自動運転の自動車やロボットの画像センサーなどに使われる世界一の電子の目と聞きました。ここには親戚二人が働いていますので紹介したいと思います。
 人間の五感として、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚がありますが、人間が最も大切とされるのは視覚とされます。それは障害者認定の基準から見ても視覚障害者の等級が高いことでも明らかです。地球の歴史で、約5億4200万年前から約4億8830万年前までを「カンブリア紀」と呼びます。この時代に初めて「眼」を持った生物が誕生したとされ、それまで数十数種しかなかった生物が、突然、1万種も増加したことから「カンブリア紀の大爆発」と呼ばれています。理由は、眼が見えることで捕食活動が楽になり、弱肉強食の世界が激しく加速したことがあると見られています。
  これからも「眼が見える」ことの大切さが証明されています。
 先日、イメージセンサ(撮像デバイス)の埋込フォトダイオードを発明した兵庫県立大学兼ねて静岡大学の特任教授を務める寺西信一さんが、今年の「エリザベス女王工学賞」を受賞すると発表されました。この「エリザベス女王工学賞」は2013年に始まった、まだ3回目の新しい賞で、過去にはインターネットの開発者や「ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)」の開発者に贈られているそうですが、三回目にして寺西さんが選ばれたことは凄いことと思います。凄い理由は、AI(人工知能)にイメージセンサ(撮像デバイス)という目を付けることを可能にすることで「AIのカンブリア紀の大爆発」が予想されるそうです。
 具体的には、防犯カメラで不審者を自分で発見したり、自動運転の自動車やロボットの眼として自分で進む方向を判断したり、或いは農作物の良し悪しを選別する眼、攻撃目標を自動的に定める軍事目的などとして、多種多用な目的に利活用の場が広まりそうです。このイメージセンサ(撮像デバイス)を製造している、その一つが、ルネサス エレクトロニクスの鶴岡工場です。

| | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月曜日)

車の自動運転は楽しみですね!

 最新の「アイサイトVer3」も、吹雪や大雨の中では、作動しないと2017227_image5_3きもあります。
 最近、郷里の遊佐町や酒田市まで、高速道路を利用して往復する回数が増えました。殆どが、関越から日本海沿岸東北自動車道の利用です。車は「アイサイトVer3」を搭載したスバル車で、前面上部には人の目と同じように、左右2つのカメラで立体的に環境を把握する「ステレオカメラ」が取付けられ、前方の車は勿論、歩行者や自転車なども識別して、これらとの距離や形状、移動速度を正確に認識する「運転支援システム」と言われています。
 ドライバーが気付かないうちに自動支援しているスリップ防止や自動ブレーキは勿論、前の車に付いて行く「全車速追従機能付きクルーズコントロール」や走行レーンを読み取ってくれる「アクティブレーンキープ」なども長距離運転には重宝しています。
 ところが、1月下旬に帰省した際、関越トンネルを過ぎた辺りから、前方の視界を遮るような猛吹雪に遭遇したのですが、この「アイサイトVer3」も作動しなくなったのです。吹雪且つ積雪で走行レーンは消えている上、前の車の赤い後部ランプが頼りの厳しい環境での運転でしたが、こんなときこそ威力を発揮して欲しいものです。
 今年2017年中には、「アイサイトver4」搭載の車が発売されるそうで、
 •全車速追従機能と低車速(0~65km/h)での車線中央維持
 •自動車専用道路での渋滞時カーブ追従に対応する、準自動運転「レベル2」相当のようです。また、2020年には「アイサイトver5」も登場の予定で、ステレオカメラに追加して「デジタルマップ、レーダー」を使用することで、「自動車線変更」、「連続レーンキープ」、「•ーブ減速」などの機能が追加されるそうです。
 是非とも、吹雪や大雨でも作動するよう機能を高めて欲しいものです。

000eyesight

| | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土曜日)

人を指さすと三本の指は自分を向く

 自らの女性問題を記事にされた鳥越さん、弁護士任せにしないで、あなたもジャーナリ0000043ストなら、言論には言論で勝負しなさい。これまで「サンデー毎日」の編集長などとして、有ることないこと言論の自由を盾に批判してきたはずです。いざ、自分に向けられた批判には「事実無根」の一言で逃げ回るようでは男らしくありません。まぁ、人を指さすと三本は自分を向いています。つまり三倍になって帰って来ることはだけは確かです。鳥越氏は「サンデー毎日」の編集長当時の1989年、宇野宗佑首相(当時)の不倫問題で告発記事を特報し退陣に追い込んだことは有名な話です。
 今、巨大なブーメランが鳥越氏に襲いかかっています。
 人を罵声するなど主張の方法から特に支持していませんが、都知事候補の桜井誠氏が、7月22日有楽町駅マリオン前の街頭演説でこのように批判しています。 00000maxresdefault
 鳥越俊太郎!こいつだけは許せません!
 こいつはね、今から7年前に毎日新聞が、
waiwai変態事件というのを起こしました。 どういうことか?、毎日新聞の海外英語版サイトで『日本人はセックス狂いの変態民族だ!』って罵ったんですよ!これ、ヘイトスピーチでしょ?皆さん。我々に対するヘイトスピーチをやったのが、毎日新聞なんですよ!で、その時に抗議に行ったら、中から出てきたのが鳥越俊太郎だったんですよ!、とんでもない男です!、ですからね、我々は、鳥越俊太郎に『鳥越さん、あなたが勤めているこの毎日新聞が、我々に対して侮辱行為をやってる。日本人は皆、変態民族だと言ってる。それについてどう思うか?』と言ったらね、ヘラヘラ笑って出ていっちゃったんですよ!、こんな男を都知事にしちゃあダメですっ!、例え、私に一票入れなくてもいいけども、鳥越俊太郎みたいな、あんなクソ左翼に絶対一票入れるなっ!

■橋下徹vs在特会・桜井誠 【全】10/20 マスコミ説教含む
  https://youtu.be/ykhkV6hBlJM  

|

2016年4月20日 (水曜日)

マスコミが叩きやすい組織こそ大切だ

 今、熊本地震の被災地では、自衛隊・警察・消防が中心となり、懸命のImage1捜索活動が続いております。幾ら若い隊員が派遣されているとは言え、きっと、一日で疲労困憊のはずです。
 日本国民やマスコミに中には、「自衛隊や警察は国民の敵だ」、「暴力装置だ」、「税金泥棒だ」などと煽って故意に敵視する人たちがいます。
 しかし、自衛隊も警察も消防も、今回のような緊急事態に備えた組織なのです。この人達に活躍の場面が無ければ、それは国民にとって幸せなことです。この人達にかける言葉として、防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣の訓辞 が全てを網羅していると思います。

 【昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞
 「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。 御苦労だと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。」  
【KSM】自衛隊最強伝説3 広島の平和集会で&吉田茂の訓示 KSM WORLD    https://youtu.be/ettT7051d4s

|

より以前の記事一覧