2018年6月18日 (月曜日)

米朝会談は成功か失敗か

  左翼系テレビの殆どは「北は得るものが多いから、トランプ氏の失敗Image」と論評は、逆に保守系のネットの意見は「戦争の危機から脱したのだから成功」などと意見が分かれています。勿論、半年前まで核戦争の直前まで緊迫した情勢が緩和された現実を喜んでいますから、トランプ氏の英断を支持しています。
 ただ、朝鮮人は、強い者には屈服しても、弱い者には威張るという性質は昔から変わりません。それは、会談直後に平壌放送は「日本は既に解決された『拉致問題』を引き続き持ち出し、自分らの利益を得ようと画策している」と論評したことで証明されています。いずれにしても、このような朝鮮人の体質には、アメリカも直ぐに気付くはずです。
 ところで、幕末から明治期に、朝鮮人と接して分かった金言が残っています。
・新井白石…『朝鮮人は、己に都合が悪くなると平気で嘘をつく』
・吉田松蔭…『朝鮮人の意識改革は不可能』
・福沢諭吉…「嫌韓論」…『この世界に救いようのない、どうしようもない民族がいる。朝鮮人だ(要約)』
・伊藤博文(韓国の初代統監)…『嘘つき朝鮮人とは関わってはならない』
・夏目漱石「韓満所感」(抜粋)…『余は支那人や朝鮮人に生まれなくって、善かったと思った』
・新渡戸稲造…『朝鮮亡国の原因は、朝鮮民族という人間にある』
・本田宗一郎(HONDA創業者)曰く、『韓国人と関わるな』
とあります。Image2とにかく、「『口先』と『見てくれ』ばかりの虚栄心の固まりとされ、自分を実力以上に見せたい底上げ体質の朝鮮人は、今回の会談でも発揮していました。
 その典型が、金委員長の底上げ靴です。
 今の段階で成功失敗を論じることは時期尚早であり、今しばらくは成り行きを観察したいと思いのすが、アメリカ側にすれば、北朝鮮の核放棄の決意をまずは信用して、次に始まる核査察などへの協力など見守る作戦でしょう。そして、この約束を破棄したなら、更なる締付けと攻撃の正当性を訴えるのでしょう。

| | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日曜日)

児童虐待は家族制度の崩壊が遠因

 連合国軍総司令部(GHQ)のトップであるマッカーサーは、占領政策の基本を
(1)皇族・皇室の縮小と華族制度の廃00002689
(2)戦争の放棄と戦力の不保持
(3)封建制度の廃止
 
の三原則を指示し、日本はこれらを見事に守って徹底的に弱体化しています。まず、(1)によって皇室存続の危機にあり、また(2)によって防衛の危機に陥り、そして(3)によって日本人の精神的支柱だった「家」制度がことごとく破壊されています。
 さて、目黒区で児童虐待で死亡した船戸結愛ちゃん(5)の父親の船戸雄大容疑者と母親の優里容疑者は保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたことを「何とかならなかったのか」などと児童相談所などの行政機関に責任を向ける意見が多数聞かれます。しかし、この事件の発生も根源を辿れば、戦後の「家族制度の破壊」によって血縁・地縁社会が崩壊し、核家族化したことに遠因していると思います。0000pc
 何も児童虐待だけではありません。
 介護問題、児童保育、DV(夫婦間暴力)、引きこもり、いじめ問題等々の深刻な問題の発端は、戦後の憲法や民法にあるはずです。今頃「戦後レジームからの脱却」を叫んでも、取り返すことが出来ない絶望的状況です。この涙無くして読めない、こんな叫びを書かせたのは戦後の日本と思います。
もうパパとママにいわれなくてもしっかりとじぶんからきょうよりもっともっとあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください おねがいします

| | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金曜日)

朝鮮人気質の丸出しの金正恩

 北朝鮮の金正恩政権は、国際社会に核保有を認めさせつつ、多額の経済援助を要求し、要求が通じないなら会談の拒否をちらつかせるなど、我がままで、ギリギリの瀬戸際外交が繰り広げられていると見られています。
 米国のトランプ政権も北朝鮮に対して、戦争が和平かの厳しい外交が展開していても、責任感の薄いマスコミは、トランプ大統領は今秋の中間選挙を控えて、国民へのアピール目的だとか、ノーベル平和賞狙いなどと馬鹿にした発言で、せっかくのチャンスを応援せず貶めようとしています。この程度の意地悪発言は予測の範囲内でしょうが、交渉の裏側では担当者らの厳しい遣り取りがあるはずです。今回は、アメリカがベトナム戦争当時に韓国兵をどのように扱ったを見て、北朝鮮側との交渉のご苦労を察したいと思います。
 これらは、金正恩をはじめ北朝鮮関係者の扱い方の参考にするはずです。
■ アメリカ:ベトナム戦争の「韓国兵の扱いマニュアル
1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

| | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木曜日)

麻原の神格化を止める手立てはない

  死刑執行により、オウム真理教教祖、麻原彰晃の「神格化」を止める手立てはないと見られています。000300014p2
 今年3月、オウム真理教関連死刑囚13人のうち7人が全国の刑場の設備がある拘置所に分散されたことで、死刑執行が『6月に麻原らの刑が執行される』との憶測が流れています。これにより「麻原彰晃死刑囚の神格化と拘置所の聖地化」が真剣に心配されています。死刑執行は、共犯事件の死刑囚は同日に執行されるのが原則とされますから、13人もいては関係者も大変です。
 「オウム真理教」は事件後、「アレフ」に名前を変えて活動していましたが、その後、「ひかりの輪」が分裂し、さらに「アレフ」から通称「山田らの集団」が分裂しているそうです。この『山田らの集団』は、松本家の三女・松本麗華氏(宗教名・アーチャリー)の働きかけで分派した団体とされ、原理主義的傾向が強く、信仰を先鋭化する動きがあると見られています。また、死刑が執行されると、その遺骨を確保した者が後継者になる可能性が大きいことと、死刑執行後の「後追い自殺」も心配されています。
 そして、死刑執行された遺体は基本的には、法務省から死刑囚の遺族に連絡が行くそうですから、松本家の三女も遺骨や衣類、遺品を受け取る可能性も強いわけで、麻原の娘に罪がないにしても、回りの信者から利用されて不信感や恐怖心は一生ついて回ると思われています。
 それにしても、教祖と12人の弟子の処刑からは、イエス・キリストが十字架にかけられる前、弟子12人と最後の食事の場面を描いた「最後の晩餐」を連想してしまいます。

| | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日曜日)

スポーツは厳しいルールがあって成立

 警察官が走って逃げる犯人を後ろから追いかけて捕まえる「追いかけワザ」の一つImage2に「前倒し」があると聞きました。この技は、名称の通り、逃げる相手に追いついたら、背中を突き飛ばして前のめりに倒すので、怪我をさせる虞も伴うので危険と聞いています。また、上野動物園では、パンダの「シャンシャン」が母親のシンシンの背後から飛びついて「膝カックン」状態になった様子も面白く伝えられましたが、これほど体力差があってもバランスを崩すのは、無警戒のところを背後から攻撃されたのでは、弱いことが証明されています。しかし、このような危険なワザをスポーツの試合で乱発していたら問題になるのは当然です。
 5月6日(日)に都内で行われた「日本大学と関西学院大学によるアメリカンフットボールの試合中に、ボールを投げ終わった約2秒後に無防備な状態でいるところに、背後から強烈なタックル攻撃を仕掛け、全治3週間の怪我をさせていました。関係者は、「あのプレーは内田監督の指示があってのものと証言し、このような証拠映像も残っていますから日大側は厳しい状況です。
 そして騒動後、ようやく沈黙を破って、5月19日、日大の内田正人監督が公の場で初めて口を開き、辞任を表明しています。監督は、「この問題に対しての弁明はいたしません。すべて私の問題でございます。誠に申し訳ございませんでした。」と男らしく頭を下げています。きっと、これで騒動は沈静化するでしょうが、早め早めの対応が大切と気付いたはずであり、スポーツは厳しいルールがあって成立していることを改めて自戒すべきと思います。

アメフト反則タックル問題 日大の内田前監督らが会見(2018年5月23日) https://youtu.be/Fn2lgjqusks

| | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土曜日)

日共 ~真っ赤な隠された革命路線~

 警察や自衛隊を敵視する、この恐ろしい思想は平和な日本から排除する必要があります。なぜ邪魔なのか?、それは彼らが言う暴力装置として、革命の邪魔になるからです。
日本共産党 ~隠された革命路線~
 第1章 日本共産党の本音
 第2章 独裁体質
 第3章 暴力革命の歴史
 第4章 日本人民共和国
日本共産党 ~真っ赤な隠された革命路線~
  https://youtu.be/kw07PAqX19Q

安倍政権、突如の「共産党、暴力革命方針に変更なし」との閣議決定に共産・山下芳生書記局長が会見で怒りの反論!「憲法上の結社の自由に対する不当な侵害だ」 https://youtu.be/ N7XBWPX3K8E

| | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金曜日)

正論すぎる「DHC会長・吉田嘉明氏」

DHC会長の吉田嘉明氏が公式に『凄まじい声明』を発表してネットが騒然!!
 正論すぎると称賛の声が殺到中!! https://youtu.be/TZxuJY_lNIo

𠮷田嘉明(DHC会長)
 今、問題になっている放送倫理・番組向上機構(BPO)についてですが、まずこの倫理という言葉を辞書で調べてみると「善悪・正邪の判断において普遍的Imageな基準となるもの」(「大辞泉」)ということになっています。そもそも委員のほとんどが反日、左翼という極端に偏った組織に「善悪・正邪」の判断などできるのでしょうか。
 沖縄問題に関わっている在日コリアンを中心にした活動家に、彼らが肩入れするのは恐らく同胞愛に起因しているものと思われます。私どもは同じように、わが同胞、沖縄県民の惨状を見て、止むに止まれぬ気持ちから放映に踏み切ったのです。これこそが善意ある正義の行動ではないでしょうか。
 先日、情報バラエティー番組『ニュース女子』の問題に関して、朝日新聞が「放送の打ち切り決定」というニュースを大々的に流したようですが、『ニュース女子』の放映は今も打ち切ってはいません。これからも全国17社の地上波放送局で放映は続行します。
ただ、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)では流さないというだけのことです。DHCの方から、MXテレビとの取引はお断りしました。「番組内容を全面的に変えたい」「『ニュース女子』というタイトルを全く違うものに変更したい」との申し出があり、それにはきっぱりとお断りしたというのが内情です。
 朝日新聞の報道を知って「もう『ニュース女子』は永久に見られないのか」とがっかりされたファンの方も大勢いらっしゃったようです。今回の騒動をきっかけに、朝日新聞の購読中止と広告掲載の禁止を全社員に通告しました。
 BPOは、NHKと地上波の民放テレビ局(民放連)から選任された委員で構成されていますが、普段NHKや地上波の民放テレビを見ていて何かを感じませんか。昔とは明らかに違って、どの局も左傾化、朝鮮化しています。
 TBS系『サンデーモーニング』が最も分かりやすいと思いますが、出演するコメンテーターの発言や放送内容はいずれも反日、反安倍を貫いており、徹底した左寄りの番組です。他の放送局もここまで見え見えの極端さはないにしても、内容的にはどれも五十歩百歩に過ぎません。NHKはさすがに国民の税金で支えられているだけあって、見え透いたやり方は避け、巧みにカモフラージュしていますが、やはり左傾化は隠しようがありません。今、多くの番組で東大や早稲田大出身の教授、在日帰化人のジャーナリストや文化人、一見性別不明の左翼芸能人らが特に珍重されているようです。私が在日帰化人の問題に触れると、すぐに「へイトだ」「差別発言だ」と言われますが、私は決して差別主義者でもレイシストでもありません。
事実、DHCには国内だけでも約3千人の従業員がいますが、その中には少なくとも100人以上の帰化人が在籍しているものと思われます。7人いる役員のうち2人は帰化人です。社員も役員もまったく差別はしていません。みんな日本が大好きで、楽しく懸命に働いています。
 今、私が最も危倶しているのは、日本の主要分野にあまりにも増えすぎた「反日思想を持つ在日帰化人」のことです。日本人になりきって、日本のためにこれからも頑張ろうという人たちを差別しては絶対にいけません。反日だからダメなのです。日本という国にお世話になっていながら、日本の悪口は言う、日本を貶めることだけに生き甲斐を感じているような在日帰化人は逆に許せません。政界、官界、法曹界、マスコミ、実業界、スポーツ界、芸能界には驚くほど多数の在日帰化人がいます。ただ、芸能人やスポーツ選手に反日思想を持った人はほとんどいませんので何の問題もありません。むしろ人を楽しませる芸能性は純粋な日本人より優れていますので適材適所と言えましょう。
 実業界で大企業の創業者の大半は在日帰化人です。私のように純粋な大和民族はその点では珍しい存在かもしれません。この類の実業家は、反日ではありませんが、やはり民族的な性格からか、その貪欲さは半端ではありません。昔からの人情味あふれた小売店が全国から消えていったのは、率直に言ってこの人たちのせいだと思っています。
 政界、法曹界は特に在日帰化人が多いことで知られています。日本の全弁護士が所属している日弁連という団体がありますが、みなさんぜひ一度調べてみてください。本稿ではあえて触れませんが、驚くべきことが分かります。さて、表面的には政界の在日帰化人が最も目立ちますが、彼らはいやしくも国権の最高責任者であり、選挙によって選ばれた国民の代表者ですから、誰も文句を言う資格はないのです。何と言おうと国民が選んだわけですから。そもそも在日帰化人に、国会議員になれる資格を与えていいのかという問題もありますが、現行法で許されている限り、甘んじて受け入れざるを得ません。
それにしても、昔の民主党(今の立憲民主党、民進党、希望の党)のような政党に再び政権を取られることがあったら、この美しい国、日本は完全に終わりを告げるでしょう。とはいえ、国会議員はどんな人柄であろうと、どんな出自であろうと、何万人という有権者から選ばれた人たちですので、好き嫌いはあっても尊敬の対象にせざるを得ません。
 それとは異なり、筆記試験に受かっただけの裁判官や弁護士はどうでしょうか。原発再稼働の問題等、国の将来を左右する大きな問題を一裁判官の裁量で決めることができる。しかも、その決定に国民は黙って従う。ここに誰も疑問を感じないのでしょうか。国益にかかわる問題は本来、国民の代表である国会議員が決めることではないでしょうか。
 裁判官は仕事をしている過程で多少なりとも人格形成がなされていくのでしょうが、弁護士に至っては、もともと世間知らずだった人が世俗にまみれ、どんどん劣化していると思うことがあります。官僚もそうですが、試験に受かるために勉強ばかりしてきたということは、その分若いときに人間として最も大切な他人を思いやる気持ちが欠落していたり、交友関係を通しての人間形成が醸成されていない人もいるのではないでしょうか。合格と同時に出来損ないの一丁上がりということです。
ただ、官僚にも在日帰化人は大勢いても、反日思想を持った人は少ないようです。彼らのほとんどが東大法学部出身ですが、最近の劣化ぶりは話題になった文部科学省の前川喜平前次官や、厚生労働省東京労働局の勝田智明前局長らの上から目線の態度を見てもよく分かります。
 公僕というには程遠いと言わざるを得ません。「東大法学部を出ているから一番偉い」と勘違いしているのでしょうね。私は以前から東大と官僚が日本をダメにしていると言い続けていますが、もういい加減分かってもらいたいと思います。
 東大出になぜ在日コリアンが多いのかというのには理由があります。韓国の受験戦争は半端ではなく、仮に最高学府を卒業できても、上流階級出身かコネクションがない限り、一流企業には就職できません。これはよく知られた事実です。その点、日本では勉強して東大に合格さえすれば、どんな一流企業でも就職は思いのままです。
 もし司法試験に受かれば、長官にも次官にもなれます。だから、親は子供のために日本に帰化し、子供を東大に入れるために猛勉強をさせるのです。
 では、もし東大に落ちたら彼らはどうするか。ほとんどが早大へ行きます。その中から日本を忌避する学生は、やがて学生運動にはまり、左翼活動家へと変貌していくのです。学生運動家は卒業時、左翼系マスコミしか拾ってくれませんので、こうやってマスコミと在日コリアンは切っても切れない縁になっていくというわけです。
さて、放送法第四条についてですが、これは当然、即刻撤廃すべきです。BPOが第四条に準拠して『ニュース女子』を断罪したというのなら、TBSやテレ朝はもっと昔から何百回も断罪されるべきでしょう。彼らは、政治的には全く公平ではないし、報道は事実を曲げまくっている。これだけでも第四条に抵触しているではありませんか。こんな第四条は何の役にも立たないばかりか、日本に害をもたらすだけです。
「第四条を撤廃したら、テレビが政治的に中立を保てないのではないか」と主張する人がいるようですが、バカも休み休み言えと言いたい。今、どのテレビ局が政治的に中立を保っているというのか。安倍さんも「働くな改革」とか「仕事放り出せフライデー」みたいな奇妙な法案を時々考え出しますが、この放送法第四条撤廃はよくぞ思いついたと思います。これにはもろ手を挙げて大賛成です。
 事実、日本には保守派寄りのテレビ局どころか中立のテレビ局さえ皆無です。NHKでさえ中立ではありません。こんないびつな状態は先進国として異常だと言わざるを得ません。それでも、明るい話題だってあります。最近ネットでは、多くの若い人たちが「今のテレビ報道はおかしい」「嘘が多すぎる」と思い始めているようです。特に「ミレニアル世代(2000年代初頭に成年期を迎えた世代)」と呼ばれる人たちは、進んで人助けをし、苦しいことを自ら背負ってやろうという気概を持った、今までに見たことのない稀有な世代です。彼らは明治以降、初めて登場する輝かしい新人類です。私は彼らに日本の将来を託し期待しようと思っています。彼らが40代、50代になったら、世界に類のない素晴らしい日本人として成長しているはずです。もちろん、その頃には今の地上波テレビ局の大半は、この世に存在していないでしょう。
 最後に、なぜ私が在日帰化人に危惧しているのか、という話をします。日本人は姿形だけ見ると中国人や韓国人に似ているので、日本人のルーツは朝鮮半島を渡ってきた渡来人だと思われがちです。
 ところが最近、遺伝子の研究により、日本人は彼らとは全く関係のない民族だということが分かってきました。縄文人の遺伝子を解析したら、他のアジア人とはまるで違う人種であったというのです。日本人の祖先は、約2万年前にシベリアから、陸続きだった北海道を経由し、日本列島に広まっていったのです。
多少は南方や朝鮮半島から来た移民もいたようですが、その数は取るに足らないほどで、圧倒的多数がシベリアから南下してきたようです。アジアの中でも唯一日本人だけがヨーロッパ人に近い民族だったというのです。顔は似ていても、どうして中国人や韓国人とはこうも違うのだろうと思っていたことが、ここへきてやっと氷解しました。
 見えない絶対的な力を仮に「神様」と称すれば、神様の考えていることはただーつ「種族維持本能を生きとし生けるものに与える」ということだと思います。これは犬に例えるなら、コリー犬はコリー犬だし、ブルドックはずっとブルドックです。何百年たっても見分けがつかないような犬にはなりません。我々は全くの異人種である韓国人と仲良くすることはあっても、そして多少は移民として受け入れることはあっても、決して大量にこの国に入れてはいけないのです。ましてや、政権やメディアを彼らに牛耳られることは絶対に避けなければなりません。

| | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水曜日)

捜索に聖域をつくっては探せない!

 関係者は、きっと「玄関に施錠していたから」、「屋根裏にはいないと思っImage5た」、「島からは泳いで渡れないはず」・・・・などと思ったはずです。この容疑者は車上荒らし、金庫破りなど120件以上の窃盗を繰り返していた犯罪常習者ですから、善良な一般人の「常識は通じない」、「聖域はない」と思って捜索すべきだったと思います。
 先月4月8日、今治市の松山刑務所から脱走した平尾龍磨容疑者(27)の逃亡劇は、日本中のマスコミや国民が注目していましたが、脱走から23日目の4月30日に広島市南区でようやく確保されました。逃亡中、容疑者が長く潜伏していたのは、尾道市向島向東町の岩屋山南の別荘の屋根裏だったとされ、警察はなぜ探すことが出来なかったのかと検証或いは批判されています。
 これから思い出したのが、沖縄県で発生した「ひめゆりの塔事件」と長岡藩牧野家の旗印C0002866五間梯子」の謂れでした。「ひめゆりの塔事件」は、皇太子および同妃殿下(当時)が1975年7月17日に沖縄のひめゆりの塔を参拝された際、数日前から壕の中に潜んでいた過激派2人に火炎瓶を投げつけられた危機一髪の事件でした。事件前に洞窟の捜索を主張した警備陣に、当時の県知事は「『聖域』に土足で入るのは県民感情を逆なでする」と反対していたことが明るみになっていました。また、長岡藩の旗印「五間梯子」の話しは 戦国時代、敵に追われていた牧野家の殿様は、領民の家の納屋に匿ってもらいましたが、領民は機転を利かせ、まるで何事も無かったかのように梯子を納屋の扉に立てかけておくと、敵の追手はこれを見て誰もいないのだろうと騙され、殿様は無事逃れきったことに感謝しての旗印とされます。
 これらの話しは、捜索する側と犯罪を犯す側と立場を異にしていますが、いずれも「まさかと思った」こと、勝手に「聖域を作っていた」ことが共通していると思います。

| | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土曜日)

女性記者のことも報道すべきです。

 マスコミは犯罪被害者の顔写真等を勝手に報道するなら、テレ朝の女性記者のことも報道す201804180_1べきです。また、他の遠慮無い事件報道を思うと、二次被害の言い訳も笑えます。
 福田財務事務次官のセクハラ疑惑でテレビ朝日は19日、自社の女性記者がセクハラの被害者だと明らかにし、「社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について財務省に正式に抗議する予定だ」と言うものの釈然としません。まず、テレ朝は会見で「女性社員は1年半前から数回、1対1の取材会食をした時にセクハラ発言があった。上司に訴えたが本人が特定され二次被害の恐れから放送できないと言われ、週刊新潮に音源を持ち込んだ。」と稚拙な弁明をしていました。つまり、録音したセクハラの様子を特ダネと思い、上司に報告したのに特ダネとして採用されないから、女性社員は商売がたきの週刊新潮に録音データを勝手に売り込んで垂れ流したのでしょう。きっと、週刊新潮に高額で売ると同時に、身分補償もさせたはずであり、何が勇気ある行動ですか・・・・笑えることです。
  また「セクハラ」とは、通常は雇用関係などの優越的立場を利用しての行為ですから、この場合、彼女が職場に苦情を申し立てたのなら、取材を継続させたテレビ朝日の上司に問題があるはずです。それに、一人で飲み屋にノコノコ出向く女性記者も、実際は虎視眈々と録音を続け、いつのタイミングで特ダネとして問題を大きくしてやろうかと待ち構えていたことも容易に想像できます。よって、マスコミが挙って騒ぐほどセクハラ被害意識を女性記者が持っているのかも甚だ疑問です。それに、マスゴミは、1997年発生のま「東電OL殺人事件」の被害女性のことをあること無いことを報道していたし、座間9遺体事件、津久井やまゆり園の殺傷事件などでは、遺族らの「悲惨な現場なので名前や写真は報道しないで欲しい」と泣いて頼んでも、情け容赦なく報道したにもかかわらず、マスコミ内部のことになると女性記者の氏名も顔写真など一切報道しないという二重規範「ダブルスタンダード」も批判されています。
 被害者の顔写真や名前を勝手に報道するなら女性記者のことも報道すべきです。

| | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金曜日)

ハンカチを振るが如きの三回忌

 親しくしていた方が亡くなって3年になります。その方は、Image201842020年近く前に植えた「ハンカチの木」を大切に育てておりましたが、花が咲く直前に亡くなりました。
 「今年こそ花が咲くような気がする」と言葉を交わしたのが最後となり、事実、その年の春に待ちかねた花が咲いていました。しかし、その花を見ること無く亡くなっていました。納骨される直前に、その花の写真を撮り「ハンカチを振るが如くに旅に立つ」とヘタな句を添えて送って上げました。
 そうしますと、家族から「5枚ほど焼きまして欲しい」をお願いされました。
子供たちや実家の仏壇にも飾りたいのだそうです。そのうち、その方の友人だという方々もお別れに見えて、「ハンカチの木」の花の前後の事情をご家族から聞いたのでしょう。更に、数枚の写真を分けてあげたことがありました。
 そして、今年もハンカチの木に白い花が、春風に揺られて、まるで手を振るように咲いています。そこで、「ハンカチを 振るが如きの 三回忌」と駄作を詠んだのですが、まだ、その方の仏壇には飾っていません。2018420_7758

| | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土曜日)

特攻隊の自己犠牲とキリストの犠牲

 イエス・キリストは十字架での崇高な自己犠牲によって永遠の神になったという。
 また特攻隊の生みの親ともいわれる大西瀧治郎中将が、新聞記者に次の51sst5dmggl__sx344_bo1204203200_ように特攻隊の意義を語ったと言う。
 「明治維新の戦争の中で、会津藩が敗れた時、少年のグループが最後迄戦った。一つの藩の最後でもこうだ。ここで青年がたたなければ日本は滅びるだろう。青年達が国難に殉じて、いかに戦ったかということを歴史が記憶している限り、日本と日本民族は滅びる事は無い」
 そして、フランスの文人アンドレ・マルローは、特別攻撃隊の英霊に捧げるとして、会報[特攻」第8号に次のように寄せています。
 「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわり何ものにもかえ難いものを得た。これは、世界のどんな国も真似のできない特別特攻隊である。ス夕-リン主義者たちにせよナチ党員たちにせよ、結局は権力を手に入れるための行動であった。日本の特別特攻隊員たちはファナチックだったろうか。断じて違う。彼らには権勢欲とか名誉欲などはかけらもなかっ た。祖国を憂える貴い熱情があるだけだった。代償を求めない純粋な行為、そこにこそ真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。人間はいつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ。戦後にフランスの大臣としてはじめて日本を訪れたとき、私はそのことをとくに陛下に申し上げておいた。」
 さらに、ロバート・ケネディ元司法長官の息子であり、ジョン・F・ケネディ元大統領の甥にあたる著者マクスウェル・テイラー・ケネディ氏は、日本の「特攻」について次のように述べています。
 「彼らの最後の望みは、未来の日本人が特攻隊の精神を受け継いで、強い心を持ち、苦難に耐えてくれることだった。私たちは、神風特攻隊という存在をただ理解できないと拒絶するのではなく、人々の心を強く引きつけ、尊ばれるような側面もあったのだということを、今こそ理解すべきではないだろうか」
■―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか     https://youtu.be/buELxe1Wwa4 

■特攻の自己犠牲からキリストの犠牲 畠田秀生牧師
 

| | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水曜日)

戦争は共産主義者が起こした

 「大東亜戦争は軍部が暴走して起こした」と今も誤った知識が教えられています。
 さて、昭和10年(1935)の第7回コミンテルン大会におけるスターリン演説で重要な部分は次の部分とされ、 「ドイツと日本を暴走させよ。しかしその矛先を祖国ロシアに向けさせてはならない。ドイツの矛先はフランスとイギリスへ、日本の矛先は蒋介石の中国に向けさせよ。そして戦力を消耗したドイツと日本の前には米国を参戦させて立ちはだからせよ。日・独の敗北は必至である。そこでドイツと日本が荒らし回った地域、つまり日独砕氷船が割って歩いた跡と、疲弊した日独両国をそっくり共産陣営に頂くのだ。」と巧妙に「日米を戦わせよ」とソ連共産党の謀略を説いています。
 また、中川八洋著に、「近衛文麿とルーズヴェルト」があります。
Isbn4569548202 近衛文麿首相は共産主義者であり、戦争は、マルクス・レーニン主義/ソ連共産党の陰謀だったという内容だ。1937年(昭和12年)7月7日の盧溝橋事件(七七事変)~支那事変~日中戦争~大東亜戦争にと戦争を拡大していったが、これに、近衛首相は日本を共産国家にするために深く関与していた。終戦直後、戦争責任を感じていた近衛文麿は、巣鴨拘置所に出頭を命じられた昭和20年12月16日、荻外荘(杉並区荻窪 2-43-20)で青酸カリによる服毒自殺しています。
  共産主義者の近衛文麿は、同じ思想を持つ尾崎秀実(おざきほつみ)をブレーン引き入れ、日本の重要な情報はソルゲを通じてソ連共産党に筒抜けになっていたことはご存じの通りです。細かくは下段の動画が良く説明しています。

中国共産党に牛耳られた戦前日本の政界・言論界 【CGS 神谷宗幣 第56回-1】 https://youtu.be/abkpQRNElYQ


コミンテルンの「アジア共産化」計画と朝鮮戦争 【CGS 神谷宗幣 第56回-2】

| | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月曜日)

日本が世界すべての文明の発祥地か

 長野県茅野市出身の小平奈緒選手が平昌冬季五輪のスピードスImage16ケート女子500メートルで金メダルを獲得したことで注目されていますが、同時に国宝「土偶」(仮面の女神)が展示された「茅野市尖石縄文考古館」の存在も忘れてはなりません。
 さて、日本でしか出土しないとされ、卑弥呼が残したとされる銅鏡「三角縁神獣鏡」の中央には、正確な北極の地図が彫ってあるそうです。また、世界の各地で発見される三本指のエイリアン型土偶の共通点、前方後円墳の形に似たしめ縄やしめ飾りのことなど、聞けば聞くほど面白い話です。一万年以上続いた縄文時代は、4~5千年と言われる既に滅亡した四大文明などと比較対象ではありません。これらの話しを、信じるか信じないかは貴方次第です。
■1034+ 日本がすべての文明の発祥地であったJapan Land is Birthplace of Whole Civilizations https://youtu.be/MtI2KuUrqBM

■1381+1323 縄文文明は世界第一の文明であった、証拠と証明Jomon Civilization is No 1 Civilization of the World https://youtu.be/MeWVD8V3qrQ

| | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金曜日)

日本列島はキタのスパイの巣窟

 まずは国連安保理の北朝鮮制裁委員会の「専門家パネル」の委員として働いていた古川勝久氏の話しに、耳を傾けましょう。51ouz1k4nul__sx347_bo1204203200_
 同氏著の、北朝鮮 核の資金源:「国連捜査」秘録によって、これまで語られることが北朝鮮に協力する日本人の暗躍の実態が明かされています。また、青山繁晴氏は「北の工作が一番浸透してるのは日本のメディア。普段全く普通のおばさん、学生などちゃんと北から指示を受け取ってる人がいて、日本のインテリジェンスは実はかなり把握してるがスパイ防止法が一切ないので見てるだけ・・・」と指摘しています。
 つまり「スパイ防止法の制定」が急務なのに、それに一番先に反対し大騒ぎするのは、左翼系議員は元より日本のメディア関係者であることは常識です。
■驚愕!日本はキタの巣窟、日本の法の理不尽さがココに浮き出る!
 https://youtu.be/zLf0qp9PI_4

| | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火曜日)

三ヶ根山の「殉国七士廟」のこと

 先日、横浜市西区元久保町にある広大な久保山墓地に隣接するImage11久保山斎場に行く機会がありました。ここは、東京裁判で昭和23年12月23日に絞首刑を執行されたA級戦犯7名が秘密裏に火葬された場所であり、その後、7名の方々は愛知県西尾市東幡豆町の三ヶ根山に「殉国七士廟」に祀られています。
 そして、この「殉国七士廟」には昭和天皇皇后両陛下が、昭和56年5月26日、豊田市内で行われる植樹祭にご出席のため、三ヶ根山の「グリーンホテル三ヶ根」に宿泊されております。この宿泊場所は陛下の強い御希望だったそうで、直接、殉国七士墓を慰霊出来ない諸般の事情から、出来る限り近い場所を宿泊地に選定したことを関係者は知ったそうです。
 なお、昭和27年4月に独立を回復した時点で、政府は名誉回復の手続きによって「戦犯として処刑された人々は、法務死であって戦死者とみなす」と決議しており、日本には戦犯なるものは存在しないはずです。また、東京裁判は、罪刑法定主義、不遡及の原則を踏みにじる「政治ショー」であったことは、パール判事のみならず世界中の法学者が指摘しているとされます。しかし、今も、日本人自らが戦犯呼ばわりする風潮が不思議でならないことです。
「殉国七士廟」には、東條英機(元首相・陸軍大将)、土肥原賢二(元陸軍大将)、広田弘毅(元首相)、板垣征四郎(元陸軍大将)、木村兵太郎(元陸軍大将)、松井石根(元陸軍大将)、武藤章(元陸軍中将)が祀られています。
先帝陛下が殉国七士を親拝された事実-秘史を明らかに!
    https://youtu.be/9yxvBsC4ods

| | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金曜日)

小学生の高級制服を憲法から考察する

  中央区銀座5丁目という1等地にある区立泰明小学校が、イタリアの高00001pn12級ブランド「アルマーニ」がデザインした制服を今春入学の新1年生から採用すると報道されました。これを決めたのは、教育委員会なのか、校長など学校側なのか不明ですが批判の声が上がるのは当然のことでしょう。
 さて、この問題を憲法の社会権の一つである生存権と国の社会的使命から考察してみますと、まず、日本国憲法の25条には「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」とあります。
 この規定は、生活保護法や国民年金法、児童福祉法の生活支援、公務員の福利厚生などを決定する根拠とされます。勿論、この「最低限度」は、文化の発達の程度、一般国民の生活レベルとの比較、且つ、時代や場所で変化するものと理解され、ある程度の差が出ても仕方ないのでしょう。そして、これらの点から考察しても、総額8万円のイタリアのアルマーニの制服が、いくら銀座の一等地の公立小学校とは言え導入が必要なのでしょうか・・・・・。保護者の中には生活が楽ではなく、給食費も滞納するような家庭もおられるはずです。公務員である先生や教育委員会の方々も公に奉仕しているからには、常に標準的な一般国民の目を意識されて物事を考えなければならないと思いますが、どうなることやら・・・・。

| | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月曜日)

「ルック・イースト」政策(日本を見習え)

 マレーシアでは、今年8月頃まで総選挙が予定され、与党はナImage1ジブ首相の再選を目指し、野党はマハティール元首相(92)を指名する方針だそうです。このマハティール元首相と言えば、「ルック・イースト」政策(日本を見習え)で1981~2003年まで22年間も首相を務めていました。特に、平成4年(1992年)香港においてのマハティール首相のスピーチは知られ、一部を抜粋しますと・・・
 「東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げ た。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。もし、日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈していたであろう。富める国はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の言い値で売り続けていたであろう・・・・00_maxresdefault
 このマハティール首相の演説は暗に大東亜戦争のことも含まれ、この演説を聞いた白人は怒って席を立ち会場を出て行った人もいたそうです。このように日本を高く評価し、「日本を手本にしなさい」とする「ルック・イースト政策」を掲げて、マレーシアを有数の工業国に発展させましたが、先日15年ぶりに政界に復帰して首相就任を目指すそうです。
 ところで、マレーシアでは昨年2017年2月に、北朝鮮の金正恩委員長の異Img_0母兄、金正男氏が殺害の現場となり、犯人や遺体などの処遇などで注目されましたが、なかなかタフな外交や交渉を示したと国際的に評価されていました。このような国柄を作ったのは、正にマハティール氏とされますが、現在のナジブ政権の外交政策は「中国と親密になり過ぎて、中立性を失った」と厳しく批判。政権に就いた場合は対中政策を見直し、日本や韓国とも友好関係を保つ「等距離外交」を目指す考えを示したそうです。 また、著書『もし日本なかりせば』では、大東亜戦争の本意を喝破したことも注目されていました。
日本人はすごかった
 感動!外国人が語る大東亜戦の真実!「日本は謝罪を必要とすることなどしていない」世界各国の要人の証言に衝撃!海外から賞賛される日本!
   https://youtu.be/apPZLLGbQIM
 

| | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火曜日)

衆院選後は改憲論議が高まる?

 今回の衆院選は、改憲問題の行方を左右する重大な選挙になると見られています。20171017_image
  その火付け役は、民進党議員を仕分けして、主に改憲派を「希望の党」に合流させた小池百合子代表と、それを裏で演出したと見られる民進党の前原誠司代表の功績と思いすます。
 国民から見放されたどうしようもない民進党は、共産党と連携しようと画策する左派グループを切り捨てることで、これまで分かり難かった永田町の構図がクッキリと色分けしてくれたことは、有権者には有り難いことです。
  立上げ当初の「希望の党」は、一院制を目指すと公言するなど、改憲論議を避けない姿勢が注目されていましたが、「憲法九条」をどうしたいのか「自衛隊への立ち位置」など未だに不明なこともマイナスイメージです。自民党は安倍晋三首相が5月に示した「憲法9条への自衛隊明記」と言うたたき台を見せましたが、このような一定の立ち位置を見せてくれないと支持を得ることは出来ないでしょう。投票まで残り五日ですが、ここに来て「希望の党」への追い風は微風との見方であり、起死回生の手はあるのか。
 せめて、70~100議席程度は欲しいはずです。

| | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水曜日)

東大和がチャリテイーマラソンコース

 「24時間テレビ」で恒例となったチャリティーマラソンは、1992年の第15回からImage1毎年行われています。2017年の25回目の節目となる今年のマラソンランナーに選ばれたのはブルゾンちえみさんでした。
  今年のコースは、府中の北多摩一号水再生センターを8月26日21時にスタート後、多摩川沿いのサイクリングロードを西進し福生市の多摩川緑地福生かに坂公園でUターンし多摩川沿いの来た道を戻り南下、昭島市の拝島町四丁目南公園で左折し北進後、松原町一丁目交差点で右折し東進し、8月27日3時30分頃から新奥多摩街道沿いの(株)ユヤマ(東京都立川市富士見町6丁目)で2時間ほど休憩しています。
 8月27日5時半頃(株)ユヤマを出発し新奥多摩街道を東進し、立川市錦町5丁目の日野橋交差点で左折し立川通りを北進し、立川市民会館西で右折、羽衣町から北第一公園、北緑地遊歩道を北進し、立川市栄町3丁目で交差した立川通りを右折し、立川通りを道なりに北進~東進し、小平市小川町1丁目で交差したけやき通りで左折し北進していきます。東大和市清水1丁目の武蔵大和駅西交差点を左折し、東大和市狭山公民館で1時間半の休憩を取った後、来た道を清水五丁目交差点まで戻り左折し、新青梅街道を東進しています。この日は所用で、新青梅街道を田無方向に車で向かっていたところ、道路両側に現物人が大勢出ていた様子を見ていながら、このチャリティーマラソンのコースとは知らずに運転していました。

| | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日曜日)

自国を尊敬する国民と馬鹿にする国民

 自分の生まれ育った国をバカにする日本国民が多いことは残念Imageなことです。
 日本は終戦後GHQにより、日本の指導層である政治家、教育者、マスコミ、宗教界などから愛国心の強い人間を排除し、左翼思想の人間を大量に重用した歴史があります。戦前の日本人は、国を護る意識が強い国民と見て、再び、強国になって戦争への道を歩むとして、教育やマスコミを使って日本人の愛国心を徹底的に低くする戦略によって、見事に洗脳されてしまったようです。
 ところで、アメリカの各学校や公式行事、スポーツの開会式などでは、国旗規則により「忠誠の誓い」を合衆国国旗に顔を向け、右手を左胸の上に置き、起立して暗誦しなければならないと定められているから面白いものです。先日も、ある芸人が「愛国心なんかないですよ」、「日本の為に死ぬつもりなんかないですよ」とテレビで堂々と語っていましたが、こんな国民が繁殖している現実にガッカリするとともに、マスコミや教育の影響は大きいと感じています。 
■The Pledge of Allegiance/アメリカ憲法の”忠誠の誓い”   
  https://youtu.be/FRTOq5Dwgzc

| | トラックバック (0)

«原爆こそホロコーストと批判した米国人